• TOP
  • LINE
  • LINE NEWS(ラインニュース)をタブやトーク画面から削除・非表示にする方法

日本で配信されているスマホニュースの中で、とりわけ利用者が多いとされている「LINE NEWS(ラインニュース)」。

1日で約8,000件ものコンテンツが投稿され、アプリ内で表示されているため、中には「LINE NEWSを消したい…」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、LINE NEWSを削除・非表示にする方法について解説します。

LINE NEWSとは 豊富なニュースが読めるサービス

LINE NEWSとは、株式会社LINEが行っているニュース配信サービスです。

さまざまなメディアや報道機関からユーザーの属性に合ったコンテンツが表示されており、月間利用者数は7,500万人を突破しています。

なお、このLINE NEWSは、トーク画面上部に表示されるバナーと、画面下部にあるタブの2箇所から閲覧できます。まずは、タブからLINE NEWSを削除する方法を確認しましょう。

LINE NEWSのニュースタブを削除する方法

LINEには5つのホームタブが用意されていますが、デフォルトだとそのうち1つが「ニュース」となっています。

利用しない場合は、より利便性の高い通話タブへと切り替えてしまいましょう。

LINEのニュースタブ詳細はこちら

LINEのニュースタブ刷新。天気、鉄道情報や株価チェックに、マンガも読める

ニュースタブから通話タブへの表示切替

「ニュース」タブから「通話」タブへの表示切替は、ホーム画面にある設定ボタンから行います。

ホームの設定ボタンから「通話」をタップ

「通話/ニュースタブ表示」で通話を選択

これで設定が完了しました。

【メリット①】通話履歴や連絡先がチェック可能

LINEでコミュニケーションをとる機会が多い人にとって、「通話」タブは利便性が高いと言えます。

たとえば、「通話」タブがあればスマートフォンの通話機能と同じように通話履歴をチェックできます

また、LINEの友だちであれば「連絡先」から一覧を表示することができ、1タップで通話ができます。

【メリット②】LINE Out Freeがしやすい

画面右上にあるダイヤルマーク(iPhone版では左上)をタップすると、LINE Out freeを使った発信が行えます。LINE Out Freeとは固定電話や携帯電話と無料で通話できるサービスで、LINEアカウントを持っていない人とのやり取りも可能です。

これらのことから分かる通り、LINEの通話タブは通話の利便性や快適性を大きく向上してくれます。

LINE Out freeについて詳しく知りたい方はこちら

「LINE Out Free」の使い方 無料で固定電話やガラケーに電話できる

ニュースをトーク画面から非表示にする方法

LINEのトーク画面では、上記画像のようにバナーという形式でニュースが表示されています。残念ながら、完全に非表示にする設定は用意されていません。

しかし、特定のコンテンツのみを非表示にしたり、バナー自体の表示頻度を減らしたりすることは可能です。

「トークリスト表示コンテンツ」で情報を選別できる

バナーの内容はニュースのほかに占い、天気、スタンプショップと細分化されています。これらは「トークリスト表示コンテンツ」で選別することができます。

ホームの設定から「アカウント」をタップ

非表示にしたいコンテンツはオフに

なお、これらの項目をすべてオフにすることで、バナー自体の表示頻度を減らすことができます。気に入ったコンテンツがない場合は、すべてオフにしましょう。

広告は非表示にできない

LINEのバナーには左下に「AD」と記載されているものがあります。これはニュースではなく企業による広告で、「トークリスト表示コンテンツ」の影響を受けません。そのため、バナー右下にある「︙」をタップして1つずつ非表示にする必要があります。

残念ながら、広告そのものが完全に非表示になることはありませんが、少なくとも特定の企業による広告は以降表示されなくなります。この操作を繰り返して、興味のある広告だけ表示させるのがおすすめです。

LINE

LINE Corporation

4.46

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

【2020年版】LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ
LINE通話の「応答なし」はどういう意味?「キャンセル」「不在着信」との違い

TAG