Amazonから2020年9月25日に新世代のスマートスピーカー「Echo(エコー)」が発表されました。今回発表された新型の「Echo」は以下の5種類。

・Echo 第4世代
・Echo Dot 第4世代
・Echo Dot with clock 第4世代
・Echo Show 10
・Echo Auto


本記事では、この中からEchoシリーズで一番売れている「Echo Dot(エコードット)」に注目。「Echo Dot 第4世代」と「Echo Dot 第3世代」、他のEchoシリーズ、他社ブランドより販売されているスマートスピーカーと比較していきます。

この記事を読み終わる頃には、「Echo Dot 第4世代」がどのような機能を持っていて、どのあたりにポジションするスマートスピーカーなのか分かるでしょう。

Amazonでブラックフライデー&サイバーマンデーセール開催!
最大10,000ポイント還元 エントリー受付中
CHECK!!
Amazonギフトカード訴求

Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!

ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!

【新型】Echo Dot (エコードット) 第4世代 - スマートスピーカー with Alexa、グレーシャーホワイト

➜ 商品の詳細・購入はこちら

「Echo Dot 第4世代」でできること

「Echo Dot 第4世代」は、声をかけることで動作するAmazonのスマートスピーカーで、音声AIアシスタントは「アレクサ(Alexa)」です。アレクサを動作させるには、「アレクサ ○○をして」と声をかけます。

主な機能は以下の通り。

主な機能

・天気予報
・時間の確認(時計)
・Amazonでのショッピング
・スケジュール管理
・目覚まし/タイマー
・音楽を流す
・ニュースを聴く
・ハンズフリー通話
など

これらの機能は、好みによって「Alexaスキル」を追加することによって拡充・カスタマイズできます。

日々、機能やスキルがアップデートされていくので、同じEchoを使い続けてく中で、突如として便利な機能が追加されることもあります。

第4世代と第3世代の違い

今回の新型「Echo Dot 第4世代」は、前の「Echo Dot 第3世代」と何が違うのでしょう? 2つのスペックをリストにして並べてみました。

注目ポイントは形状カラーバリエーションの変化です。できること自体は第3世代と変わりありません。

Echo Dot第4世代と第3世代

▲左:第4世代、右:第3世代。

Echo Dot
第4世代
Echo Dot
第3世代
形状 丸みを帯びた球体型 小さなホールケーキ型
カラー展開 チャコール
グレーシャーホワイト
トワイライトブルー
チャコール
サンドストーン
プラム
ヘザーグレー
LED表示 なし なし
価格 5,980円 5,980円
サイズ 300×100×89 mm 43×99×99 mm
重さ 328.8 g 300 g
スピーカーサイズ 1.6インチ 1.6インチ
出力 3.5mmライン出力 3.5mmライン出力
電源 AC AC

形状:大きく変化。丸い球体型に

一番大きく変わったのは、形状です。

第3世代は小さなホールケーキのような形をしていましたが、第4世代は丸みを帯びた球体型になっています。

Amazonのコピーには、「さまざまな場所にぴったりな球体コンパクトデザインに。明瞭なボーカルとバランスの取れた低音で豊かなサウンドが、家中どこにいても楽しめます」と書かれています。見た目だけでなく、形が変わったことによる音質アップに期待したいところです。

Echo Dot商品画像

▲丸みを帯びて存在感アップ。インテリアのひとつのような雰囲気に。

カラー展開:1つ減って3色に

第3世代は4色展開でしたが、第4世代は1つ減っています

黒色の「チャコール」、第3世代のサンドストーンに近い白色「グレーシャーホワイト」、グレーに近い青みの「トワイライトブルー」の3色。青色は第3世代になかった色味です。

第3世代の「プラム」にあたるピンク系は、今回用意されていません。

Echo Dotの3色比較

▲左からチャコール、グレーシャーホワイト、トワイライトブルー。

Echo Dotのプラム

▲「Echo Dot 第3世代」のプラム。第4世代にはピンク・赤系の可愛いカラーはない。

価格:値段は変わらず。買い求めやすい価格帯

第4世代でも値段は変わらず5,980円。LEDの時計表示付きの「Echo Dot with clock」も、第3世代と同じ6,980円です。

※現在「Echo Dot 第3世代」は値下げされ、¥4,980で売られています。「Echo Dot with clock 第3世代」は販売終了。第3世代は今残っている分がなくなり次第、公式には購入できなくなると思われます。

Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

➜ 商品の詳細・購入はこちら

サイズ:形状が変わって高さが出た。直径はほぼ変わらず

第4世代で球体デザインになったため、高さが出ました。第3世代よりも目立つようになり、壁にかけることはあまり想定されていないと思われます。

直径は1ミリ大きくなっていますが、手のひらサイズをキープしています。

重さ:少し重く

第3世代より28.8gアップと、少し重量は増えました。形状の変化分、重くなったと推測できます。

スピーカーサイズ:変化なし

スピーカーサイズは1.6インチと、第3世代と変化ありません。スピーカーの変化なしで、果たして音質がどのようにクリアになっているのか、気になるところです。

出力:変化なし

出力は3.5㎜ライン出力と変わらずです。スピーカーとつなぎたい人にとってはありがたい仕様となっています。

電源:変化なし

こちらもAC出力のまま、第3世代と変わりありません。

「Echo Dot 第4世代」と他のEchoシリーズの違い

次に、「Echo Dot 第4世代」と他のEchoシリーズの違いを比較していきます。

「Echo Dot 第4世代」に何を求めるかによって、比べるポイントが変わってきます。「Echo Dot第4世代」は5,980円、「Echo Dot with clock 第4世代」は6,980円で、価格・スペック的に近いのは以下の機種です。

・Echo Flex 2,980円
・Echo Show5 9,980円
・Echo 11,980円

そして比較するときに押さえておきたいポイントがこちらです。

ポイント① 価格と用途
ポイント② ディスプレイの有無
ポイント③ 音質へのこだわり

比較ポイント① 価格と用途

「Echo Dot 第4世代」5,980円と、低価格の「Echo Flex(エコーフレックス)」2,980円を比べてみましょう。

「Echo Flex」は、「Echo Dot第4世代」よりも3,000円ほど安い機種。大きな違いは2点です。

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa

➜ 商品の詳細・購入はこちら

音質に圧倒的な差がある

「Echo Flex」は公式でも謳っているように、音楽を聴けるような品質に最適化されていません。ここが価格差の一番の理由。

部屋で音楽を楽しみたいのであれば、選択肢から「Echo Flex」は外れます。

Echo Flexはコンセントに直接挿す どこでも設置可能

Echo Flexはプラグイン式で、本体を直接コンセントに差し込みます。そのため他のEchoシリーズのようにテーブルに置いたり、インテリアとして楽しんだりできません。

その代わり、置き場所に困っていたキッチン、洗面所、廊下などに、コンセントさえあれば気軽に設置できるのがポイント。「Echo Dot」を置けない場所でもスマート家電の操作、通知の確認、ハンズフリーで通話などができます。

また、別売りのアクセサリを付けられるのも大きな特徴。例えばライトを付ければ、夜に暗い足元を照らす明かりに早変わり。

このように価格によってスピーカーの質が変わり、どこで使うか用途も大きく異なります。

Echo Flexの使用例

▲コンセントさえあればどこでも使えるのが「Echo Flex」。その代わりスピーカーの質は低い。

比較ポイント② ディスプレイの有無

次に、「Echo Dot 第4世代」5,980円と、「Echo Show 5」9,980円を比べましょう。

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

価格差は4,000円で、「Echo Show5」はディスプレイとカメラが付きます。これによってニュース、天気、時間の確認、映画鑑賞、フォトフレームなどとして使用可能です。

またAlexaアプリからではなく、ダイレクトにディスプレイ操作で設定ができるのも魅力のひとつ。操作性が直感的でわかりやすいです。

ビデオ通話も可能なため、子供部屋に設置して様子を遠隔で確認したりお話したり、といった使い方もできます。

つまり「Echo Show 5」は「Echo Dot」よりも少し高価になる代わりに、できることが増えるということです。ビデオ通話したり、動画を観たりしないのであれば、「Echo Dot」で十分に満足できるでしょう。

比較ポイント③ 音質へのこだわり

最後に「Echo Dot 第4世代」と近いスペックで、見た目も似ている「Echo 第4世代」と比べてみましょう。

「Echo Dot 第4世代」5,980円と「Echo 第4世代」11,980円の価格差は6,000円。この2機種の差のポイントは「音質」です。

【新型】Echo (エコー) 第4世代 - スマートスピーカーwith Alexa - プレミアムサウンド&スマートホームハブ、チャコール

➜ 商品の詳細・購入はこちら

「Echo」は音質がプレミアムサウンドに

「Echo 第4世代」はスピーカーがパワーアップしています。

3インチのウーファー・2つのツイーターを搭載しており、さらに設置場所の音響特性を察知する仕様。部屋に最適な音質で音楽を楽しむことができます。「Echo Dot 第4世代」よりも、音質にこだわりたい人向けです。

サイズは「Echo Dot」よりもひとまわり大きい

「Echo Dot 第4世代」が手のひらサイズなのに対して、「Echo 第4世代」は両手で持つぐらいのサイズ感に。「Echo Dot 第4世代」に比べて、部屋の中でのインテリアとしての存在感も大きくなりますね。

Echoの内部構造

▲「Echo 第4世代」は音質がリッチに! その代わりサイズアップしている。

「Echo Dot第4世代」はスペックと価格のバランスが絶妙

「Echo Dot」は一番売れている機種だけあって、「スマートスピーカーの基本機能と、音楽は楽しみたい」という人が手を伸ばしやすいスペックと価格設定になっています。

・ディスプレイはいらない
・コンパクトが好み
・部屋で音楽も楽しみたい

このような需要がある方であれば、「Echo Dot 第4世代」に満足できるでしょう。

「Echo Dot 第4世代」と他メーカーのスマートスピーカーを比較

「Echo Dot 第4世代」と他メーカーのスマートスピーカーを比べてみました。

比較対象 3メーカーのスマートスピーカー

今回の比較対象は以下の通り。各社より出ているスマートスピーカーの中で、スペックが近しい機種を選んでいます。

Google Nest Mini 6,050円(税込)

Google Nest Mini 公式サイト

出典:Google Nest Mini - 小さくても便利な スマート スピーカー - Google ストア

■ポイント
・3つのマイクによる音声認識能力の高さ
・GoogleカレンダーなどGoogleのサービスと連携が可能
・壁にかけて収納が可能

■対応音楽配信サービス
Spotify、YouTube Music、Google Play Music、Pandora、Deezer

LINE CLOVA Friends mini 5,500円(税込)

LINE CLOVA

出典:CLOVA Friends mini | LINE CLOVA公式サイト

■ポイント
・かわいらしいLINEのマスコットキャラクター型、タイアップキャラクター型
・「LINEを送って」と声をかけ、LINEの操作が可能
・2,000mAhのバッテリーが内蔵されており、持ち運びが可能

■対応音楽配信サービス
LINE MUSIC

APPLE Home Pod mini 11,880円(税込)

APPLE Home Pod mini

出典:HomePod miniを購入 - Apple(日本)

■ポイント
・APPLEのアプリ(メモやリマインダーなど)、デバイスと連携が可能
・“音の常識を変えるコンピュテーショナルオーディオ”を搭載
・2台以上あれば、インターコム機能で家の中で簡単に会話でのやりとりが可能

■対応音楽配信サービス
Apple Music、Amazon Music、Spotify

※2020/11/16より発売予定

比較ポイント① 価格

この中では「Echo Dot 第4世代」が最も安いスマートスピーカーです。安いからといって、機能面で劣っているわけではありません。

「どこのものでもいいからスマートスピーカーを使ってみたい」という初心者が使うには「Echo Dot 第4世代」がベストでしょう。

比較ポイント② 使用頻度の高い機能・サービスに合っているか

使用する頻度の高い機能・サービスによって、押さえておきたいポイントは変わってきます。例えばAmazonでよくショッピングをするのであれば、声をかけるだけで買い物できる「Echo Dot 第4世代」が便利でしょう。

同じように、Google関連サービスをよく使うのであれば「Google Nest Mini」、手軽にLINEを送りたいなら「LINE CLOVA Friends mini」、身の回りをApple製品・サービスで固めているなら「Apple Home Pod mini」といった具合です。

比較ポイント③ 使用している音楽配信サービスと連携できるか

音楽を楽しむ目的でスマートスピーカーを選ぶなら、自分が利用している音楽配信サービスが対応しているかどうかも重要です。

例えば『YouTube Music』は「Google Nest Mini」で、『LINE MUSIC』は「LINE CLOVA」でしか聴けません。

「Echo Dot 第4世代」はAmazon Music、Spotify、Apple Music、AWA、dヒッツ、うたパスに対応。選択の幅が広いのは、Echoシリーズのアドバンテージです。

なお音声操作はできませんが、スマホなどとBluetooth接続すれば、そのデバイス内の音楽をスマートスピーカーから聴くこと自体は可能です。

「Echo Dot 第4世代」の購入をオススメしたい人

「Echo Dot 第4世代」について比較をしてきました。これらをふまえて、「Echo Dot 第4世代」の購入をオススメしたい人は下記のとおりです。

初めてスマートスピーカーを購入する人

「Echo Dot 第4世代」は、コスト・スペック・音質のバランスが取れた、安定のスマートスピーカーです。「値段と品質もそこそこのものが欲しい」という人にぴったりの商品です。

Amazonプライム会員

Amazonプライム会員であれば、200万曲聴き放題の『Prime Music』を追加料金なしで利用可能。一見すると楽曲数が少ないように感じますが、メジャーどころはしっかりと聴けるラインナップです。

また『mazon Music Unlimited』に加入すれば6,500万曲以上が聴き放題に。通常は月額980円のところ、プライム会員であれば月額780円とお得になります。なお、Echoのみで聴く場合はEchoプラン月額380円がオススメです。

Amazonプライムとは? 会員の16のメリット、会費、無料体験・解約方法も

友だちや家族へのプレゼントを検討している人

まだスマートスピーカーを体験していない家庭も多いのではないでしょうか?

使ってみるとわかりますが、「明日の天気は?」「今日のニュースは?」と声をかけるだけで用事が済むのは非常に便利です。ガジェットに疎くても、老若男女が便利に使えるアイテムであることは間違いありません。

だから、スマートスピーカー未体験の方にプレゼントするのもおすすめです。”自分で買うつもりはなかったけど、もらって使ってみたら便利だった”ということがあるかもしれません。

価格帯も高すぎず安すぎず、贈り物にはちょうどいいですよね。

【新型】Echo Dot (エコードット) 第4世代 - スマートスピーカー with Alexa、グレーシャーホワイト

➜ 商品の詳細・購入はこちら

こちらの記事もおすすめ

【2020版】Fire TV Stickの使い方 4Kと第3世代の比較、初期設定など徹底解説
【2020】Kindle端末おすすめ4機種 使用歴6年が徹底比較&人気ランキング 
Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る