• TOP
  • 🛍️ 楽天
  • 「楽天トラベル」の支払い方法一覧 予約後に支払方法は変更可能?

「楽天トラベル」は、サービスごとに支払い方法が異なります。そのため「各サービスにはどんな支払い方法があるの?」「どの支払い方法で決済するか考えたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、「楽天トラベル」の支払い方法をサービスごとに紹介。予約後に支払い方法を変更できるかどうかについても解説していきます。記事を参考に予約してみてください。

楽天ポイントを高還元!

リーベイツ(Rebates)でお得にポイ活!

楽天公式の高還元率ポイントバックサービス「楽天リーベイツ」。

ファッション、コスメ、日用品などいつものお買い物や旅行予約の際に、リーベイツ経由でストアにアクセスするだけで楽天ポイントが貯まります。Apple、iHerb、Qoo10、ナイキ、DELL、Lenovoなど、人気ストアが700以上提携中。

アカウント作成はお持ちの楽天IDでログインするだけ。使わないと損ですよ!

楽天トラベルの各サービスの支払い方法一覧

楽天トラベル

楽天トラベルのサービスごとの支払い方法を、国内と海外に分けて一覧にまとめました。楽天トラベルのサービスは、ほとんど基本的な支払方法に対応しています。

しかし、なかにはコンビニ決済や現地決済ができないサービスもあります。各サービスで、可能な支払方法は異なるので事前にチェックしておきましょう。まずは、国内サービスの支払い方法をご紹介します。

サービス名 可能な支払方法
国内宿泊 ・クレジットカード決済
・現地決済
ANA楽パック ・クレジットカード決済
・あとからクレジットカード決済
・コンビニ決済
JAL楽パック ・クレジットカード決済
・あとからクレジットカード決済
・コンビニ決済
高速バス予約 ・クレジットカード決済
・コンビニ決済
レンタカー予約 ・クレジットカード決済
・現地決済
国内航空券 ・クレジットカード決済

「あとからクレジットカードカード決済」は、サービスやプランを予約をしたあとでクレジットカードで決済をする方法です。支払期日までにクレジットカードで支払うことで、予約が完了します。

なお、支払期日を過ぎてしまうと自動的に予約がキャンセルされてしまうので注意しましょう。続いて、海外サービスの支払い方法を紹介します。支払方法の一覧は以下のとおりです。

サービス名 可能な支払方法
海外ホテル ・クレジットカード決済
・現地決済
海外ツアー ・クレジットカード決済
・あとからクレジットカード決済
海外空港券 ・クレジットカード決済
・あとからクレジットカード決済

海外サービスの支払い方法はクレジットカード決済、現地決済、楽天ポイントがあります。コンビニ決済や楽天ポイント決済は利用できません。

国内サービスの支払い方法

楽天トラベル 国内ツアー

まずは楽天トラベルの各国内サービスの支払い方法や、決済の注意点などを紹介します。これから予約をする方は、しっかりとチェックしておきましょう。

国内宿泊の支払い方法

楽天トラベルの国内宿泊は、以下の2つの方法で支払いが可能です。

・クレジットカード決済
・現地決済

現地決済は、施設のフロントで「現金」もしくは「クレジットカード」での支払いとなります。

国内宿泊の支払い方法は、施設やプランごとに異なります。また、支払い方法で絞り込み検索はできません。そのため、支払い方法を選択するページまで予約を進めて確認する必要があります。

ANA楽パックの支払い方法

ANA楽パックは、以下3つの支払い方法があります。

・クレジットカード決済
・あとからクレジットカード決済
・コンビニ決済

コンビニ決済をするなら、支払い期日は予約した翌日の23時59分までです。支払期日を過ぎてしまうと、自動で取り消しになってしまいます。また、コンビニ決済は出発の16日前までしか利用できません。

出発日15日前から前日までの予約は、クレジットカード決済のみとなっているので注意が必要です。

JAL楽パックの支払い方法

JAL楽パックの支払い方法は、以下の3つです。

・クレジットカード決済
・あとからクレジットカード決済
・コンビニ決済

コンビニ決済の支払期日は、ANA楽パックと同様です。支払い期限は予約した翌日の23時59分まで。コンビニ決済は出発の16日前までしか利用できません。

さらに出発日15日前から前日までの予約は、クレジットカード決済のみです。

高速バス予約の支払い方法

高速バスの予約は、以下2つの支払い方法があります。

・クレジットカード決済
・コンビニ決済

クレジットカードの場合は、予約が完了した時点で決済されます。また、一括払いのみの対応で分割払いはできません。

コンビニ決済は、直前予約には対応していない場合があるので注意が必要です。また、コンビニ決済を選択したうえでクーポンを利用すると、予約代金を全額ポイントで支払えません。代金を全額楽天ポイントで支払いたい人は、クレジットカード決済を選択しましょう。

レンタカー予約の支払い方法

レンタカー予約は、以下の2つの支払い方法があります。

・クレジットカード決済
・現地決済

レンタカー予約はキャンペーンや借りる車ごとに利用できる支払い方法が違う場合があります。確認したい場合は、借りる予定の営業所に聞いてみると安心です。

現地決済は、レンタカー営業所のカウンターで「現金」もしくは「クレジットカード」で支払います。この際、料金の一部、もしくは全額を「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」で支払いが可能。100ポイントから利用でき、100ポイント単位で支払いに充てられます。

国内航空券の支払い方法

国内航空券の支払い方法は、「クレジットカード決済」のみです。

楽天トラベルではANA、SNA、SFJ、FDAが予約できます。この4つのなかでもJALがおすすめ。楽天トラベルはJALと提携しており、楽天トラベル経由でJALを利用すると楽天ポイントがたまります。楽天ユーザーは積極的にJALを利用しましょう。

JAL以外の航空券は、楽天トラベル上ではなく各航空会社のサイトでの予約になるので、楽天ポイントはたまりません。なお、楽天ポイントをためるには楽天トラベルのページから予約した場合のみなので注意しましょう。

海外サービスの支払い方法

楽天トラベル 海外ツアー

続いては、海外サービスの支払い方法を解説します。楽天ポイントが利用できないサービスもあるなど、国内サービスとは異なる点があるのでチェックしておきましょう。

海外ホテルの支払い方法

楽天トラベルで海外ホテルを予約する際は、基本的に2つの支払い方法があります。

・クレジットカード決済
・現地決済

海外ホテルは、国内宿泊と同様に宿泊施設やプランごとに支払い方法が設定されています。すべての宿泊施設、プランで上記2つの決済方法が選べるわけではないことを頭に入れておきましょう。そのため、プランを探すときは希望の決済方法で絞って検索するのがおすすめです。

また、現地決済の場合は原則として予約した段階で提示された金額を支払いますが、現地通貨に換算した際に金額が変わる場合がある点には注意してください。

海外ツアーの支払い方法

航空券とホテルを一緒に予約できる海外ツアーの支払方法は、以下の2つです。

・クレジットカード決済
・あとからクレジットカード決済

支払い方法は基本的にクレジットカードのみです。また、楽天ポイントの利用はできないので、頭に入れておきましょう。

海外空港券の支払い方法

海外空港券は、以下2つの支払い方法があります。

・クレジットカード決済
・あとからクレジットカード決済

とりあえず予約だけしておき、あとから支払いをするのも可能。予約のみの方は、期日までに個人ページからクレジットカードで決済しましょう。

ただし、予約日やプランによってはクレジットカード決済のみとなるので注意。

楽天トラベルで予約した後に支払方法は変更できる?

予約した後は、支払い方法を変更できる場合とできない場合があります。

現地決済からクレジットカード決済への変更はできます。期限は、宿泊する日の「2日前18時」まで。唯一後から変更ができる支払方法なので、変更の可能性がある方は現地決済がおすすめです。

変更できない場合は以下のとおりです。

・クレジットカード決済ができないプランを予約している
・予約内容を変更している
・楽天IDを使用していない
・決済が完了している

もし支払方法を変更したい場合は、予約の取り直しをする必要があります。

楽天トラベルで利用できるクレジットカード

楽天トラベルで利用できるクレジットカードは以下のとおりです。

・JCB
・VISA
・MasterCard
・Diners Club(ダイナーズクラブ)
・American Express(アメリカンエクスプレス)

楽天トラベルでの支払い方法は一括払いのみ。また、予約後にクレジットカードの変更はできません。その場合は予約を取り直しましょう。

ちなみに、楽天トラベルを利用するなら「楽天カード」がおすすめ。予約した金額で得られる楽天ポイントと、クレジットカードのポイントがたまるので、お持ちの方は積極的に楽天カードを活用しましょう。

楽天トラベルの支払いが可能なコンビニ

楽天トラベルで支払いができるコンビニは以下の5つです。

・ローソン
・ファミリーマート
・セイコーマート
・デイリーヤマザキ
・ミニストップ

ANA楽パック、JAL楽パックはコンビニ決済を利用できます。

バス旅行もコンビニ決済が可能ですが、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマートが対象で、デイリーヤマザキは対象外です。

また、どのサービスも予約金額が30万円以上の場合と、出発日16日前までの予約はコンビニ決済を選択できないので注意しましょう。

楽天トラベルをお得に利用するには?

楽天トラベルでは楽天ポイントがたまるサービスや値引きクーポンを利用できます。ここではお得に利用する方法を紹介。楽天ユーザーは特にチェックしておきましょう!

楽天ポイントの付与倍率が高いプランを選択

予約するなら、楽天ポイントの付与倍率が高いプランを選択するのがおすすめです。

プランごとに、ポイントの付与倍率が設定されているサービスもあります。1%のプランが多めですが、なかには5%・10%に設定されているプランも。付与倍率が高いプランを利用すると還元ポイントも多くなるのでおすすめです。

楽天トラベルで付与されているクーポンを利用

付与されているクーポンを活用すると、割引などが受けられるのでおすすめです。

楽天トラベルには、サービスごとにさまざまなクーポンが発行されています。例えば、国内宿泊であれば「35,000円(税込み)以上の利用で、5,000円OFFクーポン」「3,000円(税込み)以上の利用で、500円OFFクーポン」などがあります。

利用したいサービスのクーポンはぜひチェックしてみてください。

キャッシュレス決済でポイント還元

キャッシュレス決済で支払いをすると、ポイント還元や値引きなどを受けられます。対象は国内宿泊とレンタカー予約のみ。予約時の支払い方法で「現地決済」を選択し、現地で以下のキャッシュレス決済をしましょう。

・クレジットカード
・デビットカード
・電子マネー
・スマホ決済

ただし、施設や営業所がキャッシュレス決済に対応していない場合があります。HPなどで事前にチェックしておくと安心です。還元の対象となる支払い方法を限定している場合もあるので、予約前に確認しておきましょう。

支払いはこれで完璧! 楽天トラベルを活用しよう

楽天トラベルの各サービスの支払い方法を解説しました。サービスによって支払い方法は異なるので、事前にチェックしておくと安心ですね。予約後は変更できる場合とできない場合もあるので、注意して予約をしましょう。

また、ポイントの付与倍率の高いプランを選んだり、クーポンを使用して割引を受けるなどしてお得に利用できる方法があります。ぜひ旅行や出張などにあわせて活用してみてください。

こちらの記事もおすすめ

「楽天トラベル」のクーポンの探し方・使い方を解説! 併用はできる?
「楽天トラベル」はポイントが貯まってお得? メリットから使い方までを徹底解説