• TOP
  • 🛍️ 楽天
  • 「楽天トラベル」はポイントが貯まってお得? メリットから使い方までを徹底解説

旅行や出張に行く際にぜひ活用したいのが『楽天トラベル』です。国内・海外の宿泊施設だけでなく、レンタカーや高速バス、航空券など、旅行に必要な予約をまとめて行えます。

近年注目を集めているGoToトラベルや県民限定プランにも対応しており、近場でも遠方でも自分にぴったりのプランを見つけやすいです。

楽天グループのサービスであるため、キャンペーン等を活用すれば楽天ポイントがザクザク貯まりやすいことも魅力。

本記事では『楽天トラベル』のメリットやデメリット、使い方までを徹底解説します。

楽天ポイントを高還元!

リーベイツ(Rebates)でお得にポイ活!

楽天公式の高還元率ポイントバックサービス「楽天リーベイツ」。

ファッション、コスメ、日用品などいつものお買い物や旅行予約の際に、リーベイツ経由でストアにアクセスするだけで楽天ポイントが貯まります。Apple、iHerb、Qoo10、ナイキ、DELL、Lenovoなど、人気ストアが700以上提携中。

アカウント作成はお持ちの楽天IDでログインするだけ。使わないと損ですよ!

『楽天トラベル』の特徴

楽天トラベル

『楽天トラベル』は、オンラインで宿泊施設やツアーの予約ができる、国内最大級の宿泊予約サイト。楽天ポイントが使えたり、セールや割引クーポンの発行が多かったりと、他社と比較してもお得感のあるサービスです。

『楽天トラベル』の概要

運営会社 楽天グループ株式会社
掲載の宿泊施設数 40,000軒以上
予約できるサービス 宿泊施設(国内・海外)
ツアー(国内・海外)
レンタカー
高速バス
航空券
割引・セール
主な支払い方法※ オンラインカード決済(クレジットカード)
現地決済(現金・クレジットカード)
楽天ポイント
口コミ掲載

※利用するサービスによって支払い方法が異なります。ポイントを利用できないサービスもあるので、各サービスの支払い方法をご確認ください。

宿泊施設の登録数が多い

『楽天トラベル』に登録されている宿泊施設は、国内だけで40,000軒以上と、国内最大規模。『じゃらんnet』は20,000軒以上、『Yahoo! トラベル』は15,000軒となっているので、『楽天トラベル』で検索できる施設数がどれだけ多いかがわかります。

もちろん、宿泊施設ごとに多くのプランが用意されています。これだけの数があれば選択肢も広がり、行きたい場所や目的に最適なプランを見つけるのも簡単です。

ホテル・温泉・レンタカー・高速バス・航空券まで予約可能

『楽天トラベル』では宿泊施設だけでなく、宿泊施設と航空券がパッケージになったツアー、レンタカー、高速バス、航空券まで、まとめて予約できます。

さらに宿泊施設の種類も、ビジネスホテルやシティホテル、旅館、温泉宿、ペンション、コンドミニアムなど、格安宿から高級宿まで幅広いです。

旅行や出張が決まったら、宿泊施設と合わせて、目的地へ行くまでの交通手段も一緒に予約しましょう。

アプリでいつでも検索・予約

楽天トラベル アプリ

『楽天トラベル』のアプリを使えば、いつでも宿泊施設や交通機関の検索・予約ができます。

アプリの画面はとても見やすく、アプリ限定機能の「地図から探す」では、Googleマップ上から宿泊施設を細かく検索できます。気になった宿泊施設をお気に入りに入れておくと、後でまとめて空室検索ができて便利です。

ふと思い立ったとき、突然休暇ができたとき、急な出張など、その場で検索・予約ができるアプリを活用しましょう。

GoToトラベル・県民限定プラン・デイユースにも対応

楽天トラベル 県内旅行

『楽天トラベル』はGoToトラベル、地域応援の県民限定プラン、そしてテレワーク等で使えるデイユースにも対応しています。

GoToトラベルを使ってお安く旅行したり、県内旅行で近場を巡ってみたりなどの楽しみ方も。日帰り利用のデイユースを取り入れる宿泊施設も増えているので、テレワークやリフレッシュに活用しましょう。

※2022年1月現在『楽天トラベル』のGoToトラベルキャンペーンは停止中です。再開の際は『楽天トラベル』の公式サイトでお知らせされます。

『楽天トラベル』で予約するメリット

旅行や出張を予約できるサイト・サービスは他社もありますし、ホテルの公式サイトからでも予約可能です。その中でも『楽天トラベル』で予約するメリットが6つあります。

メリットを理解して予約することで通常よりお得に旅行を楽しめるので、ぜひチェックしてみてください。

『楽天トラベル』で予約するメリット

  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • 楽天カードを使うとポイント2倍! さらに特典も
  • お得なクーポンを多数配布! 割引価格で泊まれる
  • 頻繁にキャンペーンを開催! ポイントがザクザク貯まりやすい
  • 楽天トラベルスーパーセールやスーパーディールが超お得
  • 得旅キャンペーンの早割で最大ポイント15倍

楽天ポイントが貯まる・使える

楽天グループのサービスなので、もちろん楽天ポイントの利用が可能! 旅行の予約でポイントが貯まり、さらに支払いにポイントを充てることもできます。

ポイント還元率は1%(100円につき1ポイント)。会員ランクがダイヤモンド・プラチナの会員は、毎月1・2・3日の予約でポイント2倍です。

後述しますが、頻繁に開催しているキャンペーンも利用すればザクザク貯まります。旅行は1回の金額が高いので、その分貯まるポイントも多いですよ。

楽天カードを使うとポイント2倍! さらに特典も

楽天トラベル 楽天カード

楽天カードで決済すると、楽天トラベルの基本ポイント1%+楽天カード分のポイント1%で、ポイント還元率が2倍になります。楽天カードはいくつか種類がありますが、全体的に旅行系の特典が充実しており『楽天トラベル』との相性が抜群。

中でも「楽天プレミアムカード」には手荷物宅配サービスや空港ラウンジの無料利用などの特典があります。また「ANAマイレージクラブカード」はANAマイルを貯められるので、こちらもおすすめ。

楽天カードは入会するだけで5,000ポイントもらえるキャンペーンを毎月開催しています。

楽天カードを比較しよう

「楽天カード」全種類を比較! デザインの違いや種類の変更方法を解説

お得なクーポンを多数配布! 割引価格で泊まれる

楽天トラベル クーポン

『楽天トラベル』では毎日多くのクーポンを配布しており、数百円から数千円引きで予約できます。ただし先着数名限定のクーポンもあるので、取得はお早めに!

たとえば先着10名限定の高級宿で使える3,000円割引クーポンや、指定金額以上の利用で割引されるレンタカークーポンも。

RaCoupon」や「宿クーポン」のページから使えるクーポンを確認しましょう。

旅行といえば観光地を決めてから近くの宿を探すのが一般的ですが、まだ具体的に行き先を決めていない人は、あえてクーポンから宿を先に選ぶのもアリ。これまで出会えなかった観光地を見つけられます。

『楽天トラベル』のお得なクーポンの探し方

「楽天トラベル」のクーポンの探し方・使い方を解説! 併用はできる?

頻繁にキャンペーンを開催! ポイントがザクザク貯まりやすい

『楽天トラベル』はキャンペーンの開催が多いのも特徴。割引もありますが、ポイントがザクザクもらえる系のキャンペーンが多い印象です。

たとえば半年〜28日前の予約でポイント最大4倍になる「さき楽キャンペーン」や、5と0のつく日に高速バス・観光バスを予約するとポイント5倍の「毎月5と0のつく日」などがあります。

特集&キャンペーン」ページで現在開催中のキャンペーンを確認しましょう。

またクーポンとキャンペーンの併用も可能です。クーポンで支払い金額を抑えつつ、キャンペーンでポイントもしっかり貰っておきましょう!

楽天トラベルスーパーセールやスーパーディールが超お得

楽天トラベル スーパーディール

楽天市場のスーパーセールやスーパーディールは『楽天トラベル』でも開催されています。

スーパーセールは料金が半額以下になる超特大セールです。期間は毎年3月、6月、9月、12月の年4回。たとえば8月の旅行を6月のスーパーセールで予約すれば、本来高額なオンシーズンの旅行が超お得に!

楽天市場のスーパーセールと同時開催されるので、旅行に必要なものを楽天市場で揃えてから出発するのもよいですね。

スーパーディールは宿泊料金の一部をポイントで還元するサービス。還元率30〜40%と高く、日替わりで開催しているのがポイントです。

旅行は1回の料金が高額。たとえば11,000円の対象ホテルを予約した場合、30%の還元率で3,300ポイント還元。貰ったポイントを使って観光地でお買い物ができそうですね。

『楽天トラベル』スーパーディールの攻略法

「楽天トラベル」スーパーディールは毎日開催! 攻略法や注意点を徹底解説

得旅キャンペーンの早割で最大ポイント15倍

楽天トラベル 得旅

「得旅キャンペーン」とは、「直前」で最大10倍、「早期」で最大10倍、「超先」で最大15倍のポイントがもらえるキャンペーン。国内宿泊施設限定です。

レンタカーやバスも含めた早期予約に利用できる「さき楽キャンペーン」(ポイント最大4倍)もありますが、宿泊施設の予約なら得旅の方がポイント倍率が高いのが特徴です。

さらに早期予約だけでなく、直前予約にも対応しているのが魅力。急な出張や次の週末など、そのまま予約するより「得旅キャンペーン」の直前エントリーを利用して、ポイント分お得にしましょう!

『楽天トラベル』のデメリット

多くのクーポンやキャンペーンが利用でき、さらに楽天ポイントでの支払いもできてお得な『楽天トラベル』ですが、気を付けたいデメリットが1つだけあるので解説します。

ホテルの公式サイトで予約した方が安い場合がある

『楽天トラベル』よりも公式サイトで予約した方が安い場合があります。公式サイトで予約をしてもらい、ホテル側が『楽天トラベル』に支払う手数料を節約するためです。公式サイトでの予約特典として、チェックアウトの延長や優待をしているホテルもあります。

ただしホテルの公式サイトでは楽天ポイントは貯まりませんし、キャンペーンやクーポンなどのタイミングによっては『楽天トラベル』で予約した方が、割引・ポイント還元ともにお得な場合も。

なるべく安く予約をしたい人は、キャンペーン等もふまえながら『楽天トラベル』とホテルの公式サイトをよく比較しましょう。

『楽天トラベル』の使い方

旅行を計画している人は早速『楽天トラベル』を使ってみましょう。ここでは、iPhoneアプリでの使い方を解説します。

国内・海外の宿泊施設やツアーを検索する

旅行の日程がある程度決まったら、国内・海外の宿泊施設やツアーを検索してみましょう。

楽天トラベル 検索

アプリを開くと検索画面になっているので、早速条件を指定して検索しましょう。宿泊地や日程、人数、料金などの条件を絞り込めます。

また特定のホテルや地域が決まっていれば、下の検索窓にキーワードを入力して直接検索することもできます。

楽天トラベル ツアー

ツアーやレンタカーなどは、上のボタンをタップすれば専用の検索画面に切り替わります。

楽天トラベル ツアー

たとえばツアーの場合、「航空券+宿泊」「航空券+宿泊+レンタカー」などの4パターンから選択し、出発空港や宿泊条件を設定して検索。自分好みのツアープランを組み立てていきます。

キャンペーンやクーポンも検索

楽天トラベル キャンペーン

キャンペーンやクーポンを使ってお得に予約したいですよね。下の「キャンペーン」ボタンをタップすれば、開催中のキャンペーンやクーポンを検索できます。

「キャンペーン」ページでは他にもランキングや温泉宿などの特集が組まれていたり、家族旅行にぴったりのプランに絞って検索できたりなど、さまざまな使い道があります。どんどん活用していきましょう。

楽天トラベル クチコミ

失敗しない宿選びには、クチコミをよく読むことも大切。各宿泊施設のページにあるクチコミボタンからチェックしておきましょう。

宿泊施設やツアーの予約をする

宿泊したい施設が決まったら、予約をしましょう。

プラン、日程を決める

楽天トラベル プラン

人数を入力し、予約する

楽天トラベル 予約

必要事項を入力し、予約完了

楽天トラベル 予約

①利用するプランを選択し、空室カレンダーへ移動
②宿泊したい日程のチェックイン日・チェックアウト日を選び、「確定」をタップ
③利用の部屋数、宿泊人数を入力し「次へすすむ」をタップ
④予約内容と金額を確認してログイン(ログイン済みの場合は不要)
⑤宿泊者名や支払い方法などを必要事項を入力し、クーポンの確認や充当するポイントを設定
⑥「予約を完了する」ボタンをタップすれば予約完了

国内ツアーは「ANA楽パック」「JAL楽パック」がおすすめ

国内ツアーの予約は「ANA楽パック」または「JAL楽パック」を選べます。それぞれ航空券、宿泊、レンタカーがセットになったプランで、ANAやJALのマイルも貯まります。

ANA楽パック ANA航空券+宿泊 ANA航空券+宿泊+レンタカー
JAL楽パック JAL航空券+宿泊 JAL航空券+宿泊+レンタカー

好きな時間のフライトを選んだり、提携施設の中から好きな宿泊施設を選んだりできる便利なプラン。個別に予約するより楽かつお得です。

楽天トラベル 楽パック

楽パックの予約も、フライトを選択→ホテルを選択と続けて行うだけなので簡単です。

レンタカー・高速バス・航空券もまとめて予約

ツアーを利用しない場合でも、宿泊施設と一緒にレンタカーや高速バスなどの移動手段もまとめて予約しておくと便利。この場合個別の予約になりますが、それぞれの予約サイトに移動するより簡単です。

楽天トラベル バス

東京から大阪へ高速バスで行く場合の予約手順です。

①運行スケジュールから乗車地を選ぶ
②下車地を選び、予約手続きを行う

予約手続きとは、乗車人数や代表者氏名の入力、支払い方法の設定などです。レンタカーや航空券の予約もわかりやすく、画面の指示に従っていけば問題なく予約できます。

予約確認とキャンセル方法

予約確認とキャンセル方法を解説します。

「予約確認」から確認する

楽天トラベル 予約確認

下の「予約確認」をタップすると、予約状況を確認できます。

予約をキャンセルするときは、予約確認画面に表示されている「キャンセル」ボタンから手続きが可能です。インターネット上からのキャンセル受付を停止しているなどキャンセル手続きができない場合があるので、宿泊施設に直接連絡をして、キャンセルの旨を伝えましょう。

また直前のキャンセルは、各宿泊施設が掲げる規約に則してキャンセル料がかかるため注意が必要です。キャンセルについて詳しくはこちらのページをご確認ください。

レビュー・クチコミを投稿する

宿泊施設を利用したら、レビュー・クチコミを投稿して感想をシェアしましょう。あとに予約する人の参考になります。

楽天トラベル 過去の予約

クチコミを投稿できるのは過去に『楽天トラベル』経由で予約した宿泊施設のみ。「予約確認」から「過去の予約」を開き、「投稿する」ボタンから投稿しましょう。

クチコミでは、星の数で評価したり、コメントを投稿したりできます。クチコミについてはこちらで確認しましょう。

領収書のもらい方

出張などビジネス用途で利用した場合は、領収書が必要です。ただし決済方法によって領収書のもらい方が異なります。

オンラインカード決済(クレジットカード決済)の場合は「予約確認」またはブラウザの個人ページから予約の詳細を開き「領収書をダウンロード」ボタンでダウンロード可能です。

現地決済する人は宿泊施設で発行してもらいましょう。また法人一括精算を利用している場合は、契約した企業へ請求されるので、個別の発行は不要です。

領収書の発行方法もこちらで確認しましょう。

『楽天トラベル』初めて利用キャンペーンで最大3,000ポイント

楽天トラベル 初めて利用キャンペーン

『楽天トラベル』では、対象サービスを初めて利用する人限定で大量のポイントが還元されるキャンペーンを毎月開催中です。

もらえるポイントは予約合計金額の10%分ですが、各対象サービスごとに最大で以下のポイントがもらえます。

対象サービス もらえるポイント(最大)
国内宿泊 1,500ポイント
国内ツアー 3,000ポイント
レンタカー 1,000ポイント
バス旅行 500ポイント

※時期によって対象サービスやキャンペーン内容が変わる場合があります

たとえばホテルを5,000円で予約した場合、予約金額10%分の500ポイント還元。15,000円以上の予約なら、最大の1,500ポイントを受け取れます。

最大ポイントが欲しい人はギリギリの予約金額を狙ってみましょう。

まとめて使うとポイントアップ

初めて利用キャンペーンの最大の魅力は、まとめて使うとポイントアップすること。国内ツアーとレンタカーを一緒に予約すると、3,000+1,000で計4,000ポイントもらえるのです。

しかも今まで一度も『楽天トラベル』を使った人ことがない人ではなく、「対象サービスを初めて利用する人」が対象。たとえば「過去に国内宿泊を利用したことがあるけどレンタカーやバスは初めて」であれば、レンタカーやバス分のポイントがしっかりもらえます。

毎月開催されているため、一気に利用する必要はありません。「春の旅行は国内ツアー、夏の旅行は宿泊施設とレンタカーを組み合わせよう」のように、分割して利用するのもよいですね。

他キャンペーンと併用できない場合も

『楽天トラベル』では他にもキャンペーンもありますが、初めて利用キャンペーンとは併用できない場合もあります。他のキャンペーンにエントリーしているとそちらが優先され、還元されるポイントが少なくなることもあるので注意しましょう。

またクーポンとの併用は可能ですが、クーポンによって料金が割引されると、初めて利用キャンペーンの還元ポイントも割引後の料金に適応されるので、こちらも注意してください。

『楽天トラベル』のクーポンを探すならコチラ

「楽天トラベル」のクーポンの探し方・使い方を解説! 併用はできる?

意外と知らない魅力がいっぱいの『楽天トラベル』を使おう

『楽天トラベル』は掲載の宿泊施設数が多く、ホテルや旅館などを幅広く検索できます。ホテルだけでなく交通機関やツアーもまとめて予約できて便利です。

ただ予約するだけでなく、クーポンを使うと格安で泊まれたり、キャンペーンにエントリーすると楽天ポイントを大量にもらえたりなど、意外と知らない魅力がいっぱいです。

楽天ポイントがザクザク貯まりやすく、貯まったポイントは楽天市場や街のお店でも使えるので、特に楽天経済圏の人におすすめ。旅行や出張にはぜひ『楽天トラベル』を使ってみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

【2022年最新版】楽天のセールカレンダーまとめ 大型セールはいつ?
『楽天市場』お得な日はいつ? キャンペーンごとのポイント還元率と3つの注意点