• TOP
  • 🛍️ 楽天
  • 「楽天Kobo」とは? メリットやデメリット、アプリの使い方を徹底解説

「楽天Kobo(コボ)」は楽天グループが運営する電子書籍ストアです。幅広いジャンルの電子書籍を400万冊以上販売し、登録するだけで無料で読めるものもあります。

「楽天Kobo」では、電子書籍の購入100円につき「楽天ポイント」が1ポイント貯まります。貯まった「楽天ポイント」で電子書籍を購入できる他、クーポンやキャンペーンを利用すればさらにお得に購入が可能。

しかし、実際に利用する前にメリットやデメリットを把握しておきたいですよね。「楽天Kobo」の対応端末やアプリの使い方、「Kindle(キンドル)ストア」など他サービスとの違いも確認したいところです。本記事では「楽天Kobo」の特徴から具体的な使い方まで、わかりやすくご紹介します。

楽天ポイントを高還元!

リーベイツ(Rebates)でお得にポイ活!

楽天公式の高還元率ポイントバックサービス「楽天リーベイツ」。

ファッション、コスメ、日用品などいつものお買い物や旅行予約の際に、リーベイツ経由でストアにアクセスするだけで楽天ポイントが貯まります。Apple、iHerb、Qoo10、ナイキ、DELL、Lenovoなど、人気ストアが700以上提携中。

アカウント作成はお持ちの楽天IDでログインするだけ。使わないと損ですよ!

電子書籍ストア「楽天Kobo」とは?

楽天Koboバナー

「楽天Kobo」は楽天グループの電子書籍ストアです。コミックや小説などの電子書籍を購入でき、100円ごとに「楽天ポイント」が1ポイント貯まります。また、「楽天Kobo」や他の楽天関連サービスで貯まった「楽天ポイント」を電子書籍の購入に使うこともできますよ。

豊富なジャンルの電子書籍が400万冊以上

「楽天Kobo」では400万冊以上の電子書籍を取り扱っています。取り扱いジャンルも以下のように豊富です。

■「楽天Kobo」電子書籍の掲載ジャンル
・漫画(コミック)
・小説・エッセイ
・ミステリー・サスペンス
・ライトノベル
・ビジネス・経済・就職
・人文・思想・社会
・ノンフィクション
・語学・学習参考書・資格
・科学・医学・技術
・PC・システム開発
・美容・暮らし・健康・料理
・ホビー・スポーツ・美術
・旅行・留学・アウトドア
・絵本・児童書
・エンターテインメント
・写真集
・ボーイズラブ(BL)・ティーンズラブ(TL)
・雑誌
・洋書

最新の話題作からマイナーな作品まで幅広く取り扱っているので、さまざまなジャンルの電子書籍を楽しみたい人におすすめです。

さまざまなデバイスに対応している

「楽天Kobo」ではいろんなデバイスで電子書籍を楽しめます。ただし、「楽天Kobo」の電子書籍はWebブラウザでは読めず、専用アプリが必要です。

iOSのスマホ・タブレットは「App Store(アップストア)」、Androidのスマホ・タブレットは「Google Play(グーグルプレイ)」、PCは公式サイトからデスクトップアプリをインストールしましょう。「楽天Kobo」の対応端末は以下のとおりです。

■スマートフォン
・iOSスマートフォン・タブレット:iOS 13.0以上推奨
・Androidスマートフォン・タブレット:Android 6.0以上推奨

■PC
・Windows:Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10
・Mac:Mac OS X10.9 もしくはそれ以上
・メモリ:RAM 2GB以上(4GB以上推奨)
・ハードディスク空き容量:200MB以上(電子書籍の保存に必要な容量を除く)
・ディスプレイ:1024×768以上の解像度(1920×1080以上推奨)

■楽天Kobo電子書籍リーダー
・4.31.19086以上のバージョン推奨
※一部端末はサポートが終了し、推奨バージョンへアップデートできません。詳しくはこちら[リンク]をご覧ください。

「楽天Kobo電子書籍リーダー」とは?

Kobo sageバナー

「楽天Kobo電子書籍リーダー」は「楽天Kobo」専用の電子書籍リーダーで、「楽天Kobo」で電子書籍を多く購入する人や、電子書籍をより快適に読みたい人におすすめです。

電子ペーパーが採用され、本物の紙に近い質感で読書を楽しめます。文字の大きさも自由に変更でき、前面から照らすフロントライト構造を採用しているため、長時間の読書でも目が疲れにくいですよ。

バッテリーは1回の充電で数週間(ライト・Wi-Fiはオフ、約1分/1ページで1日30ページ読書した場合)もつので、外出先で充電が切れる可能性も低いでしょう。

「楽天Kobo電子書籍リーダー」の機種・基本情報

Kobo Elipsa Kobo Sage Kobo Libra 2 Kobo Clara HD Kobo Nia
ディスプレイ 10.3インチ・Carta E Ink HD タッチスクリーン 8.0インチ・Carta flush E Ink HD 1200 タッチスクリーン 7.0インチ・Carta E Ink HD 1200 タッチスクリーン 6.0インチ・Carta E Ink HD タッチスクリーン
解像度 1872×1404(227 ppi) 1920×1440(300 ppi) 1680×1264(300 ppi) 1448×1072(300 ppi) 1024×758(212 ppi)
内蔵メモリ容量/使用可能領域 約32GB(テキストベースの本:約28,000冊 / コミック:約700冊) 約8GB(テキストベースの本:約6,000冊 / コミック:約150冊)
ライト ComfortLight(フロントライト内蔵) ComfortLight PRO(フロントライト内蔵、ナチュラルライト機能) ComfortLight(フロントライト内蔵)
サイズ 227.5×193.0×7.6 mm 181.4×160.5×7.6 mm 161.6×144.6×9.0 mm 157.0×111.0×8.3 mm 159.3×112.4×9.2 mm
重量 383g 240.8g 215g 166g 172g
ページめくり操作 画面のタップ / スワイプ操作 画面のタップ / スワイプ操作、ページめくりボタン付き 画面のタップ / スワイプ操作
防水 - IPX8 規格準拠(水深2m / 最大60分耐久) - -
「Koboスタイラス」対応 - - -
カラー ミッドナイトブルー ブラック ホワイト / ブラック ブラック

「楽天Kobo」と「Kindleストア」の違い

楽天が運営する「楽天Kobo」とAmazonが運営する「Kindleストア」。どちらも電子書籍が読めるサイトですが、取り扱う書籍数や利用できるポイントなど多くの点で異なります。2つのサービスの違いを理解した上で、自分に合う方を選びましょう。

楽天Kobo Kindleストア
電子書籍の取り扱い数 400万冊以上 公式サイト記載なし
利用可能ポイント 楽天ポイント Amazonポイント
ポイント還元 1% 1%以上
対応デバイス スマホ・タブレット(iOS・Android)
楽天Kobo電子書籍リーダー、PC(Mac・Windows)
スマホ・タブレット(iOS・Android)
Kindle端末、PC(Mac・Windows)
無料作品 4,300冊以上 10,000冊以上
支払い方法 クレジットカード(Visa、MasterCard、Diners、JCB、American Express)、一部のデビットカード、楽天ポイント、楽天キャッシュ クレジットカード(Visa、MasterCard、Diners、JCB、American Express)、携帯キャリア決済、あと払い(ペイディ)、Amazonギフト券、Amazonポイント など

「楽天Kobo」のメリット

ここでは「楽天Kobo」のメリットについてご紹介します。

「楽天Kobo」のメリット

  • 「楽天ポイント」が貯まる
  • 「楽天ポイント」で電子書籍を購入できる
  • 4,300冊以上のコミックや小説が無料で読める
  • キャンペーンやクーポンでお得に電子書籍を購入できる
  • 初回利用時はさらにお得に利用可能
  • 「楽天学割」で毎週水曜はポイント最大11倍

「楽天ポイント」が貯まる

「楽天Kobo」で電子書籍を購入すると、100円ごとに「楽天ポイント」が1ポイント貯まります。加えて、「楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の対象となり、「楽天Kobo」で当月1回1,000円以上の買い物をすると「楽天市場」での買い物がポイント+0.5倍になります。

「楽天市場」を利用している人は「楽天Kobo」を利用すると、さらに「楽天ポイント」を貯めやすくなるのでおすすめです。

「楽天ポイント」で電子書籍を購入できる

「楽天Kobo」では、1ポイント=1円で「楽天ポイント」を電子書籍の購入に利用できます。他の楽天関連サービスで貯まったポイントも利用できますし、全額ポイントで電子書籍を購入することも可能です。

4,300冊以上のコミックや小説が無料で読める

「楽天Kobo」では4,300冊以上(2022年3月現在)のコミックや小説が無料で読めます。他の電子書籍サービスでは「コミック1巻のみ無料」などのキャンペーンがよく開催されていますが、「楽天Kobo」ではシリーズ全作が無料のものもありますよ。

期間限定ではなく、常に無料で読めるコミックや小説があるので、無料でも十分に電子書籍を楽しむことができます。

キャンペーンやクーポンでお得に電子書籍を購入できる

「楽天Kobo」のさらなる魅力は、お得に電子書籍を購入できるキャンペーンやクーポンがたくさんあること。「楽天Kobo」では以下のようなクーポンが常時配布されています。

・2,000円以上で使える10%オフクーポン
・3,500円以上で使える15%オフクーポン
・5,000円以上で使える20%オフクーポン
・10,000円以上で使える25%オフクーポン

さらに「楽天Kobo」は、「楽天市場」で開催される以下のキャンペーンの対象となります。

■「楽天Kobo」が対象となる「楽天市場」のキャンペーン
・毎月5と0のつく日は「楽天カード」利用でポイント5倍
・毎月18日は楽天市場 ご愛顧感謝デー
・楽天スーパーSALE ショップ買いまわり
・楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナ 勝ったら倍

このようなクーポンやキャンペーンを活用すれば、かなりお得に電子書籍を購入できますよ。少しでも安く電子書籍を購入したい人におすすめです。

初回利用時はさらにお得に利用可能

「楽天Kobo」を初めて利用するときは、以下のキャンペーンを適用できます。大幅に料金を抑えることができるので、忘れずに活用しましょう。

・スタート1000
・電子書籍デビュー応援!条件達成で200ポイントプレゼント!

スタート1000

「スタート1000キャンペーン」は、「楽天Kobo」で初めて2,000円(税込)以上の電子書籍を購入すると1,000ポイントがもらえるキャンペーンです。利用条件としてキャンペーンページでのエントリーが必要で、付与ポイントは期間限定ポイント(ポイント進呈日の翌月末まで有効)なので注意しましょう。

■「楽天Kobo」スタート1000
・条件:キャンペーンページでエントリー後、「楽天Kobo」で初めて2,000円(税込)以上(クーポン適用後の価格)の電子書籍を購入
・獲得ポイント:1,000ポイント(期間限定ポイント)
・期間:常時開催
・対象外となる場合:無料作品の購入、同月内に対象外となるクーポンを利用した場合、電子書籍リーダーから購入した場合

電子書籍デビュー応援!条件達成で200ポイントプレゼント!

「電子書籍デビュー応援!条件達成で200ポイントプレゼント!」は毎月開催されているキャンペーンです。「楽天Kobo」で初めて200円(税込)以上の電子書籍を購入すると100ポイント、さらに翌日以降の100円(税込)以上の購入で+100ポイントがもらえます。

キャンペーンで獲得できるポイントは期間限定ポイントですが、キャンペーンページのエントリーは不要です。また、キャンペーン対象外となる作品もあるので注意しましょう。

■電子書籍デビュー応援!条件達成で200ポイントプレゼント!
・条件:200円(税込・クーポン適用後の価格)以上の電子書籍を購入、さらに翌日以降100円(同)以上の購入
・獲得ポイント:200ポイント(期間限定ポイント)
・期間:毎月開催
・対象外となる場合:電子書籍リーダーの購入、電子書籍リーダー内からの購入、予約作品の場合は予約の状態では対象になりません。

「楽天学割」で毎週水曜はポイント最大10倍

「楽天学割」は15〜25歳の学生に適用されるものです。当てはまる学生ユーザーは、キャンペーンにエントリーして「楽天Kobo」で電子書籍を購入すると、毎週水曜日はお得にポイントが貯まりますよ。

「楽天学割」の本メンバーなら、毎週水曜10:00〜翌木曜09:59に「楽天Kobo」で購入するとポイント3倍に。「楽天ブックス」「楽天市場」の利用は同じく3倍、初めての本メンバー登録で10倍になります。

さらに「楽天学割」の公式LINE(ライン)アカウントを友だち追加することで、ポイント+1倍になりますよ。「楽天Kobo」で電子書籍を買いたい学生の方は、忘れずに「楽天学割」を利用しましょう。

「楽天Kobo」のデメリット

ここでは「楽天Kobo」のデメリットについて、ご紹介します。

「楽天Kobo」のデメリット

  • 電子書籍は紙の書籍より発売日が遅いことがある
  • 利用できる支払い方法が少ない

電子書籍は紙の書籍より発売日が遅いことがある

電子書籍の発売は、紙媒体より遅いことがあります。人気の漫画や雑誌はたいてい発売日当日に購入できますが、マイナーな漫画や書籍は遅れて電子書籍化されるケースが多いのです。

「楽天Kobo」では新刊の漫画や小説をすぐには読めない可能性もあるので、理解しておきましょう。

利用できる支払い方法が少ない

「楽天Kobo」では、以下のような支払い方法が利用できます。

・クレジットカード(Visa、MasterCard、Diners、JCB、American Express)
・一部のデビットカード
・楽天ポイント
・楽天キャッシュ

他の電子書籍サービスと比べて、支払い方法は少なめと言えるでしょう。「LINE Pay」や「PayPay」、コンビニ払いなどは利用できないため、注意が必要です。

「楽天Kobo」利用時の注意点

ここでは「楽天Kobo」利用時の注意点について、ご紹介します。

「楽天Kobo」利用時の注意点

  • アプリから電子書籍を購入できない
  • キャンペーンは併用できないことが多い
  • 読み放題サービスではない

iOSアプリからは電子書籍を購入できない

iOS端末を使っている場合、「楽天Kobo」アプリから電子書籍を購入することはできず、Webブラウザから「楽天Kobo」のサイトにアクセスして購入する必要があります。

つまりiOSユーザーが「楽天Kobo」の電子書籍を読むためには、Webブラウザで読みたい電子書籍を購入してからアプリを開く必要があり、手間がかかります。

一方、「楽天Kobo電子書籍リーダー」なら端末から電子書籍を直接購入可能なので、少しでも手間を省きたい人にはこちらがおすすめです。

キャンペーンは併用できないことが多い

「楽天Kobo」では多くのキャンペーンを開催していますが、併用ができない場合が多いのはネックです。例えば、「初回利用キャンペーン」と他のキャンペーンは併用できず、付与ポイントの多い方が適用されます。

各種キャンペーンは、一番お得なタイミングを自分で判断して利用する必要があるため、注意しましょう。

読み放題サービスではない

「楽天Kobo」は電子書籍を購入できるサービスであり、読み放題サービスではありません。「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」のような読み放題サービスをイメージしていると、期待外れかもしれませんね。

楽天が提供する読み放題サービスとしては「楽天マガジン」があります。書籍ではなく雑誌の読み放題サービスですが、雑誌から多くの最新情報をゲットしたい人は検討してみてください。

雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」

「楽天マガジン」では、900誌以上の雑誌(電子)が月額418円(税込)で読み放題になります。さらに年額プランなら3,960円(税込)、実質月額330円に。

雑誌を1冊購入するよりもお得な料金で利用できるので、スマホやタブレットで雑誌をたくさん読みたい人におすすめです。

「楽天マガジン」の基本情報

月額プラン 418円(税込)
年額プラン 3,960円(税込)
雑誌数 900誌以上
対応デバイス スマホ・タブレット・PC
対応OS iOS 10以上、Android 5.0以上、Windows 8.1以上
同時接続デバイス数 1アカウントにつき5台まで
支払い方法 クレジットカード(Visa、MasterCard、Diners、JCB、American Express )、デビットカード、楽天ポイント
利用条件 楽天会員

「楽天Kobo」がおすすめな人・おすすめできない人

ここまで「楽天Kobo」のメリット・デメリットを見てきましたが、結局「楽天Kobo」はどんな人におすすめなのでしょうか? 「楽天Kobo」がおすすめな人、おすすめできない人をそれぞれご説明します。

「楽天Kobo」がおすすめな人

「楽天Kobo」は、「楽天ポイント」を利用してお得に電子書籍を読みたい人におすすめです。「楽天Kobo」では電子書籍の購入で「楽天ポイント」が貯まり、キャンペーンなどを活用すれば通常よりポイントが多く貯まるのが嬉しいですね。

楽天関連サービスで貯まったポイントを電子書籍の購入に利用できるので、普段から「楽天ポイント」を多く貯めている人なら、ポイントを消費してお得に電子書籍を購入できます。

「楽天Kobo」をおすすめできない人

電子書籍をとにかくたくさん読みたい派の人には、「楽天Kobo」はおすすめできません。「楽天Kobo」は電子書籍の読み放題サービスではないため、電子書籍をその都度購入する必要があります。

さらに「楽天Kobo」のアプリで電子書籍を直接購入することはできず、Webブラウザから購入するため手間がかかります。

電子書籍をできるだけ多く読みたい人は、他社の電子書籍読み放題サービスに登録しましょう。雑誌だけでもよければ「楽天マガジン」の利用がおすすめです。

「楽天Kobo」の使い方

「楽天Kobo」の使い方には以下の2つがあります。ここからは、それぞれの場合に分けて「楽天Kobo」の使い方をご説明します。

・「楽天Kobo」アプリで電子書籍を読む方法
・PCで電子書籍を読む方法

「楽天Kobo」アプリで電子書籍を読む方法

「楽天Kobo」アプリで電子書籍を読む場合、Webブラウザで「楽天Kobo」上で電子書籍を購入してから、アプリを開く流れとなります。ここからは「楽天Kobo」アプリで電子書籍を読む方法をご説明します。

「楽天Kobo」と「楽天ブックス」の違い

同じ楽天グループが運営する書籍の販売サービスとして、「楽天ブックス」があります。しかし、「楽天Kobo」と「楽天ブックス」はそれぞれ販売している商品が異なります。

「楽天Kobo」は「楽天ブックス」の中にある電子書籍ストアという位置づけです。「楽天Kobo」は電子書籍のみに特化したサービスですが、「楽天ブックス」では書籍をはじめ、CDやゲームソフトなども購入できます。

「楽天ポイント」が貯まる・使えるという点はどちらも同じですが、利用できるキャンペーン・クーポンなどは「楽天Kobo」と「楽天ブックス」で異なるため注意しましょう。

1.Webブラウザで「楽天Kobo」にアクセスし[ログイン]をタップ

楽天Koboトップ画面

2.ログイン情報を入力してログインする

楽天ブックスログイン画面

3.読みたい本を選んで「買い物かご」に入れる

楽天Kobo商品一覧画面

4.「買い物かご」画面で[ご購入手続き]をタップ

楽天ブックス買い物かご画面

5.再度ログイン情報を入力し、ログインする

楽天ブックスログイン画面

6.注文内容を確認し、[注文を確定する]をタップして購入完了

楽天ブックス注文内容の確認画面

▲ポイントを消費して購入したい場合はポイント利用の[変更]から利用できる

7.「楽天Kobo」アプリをインストール

楽天Koboアプリインストール画面(スマホ)

▲画像は「App Store」のもの

8.アプリを開いて[楽天Koboでログイン]をタップ

楽天Koboアプリインストール後の初期画面(スマホ)

9.ログイン情報を入力してログインする

楽天Koboアプリ内の楽天会員ログイン画面(スマホ)

10.読みたい作品をタップ

楽天Koboアプリホーム画面(スマホ)

11.[読む]をタップして、読書開始

楽天Koboアプリ電子書籍の概要画面(スマホ)

■読書画面の主な操作方法(スマホ・タブレットの「楽天Kobo」アプリ)
・ページをめくる:画面左側をタップ、左から右へスワイプ
・ページをもどる:画面右側をタップ、右から左へスワイプ
・読書を中断してホーム画面へもどる:画面下部中央をタップして左上の[戻る]をタップ

PCで電子書籍を読む方法

1.Webブラウザで「楽天Kobo」にアクセスし[ログイン]をクリック

楽天KoboのTOPページ(PCブラウザ)

2.ログイン情報を入力してログインする

楽天ブックスのログイン画面(PCブラウザ)

3.読みたい本を選んで[買い物かごに入れる]をクリック

楽天ブックス商品詳細画面(PCブラウザ)

4.再度ログイン情報を入力し、ログインする

楽天ブックス商品購入前のログイン画面(PCブラウザ)

5.注文内容を確認し、[注文を確定する]をクリックして購入完了

楽天ブックス注文内容確認画面(PCブラウザ)

6.注文完了後、TOPページへ戻る

楽天ブックス注文完了画面(PCブラウザ)

7.「楽天Kobo」TOPページメニュー内の[楽天Kobo 初めての方へ]をクリック

楽天ブックスTOPページメニュー(PCブラウザ)

8.ページ下部へスクロール

楽天Kobo初めての方へページ(PCブラウザ)

9.[Windows]もしくは[Mac]をクリックして、デスクトップアプリをダウンロード

楽天ブックス初めての方へページ下部(PCブラウザ)

10.「楽天Kobo」デスクトップアプリを開いてログインする

楽天Koboデスクトップアプリのログイン画面

11.読みたい本をダブルクリックして、読書開始

楽天Koboデスクトップアプリのライブラリ

■読書画面の主な操作方法(デスクトップアプリ)
・ページをめくる:画面左側をクリック or マウスで上へスクロール
・ページをもどる:画面右側をクリック or マウスで下へスクロール
・読書を中断してライブラリへもどる:画面上部の[ライブラリ] をクリック

「楽天Kobo」の評判・口コミ

「楽天Kobo」で電子書籍を楽しもう!

「楽天Kobo」では400万冊以上の電子書籍をスマホやタブレット、PCから楽しめます。購入額1円につき1ポイントの「楽天ポイント」が貯まるのはもちろん、「楽天市場」など楽天関連サービスで貯まったポイントも電子書籍の購入に利用可能です。

普段から楽天関連サービスを利用している人は、貯まった「楽天ポイント」でお得に電子書籍を購入しましょう。この記事を参考に、ぜひ「楽天Kobo」の利用を検討してみてください。

こちらの記事もおすすめ

電子書籍サービスおすすめ17社徹底比較 各ジャンル・目的別に厳選【2022年最新】
どこが安い? マンガ・小説をお得に買える電子書籍サービスおすすめ15選【2022最新】