本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「Appliv TOPICS」は15~69歳男女2,614人を対象に、2023年8月23日~8月30日の期間で、音楽配信サービスに関するアンケートを実施しました。

1億4,000万曲以上が聴き放題! 楽曲数と音質にこだわる人に
AWA
プライム会員や学生ならもっとお得!
Amazon Music Unlimited
【PR】Apple Musicが3カ月無料トライアルのキャンペーン中!

Appleが運営する音楽配信サービス。配信楽曲数は1億曲で業界トップクラス!
厳選されたプレイリストで、魅力的な楽曲の数々と出会えます。

期間限定で3ヶ月無料トライアルキャンペーン中なのでこの機会にぜひ試してください!

Apple Musicを今すぐ無料体験

半数近くが音楽配信サービスを利用中

音楽聴き放題サービスの利用経験

音楽が聴き放題のサービスを利用状況を質問したところ、「無料サービスを利用している」が21.54%、「有料サービスを利用している」が21.08%、「無料・有料どちらも利用している」が4.32%でした。合わせると46.94%となり、半数近い人が無料・有料いずれかの音楽配信サービスを利用しています。

一方で「利用したことがない」は44.72%いました。

10代・20代は音楽配信サービス利用者が約67% 年代が上がるほど利用率は低下

年代別の音楽聴き放題サービスの利用経験

年代別で回答の内訳を見ると、10代・20代は利用中の人が約67%。他の年代よりも利用率が高いことがわかります。20代は10代と比べて、有料サービスを利用している人が約15ポイント多いのも特徴的です。

30代以降は年代が上がるごとに、「利用したことがない」が大きくなっています。

利用者数No.1は「Spotify」

音楽配信サービスを利用している1,227人に、利用中の音楽配信サービス(複数回答可)を尋ねました。

最多は「Spotify」で480人。その後に「Apple Music」371人、「Amazon Music Prime」346人、「YouTube Music」275人、「LINE MUSIC」188人、「Amazon Music Unlimited」129人と続きます。

「Amazon Music Unlimited」は男性、「LINE MUSIC」は女性の利用者が多い

利用中の音楽配信サービス 男女構成比

回答が100以上だった上位6サービスについて、回答者の男女比を見ると、「Amazon Music Unlimited」の男性比率の高さが目立ちます。

全体的に男性の方が多い傾向にありますが、「LINE MUSIC」のみ女性比率が高いのが特徴的です。

「LINE MUSIC」は10代、「Apple Music」は20代、「Amazon Music Unlimited」は30代比率が高い

利用中の音楽配信サービス 年代構成比

年代別で回答比率を見てみると、「LINE MUSIC」は10代、「Apple Music」は20代、「Amazon Music Unlimited」は30代の比率が高いです。

「Spotify」「YouTube Music」は比較的全年代がバランスよくいるのに対し、「Apple Music」「LINE MUSIC」は10~20代の若い世代、「Amazon Music Prime」「Amazon Music Unlimited」は30代以上の上の世代の利用者が多くなっています。

年代別音楽配信サービス人気TOP3

10代~60代毎の音楽配信サービス人気TOP3がこちらです。「Spotify」は全年代から支持されています。

「LINE MUSIC」は唯一10代でランクイン。「Apple Music」は10~40代ではランクインしており、50~60代では「Apple Music」に代わって「YouTube Music」が入ってきます。

ユーザー満足度No.1は「Apple Music」

音楽配信サービス満足度トップ5

各サービスの利用者に、満足度を5段階で評価してもらいました。

「とても満足」5点、「満足」4点、「普通」3点、「不満」2点、「とても不満」1点とし、平均点でランク付けをした上位5サービスがこちらです。1位は「Apple Music」、2位は「Spotify」で、利用者が多い上に満足度も高い結果となりました。

3位は「Deezer」。利用者数では下から2番目の多さでしたが、ユーザーの満足度は高めです。「Deezer」はフランス発のHiFi音質を売りにしているサービスです。音にこだわりのあるディープな層に指示されているのかもしれません。

4位は「TOWER RECORDS MUSIC」。大手CDショップチェーンのタワーレコードが運営する音楽サービスです。ここでしか聴けない、アーティスト撮り下ろしコンテンツなどを配信しています。

5位は「YouTube Music」。YouTube上の動画も音楽プレイヤーのように再生できるのが特徴です。「YouTube Premium」に加入すると「YouTube Music」も制限なく使えるようになるため、日常的にYouTubeを利用している人にとってはコスパが高いサービスでしょう。

6位以下のランキングは以下の記事で紹介しています。

音楽配信サービス人気ランキング

サブスク音楽配信サービス人気ランキング おすすめ聴き放題13社比較【2024年1月】

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年8月23日~8月30日
調査委託先:株式会社ジャストシステム
調査対象:15~69歳男女
サンプル数:2,614人
◇年齢
15~19歳:442人
20~29歳:442人
30~39歳:442人
40~49歳:427人
50~59歳:425人
60~69歳:436人
◇性別
男性:1,305人
女性:1,309人

※本アンケート結果は小数点以下任意の桁を四捨五入しています。合計が100%にならない場合があります。

本データの利用条件

1 情報の出典元として、「Appliv TOPICS」の名前を明記してください。

2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
 https://mag.app-liv.jp/archive/145053/

3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。

4 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。