ロゴあなたのNo.1が見つかる!
カーリース最新比較・ランキング
サイト
軽自動車のローン返済額は月いくら?安く新車に乗る方法や選び方のポイントも解説

軽自動車のローン返済額は月いくら?安く新車に乗る方法や選び方のポイントも解説

マイカーローンマイカーローン

2024.02.04

本サイトはアフィリエイト広告を含む場合があります。

軽自動車をローンで購入する場合、普通車よりも車両本体価格が安いことから、月々の返済額も抑えやすい傾向があります。一方で、ローンは金利がかかるため、選び方によっては思っていたほど安くないといった状況になることも。

そこで、軽自動車をローンで購入した場合の返済額は月いくらになるのか、いくらまで借り入れられるのかについて、軽自動車のローン返済額を安くする選び方のポイントや、ローンを組まなくても月々の負担を抑えて軽自動車の新車に乗れる方法と併せて解説します。

人気車種の新車に乗れる 業界最安水準 人気のカーリースをみる

【この記事でわかること】

一般的な軽自動車のローン返済額と借入可能額の目安

軽自動車に最適なマイカーローン選びのポイントと負担を抑えるコツ

ローンを組まずに月額10,000円台から軽自動車の新車に乗る方法

軽自動車をローンで購入すると返済額は月いくらになる?

クラベルさん編集部が車を所有している全国の男女390人を対象に行った調査によると、マイカーローンの月々の返済額額は「20,000円」が33.9%と最も多く、次いで「30,000円」が21.3%と、半数以上の方が月々20,000~30,000円程度の返済をしていることを示す円グラフ

マイカーローンの月々の返済額は、同じ借入額でも借入期間や適用金利によって変わってきますが、一般的な傾向を見ることで目安を知ることができます。

クラベルさん編集部が車を所有している全国の男女390人を対象に行った調査によると、マイカーローンの月々の返済額額は「20,000円」が33.9%と最も多く、次いで「30,000円」が21.3%と、半数以上の方が月々20,000~30,000円程度の返済をしていることがわかります。

〈月々の返済額を基にした借入可能額〉

借入期間 金利 月々の返済額が
20,000円の場合
月々の返済額が
30,000円の場合
5年 3% 111万円程度 167万円程度
5% 105万程度 159万円程度
8% 98万程度 148万円程度
7年 3% 151万円程度 227万円程度
5% 141万円程度 212万円程度
8% 128万円程度 192万円程度

アンケートの回答者には普通車を購入した方も含まれていますが、軽自動車でもハイグレードのものや装備を充実させたものなどは普通車と変わらない価格帯になることがあります。

また、月々の返済額が20,000~30,000円で借り入れられる金額は、借入期間が7年で金利3%なら151万~227万円程度、借入期間5年で金利5%なら105万~159万円程度と、一般的な軽自動車の車両本体価格と同程度になることから、カーローンを利用して軽自動車を購入した方も、月々20,000~30,000円程度、またはそれより若干低めの金額を毎月返済しているケースが多いといえるでしょう。

なお、回答した方のうち、月々の返済額が「妥当」と答えた方は41.9%だったのに対し、「もっと少ないほうがいい」と答えた方は51.2%と、半数以上を占める結果に。このことから、約2人に1人がマイカーローンの月々の返済額を負担に感じていることも見て取れます。

マイカーローンを組まなくても、月々10,000円台から軽自動車の新車に乗れる方法があります。

初期費用0円、維持費の負担も抑えられるお得な軽自動車の乗り方について、詳しくはこちらをどうぞ!

ローンを組まずに新車に乗れる!初期費用も0円のおすすめの方法をみる

軽自動車をローンで買うときに組める金額は最大でいくらまで?

軽自動車をローンで買うときに組める金額は最大でいくらまで? について解説する項目の見出し画像

マイカーローンでは借入限度額が設定されていますが、上限は10万円程度の所もあれば1,000万円程度まで利用できる所など、各社で異なります。

ただし、マイカーローンは一般的に、借入金を車の購入代金以外に使用することが認められていません。そのため、軽自動車の車両本体価格が150万円の場合は、借入限度額が1,000万円のマイカーローンでも、融資額は150万円までとなります。

また、マイカーローンの申込時には審査があり、個々の借入可能額は審査によって決められます。審査結果によっては軽自動車の車両本体価格よりも低くなる場合があります。

なお、ローンによっては初期費用や車検費用、電気自動車の充電設備の設置費用などにも利用できたり、すでに組んでいるマイカーローンの残債を上乗せできたりすることがありますが、その場合も借入可能額は審査によって決まります。

軽自動車の購入に利用できるローンの種類と特徴

マイカーローンにはいくつかの種類があり、どこを利用するかで月々の返済額がいくらになるかも変わってきます。ここでは軽自動車の購入で利用されることが多い4つのマイカーローンについて特徴を見ていきましょう。

銀行系マイカーローン

銀行や信用金庫などの金融機関が提供するマイカーローンです。ほかのローンに比べて金利が低く、返済総額が抑えやすいといったメリットがあります。また、借入れ期間も最長で10年など長めに設定できることから、月々の返済額を調整しやすいのも特徴です。

普通車に比べて借入額を抑えやすい軽自動車なら、月々の返済額や返済総額を予算に合わせることもできるでしょう。

一方で、銀行系マイカーローンは審査が厳しい傾向があります。また、ローンの申込みや手続きは契約者自身が、車の購入手続きとは別に行わなければならないため、手間と時間がかかる点も事前に検討しておく必要があります。

ディーラーローン

ディーラーローンは、自動車メーカーの特約販売店であるディーラーと提携する信販会社や保証会社などが提供するマイカーローンです。車の購入手続きとローン契約が同時に行えるため、手続きが簡単です。また、審査難度も銀行系マイカーローンに比べて低い傾向があり、車両本体価格の安い軽自動車なら、審査通過に不安がある方でも利用できる場合があります。

ただし、金利は銀行系マイカーローンより高めなことが多く、月々の返済額や返済総額が高くなりやすい点に注意が必要です。また、借入期間中は購入した車の所有者名義が販売店や信販会社に留保されることから、完済時には名義変更手数料が発生することがあります。

残価設定ローン

残価設定ローンはディーラーローンの一種で、借入期間が終了する際に残っているとされる車の市場価値である「残価」をあらかじめ最終回の返済に据え置き、残りの借入額を契約月数で分割して返済していく方法です。

残価を設定することで月々の返済額を抑えられるのが特徴ですが、金利は据え置いた残価にもかかるため、返済総額が高くなる傾向があります。一方で、金利は一般的なディーラーローンよりも低めに設定されているケースが多いので、シミュレーションをしたうえで検討するといいでしょう。

なお、最終回の返済時には、車をディーラーに買い取ってもらう、下取りに出して新しい車を契約する、残価を支払って買い取る、といった方法で残価を精算する必要があります。そのため、選択肢や車の状態によっては、高額な費用が発生する場合がある点に注意が必要です。

また、残価を担保するために、走行距離に制限が設けられていたり、カスタマイズ禁止などの制約があったりします。契約年数も3年や5年など短い傾向があることから、数年おきにそのとき人気の軽自動車に乗り換えたい、月々の負担をとにかく抑えたい、といった方に向いているでしょう。

自社ローン

自社ローンは、自動車販売店が独自に提供する支払い方法の一種です。販売店が車の購入代金を立て替えることで分割払いが可能になるという仕組みから、一般的に「ローン」と呼ばれていますが、金融商品ではないためローンには該当せず、金利も発生しません。

また、審査も販売店独自の基準で行うため、マイカーローン審査に通らない方でも利用できることがあります。

一方で、利息に代わる手数料が発生します。手数料は店舗によって異なりますが、マイカーローンの利息よりも高くなる傾向があります。また、利用できる金額の上限が低かったり、契約できる年数が短かく、月々の支払いが高くなったりする場合もあります。

車両本体価格が安い軽自動車であれば全額を利用できるケースもありますが、自社ローンの多くは中古車販売店での提供となる点も理解しておきましょう。

軽自動車の購入にぴったりなローンはどれ?選び方のポイント

軽自動車の購入にぴったりなローンはどれ?選び方のポイント について解説する項目の見出し画像

軽自動車の購入で利用するローンを選ぶときは、4つのポイントを押さえて比較検討すると、自分にぴったりのものを見つけやすくなります。金利や審査基準、手数料など、重視したいポイントを中心に選び方の詳細を確認してみましょう。

髙めの金利が適用されても返済総額や月々の返済額が予算内に収まるか

各ローン会社が提示している金利には幅があり、その中で何%の利率が適用されるかは、借入額や与信を基に審査によって決定されます。

軽自動車はその安さから借入額を抑えやすい傾向がありますが、100万円程度の借入れでも、金利1%の違いで返済総額は数万円変わってきます。月々の返済額や返済総額を抑えたい場合でも、金利の低さだけで選ぶのではなく、ローン会社が提示する最高金利が適用されても無理なく返済していけるか、必ずシミュレーションをしておきましょう。

借入れ期間は適切か

マイカーローンは借入期間が長いほど分割できる回数が増え、月々の返済額が低くなります。一方で、残高の減るスピードは遅くなり、利息負担は増えやすくなります。

また、所有権が留保されるマイカーローンでは、完済するまで売却や名義変更などを自由に行うことができないため、借入期間が長すぎると乗換えの計画に影響してしまう可能性があります。

返済総額はどれくらいになるか、月いくら返済するのか、また、車の利用状況にローンの期間があっているかなど、全体的なバランスを見ながら適切な借入期間を割り出し、希望する年数での借入れが可能なマイカーローンを選びましょう。

保証料や手数料はいくらくらい必要か

カーローンでは、借入れ時や繰上返済時などに保証料や手数料がかかることがあります。

保証料とは、保証人の代わりとして契約する保証会社に支払う費用で、月々の返済額に上乗せされるケースや、金利に反映されるケースなどがあります。

手数料は、マイカーローンの契約時や繰上返済時など、ローン会社が手続きなどを行う必要がある際に発生する費用です。金額はローン会社によって異なりますが、銀行系マイカーローンでは、インターネットから手続を行うことで無料になる所もあります。

どちらの費用も、どのタイミングでいくらかかるのか事前に確認し、それらも踏まえて予算に見合うか検討しましょう。

手続きにどれくらいの手間や時間を要するか

マイカーローンを契約するまでには、審査に申し込んだり、必要書類を準備したりと手間がかかります。また、審査結果が出るまでの時間や、契約から融資実行までの時間など、マイカーローンに申し込んでから軽自動車を購入できるまでにはある程度の期間があるため、支払期日が決まっている場合は、間に合うように準備を進める必要があります。

忙しくて時間が取れないなら代行してもらえるディーラーローン、手間や時間がかかっても金利を抑えたいなら銀行系マイカーローンなど、状況や優先したい条件なども踏まえて総合的に判断しましょう。

審査に通る可能性があるか

マイカーローンを利用するには、ローン会社が行う審査に通過しなければなりません。

審査基準は各社で異なるものの、銀行系マイカーローンは厳しめ、ディーラーローンは銀行系マイカーローンよりも緩めなど、傾向があるとされています。審査基準は公表されていないため、絶対通る対策などはありませんが、審査で見られる内容などを事前に確認し、自身の状況から審査通過の可能性があるマイカーローンを選ぶといいでしょう。

なお、マイカーローンの中には仮審査を用意している所もあります。仮審査を受けることで審査通過の可能性のほか、借入可能額や適用金利などの目安もわかり、本審査に申し込むマイカーローンを絞り込みやすくなります。

業界最安水準のカーリース・定額カルモくんなら、「お試し審査」で審査に通るか簡単に確認できます。

結果は最短即日、申込み後のキャンセルも可能なので、マイカーローンよりも審査のハードルを下げやすい定額カルモくんで気軽に試してみましょう。

申込者数20万人以上のカーリースでお試し審査 業界最安水準の料金でとりあえず試してみる

軽自動車のローン返済額を安く抑える5つの方法

軽自動車のローン返済額を安く抑える5つの方法 について解説する項目の見出し画像

軽自動車は普通車に比べてカーローンの返済額を抑えやすい傾向がありますが、ここでご紹介する5つの方法を意識することで、より負担を抑えた利用が可能になります。

1:頭金をできるだけたくさん用意する

頭金が多ければ多いほどローンでの借入額が減り、月々の返済額を抑えることができます。欲しい車が予算に見合わないときなどは検討してみるといいでしょう。

ただし、車の購入時には車両本体価格とは別に初期費用が必要になるため、その支払いも踏まえて頭金を用意できるか判断する必要があります。また、病気や怪我、車の故障など、想定していなかった出費が発生しても家計に影響しない金額で検討することも大切です。

2:金利が低いローンを利用する

金利が低いローンを選択することで、月々の返済額を抑えられます。ディーラーローンでも店舗によって金利が異なるケースがあるため、複数のディーラーで比較してみましょう。

なお、銀行系マイカーローンでは、住宅ローンを組んでいる、給与支払い口座に指定しているなどの条件を満たしている場合に金利の優遇を受けられることがあります。併せてチェックしてみましょう。

3:ボーナス払いを併用する

ボーナス時期の年2回、通常月の返済に一定額を加算するボーナス払いを併用すれば、月々の返済額を抑えられます。

ただし、ボーナス払いの有無や金額は、借入れ期間の途中で変更することができません。ボーナスが下がった、転職してボーナスがなくなったという場合にも家計を圧迫することなく返済できるか、慎重に判断しましょう。

4:借入期間を長くする

月々の返済額は、借入期間が長いほど低くなります。ただし、その期間のぶんだけ利息も発生するため、最終的な返済総額は増える点も考慮して検討する必要があります。

また、マイカーローンの種類によっては借入期間中の売却や名義変更が禁止されており、独自の判断で行ってしまうと残債の一括返済や違約金を求められることがあります。長すぎる借入期間ではそのようなリスクも発生しやすくなるだけに、ライフプランなども踏まえて検討するようにしましょう。

5:残価設定ローンを利用する

残価を設定してあらかじめ最終回の返済に据え置く「残価設定ローン」では、一般的なマイカーローンよりも月々の返済額を抑えられます。数年で軽自動車を乗り換えたい方にはマイカーローンの有力な選択肢の一つとなるでしょう。

ただし、残価を担保するためにさまざまな制約があったり、最終回の返済時に残価の精算が必要だったりするため、車の利用状況やマネープランを踏まえて検討する必要があります。

軽自動車のローンを組む際の注意点

軽自動車のローンを組む際の注意点 について解説する項目の見出し画像

マイカーローンは一般的な車の購入方法の一つですが、詳細を理解しないまま申し込んでしまうと、想定外の費用が必要になったり、思わぬトラブルが発生したりすることがあります。

軽自動車を購入するためのローン選びの際には、次にあげる4つの注意点を踏まえて検討するようにしましょう。

借入期間の変更や延長はできない

マイカーカーローンでは、契約時に設定した借入期間を途中で変更したり、延長したりすることは原則認められていません。利息負担を抑えたい、早く終わらせたいといった理由から、月々の返済額が予算に見合わないのに短期で設定するといったような無理をすると、のちのち返済に困窮する可能性があります。

そのため、最後まで無理なく返済できる適切な期間を検討する必要があります。

なお、会社の倒産や不慮の事故など、やむを得ない事情で返済がきびしくなった場合には、借入期間の調整や一時的な返済額の減額など、負担を抑える対応をしてもらえることがあります。早めにローン会社に相談しましょう。

借入期間中の乗換えは残債の一括返済が必要なケースがある

マイカーローンの借入期間中は、たとえ車の所有権を持っている場合でも、ローン会社に無断で車を売却したり、名義を変更したりすることは禁止されています。そのような事態が発覚した際は、残債の一括返済を求められることがあります。

借入期間の途中で売却や名義変更などが必要な状況にならないように、借入期間や月々の返済額は、ライフプランや資金計画を踏まえたうえで検討するようにしましょう。

なお、何かしらの事情で車を手放さなければならなくなったときは、まずはローン会社に相談することが大切です。

住宅ローンの借入可能額に影響が出る場合がある

返済負担率の解説画像。住宅ローンやカードローンの返済額、カーリースの利用料など、年間の総返済額が年収に占める割合を返済負担率といい、「変換の返済額÷年収×100」で割り出せることや、年収の25~35%以下が目安であることがわかる。

金融機関では、各種ローンの審査の際に申込者の「返済負担率」を確認します。返済負担率とは、年間の手取りに占める年間のローンやキャッシングなどの返済総額の割合のことで、ローン審査では一般的に、返済負担率25~35%程度が目安とされています。

そのため、マイカーローンを組んでいる状態で住宅ローンに申し込むと、マイカーローンの返済額も含めて返済負担率を見られることになり、住宅ローンにあてられる割合が下がってしまいます。

数年以内に住宅ローンを組む可能性がある方は、マイカーローンの借入期間や借入額を慎重に検討しましょう。

マイカーローンを利用するは審査が必要

マイカーローンを利用するには、申込み時に行われる審査に通過しなければなりません。

審査では、年収や勤続年数、借入れ状況や信用情報などを基に、経済状況と借入希望額のバランスや、最後まで滞りなく返済できる能力があるかをチェックされます。

審査基準はローン会社によって異なるものの、年収が低い、すでに多くの借入れがある、滞納している支払いがあるといった場合には、審査通過がきびしくなる可能性があります。

審査が不安なときは、保証人を用意する、繰上返済をして借入総額を減らす、金融事故情報を解消するなど、対策を行ってから申し込むようにしましょう。

月々定額で新車に乗れるカーリースなら、マイカーローンよりも審査対象の金額を下げやすく、審査のハードルも下げられます。

業界最安水準の定額カルモくんでは、最短即日で結果がわかる「お試し審査」も可能!

今の年収でも軽自動車に乗れる?どのくらいのグレードまで選べる?

軽自動車のローン審査が不安な方は、とりあえずこちらから審査に通るか確認してみましょう。

ローン審査に落ちた方の利用実績も多数!人気のカーリースで審査に通るか試してみる

ローンを組まずに軽自動車に乗る方法も!人気車種の料金比較

ローンを組まずに軽自動車に乗る方法も!人気車種の料金比較 について解説する項目の見出し画像

月々分割で軽自動車に乗る方法は、マイカーローンだけではありません。

残価設定ローンと似た仕組みの「カーリース」なら、月額10,000円台から軽自動車の人気車種に乗ることも可能です。

カーリース(車のサブスク)の月額料金に含まれる費用を解説した図。残価を引いた車両本体価格のほか、自動車税、環境性能割、自動車重量税、自賠責保険料といった「各種税金等」と、登録諸費用、各種手数料、サポート料、その他の諸費用などの「諸費用」が含まれていることがわかる。

カーリースは初期費用や維持費の多くを含めた月々の定額料金を支払うだけで新車に乗れる方法です。乗り始めや車を維持するうえで必要なまとまった出費の心配がないため、貯金を崩すことなくカーライフを実現できるのも魅力です。

軽自動車が月いくらから利用できるのか、人気の3車種で確認してみましょう。なお、カーリースの月額料金は、業界最安水準の定額カルモくんを例としています。

ホンダ「N BOX」

N BOX_車種画像

ホンダ「N BOX」は、広い室内空間と充実した装備で不動の人気を誇る軽自動車です。カーリースなら、初期費用0円、毎年の税金や車検時の法定費用なども含めて、月額19,860円からN BOXの新車に乗ることができます。

グレードやオプションなども新車購入時と同じように選べるうえ、選ぶリース会社によっては、契約満了時にそのまま車をもらうこともできます。

最短即日!業界最安水準のカーリース N BOXでお試し審査をしてみる

スズキ「ハスラー」

ハスラー_車種画像

高い走破性がありながら街乗りにも適した軽クロスオーバーSUVのスズキ「ハスラー」。カーリースなら、初期費用0円、毎年の税金や車検時の法定費用なども含めて、月額16,890円からハスラーの新車に乗ることができます。

オフロード走行などで摩耗が激しい場合でも、メンテナンス費用が月々定額になるメンテナンスプランをつけておけば、コストを心配することなく良好なコンディションを維持できるでしょう。

最短即日!業界最安水準のカーリース ハスラーでお試し審査をしてみる

スズキ「スペーシア」

スペーシア_車種画像

コンテナをモチーフにした個性的なデザインと高い安全性能を持ち合わせ、ファミリーカーとしても人気の軽自動車がスズキ「スペーシア」です。カーリースなら、初期費用0円、毎年の税金や車検時の法定費用なども含めて、月額18,540円からスペーシアの新車に乗ることができます。

子育て中は何かとお金がかかるもの。不定期な出費の心配がないことは、家計管理の面でも安心感が高まるでしょう。また、契約年数を決めて乗れることで、子供の成長に合わせて気軽に車を乗り換えることも可能です。

最短即日!業界最安水準のカーリース スペーシアでお試し審査をしてみる

マイカーローンにこだわらなければ、軽自動車に安く乗ることも可能!

マイカーローンにこだわらなければ、軽自動車に安く乗ることも可能! について解説する項目の見出し画像

軽自動車は普通車に比べて安く購入できる傾向があることから、マイカーローンを利用しても月々の負担を抑えやすいでしょう。しかし、初期費用や維持費など、月々の返済以外にまとまった費用が必要になるうえ、ある程度の年数が経つとメンテナンス費用もかさんできます。

その点、カーリースなら初期費用不要、維持費の多くも定額にして軽自動車に乗れるため、費用面の心配を大きく減らせます。浮いた初期費用でワンランク上の車種やグレードを選んだり、ローン購入ではあきらめたオプションをつけたりすることも可能。また、車検費用なども定額にできることで、ライフイベントで大きな出費が生じた際も家計のやりくりに困ることがないでしょう。

話題の軽自動車にも月々10,000円台から乗れるカーリースなら希望の車種に月いくらで乗れるのか、「お試し審査」を通してさっそく確認してみましょう。

申込者数20万人以上のカーリースでお試し審査 業界最安水準の料金でとりあえず試してみる

※この記事は2024年1月時点の情報で制作しています

Q1軽自動車のローン返済額は月いくら?

マイカーローンで車を購入した全国の男女390人に行ったアンケートでは、半数以上の方が月々の返済額を20,000~30,000円と回答しました。軽自動車でもグレードが高いものは同程度、安めの車種なら少し下がるくらいが、一般的な軽自動車の月々の返済額といえそうです。

Q2ローンで軽自動車を購入するときの注意点は?

マイカーローンは途中で返済期間や月々の返済額を変更できないほか、返済期間中は売却や名義変更も禁止されているため、借入額や契約期間、月々の返済額は慎重に検討しましょう。

Q3ローンを組まずに軽自動車に乗る方法はある?

カーリースを利用すれば、初期費用0円、維持費も含めて、月々10,000円台からの定額料金で軽自動車の新車に乗ることが可能です。業界最安水準の定額カルモくんなら、N BOXやハスラー、スペーシアといった人気車種も月々10,000円台から利用できます。

この記事の監修者

乙川 由佳

ファイナンシャルプランナー

乙川 由佳おとがわ ゆか
twitter

自身の老後生活に対する不安からお金の勉強を始め、現在はファイナンシャルプランナーとして、同じような思いをお持ちの方のご相談に乗っています。ライフスタイルが多様化する現代では、それぞれが違った不安や夢を抱いています。漠然とした不安を可視化し、一人ひとりに寄り添った最適な選択のお手伝いをいたします。

2024年3月
最新人気ランキングRanking

  • カーリース会社
  • 利用車種

カーリースを口コミで比較Review

  • スズキ スペーシア

    30代女性

    東京都

    専門職

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    走行距離制限が無制限なので、安心して毎日乗れて、行動範囲も広がりました。ボーナス払いなしで安く車が持てたのも大きいですね。対応もスピーディーで満足しています。

  • トヨタ CH-R

    30代男性

    北海道

    会社員

    KINTOトヨタ「CH-R」を利用中

    サポートが良く、トヨタという安心感があります。トヨタ車のラインナップが多いのもいいですね。でも、最低でも3年の契約が必要で、月額料金も高いのは難点。月々60,000円払っています。

  • ホンダ NBOX

    20代男性

    福島県

    会社員

    カーコンカーリースホンダ「N-BOX」を利用中

    決め手はもらえること。利便性が高く使いやすいし、適切な対応がされているアフターサポートだと思います。お値段なりのサービスを提供していると思います。

  • 日産 セレナ

    20代女性

    神奈川県

    会社員

    オリックス・カーリースオンライン日産「セレナ」を利用中

    対応やアフターサービスは良いと思います。迅速丁寧で好感が持てます。ただ、もっと料金やオプションの部分が明確だといいと思いました。次は数社で比較して決めようと思います。

  • トヨタ プリウス

    30代男性

    兵庫県

    技術職

    コスモMyカーリーストヨタ「プリウス」を利用中

    点検をしっかりやってくれた。メンテナンスなどもお任せできて便利だが、車種を妥協しても予算を超えてしまったので、少し高いと感じる。

  • ホンダ NBOX

    30代女性

    埼玉県

    自営業

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    急ぎで車が必要だったのですが、何社か断られた中で唯一動いてくれて、間に合わせてくれました。対応もすごく丁寧で信頼できます。契約期間が途中で変えれたらもっといいなと思います。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    埼玉県

    会社員

    ENEOS 新車のサブスクトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    選べる車種が少ないのは気になりましたが、2年ごとに乗り換えられるのは魅力です。ENEOSで相談できるのも助かります。ただ、店舗に詳しいスタッフがいなくて困ったことがありました。

  • トヨタ カムリ

    20代男性

    福島県

    会社員

    ニコノリトヨタ「カムリ」を利用中

    KINTOより安かったので決めましたが、アフターサポートが思っていたより充実していてよかったです。基本的なところがしっかりしています。走行距離制限が短いのはなんとかしてほしい。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    兵庫県

    専業主婦

    KINTOトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    対応がとても親切で満足しています。数年で気軽に乗り換えられるのもいいと思います。ただ、価格は他社に比べて高めなので、グレードを落とさざるを得なかったのは残念です。

ローンより楽に新車を持てる方法で まずは審査に通るか試してみる
ローンより楽に新車を持てる方法で まずは審査に通るか試してみる