本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

話題の完全栄養食(※)「BASE BREAD(ベースブレッド)」。「からだに必要な栄養素がつまっているのは嬉しいけど高いのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ベースブレッドとほかの完全食との値段を比較! さらに1カ月間・1年間継続した場合のコストシュミレーションなど、ベースブレッドのコスパについて解説します。

ベースブレッド公式サイトの値段はもちろん、Amazonやコンビニの販売価格まで徹底比較していきます。値段について疑問がある方はぜひ参考にしてください。

お得なクーポン実施中 [AD]
冷凍弁当「nosh」が合計3,000円OFF!

継続コースが初回20%OFF

ベースブレッドを注文する

※1食で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

本記事について
※料金はすべて送料込・税込価格です。
※1食あたりの料金は小数点以下を四捨五入しています。
※口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

話題のベースブレッドとは? 料金など基本情報

値段 168円/袋〜
「継続コース」初回価格
初回割引 継続コース
初回20%OFF
お試し スタートセット
3,460円~
送料 全国一律500円(常温配送)
パンの種類 7種類
配送間隔 初回お届けから4週間隔
マイページで変更可能
日時指定 可(置き配も可)
保存方法 常温(冷凍保存可)
配送エリア 日本全国

ベースブレッドは、26種のビタミンとミネラルに加え、たんぱく質や食物繊維など、1日に必要なすべての栄養素の1/3を摂取できる完全栄養食です。

「忙しくてもきちんと栄養を摂取したい」
「毎日野菜を大量に食べるのは難しい」
「不足しがちな栄養素を効率よく補いたい」


など、さまざまな悩みをサポートしてくれます。

公式サイトから「継続コース」で申し込むのがもっとも安く、1袋あたり168〜208円で購入できます(初回のみ。2回目以降は189〜234円)。

継続コースが初回20%OFF

ベースブレッドを注文する

ベースブレッドは高い? ほかの完全食とのコスパを徹底比較!

ベースブレッドとHuel、COMPの比較イメージ画像

出典元:Huel公式/COMP公式

定期購入した場合のコスパ比較

1袋あたり まとめ買い 割引 送料
ベースブレッド
プレーン
初回168円
2回目以降189円
初回2,688円
2回目以降3,024円
(16袋8食)
初回20%OFF
2回目以降10%OFF
常温配送一律500円
冷凍配送一律900円
Huel(ヒュエル)
パウダー
235円 8,000円
(2袋34食)
定期購入10%OFF 7,365円以上で送料無料
COMP(コンプ)
パウダー TB
473円 5,681円以上
(12袋12食)
定期購入5%OFF 4,000円以上で送料無料

※ベースブレッドは2袋で1食分です。
※「まとめ買い」は、最低注文数(金額)を超えた、もっとも安くなるケースを掲載しています。

ベースブレッドと同じ完全栄養食の中でも、特に人気の「Huel(ヒュエル)」「COMP(コンプ)」と比較しました。

形状(パンとドリンク)、栄養素の量、定期購入1回あたりの個数などが違うので、できる限り条件を近づけるため、1食あたり400〜410kcalの商品を選んでいます。

1袋あたりの値段と、まとめ買いの最低注文金額はベースブレッドがもっとも安いという結果になりました(ベースブレッドは2袋で1食分です)。

「安ければ試しに1個だけ買ってみたい」
「続けられるか分からないので、最低注文金額は安いほうがよい」


という方にはベースブレッドがおすすめです。

継続コースが初回20%OFF

ベースブレッドを注文する

公式サイト・Amzon・コンビニ 販売所別の値段比較!

ベースブレッド・プレーンの写真
1袋あたり 2袋あたり
(1食分)
公式サイト
継続コース
168円
2回目以降
189円
336円
2回目以降
378円
公式サイト
都度買い
210円 420円
Amazon 238円 476円
コンビニ 248円 496円

※上記は「プレーン(丸パン)」の値段
※公式サイトからの注文は合計金額2,400円から
※公式サイトからの注文は送料別途500円が必要

結論、Amazonやコンビニの販売価格よりも公式サイトのほうが安く購入できます。

公式サイトでは「継続コース」と「都度買い」を選べます。「継続コース」にすると初回20%OFFで168円から、2回目以降も10%OFFで189円から購入できます。

継続コースが初回20%OFF

ベースブレッドを注文する

【初回20%OFF】ベースブレッドは継続コースがお得!

マッスルデリ35%オフ割引特設ページ
都度買い 継続コース
プレーン
1袋あたり
210円 168円
2回目以降
189円
プレーン
8袋まとめ買い
1,680円 1,344円
2回目以降
1,512円
プレーン
16袋まとめ買い
3,360円 2,688円
2回目以降
3,024円
プレーン
32袋まとめ買い
6,720円 5,376円
2回目以降
6,048円
プレーン
60袋まとめ買い
12,600円 10,080円
2回目以降
11,340円

ベースブレッド公式サイトでは「都度買い」と「継続コース」が利用できます。「継続コース」なら、初回は最大2,520円お得に購入できます。

2回目以降も10%OFFで続けられる

ベースブレッドの「継続コース」はさらに、2回目以降も10%OFFで購入できるため、続けるほどコスパが高くなります。

お届け日の5日前までなら解約が可能で、解約に際してペナルティはありません。

また旅行や出張で受け取れない、余っているから1回飛ばしたいなどという場合は、マイページからお届け日の変更・スキップ、日時指定ができます。

3種類のスタートセットが用意されている

ベースブレッド「スタートセット」のイメージ写真
パン16袋 パン8袋&
クッキー10袋
パン10袋&
パスタ4袋

価格

初回3,492円
2回目以降3,866円
初回3,460円
2回目以降3,830円
初回3,780円
2回目以降4,190円

ミニ食パン
プレーン


4袋

2袋

2袋

ミニ食パン
レーズン


2袋

2袋

2袋

チョコレート


4袋

2袋

2袋

メープル


4袋

4袋

2袋

シナモン


2袋
- -

カレー

- -
2袋

プレーン
(丸パン)

- - -

BASE
Cookies

-
全5種×各2袋
-

BASE
PASTA

- -
全2種×各2袋

※BASE Cookies5種はココア、アールグレイ、抹茶、ココナッツ、さつまいも
※BASE PASTA2種はフェットチーネ、アジアン

ベースブレッドの「継続コース」には、初めての方におすすめのスタートセットが用意されています。

「どの味が気に入るかまだわからないので色々と試したい」
「飽きっぽいのでいろいろな味のパンがあったほうが嬉しい」
「クッキーやパスタも食べてみたい」

という方は、まずはスタートセットを選んでみましょう。

継続コースを1年間利用した場合のコスパは?

初回 2回目以降 1年間継続した場合 1日あたり

プレーン12袋

2,016円 2,268円 29,232円 約80円

チョコレート12袋

2,208円 2,484円 32,016円 約88円

メープル12袋

2,208円 2,484円 32,016円 約88円

シナモン12袋

2,208円 2,484円 32,016円 約88円

ミニ食パン
プレーン12袋

2,208円 2,484円 32,016円 約88円

ミニ食パン
レーズン12袋

2,496円 2,808円 36,192円 約99円

カレー12袋

2,496円 2,808円 36,192円 約99円

パン16袋セット

3,492円 3,866円 49,884円 約137円

パン8袋&
クッキー10袋セット

3,460円 3,830円 49,420円 約135円

パン10袋&
パスタ4袋セット

3,780円 4,190円 54,060円 約148円

※送料別途(1回のお届けにつき500円)
※1年52週、4週間ごとのお届け(計13回)で算出

ベースブレッド公式サイトの「継続コース」を申し込んだ場合、1日(1年365日)あたり約80〜148円と、150円以下で継続できます(12袋の場合)。

たとえばプレーン12袋を「継続コース」で注文した場合、1年(13回)で合計156袋届きます。

同じ数をAmazonで購入した場合、【238円×156袋=37,128円】となるので「継続コース」よりも7,890円高くなります。

同じくコンビニで購入した場合、【248円×156袋=38,688円】となるので「継続コース」よりも9,456円高くなります。

栄養は一時的ではなく、継続して摂取することが何よりも大切です。ランニングコストを考えても、コスパが高い「継続コース」がおすすめです。

継続コースが初回20%OFF

ベースブレッドを注文する

ベースブレッドの料金に関する本音口コミ

実際にベースブレッドを購入している人たちにコスパを聞いてみました。

ベースブレッドの良い口コミ

★★★★☆4:コスパ良い

女性/33歳/フリーランス

普段の食事の代わりになるのでコスパは良いと思います。例えばコンビニご飯で栄養を偏らないようにするためには主食主菜副菜とあれこれ買うことが必要になりますが、ベースブレッドならこれ一つで足りるので価格は手頃な方だと思います。

★★★★☆4:コスパ良い

女性/44歳/会社員

栄養バランスのとれた食事を毎日しようと思ったらとても大変なことですが、ベースフードがあれば手軽に栄養バランスのとれた食事をすることができます。この価格でこのようなメリットがあるならバランスが良いと感じます。

★★★☆☆3:丁度良い

男性/37歳/フリーランス

値段については栄養分が豊富に入っていることを考えると、かなりバランスがいいのかなと思ったりしますし、これを食べるだけでからだの調子がよくなっている気がします。
値段もカロリーメイトなどと比べてもそん色なしです。

ベースブレッドの良い点まとめ

  • 普段の食事代わりと考えればコスパが良い
  • 栄養が豊富に入っていることを考えると値段とのバランスが良い

ベースブレッドの悪い口コミ

★★☆☆☆2:少し高い

男性/38歳/会社員

ベースフードの料金が高いと感じる理由としては、食材の質や栄養バランスにこだわっているため、原価が高くなっていること。通常の食材や料理と比べて、手軽さや時間の節約などの付加価値があるため、それを反映した価格設定になっていることです。ただし、個人的な感想ですが、その分の価値はあると思います。

★★☆☆☆2:少し高い

女性/49歳/会社員

やはり全体的にコストはコンビニで購入をしている価格と、そんなに大した差はないかなと言うのが現状ではあり、又スーパーで一般のパンを買うよりかはまだ良いのですが、1つ1つがもう少し安かったら人気は結構出るだろうと感じました。

★★☆☆☆2:少し高い

男性/37歳/会社員

単品で捉えると一般的なパンより高めかつ強気な値段設定であると感じられるから、コストパフォーマンスにおいてはあまり歓迎していない。むしろ少量でもっと安い金額の商品を今後は増やしてほしいと個人的には感じている。

ベースブレッドの悪い点まとめ

  • 価値はあるかもしれないが、やはり高いのでコスパは低く感じる

悪い口コミも見てみると、料金とは別にベースブレッドの栄養バランスが優れていることは認めている様子です。

その上で、1袋あたりの値段(168〜208円)にコスパが高いと感じるか、低いと感じるかの違いがあるようです。栄養摂取を目的にしている場合であれば、これだけの栄養素を手軽にとれる利便性は価値が高いと言えるでしょう。

継続コースが初回20%OFF

ベースブレッドを注文する

ベースブレッドのカロリーは高い? ダイエットにおすすめの理由

ベースブレッド1袋あたり205〜281kcal

ベースブレッドチョコレート味の写真
1袋のカロリー 2袋(1食)
のカロリー
プレーン 205kcal 410kcal
チョコレート 264kcal 528kcal
メープル 264kcal 528kcal
シナモン 262kcal 524kcal
ミニ食パン
プレーン
234kcal 468kcal
ミニ食パン
レーズン
281kcal 562kcal
カレー 250kcal 500kcal

ベースブレッドはフレーバーによってカロリーが若干異なります。

文部科学省「食品成分データベース」によると、ご飯やパンのカロリーは次の通りです。

お茶碗一杯分のご飯(180g):約281kcal
6枚切り食パン2枚(約120g):約161kcal
パンにバター10gを塗った場合:約232kcal

ベースブレッドで1食のカロリーがもっとも低いのはプレーン(410kcal)です。ご飯やパンと比較すると、ベースブレッドのカロリーが高く感じるかもしれません。

しかし、ベースブレッドがそれだけで1食分なのに対し、ご飯やパンにはおかずや具材が加わります。

組み合わせ次第では、簡単にベースブレッドのカロリーを超えてしまう可能性があります。

ベースブレッドのダイエット効果に関する口コミ

低糖質・高たんぱくで健康的にダイエット

女性/44歳/会社員

ダイエット目的で、朝食の時にベースブレッドを食べています。低糖質・高たんぱくなので健康的に痩せることができており満足しています。朝はバタバタとすごく忙しいのですが、サっと食べることができて嬉しいですし朝食の栄養バランスを毎回考える必要がなくてとても楽です。

満足感がありダイエット効果が期待できる

男性/32歳/フリーター

食べた時の満足感はとてもありました。パンだけで、と思いましたが、とてもお腹いっぱいになったのでびっくりしました。牛乳を飲みながら食べるとさらにお腹がいっぱいになったので、筋肉のために買いましたが、ダイエットとしても期待できるものだと思いました。

健康的にダイエットできると思い興味を持った

女性/49歳/会社員

糖質カットや食物繊維などが豊富で、体に必要な栄養などバランスが配合されている点が本当によく、変に余計なものも食べなくなりましたのでその点ではとても助かっています。

ベースブレッドがダイエットにおすすめな理由

  • 低糖質・高たんぱくで健康的(エネルギーの摂取過多も防げる)
  • ベースブレッドだけでお腹がいっぱいになる(食べ過ぎを防げる)

ベースブレッドの食べ方・おすすめレシピ

基本の食べ方

ベースブレッドミニ食パン・プレーンの写真

ベースブレッドはそのままでも美味しく食べられますが、電子レンジで温めたり、トースターで焼いたりすると、フワッとしてより美味しく食べられます。

加熱時間の目安は電子レンジ(500W)で約20秒、トースター(1000W)で 約1分です。

なお袋は電子レンジ対応ですが、必ず、パッケージに入っている脱酸素剤を取り除いてから加熱してください。

おすすめのアレンジレシピ

ベースブレッドのフレンチトースト

  • 卵1個と牛乳80mlと砂糖大さじ1を混ぜ合わせる
  • ミニ食パン・プレーンを①の卵液にひたす
  • フライパンにバター5gを溶かす
  • 焼き色がつくまで焼いたら完成

ベースブレッドの6つのメリット

  • コスパが高い
  • 腹持ちがよい
  • 持ち運びやすい
  • 味が豊富で飽きにくい
  • 時短につながる
  • 忙しい人も継続しやすい

ベースブレッドは1袋168円、1食336円から始められます。

間食としては高いかもしれませんが、1日に必要な栄養素の1/3が摂取できる食事と考えるとコスパが良いという意見も見られました。

ベースブレッドのより詳細なメリットや口コミが気になる方は、以下の記事で実食した結果や口コミアンケートなどを紹介しているので、参考にしてください。

【口コミ】ベースブレッドの味やコスパなど評判を集計! ダイエット検証した1週間分の実食レポと結果も

【口コミ】ベースブレッドの味や栄養など評判を集計! 注文して感じたデメリットやダイエット結果も公開

継続コースが初回20%OFF

ベースブレッドを注文する

ベースブレッドの2つのデメリット

  • 全粒粉のにおいや味が気になる場合がある
  • コンビニやECサイトで買うとコスパが悪い

ベースブレッドは、小麦の表皮などもそのまま使った全粒粉で作られているため、一般的な市販のパンとはやや食感や風味が異なります。

味や食感の好みは個人差がありますが、「最初は苦手だと感じた」という意見もありました。

またコンビニだと手軽に購入できるものの、公式サイトよりも値段が高くなってしまうため、販売場所によっての価格差があるのも注意しましょう。

以下の記事では、実食を元に全ベースブレッドの味についてのレビューをしています。

ベースブレッドがまずい? 全7種類の味を実食レビュー! おいしくない理由と対処法を解説

ベースブレッドがまずい? 全7種類の味を実食レビュー! おいしくない理由と対処法を解説

ベースブレッドがおすすめな人

ベースブレッドミニ食パンの写真

ベースブレッドは、完全栄養食のコスパが気になる方、忙しくても栄養をしっかり摂取したい方などにおすすめです。

持ち運びしやすいので、外で仕事をしている方やランチの出費を抑えつつ栄養はしっかり摂りたいという方も当てはまるでしょう。

また1食あたり410〜562kcalで低糖質、腹持ちも良いため健康的にダイエットをしたい方にもおすすめです。

ベースブレッドがおすすめな人まとめ

  • 完全栄養食を始めたいがコストが不安
  • 手軽にいろいろな栄養を摂取したい
  • 外食やコンビニ食が多く栄養面が心配
  • 無理なく継続できる完全栄養食がいい
  • ドリンクタイプの完全食は苦手
  • オフィスや営業など自宅外で働いている
  • 料理は苦手だが栄養はきちんと摂りたい
  • 忙しく料理の時間がとれない
  • 健康的にダイエットをしたい

継続コースが初回20%OFF

ベースブレッドを注文する

ベースブレッドに関してよくある質問

原材料はなに?
主原料は、精白した小麦粉よりもミネラルやビタミンなどが豊富に含まれている小麦全粒粉です。全粒粉だけでは不足する栄養素を、チアシードや昆布など栄養価が高い食材を加えることで補っています。

合成保存料、合成着色料といった添加物は使われていません。
継続コースは解約できる?
マイページ上で、すべての商品の数を0にして変更を保存するだけで簡単に解約できます。ただし、お届け予定日の5日前を過ぎていた場合は次回分から解約となります。

またマイページにログインできない場合は、フォームから問い合わせることで解約を受け付けてくれます。
カロリーメイトとの違いは?
カロリーメイトは5大栄養素(たんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル)が手軽に摂れる、バランス栄養食です。4本入り237円(メーカー希望小売価格)です。

ベースブレッドは26種のビタミンやミネラル、 たんぱく質や食物繊維など、カロリーメイトには含まれていない栄養素も含まれています。「継続コース」なら1袋あたり168円から購入できます(プレーンの場合。2回目以降は1袋あたり189円〜)。
ダイエットに向いている?
ほかの食事との栄養バランスを考えることも大切ですが、1食(2袋)あたり410〜562kcalのベースブレッドは、ダイエットに向いているといえるでしょう。

満足感があり腹持ちもよいため、間食や食べ過ぎを抑えやすい点もダイエットにおすすめの理由です。
筋トレなど体作りに向いている?
完全栄養食ベースブレッドは「からだのコンディションを整える」という意味では体作りに向いています。

しかし筋肥大など、筋肉を作る栄養素(主にたんぱく質)の摂取が目的でしたら、プロテインバーやプロテインのほうがおすすめです。
ベースブレッドだけで生活できる?体に悪い?
ベースブレッドは毎食でも食べられるので、それだけで生活しても体に悪いとは考えにくいでしょう。しかし、公式サイトでは月20食(小学校の給食と同じ頻度)を推奨しています。

肉や魚など自分が好きな食べ物を食べることは、精神的にも大切なことです。極端になりすぎず、普段の食事とバランスよく組み合わせるのがよいでしょう。

ベースブレッドは継続するほど高コスパ! ダイエットにもおすすめ

26種のビタミンとミネラル、たんぱく質や食物繊維など、からだに必要な栄養素が手軽に摂取できるベースブレッドは、低糖質・低カロリーでダイエットにもピッタリです。

お得に続けるなら、公式サイトから初回20%OFF(2回目以降10%OFF)で利用できる「継続コース」を申し込むのがおすすめです。

継続コースが初回20%OFF

ベースブレッドを注文する

こちらの記事もおすすめ

【口コミ】ベースブレッドの味や栄養など評判を集計! 注文して感じたデメリットやダイエット結果も公開
【最新版】ベースブレッドが解約できない? 退会までの流れと注意点6つ

TAG