• TOP
  • iPhone・iPad
  • Siriの使い方 起動・設定方法や12個の超便利な音声コマンドを紹介

iPhoneやiPadに備わっている音声アシスタント機能「Siri」。その存在は知っているけど、日頃から使っている人は少ないのではないでしょうか?

実際に使ってみるとすごく便利で、「Hey Siri(ヘイシリ) 朝7時半に起こして」「Hey Siri 明後日12時に予定を入れておいて」といった具合に話しかけることで、Siriが言葉を理解してアラームやスケジュール設定をしてくれます。

本記事では、人工知能(AI)の「Siri」の使い方、おすすめの音声アシスタント機能を12個紹介。すぐに取り入れられる機能ばかりなので、ぜひ使ってみてください。

Siriとは

Siri イメージ画像

iPhoneやiPadなどiOS端末に搭載されている音声アシスタント機能のこと。「◯◯さんに電話」「10分後に起こして」など話しかけるだけで通話やアラーム、リマインダーの設定などの操作ができます。

Siriの使い方・起動方法

Siri マイクオン画面

Siriはホームボタン(※ホームボタンがない端末の場合はサイドボタン)の長押しまたは「Hey Siri」と端末に話しかけることで起動されます。起動してマイクがオン状態になったら、あとはSiriにお願いするだけです。

iPhone8 サイドボタン

▲iPhoneの正面から見て右側にある大きいボタンが「サイドボタン」。

起動しない場合の対処法

サイドボタンを長押ししたり「Hey Siri」と呼びかけたりしても起動しない場合、そもそもSiriの設定がオンになっていない可能性が高いです。スマホ本体の設定から「Siriと検索」をタップし、設定を確認してみてください。

Siri 設定画面

Siriのおすすめ機能12選

1. 目覚まし(アラーム設定)

「10分後に起こして」とお願いすれば、Siriが10分後に目覚ましを設定してくれます。「◯分後に起こして」「◯時に起こして」とぐっすり睡眠をとりたいとき仮眠をとりたいときで、使い分けることができます。時計アプリを起動して、自分で設定するよりもSiriに頼んだ方が手っ取り早いです。

Siri アラーム設定

2. カレンダーに予定を登録

「明日夜8時に飲み会を登録」のように、日時と予定を登録とSiriにお願いすればカレンダーに予定を登録してくれます。自分でスケジュールの登録をする手間が省けて便利です。

Siri カレンダー

3. リマインダー機能

「日時、することをリマインド」とSiriに呼びかければ、リマインダー設定も行ってくれます。忘れてはいけない用事がある場合に役立ちます。

Siri リマインダー

4. タイマー設定

「◯分後にタイマー」と話しかければ、タイマーを設定してくれます。3分後、5分後など好きな時間を設定できるので、カップラーメンを食べるときに便利です。

Siri タイマー

5. Siriを使ってiPhoneを見つける

Siriは「どこにいるの?」と呼びかければ「私はここにいます」と返答してくれるので、部屋の中でiPhoneを見失ったときなどに便利です。

Siri iPhone探す

6. 経路を探す(交通案内)

場所と日時を指定して「東京駅に14時に行きたい」とSiriに呼びかけたら、14時までにたどり着けるルートを紹介してくれます。そのほか、「コンビニ探して」「神社探して」などと言えば、近くのコンビニや神社を検索してくれます。

Siri 交通案内

▲何時何分までに出発すれば間に合うのか記載されている。

Siri 神社案内

▲「神社探して」と言えば、このように近くの神社が何件も表示される。

7. 電話をかける

「◯◯さんに電話」と呼びかければ、電話をかけることができます。また、「ハンズフリーで◯◯さんに電話」「スピーカーで◯◯さんに電話」と言えば、スピーカー状態で発信してくれるので、手が離せないときでも通話可能です。

Siri 電話

8. 音楽の曲名を聞く

Siriは音楽の楽曲検索にも対応しており、「この曲は何?」と聞くと何の曲なのか答えてくれます。

Siri 曲名を聞く

9. アプリを起動する

「◯◯(アプリ名)を起動して」と呼びかけるだけで、瞬時にアプリを開いてくれます。どこにアプリを配置したのか忘れたときに役立ちます。

Siri LINEアプリ起動

10. 外国語への翻訳

何語で翻訳したいのか決めてからSiriに訪ねると翻訳してくれます。たとえば「英語で翻訳 タイムズスクエアの行き方を教えて」と呼びかければ、「タイムズスクエアの行き方を教えて」を英語翻訳してくれます。

Siri 翻訳

11. 海外の現地時刻や時差を調べる

海外の現在時刻もSiriならすぐに答えてくれます。「ニューヨークは何時」などと質問すれば、現在時刻と一緒に時差も表示れます。

Siri 海外時刻

12. その他

「日本の人口は何人?」「いま西暦何年?」など、さまざまな質問にもSiriは答えてくれます。何か気になったことがあれば、Siriに聞いてみるといいでしょう。

Siri 日本人口
Siri 西暦何年

Siriは計算も得意! 割り勘するときに便利

Siriは計算も得意で、「12,600円を4人で割って」などと質問すると1人あたりの金額を提示してくれます。飲み会などが多い人にとって重宝する機能です。

Siri 計算

Siriは遊び心満載。数々のおもしろ返答も用意

上記で紹介した便利機能のほかに、お笑いのモノマネや早口言葉などで返してくれることも。いろんな質問をしてSiriとの会話を楽しみましょう。

お笑い系

「ものまね」「ものまねして」などとSiriにお願いすると、人気芸人のネタを披露してくれることも。何度もお願いして、どれだけレパートリーがあるのか確認してみるのもアリ。

2019年11月6日時点で「ものまねして」とお願いしたら、チョコレートプラネットのものまねをしてくれました。そのときに流行っている芸人のものまねをする傾向があるようです。

Siri ものまね

過去にSiriがものまねした芸人たち

・ブルゾンちえみ
・平野ノラ
・サンシャイン池崎
・オードリー春日
・ピコ太郎
・とにかく明るい安村

早口言葉

「早口言葉」「早口言葉お願い」などと話しかけると、Siriが早口言葉を喋ってくれます。数々の早口言葉が用意されているので、ちょっとした暇つぶしに。

Siri 早口言葉

占い

「おみくじ」と話しかければ、その日の運勢をSiriが占ってくれます。大吉や小吉、凶など占い結果が何パターンも用意されています。

Siri 占い

〇〇と呼んで

Siriに自分自身のことを好きなように呼ばせることができます。たとえば、「私のことを相棒と呼んで」とお願いすると、次からSiriが相棒と呼んでくれて面白いです。

Siri 呼び方

▲「はい」を選択すると、次から相棒と呼んでくれる。

Siriを取り入れて、生活をスマートに

Siriはスマホ操作のほか、Appleが開発しているIoTシステムのサービス「HomeKit」を使うことで、部屋の照明を消したり温度を調節したりすることも可能です。たとえば、「ただいま」とSiriに話しかけたら、部屋に明かりが灯り音楽が流れるといった感じに。

ただ、設定するには「HomeKit」対応製品である必要がありますが、音声だけで操作できるのはとっても便利ですよ! Siriを使って、生活をスマートに変えてみませんか?

▲HomeKitとSYLVANIA製のLED電球を組み合わせた例。

こちらの記事もおすすめ

iPhone テザリングの設定方法と3つの注意点 賢い使い方も紹介【2019版】 - Appliv TOPICS
iPhone『AirDrop』使い方と設定【iOS13対応】 接続できないときの対処法も - Appliv TOPICS