• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhoneのウィジェットの使い方 設定方法とおすすめアプリ13選

iPhoneには、カレンダーや天気などアプリを起動しなくてもひと目で確認できる、ウィジェットという機能があります。ウィジェットの使い方を理解すれば、iPhoneの操作がよりシンプルで便利に。

本記事では、iPhoneのウィジェットの基本的な使い方やおすすめアプリをご紹介します。

iPhoneのウィジェットとは

iPhoneのウィジェットは、アプリを起動せずに一部の機能をひと目で確認できたり、すばやく操作できるものです。

例えば、アプリを起動することなく、現在の気温や降水確率が確認できたり主要ニュースをチェック。スマホ決済ならコード決済画面をワンタップで表示も可能です。

iPhoneのウィジェットのイメージ画像

▲標準アプリ『天気』、『Yahoo!ニュース』、『メルカリ』のウィジェット。

よく使うアプリをウィジェットに追加したり、並び替えをするなど自分好みにカスタマイズすれば、スマホ操作がより快適になるでしょう。

ただし、すべてのアプリがウィジェットを追加できるわけではありません。またひとつのアプリで複数のウィジェットが用意されているものもあります。

iPhoneのウィジェットの使い方

ウィジェットを表示する

ウィジェットは、ホーム画面で右にスワイプすると一覧が表示されます。またロック画面や通知センター画面からも表示が可能です。

ホーム画面からウィジェットを表示する方法

▲ホーム画面からウィジェット一覧を表示する場合

ロック画面からウィジェットを表示する方法

▲ロック画面からウィジェット一覧を表示する場合

通知センターからウィジェットを表示する方法

▲通知センターからウィジェット一覧を表示する場合

また、ホーム画面のアプリアイコンを長押しすることでもウィジェットが表示されます。

アプリアイコンの長押しからウィジェットを表示

▲『LINE Pay』アプリのアイコンを長押しした場合

ウィジェットを追加する

1.ウィジェット画面の下にある[編集]をタップ

ウィジェットの編集画面

2.任意のアプリを選び、[+]をタップ

ウィジェットの追加画面

3.追加されていることを確認し、[完了]をタップ

ウィジェット追加の完了画面

アプリアイコンを長押し>[ウィジェットを追加]でも追加可能

ウィジェット対応しているアプリなら、ホーム画面のアプリアイコンを長押しからも追加できます。

アプリアイコンからのウィジェット追加画面

ウィジェットを削除する

1.編集画面で任意のアプリを選び[−]をタップ

ウィジェットの編集画面

2.表示された[削除]をタップ

ウィジェットの削除画面

3.アプリが削除されたら[完了]をタップ

ウィジェット削除の完了画面

ウィジェットの並び替え

1.三本線アイコン[≡]を長押し、そのまま希望位置に移動させる

ウィジェットの移動

▲長押し後、指を離さず移動させる。

2.[完了]をタップ

ウィジェットの移動完了画面

ウィジェット対応のおすすめアプリ

すべてのアプリがウィジェットを追加できるわけではありません。またウィジェットを追加できるかどうかを調べるのはとても大変です。

そこで、ウィジェットを追加できるおすすめアプリをご紹介します。どのアプリが良いか迷っている方は参考にしてみてください。

カレンダー

Googleカレンダー

iPhone標準アプリ『カレンダー』はウィジェットに対応していますが、Googleアカウントを持っているなら『Googleカレンダー』もオススメ。

『カレンダー』は1日のスケジュールを確認。対して『Googleカレンダー』は6日間を確認できます。より多くの情報をウィジェットで知りたいならGoogleカレンダーを使ってみましょう。

Googleカレンダーのウィジェット
Google カレンダー

Google LLC

3.94

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

ニュース

Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースは、主要ニュース8記事をウィジェットで確認できます。経済、エンタメ、スポーツと幅広く揃っているのもYahoo!ニュースの特徴です。

ヤフーニュースのウィジェット
Yahoo!ニュース

Yahoo Japan Corp.

3.52

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

天気

Yahoo!天気

iPhoneの標準アプリ『天気』はウィジェットに対応していますが、よりくわしい天気情報を確認したいなら『Yahoo!天気』がオススメ。

アプリひとつで『Y!天気 気温グラフ』『Y!天気 雨雲レーダー』『Y!天気 今日の天気』の3種類のウィジェットが使用できます。

『Y!天気 気温グラフ』は、現在の天気や降水確率ほか過去・今後24時間の予想も確認できます。『Y!天気 雨雲レーダー』は現在と今後1時間の雨雲を、『Y!天気 今日の天気』は前述2種類の中間的な情報を確認できます。

『Y!天気 雨雲レーダー』はYahoo!アカウントでログインすれば機能がグレードアップ。15時間先まで確認できるようになります。

Yahoo!天気のウィジェット
Yahoo!天気

Yahoo Japan Corp.

4.59

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

時刻表・乗換案内

Yahoo!乗換案内

『Yahoo!乗換案内』をダウンロードしYahoo!アカウントでログインすると、「MY時刻表」「クイック検索」2種類のウィジェットが利用可能に。

「MY時刻表」は事前に電車もしくはバス停と方面を登録すると、ウィジェットで出発までの時間が表示されます。「クイック検索」は事前に自宅や職場の場所を登録しておくと、ワンタップで現在地から自宅や職場までの道のりを確認できます。

Yahoo!乗換案内のウィジェット
Yahoo!乗換案内

Yahoo Japan Corp.

4.56

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

NAVITIME

『NAVITIME』アプリ内にある「My時刻表設定」に希望の路線を登録すると、ウィジェットから出発時間を確認できるようになります。

ウィジェットに表示できるのは最大4つ。自宅や勤務先、学校の最寄駅などよく使う路線を登録すると便利かもしれません。

NAVITIMEのウィジェット

▲山手線渋谷駅、新宿/池袋方面(左)と品川/東京方面(右)を登録した場合

付箋・メモ

Evernote

メモ・ノートアプリの定番『Evernote』。ウィジェットでは最新ノートの確認、新規ノート作成も簡単にできます。Evernoteの無料プランは1ヶ月のアップロード容量が60MB、利用可能端末数が2台までと制限があります。

Evernoteのウィジェット
Evernote

Evernote

4.24

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

Google Keep

Googleアカウントを持っている人なら、『Google Keep』もオススメです。Evernote同様、ウィジェットからメモの確認、新規メモ作成ができます。

Google Keepのウィジェット
Google Keep - メモとリスト

Google LLC

3.72

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

ミュージック

Apple Music

『Apple Music』は、よく聴いている曲がウィジェットに表示されます。ウィジェットで曲を選択すれば、画面の切り替えなくすぐに再生されます。

Apple Musicのウィジェット
Apple Music

Apple

3.63

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

YouTube Music

『YouTube Music』は、直近に再生した曲がウィジェットに表示されます。タップすればすぐに再生できます。

YouTube Musicのウィジェット
YouTube Music

Google LLC

3.49

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

スマホ決済

LINE Pay

ウィジェットを追加できるスマホ決済アプリのひとつが『LINE Pay』。ウィジェットをタップすればすぐに決済画面に切り替わります。

LINE Payのウィジェット
LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay Corporation

4.02

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

メルペイ

『メルペイ』は、メルカリのウィジェット内で利用できます。「>」をタップするとコード決済やiD決済などを選択できます。売上金、ポイントなどもウィジェットで確認できるのでメルカリユーザーには嬉しい仕様です。

メルペイのウィジェット
メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.

4.21

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

ショートカット

よく使うアプリがウィジェットに対応していない場合は、『ショートカット』を使ってみるのがオススメ。ショートカットによく使う操作を登録すると、ワンタップでそれをおこなうことができます。

例えば、Googleアプリを登録しておけばウィジェットからワンタップで検索画面に移動できます。

ショートカットの選択画面

▲登録したGoogleアプリをタップするとすぐに検索できる

ショートカットでLINEを開くイメージ

▲設定した[LINE]をタップすると、瞬時にトーク画面へ切り替わる

アップデートでウィジェットが追加できなくなることも

以前は『LINE』のウィジェットを追加できましたが、2019年9月に実施されたiOS版『LINE』のアップデートから追加ができなくなりました。

このようにアップデートのタイミングでウィジェットが使えなくなったときには、前述の『ショートカット』を使ってカスタマイズしてみましょう。

こちらの記事もおすすめ

iPhoneカメラのHDRとは 撮り方、オンオフ方法、写真が2枚保存される対処法
AirDropの使い方、できないときの原因と対処法【iPhone・iOS13対応】