本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「LINE(ライン)」で「年齢確認(認証)」をしていると、ID・電話番号検索など使える機能が増えます。18歳以上であれば、なるべく「年齢確認」をしておいた方がいいでしょう。

「年齢確認」はドコモやau、ソフトバンク、UQなどキャリアでログインして設定する必要があり「LINE」だけで完結しないため、うまくできないという人が多いようです。

そこで今回は「年齢確認」の方法とできない時の対処法、確認するとできることを解説します。

「ALBUS」で思い出の写真をアルバムに

最近は写真をデータで保存することが増えましたが、プリントして手元に残しておくのもまた良いものです。

「ALBUS」では毎月”ずっと無料”で、8枚まで写真のプリントを注文できます。家族や子どもとの思い出のアルバムを作ってみてはいかがでしょうか。

ALBUS をダウンロード

【更新情報】
・2023年11月21日:年齢確認に関するよくある質問を追加しました

LINEで「年齢確認」をするとできるようになること

「年齢確認」をすると、ID電話番号検索」と「LINEミーティング」ができるようになります。※2023年7月時点、LINEミーティングは年齢確認しなくても使えるようになっています。

”ID・電話番号検索”はすぐに会えない人と友だちになるために、IDか電話番号を入力してアカウント検索できる機能。またIDに関しては、友だちに検索してもらうためにも、年齢確認が必要です。

検索の仕方は簡単で、友だち追加画面から[検索]をタップし、IDか電話番号を検索バーに入力して検索するだけです。

年齢確認

「LINEミーティング」は最大500人同時通話できる機能で、オンラインで大勢の友だちと会うときなどに便利。背景を入れたり、加工フィルターを使うこともできます。

使い方はトークリスト右上のビデオマークをタップし、[開始]をタップするだけ。友だちなどの正体は記載されているURLを送るだけでできます。

LINEミーティングやり方
LINEミーティング
「LINEミーティング」のやり方 料金、ZOOMやビデオ通話との違い 500人まで使える!

「年齢確認」は自分の契約している携帯電話会社にログインして行う

「LINE」の「年齢確認」は、自分が契約している携帯電話会社を通して行われます。そのため「年齢確認」をする際、契約している携帯電話会社へログインしなければいけません。

携帯電話会社のログイン情報(パスワードやアカウントIDなど)に不安がある人は、先に確認しておきましょう。

年齢確認に対応している携帯会社と必要な情報

●au(KDDI)……au IDとパスワード

●SoftBank(ソフトバンク)……SoftBank IDとパスワード

●docomo(ドコモ)……dアカウント IDとパスワード

●ワイモバイル……SoftBank IDとパスワード

●mineo(デュアルタイプのみ)……mineoIDとパスワード

●IIJmio(音声SIM・音声eSIM)……mioIDもしくは登録メールアドレス

●イオンモバイル……イオンモバイルのIDとパスワード

●LINEMO…… LINEMOのIDとパスワードでログイン

対応しているキャリアなのに年齢確認できない人は

年齢が18歳を超えていて、携帯電話会社も対応しているのに原因がわからずエラーが出る人は、以下のリンクから契約している携帯電話会社の「年齢情報提供機能の設定」について確認してみましょう。

NTTドコモ
SoftBank
au

年齢確認をする方法【iPhone/Android共通】

iPhoneとAndroid共に「年齢確認」をする手順はほぼ変わりません。今回はiPhoneで解説します。

1.ホーム画面の左上にある[歯車]マークをタップ

歯車をタップ

2.[年齢確認]をタップ

年齢確認をタップ

3.[年齢確認結果]をタップ

年齢確認結果をタップ

▲筆者は既に確認済みのため「ID検索可」になっているが、確認をしていない場合は「未確認」となっている。

4.自分の契約している携帯電話会社をタップ

契約会社をタップ

▲今回はSoftBankと契約しているiPhoneなので、SoftBankを選択。

5.契約会社にログインする

契約会社にログインする

6.[同意]をタップして処理が完了しましたの[OK]をタップすれば完了

提供先と注意事項などの確認を忘れずにしましょう。

年齢認証同意画面

PC版『LINE』では「年齢確認」できない

「年齢確認」はPC版からはできないため、スマホから「年齢確認」を行いましょう。

またiPadやAndroidタブレットに関しては、スマホ同様契約している携帯電話会社が「年齢確認」に対応していれば「年齢確認」可能です。

格安SIM(MVNO)は年齢確認に対応していない場合がある

「年齢確認」は契約している携帯電話会社(キャリア)の機能を使います。そのため18歳以上だったとしても、携帯電話会社が「年齢確認」に対応をしていないとできません。

大手の携帯電話会社と契約している人は問題ありませんが、BIGLOBEやNURO Mobileなどの格安SIMを使っている人は「年齢確認」ができません。

格安SIMでもID・電話番号検索をする方法

上記でも紹介した通り、格安SIMを利用しているユーザーでもワイモバイルやLINEモバイルなら「年齢確認」ができるので問題ありません。

それ以外の格安SIMを利用している人や18歳未満のユーザーは、「年齢確認」を回避してID・電話番号検索をするやり方がありません。以前はChrome版のLINEからなら年齢確認の必要がなかったのですが、現在ではできなくなってしまいました。

ID・電話番号検索以外で離れている友だちと登録する方法

QRコード……友だち追加画面から、友だち追加用のQRコードを作ることができます。LINE以外の連絡方法(SNS)などで送ることで、友だち追加が可能です。

友だち追加URL……友だち追加用のQRコードを作成すると、友だち登録用のURLも発行してくれます。LINE以外の連絡方法(SNS)などで送ることで、友だち追加が可能です。

自動追加機能……スマホの連絡先と「LINE」を同期して、自動的に友だちリストに追加してくれる機能。相手が自動追加の許可をしていない場合は、追加されません。

友だち登録に関してはこちらから

LINEで友だち追加する方法まとめ オススメは「QRコード」で連絡先交換

LINEの「年齢確認」に関するよくある質問

LINEで「年齢確認」するとなにができる?
「年齢確認」をすると、「ID・電話番号検索」と「LINEミーティング(※)」ができるようになります。

ID・電話番号検索はすぐに会えない人と友だちになるために、IDか電話番号を入力してアカウント検索できる機能です。

※2023年11月現在、LINEミーティングは年齢確認しなくても使えるようになりました
LINEの「年齢確認」に対応している携帯会社は?
以下用に、3大キャリアと一部の格安SIM(MVNO)が対応しています。

【大手キャリア】
●ドコモ
●au
●SoftBank

【格安SIM(MVNO)】
●楽天モバイル
●ワイモバイル
●UQモバイル
●イオンモバイル
●LINEMO
●IIJmio
●mineo
LINEの「年齢確認」ができない!原因と対処法は?
以下のような場合、年齢確認できません。

●PC版のLINEアプリから年齢確認しようとしている
●18歳未満である
●回線が法人契約である
●年齢確認に対応していない格安SIMを使っている

上記に当てはまらないのに年齢確認できない場合は、お使いの携帯電話サービスのサポートへお問い合わせてみましょう。
LINEの「年齢確認」はすべき?しないデメリットは?
ID検索・電話番号検索機能ができないことはデメリットですが、LINEの他の機能は問題なく利用できます。

どうしてもID検索や電話番号検索を使いたい場合を除けば、無理に年齢確認する必要はないと言えるでしょう。

こちらの記事もおすすめ

【2024最新】LINE通知がこない・遅れる・ならないときの対処法【iPhone/Android】
「LINE(ライン)」ブロック解除の仕方 メッセージの既読の変化や相手にバレる状況はコレ
LINE

LINE Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

TAG