• TOP
  • LINE
  • LINE通知のオン・オフ設定 来ない、鳴らないときの確認・対処方法など

コミュニケーションアプリ『LINE』を仕事上でも使用していると、通知がこないor通知音が鳴らないのは大問題ですよね。気づいたら大切なメッセージが届いていて、返事が遅れた……なんて経験をした人も少なくはないでしょう。また、通知が多すぎて困るという方もご安心を。

本記事では『LINE』の通知が表示されない、通知音が鳴らない時の対処法だけでなく、通知を一括または個別でオフにする方法もご紹介します。

通知が届かないときに確認すること

【確認①】LINEサービスに障害が発生していないか

メッセージの通知がこない場合、『LINE』のサービス自体に通信障害など何らかの不具合が発生している可能性があります。TwitterなどのSNSで同じ被害に合っている人がいないか確認してみましょう。

LINE Twitter公式アカウント

【確認②】データ通信がオフになっていないか

気づかないうちに手が当たり、データ通信がオフになっている場合も。Wi-Fi環境のない場所でモバイルデータ通信がオフだと、通知はきません。iPhoneならコントロールセンター、Androidならクイック設パネルからモバイルデータ通信がオフになっていないか確認してください。

薄い灰色の状態がオフになっているときです。

▲左:iPhone画面、右:Android画面。

【確認③】機内モードになっていないか

映画館や飛行機で移動の際に、機内モードにしたまま戻すのを忘れている場合もあります。クイック設定パネルから機内モードになっていないか確認しましょう。

データ通信と同じく、薄い灰色の状態であればオフ設定なので問題ありません。

▲左:iPhone画面、右:Android画面。

【確認④】LINEアプリの通知設定がオフになっていないか

メッセージ通知がこない場合、『LINE』の通知設定がオフになっている可能性があります。とくにトークルームごとの通知設定は気づいたらオフになっていたということも。

『LINE』の通知設定への行き方はホーム画面 > 歯車ボタン > 通知の順にタップすればOK。アプリ内通知やメッセージ通知がオフになっていないか確認します。

通知がオンになっていても一度オフにして、再度オンにすることで通知が届くようになる場合もあるので試してみてください。

▲左:iPhone画面、右:Android画面。

トークルームごとの通知を確認する方法

トーク一覧を見れば一目瞭然です。名前の横に「メガホンに斜線が入っているマーク」があれば、通知オフになっています。通知がオフになっていれば、トークルームから通知をオンにすれば解決です。

トークルームから通知設定をオン/オフする方法

トークルームの画面を開いたら右上の「v」をタップし、メニューを開きます。「通知オン/オフ」のアイコンをタップすれば、通知のオン/オフを切り替えられます。

【確認⑤】iOS・Android端末の通知設定がオフになっていないか

『LINE』アプリ内の通知設定はオンになっているのにメッセージ通知がこない方はスマホ本体の通知設定がオフになっているかもしれません。スマートフォンの設定画面から確認してみましょう。

iPhoneの通知設定

iPhoneの場合は設定 > 通知 >LINEの順にタップ。「通知の許可」がオフになっていないか確認します。

Androidの場合は端末ごとに確認

Androidは端末ごとに設定が異なるので、スマホ本体に通知をオフにする設定がないか確認してみましょう。最近の機種であれば設定 > 通知 の中に、全通知のオン/オフを切り替えるボタンがあるものが多いです。

【確認⑥】OS・アプリのバージョンが古くないか

スマホ本体のソフトウェアが古くないか、『LINE』アプリのバージョンは最新のものか確認してみましょう。もし古かった場合は最新バージョンにアップデートすることで、メッセージ通知がくるようになることも。

※ソフトウェアの更新中はスマホ操作ができません。また、時間がかかるので時間に余裕のあるときにおこないましょう。

iPhoneのソフトウェアを確認する方法

設定 > 一般 >ソフトウェア・アップデートの順でタップ。「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されていれば大丈夫です。もしバージョンが古い場合は「今すぐインストール」と表示されているので、タップして最新バーションに更新します。

▲左:最新バージョンのとき。右:古いバージョンのとき。

iPhone・iPadのiOSバージョンを確認する方法・最新版に更新する方法 - Appliv TOPICS

Androidのソフトウェアを確認する方法

設定 > ソフトウェア更新の順にタップ。最新バージョンへの更新がある場合は、オレンジ色で数字が表示されているため分かりやすいです。

数字が表示されていたら更新すべきソフトウェアがあるので、「今すぐインストール」もしくは「夜間にインストール」をタップします。

アプリが最新バージョンなのか確認する方法

iPhoneは「App Store」、Androidなら「Play ストア」で確認することが可能です。LINEアプリのページに「更新」ボタンがなければ最新バーションです。

LINE

LINE Corporation

4.44

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

【確認⑦】会社や学校のWi-Fiに接続していないか

会社や学校ではWi-Fi環境にファイアウォールが設定されていることもあり、その影響でメッセージ通知がこないケースも。一度4G/LTEのモバイル通信に切り替えて確認してみるといいでしょう。

【確認⑧】PC版LINEの通知設定でスマホ版への通知がオフになっていないか

PC版とスマホ版を併用して使っている人は、一度PC版LINEの通知設定を確認してください。PC版の通知設定には「スマートフォン版への通知をオフ」という項目があります。その項目にチェックが入っている場合、スマホ版LINE側は通知がこないのでチェックを外しましょう。

設定画面は「…」 > 設定 > 通知の順にクリックすればOKです。

PC(パソコン)版『LINE』の使い方 ダウンロード、ログイン方法、スマホ版との違い - Appliv TOPICS

【確認⑨】ストレージ・メモリ容量が不足していないか

スマホ本体のストレージ容量が不足していると、『LINE』の各種動作に不具合が生じる場合も。もし容量不足だったときは、不要なデータを削除して空き容量を増やしてみましょう。

iPhone/Androidのストレージの空きを確保する方法は、以下の記事をご覧ください。

iPhoneの容量不足を解消! 不要なデータを減らし空き容量を増やす6つの方法 - Appliv TOPICS
Androidスマホの容量不足を解消する方法 不要なデータを減らしストレージ確保 - Appliv TOPICS

【確認⑩】バッテリー節約機能やタスクキラー系アプリを使っていないか

端末独自のバッテリー節約機能やタスクキラー・節電系のアプリが起動していると、一部のアプリが正常に動作しなくなるケースがあります。もし、これらのアプリを使っている場合は一度利用を停止して改善されるか確認してみましょう。

【確認⑪】LINEアプリを強制終了していないか

『LINE』の通知画面には「アプリを強制終了すると、通知が遅れたり、受信できない場合があります。」と注意書きがあることから、アプリの強制終了は通知がこない原因になりうるようです。

筆者は基本的に強制終了させてますが、メッセージが遅れたり受信できなかったことはありません。たしかに原因の一つではあるようですが、通知がこないのは他の原因が大きいように思えます。

どの確認を取っても改善されない場合はアプリ削除&再インストール

通知設定やソフトウェア、ストレージ容量などをすべて確認したにもかかわらず、メッセージ通知がこない場合はアプリを削除して再インストールすることで直る可能性があります。

ただし、アプリを削除する場合は必ず電話番号・メールアドレス・パスワードの登録およびトーク履歴のバックアップをおこなってください。ただ単に削除&再インストールした場合、アカウントの復元が困難になります。

【2019版】LINEの引き継ぎ方法 機種変更時に失敗しないやり方【iPhone/Android】 - Appliv TOPICS

通知音が鳴らないときに確認すること

【確認①】サイレント・マナーモードになっていないか

iPhone/Android端末ともにスマホ本体がサイレント・マナーモードになっていると、当然ですが『LINE』の通知音は鳴りません。仕事中や映画の上映中などでマナーモードにしたままになっていませんか?

iPhoneの場合

iPhone本体の左側面にある切り替えスイッチから赤いのが見える場合、サイレントモードに設定されている状態です。

サイレントモードにするとベルに斜線が引かれたイラストが表示され、サイレントモードを解除するとベルと音量が画面に表示されます。どちらの状態か不明な場合は、一度スイッチを切り替えて確かめてみましょう。

▲左:サイレントモードのとき。右:サイレントモードを解除したとき。

Androidの場合

クイック設定パネルからメガホンの箇所をサイレントと表示されるまでタップ。もしくは、スマホ本体の音量調整ボタンで音量を下げて無音状態にするとマナーモードになります。マナーモードにするとメガホンに斜線が引かれたイラストが表示され、マナーモードを解除するとメガホンから音波が発生したマークが表示されます。

ただ、Androidの場合マナーモードを解除しただけでは『LINE』の通知音が鳴らない場合もあります。着信音と通知音の音量設定が分かれている端末だと着信音とは別に通知音の音量も上げておく必要があります。

スホマ本体の設定 > サウンドとバイブ > 音量の順にタップすると、音量設定の画面が表示されます。

▲着信音と通知の音量設定が別々の場合。

【確認②】LINEアプリの音量設定をオフにしていないか

LINEアプリの音量設定がオフになっている可能性があります。とくにAndroid版LINEはメッセージ通知や通話など別々に設定する必要があるので、通話の通知音は鳴るけどメッセージの通知音は鳴らないということも。

iPhoneの場合

LINEアプリのホーム画面 > 歯車マーク > 通知の順にタップし、通知の設定画面の「アプリ内サウンド」がオフになっていないか確認しましょう。


Androidの場合

LINEアプリのホーム画面 > 歯車マーク > 通知の順にタップし、「通知設定」を選択します。通話や一般通知、メッセージ通知などのカテゴリが並んでいるので、通知音を鳴らしたいカテゴリを選択してください。

各カテゴリにある「重要度」で通知音のオン・オフを切り替えられるので、通知音を鳴らしたい場合は重要度を"高"以上に設定すればOKです。

▲初期設定は重要度「中」なので、通知音を鳴らしたい場合は変更が必要。

【確認③】スマホ本体のサウンド設定がオフになっていないか

iPhoneはLINEアプリ内のサウンドがオンになっていても、iPhone本体のLINE設定にあるサウンドがオフになっていると通知音は鳴りません。

iPhoneの設定 > 通知 > LINEの順にタップし、「サウンド」がオンになっているか確認しましょう。

【確認④】おやすみモードになっていないか

iPhoneは「おやすみモード」という機能が備わっており、設定がオン状態である間は通知や着信音が鳴りません。時間を指定して自動で「おやすみモード」を起動させることも可能です。

画面右上から下にスワイプし、月マークの箇所が白い場合は「おやすみモード」の設定がオンになっているので、タップしてオフにしてください。

Androidにも「通知をミュート」「通知の鳴動制限」という「おやすみモード」に似た機能が備わっているので、オンになっていないか確認してみましょう。

▲iPhoneの画面。

▲Androidの「通知をミュート」設定の画面。

LINEの通知音を変更する方法

通知が届いたときの音の変更もできます。先述のバッジ同様にAndroid版LINEのみメッセージ・タイムライン・グループ招待・通話など別々に設定できます。(※iPhone版は一括設定のみ)

ただし、「このグループトークからのメッセージはこの通知音、あの人からのメッセージはこの通知音」など、トークごとに通知音を変更することはできません。

iPhoneで通知音を変更する方法

LINEホーム画面 > 歯車マーク > 通知サウンドの順にタップし、収録されている好きな音源を選択すれば変更できます。

Androidで通知音を変更する方法

LINEホーム画面 > 歯車マーク > 通知 > 通知設定の順にタップし、友だちリクエストやメッセージ通知など通知音を変更したカテゴリを選択します。重要度を「高」以上に設定し、「サウンド」を選択。収録されている好きな音源を選択すれば変更できます。

Androidならオリジナル通知音が設定可能

Android端末ではLINEアプリに収録されている通知音のほか、端末に保存されているサウンドを『LINE』の通知音として使用できます。

ただ、通知がきたときに楽曲の全時間が通知音として流れるので、1~2秒ほどの長さが丁度いいです。通知音にピッタリなフリー素材もあるので、オリジナル通知音を使ってみたい方は探してみましょう。

■LINEアプリ内にオリジナル通知音を収録する方法
「マイファイル」などのファイルマネージャーを使って、「オーディオ」フォルダ内の「Notifications」フォルダに好きな音源ファイルをコピーまたは移動させたら完了です。

実際に「Over the Horizon」という曲を「Notifications」のファイルに移行させてみました。すると、LINEの通知音に「Over the Horizon」の楽曲名が表示されていることがわかります。

編集はしていないので、このままだと通知がくるたびに3分ほどの音楽が流れることになるので、もしオリジナル曲を使用する場合は編集しましょう。

LINEの「通知オフ」は細かく設定できる

一括・個別で通知をオフにできる

通話やグループ招待など、一括で通知をオフにする方法個別に設定する方法の2パターンあります。通知が一切いらない方は一括で、グループ招待の通知はいらないけどメッセージ通知は欲しいという方は個別で、というようにニーズに合わせて設定が可能です。

メッセージ・タイムライン・グループへの招待・LINE Pay・友だちリクエスト・通話・連動アプリの通知をそれぞれ設定できるので、必要のない通知はオフにしていきましょう。

通知の設定を変更するには

iPhoneはの*LINEホーム画面 > 歯車マーク > 通知の順にタップすれば、各通知のオン/オフが切り替えらる画面に移ります。

AndroidはLINEホーム画面 > 歯車マーク > 通知 > 通知設定の順にタップすれば、各通知のオン/オフが切り替えらる画面に移ります。

通知を一括でオフにする方法

▲左:iPhone画面、右:Android画面。

画像の赤枠(iPhone版LINEだと「通知」、Android版LINEだと「ON」)をタップすると『LINE』から届く通知すべてを一括でオン/オフ切り替えられます。色が付いている場合はオン状態、灰色っぽくなっている場合はオフ状態です。

通知を個別でオフにする方法

▲左:iPhone画面、右:Android画面。

画像の赤枠をタップすると、グループへの招待やタイムラインなどの通知を個別でオン/オフ切り替えることが可能です。自分が不要だと感じた通知はオフ設定にしましょう。

トークごとに通知をオフにすることも

メッセージの通知はトークルームごとに設定することも可能。このグループトークは通知をオフにして、こっちのグループトークは通知をオンにといったことができます。

個別にメッセージ通知をオフにする方法は簡単で、トークルームの「v」をタップして「通知オン/オフ」を選択するだけです。

メッセージ通知の内容を非表示にする

▲通知の内容を未表示にすると、誰から届いたメッセージなのかも分からなくなる。

通知は欲しいけどメッセージの内容は見られたくない方は、通知の内容だけを非表示にする方法もあります。設定の仕方は『LINE』ホーム画面の歯車ボタンをタップし、「通知」を選択。「メッセージ通知の内容表示」をオフにすると非表示にできます。

LINEホーム画面 > 歯車マーク > 通知の順にタップすると、通知の設定画面が表示されます。

▲左:iPhone画面、右:Android画面。

バッジを非表示にする

▲左:バッジ表示、右:バッジ非表示。

『LINE』のバッジを非表示にすることも可能です。バッジは未読のメッセージが何件あるのかを知らせてくれるもので、アイコンの右上に表示されています。

バッジは一括で非表示にするほか、メッセージ・タイムライン・グループ招待など別々に設定することも可能です。(※Android版のみ別々に設定可能。iPhoneは一括設定のみ)

バッジを非表示にする方法

iPhoneはスマホ本体の設定 > 通知 > LINEの順にタップし、「バッジ」を選択すればオン/オフが切り替えられます。

AndroidはLINEホーム画面 > 歯車マーク > 通知 > 通知設定の順にタップし、「アプリアイコンのバッジ」を選択すればオン/オフが切り替えられます。

▲左:iPhone画面、右:Android画面。

こちらの記事もおすすめ

『LINE STORE(ラインストア)』で賢く購入! スタンプやゲーム内通貨がお得に - Appliv TOPICS
LINEポイントの賢い貯め方・使い方 簡単に貯まってお得! ただし注意点も - Appliv TOPICS
LINE

LINE Corporation

4.44

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る