• TOP
  • LINEの使い方
  • LINEで送信取り消しできない7つの原因と対処法 24時間経つと取り消せない

『LINE(ライン)』を使用中に誤送信してしまい、取り消したい時に使えるのが「送信取消」です。送った相手のトークルームのメッセージやトーク画面の通知も取り消せるため、とても便利な機能になっています。

しかし「送信取消」をしようと思ったのにできない場合も。その原因は”メッセージを送ってから24時間以上経っている”ことや、”そもそも取り消しできないメッセージ”などいくつかあります。この記事ではそんな「送信取消」できない7つの原因と対処法について詳しく紹介します。

LINEの「送信取消」は送ったメッセージを消す機能

『LINE』の「送信取消」は、相手のトークルームやトーク画面などから自分が間違えて送ってしまった際に、メッセージやスマホ端末に届いた通知を消せる機能のことです。

メッセージの「削除」機能と似ていますが、「削除」は自分のトークルーム内から消す機能で、送った相手のトークルームにはメッセージが残ったままになります。

なお「送信取消」でも相手にバレてしまうことはあるのでご注意を。一度送信しているので、相手が「送信取消」前に見てしまう可能性を覚えておきましょう。

また「送信取消」後は[メッセージの送信を取り消しました]とトークルームに出るので、完全になかったことにはできません

メッセージの送信を取り消しました

▲送信取り消しをした場合の表示。

「送信取消」をする方法

取り消したいメッセージを長押して[送信取消]をタップし、確認が出てくるので再度[送信取消]をタップするだけ。

送信取り消し方法

詳しい「送信取消」の方法についてはこちらから

LINE 送信メッセージの取り消し方 通知でバレる? 復元方法や削除との違いは?

「送信取消」できない7つの理由と対処法

期限の24時間を過ぎてしまっている

「送信取消」が利用可能な期間は、24時間以内です。もしそれを過ぎてしまうと、「送信取消」のボタンがなくなります。

基本的に24時間以上経っている場合、通知を見られていたり、既読されていたりすることが多いです。送ってしまった内容にもよりますが、誤送信をフォローするメッセージを送るといいでしょう。

期限が切れたメッセージ

▲24時間以上経過していると、このように「送信取消」のボタンが出ない。

「LINEPay」の送金履歴や「LINEギフト」などを取り消そうとしてる

「送信取消」は24時間以内であっても取り消せない内容があります。例えば「LINEPay」の送金履歴であったり、「LINEギフト」であったり。

「LINEPay」や「LINEギフト」に関しては、送ってしまったものを取り消せません。友人などであれば、送金し直してもらうなどのお願いをするのがいいでしょう。

取り消せる内容は以下の通りです。

・メッセージ
・スタンプ
・画像
・動画
・ボイスメッセージ
・LINE MUSIC
・URL
・連絡先
・位置情報
・ファイル
・通話履歴
※通話履歴はLINEバージョン 9.17.0以上の場合、送信取消ができません

LINEギフトを取り消そうとしている

「削除」したメッセージを取り消そうとしている

「削除」してしまったメッセージは、自分のトークルームからなくなってしまうので「送信取消」ができません。「送信取消」するときは、焦って「削除」しないように注意しましょう。

「削除」に関してはこちらから

LINEトークの削除方法まとめ メッセージやアルバム、ノートなど

『LINE』アプリのバージョンが古い

『LINE』アプリのバージョンが古いと、有効期間内や取り消せる内容であっても「送信取消」は使えません

自分の使っている『LINE』アプリのバージョンを確認して、最新バージョンでなければアップデートしましょう。

バージョンの確認

アップデート方法はこちらから

LINEアプリのアップデート・自動更新の設定方法【2020年版】

公式アカウントに送ったものを取り消そうとしている

通常は「送信取消」できるものでも、公式アカウントに送ったものは取り消しできません

公式アカウントはほぼ機械的にやりとりを行なっているので、誤送信しても対応する必要はないでしょう。

公式アカウントに対してのメッセージ

友だちが送ったメッセージを取り消そうとしてる

「送信取消」は自分が送ったメッセージのみ、取り消すことが可能です。友だちから送られてきたメッセージを、「送信取消」してあげることはできません。

もし友達が誤送信していそうな場合は、友だちに確認しましょう。友だちが気付き、「送信取消」できるかもしれません。

原因が見つからない場合は公式情報を確認

もしも6つ全ての原因に当てはまらない場合は、『LINE』の不具合で「送信取消」ができなくなっていることも考えられます。

万が一こういったことが起きたら、『LINE』のTwitter公式アカウントなどを確認してみましょう。不具合情報を発信しているかもしれません。

「LINE」公式Twitterアカウント

こちらの記事もおすすめ

無料LINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプなど【9月25日更新】
『LINE』乗っ取りにあわないための対策と対処法 セキュリティ確認が重要
LINEの使い方 まとめ

TAG