• TOP
  • LINEの使い方
  • iPhone版LINEで「画面共有」する方法 ビデオ通話中にスマホ画面をシェア

自分のiPhoneの画面をリアルタイムで通話相手に共有できる『LINE(ライン)』の「画面共有」機能。アプリやゲーム画面を共有することも可能なので、友だちにゲームプレイ中の画面を見せながら通話することもできます。

この記事ではiPhone版LINEで「画面共有」する方法を紹介。1:1トークからの場合、少し操作が特殊なので、しっかり確認しておきましょう。

PCでも「画面共有」を使いたい方はこちら

『LINE』画面共有のやり方マニュアル【iPhone/Android/PC】

LINEでYouTubeを「みんなで見る」方法はこちら

LINEでYouTubeを「みんなで見る」方法 グループや2人で視聴可能

LINEの画面共有とは

LINE画面共有

▲LINEの画面共有でブラウザを共有している様子。

『LINE』の画面共有とは、ビデオ通話中に自分の操作しているiPhone画面を通話相手に共有できる「画面シェア」機能のことです。アプリやツールの使い方など家族や友だちに教えるなど、文章だけでは伝えづらい内容を説明するときに便利です。

※LINEバージョン10.6.5以上から利用可能。

1:1トークで「画面共有」をする方法

1. トーク内の「電話アイコン」をタップし、「ビデオ通話」を選択

LINEトークルーム画面

2. 通話中にコントロールセンターを開き、画面収録ボタンを長押し

※画面収録ボタンをタップするのではなく、長押しです。タップだと画面共有ではなく、通常の画面収録が開始されます。

LINEビデオ通話画面

3. 「LINE」を選択して「ブロードキャストを開始」をタップ

これで画面共有が開始され、自分のiPhone画面を相手に見せることができます。

LINEブロードキャストを開始

画面共有をしている側は画面左上に赤背景に白文字で時間が表示されます。iPhoneのホーム画面のほか、LINE MUSICなどのアプリを開いている間も左上に時間が表示されるので、画面共有されているかどうかの判断ができます。

LINE画面共有

▲左:画面共有している側の映像、右:画面共有されている側の映像。

グループトークで「画面共有」をする方法

1. トーク内の「電話アイコン」をタップし、「ビデオ通話」を選択

LINEグループトーク画面

2. 「カメラをオンにして参加」をタップ

LINEビデオ通話プレビュー画面

3. 「動画アイコン」をタップし、「画面シェア」を選択

LINEビデオ通話中の画面

4. 「ブロードキャストを開始」をタップ

これでビデオ通話に参加しているグループメンバー全員に、自分のiPhone画面を共有できます。

LINE画面共有の開始

こちらの記事もおすすめ

スマホ版LINE「ビデオ通話」の使い方と映らないときの対処法【iPhone/Android】
LINEでYouTubeを「みんなで見る」方法 グループや2人で視聴可能
LINE

LINE Corporation

4.39

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
LINEの使い方 まとめ

TAG