Amazonが販売している電子書籍リーダー『Kindle(キンドル)』は、最安モデルの「Kindle」の8GBだと8,980円~、最高モデルの「Kindle Oasis」の32GB、Wi-Fi+無料4Gだと約40,000円とピンキリです。

せっかくKindle端末を買うなら、少しでもお得に安く手に入れたいですよね。Amazonのビッグセール「プライムデー」や「サイバーマンデー」を狙うのが一番ですが、それまで待てない方のためにビッグセール以外にもお得に購入できる方法をすべて紹介します。

進撃の巨人、転スラ、テセウスの船などがお買い得!
Kindle「講談社コミックまとめ買いフェア」10/28まで
Amazon Musicで音楽を1曲聴くだけ!
「BOSEワイヤレスイヤホン」が当たるキャンペーン 

Kindle端末は全部で4種類

Kindle端末は「Kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」「Kindleキッズモデル」の全4種類を展開。各端末ごとに容量や画面サイズ、解像度、防水機能の有無など、それぞれ特徴に違いがあります。

Kindle端末の選び方や特徴について詳しくは下記ページをご覧ください。

Kindle端末おすすめは? 使用歴6年が4機種を徹底比較&人気ランキング 

Kindle端末をお得に買う4つの方法

その1. Amazonのセールを利用する

Amazon Prime Day

年に一度開催されるAmazonのビッグセール「Prime Day(プライムデー)」や「サイバーマンデー」では、毎年Kindle端末がかなり安く販売されており、最大7,000円OFFなど大特価で登場することもしばしば。

その他にも基本的に毎月開催している「タイムセール祭り」などでKindle端末が安くなることもあるので、セール情報を逃したくない方は、「ほしい物リスト」に追加しておくことをおすすめします。

「ほしい物リスト」に追加した商品がセール対象になると通知が届くので、いつもKindle端末がお買い得価格になるわけではない「タイムセール祭り」で安くなった場合でも、見逃しません。

Amazon今日のセール情報 次のプライムデー・タイムセール祭りはいつ?(10/26更新)

その2. 広告つきモデルを選ぶ

「Kindle端末」は買うときに広告つき・なしモデルを選択することができ、広告つきモデルはスリープ画面に広告が表示される代わりに、広告なしモデルに比べると2,000円安く購入可能です。

少しでも端末費用を抑えたいという人は、広告つきモデルを購入するといいでしょう。

Kindle広告つきのスリープ画面

▲スリープ・ホーム画面に広告が表示されるだけで、電子書籍を読んでいるときに広告は表示されない。

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー

➜ 商品の詳細・購入はこちら

その3. Amazonチャージを利用する

Amazonチャージ画面

1回あたり5,000円以上のAmazonギフト券チャージタイプを購入すると、最大2.5%のAmazonポイントが還元されます。

またAmazonチャージのキャンペーン中であれば、Amazonポイントの還元率がアップしたり、初回購入限定で1,000ポイントがもらえたりすることも。

なおキャンペーンによっては、支払い方法は「現金のみ」「クレジットカードは除く」など決められているため、キャンペーン内容はしっかりと確認してください。

Amazonポイントは1ポイント=1円で利用可能なので、貰ったAmazonポイント分だけKindle端末を安く購入できることになります。

Amazonチャージはこちら

その4. Amazonのクレジットカードを利用する

Amazon Mastercard クラシックの申し込み画面

Amazonで商品をよく購入される方は、Amazonのクレジットカード「Amazon Mastercard クラシック」がおすすめ。Amazonポイントの還元率が高く、Amazon利用でポイント還元率が1.5%、プライム会員なら2.0%も還元されます。

年会費は初年度無料で、年1回以上のカード利用で2年目以降も無料に(※利用なしだと年会費1,375円が発生)。

カードの申し込みはこちら

こちらの記事もおすすめ

Amazon今日のセール情報 次のプライムデー・タイムセール祭りはいつ?(10/26更新)
Kindle本をお得に安く買う方法9つ全まとめ 電子書籍を割引価格で【2020最新】