「Kindle(キンドル)端末」の購入を考えたとき”カラー表示ってできるのかな? ”と気になりますよね。

「Kindle端末」ではディスプレイの表示が「E-ink」で行われ、カラーページがモノクロページとして表示されます。そのためカラー主体の雑誌やマンガなどを読むときには、物足りなさを感じてしまいます。

どうしても「Kindle本」をカラー表示で読みたい!という人は、タブレットやスマホなどから「Kindle」アプリを使うことで解決可能。また大きい画面で読みたいけどタブレットがない人には、Amazonの『Fireタブレット』が低価格で購入できるためおすすめです

Amazonでブラックフライデー&サイバーマンデーセール開催!
最大10,000ポイント還元 エントリー受付中
CHECK!!
Amazonギフトカード訴求

Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!

ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!

「Kindle端末」ではカラー表示できない! その理由は?

「Kindle端末」ではカラー表示ができません。ディスプレイの表示に「E-ink」を使用しているためです。

「E-ink」とは電子インクのことで、白黒の粒子を電気信号で動かしディスプレイに映し出しています。初めからインクがモノクロのみなので、カラー表示ができないというわけです。

現在「E-ink」の改良が進んでいるので、いつかカラー表示ができる「Kindle端末」が出る可能性はあります。

Kindle Paperwhiteの画面

「Kindle本」をカラーで読むなら『Fireタブレット』がおすすめ

じゃあ「Kindle本」はカラーじゃ読めないの? と思うかもしれませんが、スマホやタブレットで「Kindle」アプリを使えばカラー表示で読めます

Kindle

AMZN Mobile LLC

4.11

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

スマホでも読めますが、画面が小さく雑誌やマンガを読むことに適していません。「Kindle本」を大きい画面でカラー表示させるなら、Amazonが販売している『Fireタブレット』シリーズがおすすめ。低価格で購入でき、大判の書籍でも読みやすいです。

当然ですが通常のタブレット同様、ゲームやSNSなどのアプリを使うことも可能。

『Fireタブレット』はコストパフォーマンスが最高!

『Fireタブレット』は他のタブレットに比べ、圧倒的に安い価格で購入できます。安い機種で5,980円、最も高いものでも19,980円と破格の安さです。

スペック的にも普通に使うなら全く支障がないので、タブレットを持っていない人、「Kindle本」をカラーで読みたい人、タブレットを持っていない人は特におすすめ!

ちなみに「iPad」の最安値は38,240円なので、『Fireタブレット』の安さがわかりますよね。

『FIreタブレット』をさらに安く買いたい人はビッグセールで!

「プライムデー」や「サイバーマンデー」などのビッグセールでは、Amazon製品が格安で購入できます。

以前のセールでは『Fireタブレット』が2,700円OFFということもありました。さらに安く『Fireタブレット』を購入したい人は、セール情報を確認して買いましょう。

プライムデーのセール会場

出典:Amazon Prime Day(プライムデー)2020 _ 年に一度のプライム会員大感謝祭

Amazonのセール情報はこちらから

Amazon今日のセール情報 次のプライムデー・タイムセール祭りはいつ?(11/26更新)

カラー表示できない「Kindle端末」ならではの利点も

カラーで「Kindle本」を読みたい人は『Fireタブレット』一択です。カラー表示ができない「Kindle端末」を選ぶ必要はありません。

『Fireタブレット』はカラー表示だけでなくアプリが使えるので、スマホのサブデバイスとしても使用可能。対する「Kindle端末」は読書のためだけのデバイスなので、使用用途が限定的です。

ただ「Kindle端末」には、『Fireタブレット』とは異なる利点があります。

「Kindle端末」は読書に特化! 防水機能がついている機種も

「Kindle端末」は『Fireタブレット』とは違い本を読むことに特化した端末です。「Kindle端末」のディスプレイは表示方法に「E-ink」が使用されているため、カラー表示できないですが本物の紙のような感覚で読めます

またブルーライトが使われていないので、長時間の読書でも目の疲れが出にくいことが特徴です。「Kindle Paperwhite」と「Kindle Oasis」は、お風呂でも読めるように防水機能も搭載されています。

Kindle端末の詳しい情報はこちらから

【2020】Kindle端末おすすめ4機種 使用歴6年が徹底比較&人気ランキング 

『Fireタブレット』と「Kindle端末」の比較表

Fireタブレット Kindle
価格 ¥5,980~19,980 ¥8,980~40,980
使用用途 雑誌などをカラーで読む
ゲームや映画鑑賞もする
小説など文字主体の本を読む
ディスプレイ 7 / 8 / 10.1インチ
カラー表示
ブルーライトあり
6 / 7インチ
モノクロ表示
ブルーライトなし
バッテリー 最大7~12時間 最大数週間
重量 286~504g 174~191g
容量 16~64GB(内臓)
+ microSD 512GB / 1TB対応
8GB / 32GB

低コストでカラー表示を求めるなら「Fire 7」

「Kindle本」をどうしてもカラーで読みたい人は「Kindle端末」ではなく『Fireタブレット』を購入しましょう。特に1台もタブレットを持っていない人なら、スマホのサブ端末としても使えるので便利です。

低コストを求める人は『Fireタブレット』の「Fire 7」は5,980円で購入でき、エントリーモデルとして十分な活躍をしてくれるのでおすすめ!

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB

➜ 商品の詳細・購入はこちら

こちらの記事もおすすめ

Kindle「まとめ買い」のやり方・メリット マンガ・コミックは安くなる?
『Kindle』はおすすめ? 上位機種『Paperwhite』と比較&レビュー【2020】
Kindle

AMZN Mobile LLC

4.11

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る