スポーツ専門の動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」をテレビで観る方法の解説です。

AmazonのFire TV StickとWi-Fi回線があれば導入は簡単。ほかにもPC(パソコン)やPlayStation 4、スマートテレビを使う方法もあり、それらを持っていれば追加費用ゼロで視聴可能です。

「DAZN」をテレビで観る方法をまとめてチェックしていきましょう。

CHECK!!

ディズニープラスなら名作・話題作が見放題! [AD]

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作が見放題の「Disney+ (ディズニープラス)」。さらに大人も楽しめる人気作が観られるブランド「スター」も加わって、内容がさらに充実しました。

\いつでもどこでもスポーツ観戦!/

DAZNに登録する
テレビ版のログイン画面

▲テレビ用の「DAZN」アプリをインストールし、ログインすればテレビで視聴可能に。

おすすめは「Fire TV Stick」! 迷ったらコレでOK

「DAZN」をテレビで観る方法は複数ありますが、一番のおすすめはAmazonのメディアストリーミング端末Fire TV Stickを使用する方法です。おすすめの理由は以下の通り。それぞれ詳しく見ていきましょう。

「Fire TV Stick」がおすすめの4つの理由

  • 安くて使いやすく、コストパフォーマンス抜群
  • Wi-FiとHDMI端子付きのテレビがあればすぐ使える
  • 「Fire TV Stick 4K」なら4K動画も観られる
  • 「DAZN」以外の動画配信サービスにも幅広く対応

安くて使いやすく、コストパフォーマンス抜群

「Fire TV Stick」の第一の魅力は安さ。Googleの「Chromecast」、Appleの「Apple TV」といった他社のメディアストリーミング端末と比べても安価です。

通常版 4K対応版
Fire TV Stick 4,980円 6,980円
Chromecast 5,070円 7,600円
(※)
Apple TV 17,800円 21,800円

▲価格は税込価格。
(※)Chromecast with Google TVの価格

また安さだけでなく使い方も簡単で、リモコンで直感的に操作できるのもポイント。UI(画面デザイン)はテレビ用に整えられているため、検索もしやすいです。実際に使ってみれば、コストパフォーマンスの良さを実感できるでしょう。

⇒ Fire TV Stick を購入する

Fire TV Stickのホーム画面

▲Fire TV Stickのホーム画面。動画配信サービスへのアクセスや動画の選択が、リモコンで直感的に行える。

Chromecast、Apple TVはどんな人におすすめ?

ChromecastはAndroid機種とのミラーリングと、Google Homeと連携に強いのが特長。同様にApple TVはiPhone、Mac、HomePadなどApple製品との親和性が高いです。

Google製品を多く所有していればChromecast、Apple製品を多く所有していればApple TVも購入の選択肢に入ります。

Wi-Fi回線とHDMI端子付きのテレビがあればすぐ使える

「Fire TV Stick」を使うのに必要なものは、Wi-Fi(無線LAN)のインターネット回線とHDMI端子付きのテレビ(もしくはモニター)だけ。

Fire TV Stickのネットワーク設定画面

▲Fire TV Stickの初回起動時にWi-Fiネットワークを選択。

もし自宅のインターネット環境が有線のみの場合でも、無線LANルーター(Wi-Fiルーター、Wi-Fiアクセスポイントとも)があれば切り替えができます。

無線LANルーターは安いもので4,000円、高いもので1万円以上と価格帯はさまざま。世帯や回線の状況により最適なルーターが変わるので、一概にこれがおすすめとは言い切れませんが、一度調べてみてください。

また別売り(1,780円)の「Amazon イーサネットアダプタ」を使えば、有線接続も可能です。

テレビのHDMI端子

▲テレビの裏側などにある、台形のような差込口がHDMI端子。

HDMI端子に関しては2010年頃には広く普及しているため、よほど古いテレビでもない限り付いているはず。テレビの側面や裏側をチェックしてみてください。

「Fire TV Stick 4K」なら4K配信も観られる

「DAZN」では2019年のJリーグを皮切りに、4K画質の配信に順次対応することが発表されています。

4K対応のテレビまたはモニターもあわせて必要になりますが、「Fire TV Stick 4K」なら4K画質の配信も視聴できるようになります。こちらも他社の4K対応デバイスに比べ安く、6,980円で購入できます。

⇒ Fire TV Stick 4K を購入する

「DAZN」以外の動画配信サービスにも幅広く対応

「Fire TV Stick」は「DAZN」のほかAmazonプライム・ビデオ、Netflix、YouTube、ABEMAなど主要な動画配信サービスに対応しています。

「DAZN」以外にも動画配信サービスを複数利用している人にとっては嬉しい限り。各種サービスの視聴方法も、「Fire TV Stick」でアプリをダウンロードするだけと簡単です。

Fire TV Stickのマイアプリ画面

▲「Fire TV Stick」のマイアプリ画面。主要な動画配信サービスはほぼ対応しており、まとめてテレビで視聴できる。

「Fire TV Stick」対応の動画配信サービス(一部)

DAZN
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
U-NEXT
Hulu
FOD
dTV
dアニメストア
YouTube
ABEMA
TVer
GYAO!

その他の視聴方法:PCやPS4があれば追加費用ゼロ

おすすめは「Fire TV Stick」ですが、「DAZN」をテレビで観る方法は他にもあります。PC(パソコン)やゲーム機のPlayStation 4(PS4)を持っていれば追加費用ゼロでテレビ視聴可能に。一度自宅のデバイスをチェックしてみてください。

PC・スマホをテレビに繋いで視聴する

PC(パソコン)をテレビに繋いで視聴する

PCとモニターをHDMIケーブルで接続

PCとHDMIケーブルがあれば手軽に試せる方法です。PCとテレビをHDMIケーブルで接続すると、PCの画面をそのままテレビに出力できます。あとは通常通りブラウザで「DAZN」を操作するだけ。アプリのダウンロードやログインの手間もかかりません。

HDMIケーブルを持っていない場合は買う必要がありますが、それも1,000円前後で購入可能です。

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 1.8m (タイプAオス - タイプAオス)

➜ Amazonで購入

スマホをテレビに繋いで視聴する(iPhone)

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

➜ Amazonで購入

セットアップ不要、別途インターネット回線の準備不要の方法がこちら。Appleの「Lightning - Digital AVアダプタ」を使うと、iPhoneの画面をそのままテレビに出力できます。

iPhoneのコントロールセンターからミラーリングをタップして、接続先を選択しましょう。

ミラーリング画面

▲有線でテレビと繋げると、画面右に接続先が表示される。

ただし価格は5,778円と「Fire TV Stick」より高価。ほか4K画質未対応、モバイルデータ通信を使うと通信量を消費するなどデメリットが多め。

「DAZN」以外にもゲームや写真の画面をテレビに映し出せる事に価値を見い出せるかが、購入の判断基準です。

「DAZN」対応スマートテレビ/ブルーレイレコーダーで視聴する

ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X8000H

出典:ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X8000H

ソニーのブラビア、シャープのアクオスなどAndroid TV搭載のスマートテレビや、パナソニックのビエラなら外部デバイス不要で「DAZN」を視聴できます。またパナソニックのDIGAブルーレイディスクレコーダーも「DAZN」に対応。

テレビ/ブルーレイレコーダーで「DAZN」のアプリをインストール後、ログインすればすぐに視聴可能。スマホと同じ感覚で導入できます。

「DAZN」対応スマートテレビ/ブルーレイレコーダー(2022年2月23日時点)

・Android搭載テレビ(SONYやSHARP等)
・Panasonic製スマートテレビ (2014+)
・LG製スマートテレビ (2014+)
・TOSHIBA製スマートテレビ
・ソニー製スマートテレビ(2014+)
・DIGAブルーレイディスクレコーダー(2016+)

参照:DAZN | ヘルプ | 推奨環境について

PlayStation 4、PlayStation 5などのゲーム機で視聴する

PlayStation StoreでDAZNアプリをダウンロード

▲PlayStation 4の場合はPlayStation Storeから「DAZN」のアプリをダウンロードするだけ。

PlayStation 4、PlayStation 5、Xbox Oneなど各種ゲーム機も「DAZN」に対応しています。「PlayStation Store」などストアから「DAZN」のアプリ(無料)をダウンロードし、「DAZN」のアカウントログインするだけで準備完了です。

「DAZN」対応のゲーム機

・PlayStation 4
・PlayStation 4 Pro
・PlayStation 5
・Xbox One
・Xbox One S
・Xbox One X
・Xbox Series X (L)
・Xbox Series S (R)

参照:DAZN | ヘルプ | 推奨環境について

ケーブルテレビで視聴する

ケーブルテレビを契約して、DAZNを視聴することも可能です。DAZNを提供している可動化を事前に確認しておきましょう。

なおDAZNでは2020年7月より北海道、東北、信越、東海、山陽、山陰地区の10社からサービスを開始し、サービス提供エリアを拡大しています。

「DAZN」と提携しているケーブルテレビ一覧

・株式会社 帯広シティーケーブル(北海道)
・株式会社ニューメディア(北海道)
・株式会社秋田ケーブルテレビ(秋田県)
・株式会社 エヌ・シィ・ブイ(新潟県)
・株式会社 エヌ・シィ・ティ(新潟県)
・株式会社ニューメディア(新潟県)
・株式会社ニューメディア(山形県、福島県)
・ケーブルテレビ株式会社(栃木県、茨城県、埼玉県)
・株式会社広域高速ネット二九六(千葉県)
・イッツ・コミュニケーションズ株式会社(東京都)
・東京ベイネットワーク株式会社(東京都)
・株式会社ケーブルテレビ富山(富山県)
・射水ケーブルネットワーク株式会社(富山県)
・高岡ケーブルネットワーク株式会社(富山県)
・となみ衛星通信テレビ株式会社(富山県)
・株式会社アイ・シー・シー(愛知県)
・株式会社 キャッチネットワーク(愛知県)
・グリーンシティケーブルテレビ株式会社(愛知県)
・スターキャット・ケーブルネットワーク 株式会社 (愛知県)
・知多メディアスネットワーク 株式会社 (愛知県)
・知多半島ケーブルネットワーク 株式会社 (愛知県)
・中部ケーブルネットワーク 株式会社 (愛知県)
・ひまわりネットワーク株式会社(愛知県)
・三河湾ネットワーク株式会社(愛知県)
・ミクスネットワーク株式会社(愛知県)
・株式会社ケーブルテレビ可児(岐阜県)
・おりべネットワーク株式会社(岐阜県)
・シーシーエヌ株式会社(岐阜県)
・株式会社 シー・ティー・ワイ(三重県)
・松阪ケーブルテレビ・ステーション株式会社(三重県)
・株式会社ケーブルネット鈴鹿(三重県)
・近鉄ケーブルネットワーク株式会社(奈良県)
・株式会社 中海テレビ放送 (鳥取県)
・日本海ケーブルネットワーク株式会社(鳥取県)
・岡山ネットワーク株式会社(岡山県)
・株式会社 ちゅピCOM(広島県)
・株式会社シティーケーブル周南(山口県)
・株式会社 愛媛CATV(愛媛県)
・ケーブルテレビ徳島株式会社(徳島県)
・佐賀シティビジョン株式会社(佐賀県)
・株式会社長崎ケーブルメディア(長崎県)
・株式会社ケーブルメディアワイワイ(宮崎県)

参照:DAZNをテレビで見るには?|視聴方法|DAZN News

その他のデバイスで視聴する

Air Stick 4K

出典:Air Stick 4K|TVに挿して映画や音楽が楽しめるエアースティック

ほかにもCCC AIRの「Air Stick」やドコモの「ドコモテレビターミナル」などが「DAZN」に対応しています。

いずれも価格や環境面において導入のハードルは高め。ですが「ドコモテレビターミナル」は地デジ・BSを配信する「ひかりTV for docomo」を観られるなど、独自機能があるデバイスもあり。ガジェット好きなら一度チェックしてみるといいでしょう。

「DAZN」対応デバイス

・Amazon Fire TV
・Fire TV Stick
・Google Chromecast
・Apple TV (「Apple TV(第4世代)」および「Apple TV 4K」のみ)
・SHARP AQUOSココロビジョンプレーヤー(AN-NP40のみ)
・ひかりTV対応チューナー (ST-3400、ST-4500)
・Air Stick
・Air Stick 4K
・ドコモテレビターミナル
・J:COM LINK
・ケーブルプラス STB-2

参照:DAZN | ヘルプ | 推奨環境について

「DAZN」テレビ視聴時の注意点

同時視聴は2台まで

「DAZN」では最大6つの端末(デバイス)を登録できますが、同時視聴は2台まで。3台以上の端末で配信を再生すると、既に再生中の端末での配信が停止されます。家族で「DAZN」を共有する場合は注意しましょう。

接続スピードと画質

「DAZN」は利用しているデバイスやインターネット環境に合わせて、最適な映像を自動で選択し、提供する仕組みです。

そのため利用者のインターネット接続スピードによって画質が変わります。接続スピードと画質、推奨デバイスは以下の通り。

接続スピード 画質 主な視聴環境
2.0Mbps 標準 外出先
3.5Mbps HD画質 モバイルデバイス
6.0Mbps HD画質
高フレームレート
TV
8.0Mbps DAZNの出せる最高画質 TV

※TVで視聴する場合は6.0Mbps以上の回線速度が推奨されている。

上記の接続スピードを満たしていても、複数のユーザーが利用しているネットワークに接続されている場合、画質が落ちてしまうこともあります。

また「DAZN」を利用する際、VPNやプロキシを使用できません。

4K配信の視聴には、4K対応の「デバイス」と「テレビ」が必須

配信を4K画質で視聴するには、以下の条件が揃っている必要があります。

・視聴する配信が4K対応であること
・4K画質対応のデバイスを使用していること(Fire TV Stick 4Kなど)
・4K画質対応のテレビorモニターを使用していること

また25Mbps以上の回線速度が確保されていることが理想とされています。25Mbpsは一般的なポケットWi-Fi程度の速度です。

よくある質問

DAZNでは何が見られる?

サッカー、プロ野球、F1、テニス、ゴルフ、バスケ、総合格闘技、ボクシング、ダーツ、フィッシングなどの130以上のコンテンツが見られます。なおサッカーに注力しており、Jリーグ、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエAの試合が視聴可能。

DAZNの月額料金は?

DAZNの月額料金は2022年2月22日より3,000円となりました。なおDAZN for docomoも2022年4月18日以降、月額3,000円に値上がりする予定です。

DAZNのシリアルコードはどこに書いてある?

テレビのDAZNアプリ画面上、下から2行目に6桁のシリアルコードがあります。なおシリアルコードの有効期限は5分です。

スポーツはやっぱり大画面が一番! 「DAZN」をテレビで観よう

スポーツ観戦は迫力と臨場感が大事。それだけに「DAZN」は大画面のテレビで視聴したいですね。「Fire TV Stick」を使えば簡単にテレビで視聴できるようになるので、ぜひ環境を整えておきましょう。

ほかスマートテレビやPC、PlayStation 4などのゲーム機も「DAZN」に対応しています。外ではスマホで、家ではテレビの大画面で。より充実した「DAZN」ライフを送りましょう。

動画配信サービス別 テレビで観る方法解説

Amazonプライム・ビデオ / Netflix / Hulu / YouTube / U-NEXT / ディズニープラス / dTV / dアニメストア / FODプレミアム / Paravi / TVer / GYAO! / ABEMA

こちらの記事もおすすめ

【2022年版】Fire TV Stickの使い方 4K Max・4K・第3世代の比較、初期設定など徹底解説
【迷っているあなたへ】動画配信サービス人気ランキング おすすめ13社を徹底比較
DAZN (ダゾーン) スポーツをライブ中継

DAZN Limited

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る