Amazon(アマゾン)の電子書籍リーダー『Kindle(キンドル)』を購入する際、容量不足になりたくない人必見! 『Kindle』端末の容量8GBと32GBには、小説・マンガ・雑誌が何冊ずつ入るかを計算して解説します。

『Kindle』端末は各機種ごとに容量が決まっていて、「Kindle」と「Kindleキッズモデル」の容量は8GBのみ。「Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)」と「Kindle Oasis(キンドル オアシス)」は8GBか32GBから選択できます。

容量ごとの保存できる冊数に加え、8GBがおすすめの人と32GBがおすすめの人もお伝えするので、確認してみてください。

CHECK!!
Amazonギフトカード訴求

Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!

ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!

あなたにあった容量をさくっと決める

とにかくすぐに答えを教えて欲しいという人は、こちらからどうぞ。基本的に容量の選び方は、あなたが何をメインに読むかで決めるのが1番です。

『Kindle』の容量は8GBか32GB

Kindle」と「Kindleキッズモデル」は8GB。「Kindle Paperwhite」と「Kindle Oasis」は購入時に8GBか32GBから選択可能です。

スマホなどのようにSDカードで容量を増やせないため、購入時に悩みがちです。特に予算を抑えたい人は2,000円安い8GBを選びたいけど、容量が足りるのか不安になると思います。

めんどくさがりな人でなければ、購入した本はAmazonのクラウドと入れ替えが可能なので、どれだけ自分が持ち歩きたいか、どんな書籍を読むのかを基準に考えましょう

4機種のスペック比較表


Kindle

Kindle Paperwhite

Kindle Oasis

Kindleキッズモデル
価格 ¥8,980〜¥10,980 ¥13,980〜¥22,980 ¥29,980〜¥40,980 ¥10,980
本体カラー ブラック / ホワイト セージ / トワイライトブルー
ブラック / プラム
ブラック ブラック
ディスプレイ 6インチ/167ppi 6インチ/300ppi 7インチ/300ppi 6インチ/167ppi
本体サイズ 160 mm x 113 mm x 8.7 mm 167 mm x 116 mm x 8.18 mm 159 mm x 141 mm x 3.4-8.4 mm 162 mm x 119 mm x 14 mm
(キッズカバー含む)
重量 約174g Wi-Fi:約182g / Wi-Fi+4G:約191g 約188g 約288g
(キッズカバー含む)
容量 8GB 8GB / 32GB 8GB / 32GB 8GB
防水機能 なし あり あり なし
通信方法 Wi-Fi Wi-Fi / Wi-Fi+4G Wi-Fi / Wi-Fi+4G Wi-Fi

もっと詳しく知りたい人はこちら

【2021】Kindle端末おすすめ4機種 使用歴6年が徹底比較&人気ランキング 

容量をまるまる使えるわけではない

記載されている容量は、スマホやタブレット同様にシステム関連でも使います。

そのため実際にに利用できる容量は異なり、「Kindle Paperwhiteの8GB・広告あり・Wi-Fiモデル」のモデルを選んだとしても約6.2GBほどしか使えません。

8GBと32GBの比較

Amazonではどちらも小説は数千冊保存可能と書かれていて、リアルな数字がわかりません。マンガに関しては8GBなら約130冊、32GBなら約650冊と表記されています。しかし130冊を4倍しても650冊には全く届かないので、おかしいですよね。

そこで今回は小説・マンガ・雑誌のカテゴリーで、実際の書籍の容量から8GBの32GB比較を行います。

8GBと32GBの冊数比較表

小説・マンガ・雑誌を10冊ずつピックアップして1冊の平均容量を求め、8GBと32GBで何冊入るのか検証した数値がこちらです。

8GB 32GB
小説 約1,289冊 約5,718冊
マンガ 約112冊 約376冊
雑誌 約42冊 約187冊

小説での比較

小説が8GBと32GBに入る冊数

8GBで利用できる容量は約6.2GB(6,200,000KB)なので、約4,809KB(1冊の平均容量)で割ると約1,289冊入る計算です。

32GBで利用できる容量は約27.5GB(27,500,000KB)なので、約4,809KBで割ると約5,718冊入ります。

※11月24日時点の「文学・評論の売れ筋ランキング 有料Top100」上位10タイトル(同一シリーズは除く)を元に1冊の平均容量を計算。

平均的な1冊の容量

●「夢をかなえるゾウ」…… 410ページ、5,337KB
●「星の王子さま」…… 178ページ、2,179KB
●『定本 バブリング創世記』…… 260ページ、19,331KB
●『運転者 未来を変える過去からの使者』…… 201ページ、7,867KB
●『JR上野駅公園口』…… 161ページ、622KB
●「ハリー・ポッターと賢者の石」…… 462ページ、4,378KB
●「坂の上の雲 一」…… 342ページ、447KB
●「賢者の書」…… 224ページ、2,061KB
●『手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~』…… 256ページ、4,726KB
●『謎解きはディナーのあとで』…… 348ページ、1,146KB

以上の小説を元に1冊の容量は約4,809KBとします。

マンガでの比較

マンガが8GBと32GBに入る冊数

8GBで利用できる容量は約6.2GB(6,200,000KB)なので、約73,047KB(1冊の平均容量)で割ると約112冊入る計算です。

32GBで利用できる容量は約27.5GB(27,500,000KB)なので、約73,047KBで割ると約376冊入ります。

※11月24日時点の「新刊がリリースされたシリーズ」上位10タイトルを元に1冊の平均容量を計算。

平均的な1冊の容量

●「転生したらスライムだった件(1) 」…… 399ページ、155,759KB
●「鬼滅の刃 1」…… 197ページ、57,972KB
●「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1」…… 213ページ、61,239KB
●「ぐらんぶる(1)」…… 201ページ、95,825KB
●「薬屋のひとりごと 1巻」…… 184ページ、51,634KB
●「その着せ替え人形は恋をする 1巻」…… 206ページ、47,262KB
●「亜人ちゃんは語りたい(1)」…… 143ページ、47,222KB
●「盾の勇者の成り上がり 1」…… 165ページ、52,717KB
●「世界最強の後衛 ~迷宮国の新人探索者~ 1 」…… 187ページ、85,423KB
●「異世界で土地を買って農場を作ろう (1) 」…… 187ページ、75,418KB

以上のマンガを元に1冊の容量は約55,307KBとします。

雑誌での比較

雑誌が8GBと32GBに入る冊数

8GBで利用できる容量は約6.2GB(6,200,000KB)なので、約146,828KB(1冊の平均容量)で割ると約42冊入る計算です。

32GBで利用できる容量は約27.5GB(27,500,000KB)なので、約146,828KBで割ると約187冊入ります。

※11月24日時点の「雑誌の売れ筋ランキング 有料Top100」上位10タイトルを元に1冊の平均容量を計算。

平均的な1冊の容量

●「MONOQLO (モノクロ) 2021年 01月号」…… 176ページ、318,501KB
●「FRIDAY (フライデー) 2020年12月4日号」…… 94ページ、93,828KB
●「Oggi (オッジ) 2020年 12月号 」…… 262ページ、189,972KB
●「オレンジページ 2020年 12/2号」…… ページ数不明、59,324KB
●「DIME (ダイム) 2021年 1月号」…… ページ数不明、258,933KB
●「週刊FLASH(フラッシュ) 2020年12月1日号」…… 104ページ、94,781KB
●「男の隠れ家 2020年 12月号」…… ページ数不明、54,768KB
●「GO OUT (ゴーアウト) 2020年 12月号」…… 162ページ、78,327KB
●「家電批評 2020年 12月号」…… 138ページ、211,353KB
●「Domani (ドマーニ) 2020年 12・1月号」…… 212ページ、162,498KB

以上の雑誌を元に1冊の容量は約146,828KBとします。

あなたに合うのは8GB? 32GB?

だいたい8GBと32GBでどれくらいの冊数が入るかがわかりましたよね。容量を選ぶ際はあなたがよく読む本のジャンルを考えて、購入するのがおすすめです。

小説などをメインに読む人は8GBがおすすめ

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 電子書籍リーダー

ブラックフライデー開催中! 12/2 23:59まで
➜ Amazonで購入

小説などのテキストが主体の本をよく読む人は、8GBのモデルで全く問題ありません。小説であれば8GBでも約3,446冊入るため、毎日1冊新しい本を保存したとしても容量不足に陥るには10年ほどかかります。

そのため入れ替えがめんどくさい人でも、8GBで十分というわけです。

さらに32GBに比べ、8GBは2,000円安く購入できるため予算を抑えるか、同じ2,000円を払うなら広告なしを選ぶという手段も取れます。

8GBでおすすめのモデルは、「Kindle Paperwhite」の広告なし・Wi-Fiモデルです。

「Kindle Paperwhite」の詳しい情報はこちら

『Kindle Paperwhite』はコスパ最高 おすすめは8GB+広告無+Wi-Fi

マンガや雑誌をメインに読む人は32GB

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 32GB 電子書籍リーダー

ブラックフライデー開催中! 12/2 23:59まで
➜ Amazonで購入

マンガや雑誌をよく読む人なら32GBを強くおすすめします。8GBを選んだ場合、マンガなら約112冊、雑誌なら約41冊と保管できる冊数にかなり制限がかかってしまいます。

長編のシリーズ物だと2作品ほどしか保管できないため、マンガ好きは物足りなさを感じてしまいます。さらに雑誌をよく読む人になると約41冊しか入らないため、8GBでは高い頻度で入れ替えが必要になってきます。

入れ替えが面倒な人は必ず32GBを選びましょう。

予算に余裕がある人は、「Kindle Oasis」の広告なし・Wi-Fiモデルがおすすめです。

「Kindle Oasis」の詳しい情報はこちら

『Kindle Oasis』最高の電子書籍端末 おすすめモデル・レビュー紹介

こちらの記事もおすすめ

Kindle端末のセールはいつ? 新生活セール、プライムデーが狙い目
無料あり! Kindleの電子書籍セールまとめ マンガなどがお得に(12/1更新)
Kindle

AMZN Mobile LLC

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る