Amazonが販売するスマートスピーカー、「Amazon Echo」。搭載されている音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」に音声で指示を出すことで、いろんなことができます。

この記事では、Alexaができることをすべて網羅し、Amazon Echoのある生活の魅力をご紹介します。なんでもできる万能アイテムなので非常にボリュームのある記事になっていますが、目次から興味のある機能を選んでご覧ください。

CHECK!!
Amazonギフトカード訴求

Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!

ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!

Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

Alexa(アレクサ)とは

「アレクサ、〇〇して」と指示すると、身の回りのさまざまなサポートをしてくれるのが音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」です。

できることの一例を挙げると、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームやタイマー、レシピの読み上げ、家電の操作など。

音声アシスタントにはいくつかの種類がありますが、なかでもAlexaは現在8カ国語に対応しており、82の国や地域で活躍中。今日もさまざまな場所や言語で人々の生活を支えています。

「Amazon Echo」シリーズ機種紹介

そんなAlexaを搭載した「Amazon Echo」シリーズは、現在さまざまなデバイスが販売されています。どんな種類があるのか、簡単に紹介していきます。

スピーカーのみのデバイス

「Amazon Echo」シリーズでは標準的なモデルであるシリーズがこちらです。主に音質の面でデバイスのグレードが異なります。

Amazon Echo Dot

エントリーモデルにあたるEcho Dot。小さいながらも本格的なスマートスピーカーとして利用できます。

特徴はこの形状。球体という形ゆえ、360度どこからの呼びかけにも反応してくれます。

また、「Echo Dot」に時計機能が備わったEcho Dot with clockもおすすめです。

Amazon Echo

ウーファーが搭載された分「Echo Dot」よりサイズが大きく、音質面がグレードアップしたのがEcho (エコー) 第4世代。音質以外にも、「スマートホームハブ機能」が搭載されたという違いもあります。

「スマートホームハブ機能」とは、家電操作の手順を簡素化できる機能のことです。

スマート家電には、対応するハブを利用しなければ音声操作できないものがあります。このハブがEchoデバイスに内蔵されているのがこのモデル。この機能がなくても家電操作は可能ですが、より接続がシンプルになるのが特徴です。

Amazon Echo Studio

そしてスピーカーの質を最重視したEcho Studio。5つのスピーカーで、立体的で重みのある音響をつくってくれます。低音もガツンと出るので、音楽の再生をメインに使いたい人におすすめのデバイスです。

ディスプレイ付きデバイス

続いて、ディスプレイがついていることでより便利さを体感できるシリーズを紹介します。これらは、Amazonプライム・ビデオやYouTubeといった動画サービスも利用可能です。タッチ操作やビデオ通話もできるので、使い方の幅がグッと広がります。

Amazon Echo Show 5

Echo Show 5はディスプレイを搭載したスマートスピーカーです。驚くべきはその価格。一万円を下回る安さに高いパフォーマンスが備わっています。

5.5インチという画面サイズは、おおよそiPhone12と同等です。コンパクトで使いやすいサイズですね。

Amazon Echo Show 8

8.0インチのディスプレイを搭載したEcho Show 8画面サイズだけでなく音質面でも「Echo Show 5」を上回っています

「Echo Show 8」からは画面の解像度もあがります。本格的に映画を見たい場合はこちらを選ぶといいでしょう。

Amazon Echo Show 10

10.1インチのディスプレイを搭載したEcho Show 10。iPadクラスの大画面と高音質、人を自動追尾する高解像度カメラ搭載など、Echo Showシリーズのハイエンドモデルとなっています。

最大の魅力は、大きな画面を使ったビデオ通話や映画鑑賞など。コミュニケーションや娯楽のメインツールとして使いたい人におすすめです。

その他のデバイス

ほかにも、利用するシーンに特化したモデルが存在します。

Amazon Echo Auto

Echo Auto

➜ Amazonで購入

シガーソケットで電源を供給することで、車の中で使えるデバイスEcho Auto。これ自体には簡易的なスピーカーしかついていないため、音は外部入力端子またはスマホのBluetoothを介して車のスピーカーから出力します。

車を運転しながら音声操作できる近未来的なデバイスです。

Amazon Echo Flex

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa

➜ Amazonで購入

コンセントに挿すプラグインタイプEcho Flex。Amazon Echoシリーズのなかで安価なモデルです。

電源コンセントに差し込んで使うモデルなので、玄関や書斎など音声指示が聞こえづらいところに取り付けることで、家中をスマートホーム化できます。

Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

アレクサでできること・会話編

ここからはいよいよAlexaにできることを細かく紹介していきます。音声操作のコマンド例も記載しますので、すぐにでも実践できます。

ニュースを聞く

多くのメディアと連携して、スポーツやビジネス、芸能などのニュースを知ることができます。やり方はAlexaアプリで好きな「フラッシュニュース」スキルを有効化するだけ。

最新ニュースや興味のあるメディアを選べるので、忙しい朝や疲れた夜も「ながら聞き」できるのが便利ですね。

また、ディスプレイ付きデバイスでは動画でニュースを見るスキルもあります。

連携できるサービス(一部)

・Yahoo!ニュース
・NHKラジオニュース
・日本経済新聞 電子版
・CNN
・BBC World Service
・朝日新聞アルキキ

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
フラッシュニュースを聞く 「ニュース教えて」
「ニュースを読んで」
ニュース操作 「次のニュース」
「戻って」
ニュースの指定 「Yahoo!ニュースを教えて」

天気予報・災害情報を聞く

住んでいる地域の天気予報や災害情報も一言で聞き出せます。Alexaアプリで居住地域を登録しておくだけで、自動でその地域の天気を教えてくれるのです。

さらに、雨の予報が出ている日は朝に通知を受け取るような設定も可能。こうしておけば、忙しい朝でも傘を忘れることがなくなりますね。

連携できるサービス(一部)

・Yahoo!天気・災害
・ウェザーニュース
・災害情報
・地震レーダー

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
天気予報を聞く 「今日の天気を教えて」
「明日は雨降る?」
指定した地域の天気 「京都の天気を教えて」
「明日の横浜の天気は?」

スポーツの結果を聞く

Jリーグ、海外サッカー、プロ野球、大相撲など、気になるスポーツの結果をすぐに聞くことができます。

もっとピンポイントで情報が知りたい場合は、アプリで好きなスポーツチームを登録しておきましょう。そうすれば、そのチームの結果を優先的に読み上げてもらえます。

さらに、W杯やウィンブルドンなど、特定の次期にのみ開催されている大会の情報を聞くことも可能です。「W杯はどこが勝つと思う?」「好きなサッカー選手は?」などAlexaに話題を振ってみましょう。

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
試合の結果を聞く 「スポーツニュースを教えて」
「プロ野球の結果を教えて」
「Jリーグの結果を教えて」
「相撲の星を教えて」
指定したチームの情報 「浦和レッズの結果を教えて」
「ホークスの次の試合はいつ?」
大会の情報 「ワールドカップ日本代表の結果は?」
「全仏オープンいつから?」

交通情報を聞く

電車やバスの運行状況を確認することもできます。こちらも忙しい朝に使いたい機能ですね。

スキルを使いこなせば、いつも使っている路線に遅延がある場合に通知してもらうことも可能。スマホで調べる手間が省けますね。さらに、次に来る電車の混雑具合を教えてくれるスキルもありますよ。

連携できるサービス(一部)

・Yahoo!路線
・NAVITIME
・NAVITIME 電車の混雑

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
運行状況を聞く 「Yahoo!路線で山手線の運行状況を教えて」
電車の混雑状況を聞く 「『電車の混雑』を開いて」→「中央線新宿駅を教えて」

映画の上映情報を聞く

最新の映画情報や、Alexaアプリに登録した住所周辺にある映画館の上映作品を知ることができます。

映画が上映されている映画館の名前や上映時間まで調べることができるので、スマホで検索する手間と比べると、グッと時短になりますね。

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
上映作品を聞く 「上映中の映画を教えて」
「上映中のアニメ映画を教えて」
「週末に上映する映画を教えて」
「今話題の映画を教えて」
上映時間を聞く 「『鬼滅の刃』の上映時間を教えて」

会話や雑談をする

なんてことない会話や雑談で暇潰しの相手にもなってくれます。関西弁で話しかけたり、冗談を言ってと無茶振りしてみたり。結構対応力があるのがAlexaのおもしろいところです。

思いついたことはまずAlexaに話しかけてみましょう。思ってもいなかった回答が返ってくることもありますよ。

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
雑談する 「サッカーに関するトリビアを言って」
「豆知識を教えて」
「ダジャレを言って」
「おもしろい話をして」

ここに書いたのはほんの一例。頭で考えすぎず、人と話すようにいろんなことを聞いてみてください。早口言葉を言ってくれたり相談に乗ってもらったり、友達や家族と話すようにトライしてみましょう。

Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

アレクサでできること・生活お助け編

ここからは、生活する上でのちょっとしたお手伝い機能を紹介します。スケジュール管理や辞書など、日常のちょっとしたシーンにおいて使い勝手がいいものばかりなので、ぜひ使ってみましょう。

ToDoリスト、ショッピングリストへ追加する

Alexaには「ToDoリスト」と「買い物リスト」というリスト機能があります。登録と確認は音声による指示でも、アプリ上でも可能です。外出先でも確認できるので、日常のあらゆる場面で活躍しそうですね。

また、家族全員でAlexaアプリを使っていれば、各リストを共有することができます。買い物リストが共有されていれば、家族におつかいを頼むときに重宝しますよ。

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
ToDoリスト追加 「ToDoリストに風呂掃除を追加して」
買い物リスト追加 「買い物リストに洗濯洗剤を追加して」
リストの内容確認 「ToDoリストを読み上げて」
「買い物リストを読み上げて」

スケジュール管理をする

スマホやパソコンで使っているカレンダーサービスと同期することで、声でその日の予定を確認できます。

また、リマインダーを設定することで予定の時間がくる前に通知を受け取れるのも魅力です。

連携できるサービス(一部)

・Googleカレンダー
・Microdoft office 365
・iCloudカレンダ−

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
予定の追加 「明日の19時に妻とディナーという予定を追加して」
「今週の土曜の12時にランチの予定を追加して」
予定の確認 「明日の予定は?」
「土曜日の予定は?」

アラームやタイマーをセットする

アラームやタイマーも簡単に設定できます。タイマーは24時間後までであれば複数登録でき、一時停止やキャンセルなども可能。手を離せない料理中に便利です。

アラームは曜日や時間、スヌーズを設定できます。好きな音楽をアラームに設定すれば目覚めが良くなるでしょう。

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
タイマーの追加 「3分タイマーをかけて」
「パスタのタイマーを7分に設定して」
タイマーの確認 「パスタのタイマーはあと何分?」
アラームの追加 「明日の朝7時に起こして」
「毎週土曜は朝6時に起こして」
アラームに好きな曲を使う 「明日の朝7時にaikoの曲でアラームをかけて」

辞書をひく、知らないことを調べる

知らない単語や行事、話題を調べることができます。やり方は「◯◯ってなに?」「◯◯を教えて」と聞くだけ。

普段の生活やテレビを見ていて気になったことをAlexaに聞く習慣をつけておけば、自然と知識が貯まっていくはず。スマホを取り出して、ロックを解除して、入力して……という手間と比べると、ずいぶんストレスフリーな活用方法であると言えるでしょう。

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
知らない単語を調べる 「SDGsってなに?」
「邂逅ってどういう意味?」
行事や話題について聞く 「桜の開花予想を教えて」
「紅白歌合戦の出場歌手を教えて」
「バラの花言葉は?」

翻訳してもらう

日本語から外国語への翻訳をお願いすることも可能です。現在は、英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語など44カ国語に対応中。単語だけでなく、短文程度なら翻訳してくれます。ふとした時に外国語の勉強ができそうですね。

なお、外国語から日本語への翻訳はできません(2020年12月現在)。

ディスプレイ付きデバイスでは、翻訳語の文章が表示されるので、より分かりやすくなっています。

音声操作コマンド

動作 音声コマンド
外国語へ翻訳する 「英語で『選挙』はなに?」
「『お兄ちゃん』を韓国語で言うと?」
「『私はブラジルへ行ったことがある』をドイツ語で言うと?」

買い物をする

Amazonプライム会員に限りますが、音声操作を使ってAmazonでショッピングができます。いつも使っている日用品が切れた時などに便利です。

ただし、ディスプレイのないデバイスだと画像の確認ができないので、欲しい商品の選択がなかなか難しいのが実情です。初めて購入するものは類似品と間違えてしまう可能性もあります。

一方、ディスプレイ付きデバイスではタッチ操作でも音声でも買い物ができます。当然こちらは画像の確認ができるので実用的であると言えます。

連携できるサービス

・Amazonプライム

音声操作コマンド

できること 音声操作例
商品値段確認 「( 商品名)はいくら?」
商品購入 「( 商品名)を注文して」→商品確認「はい、いいえ」
商品再注文 「( 商品名)をもう一度注文して」
ショッピングカートに追加 「( 商品名)をカートに追加して」
注文直後にキャンセル 「注文をキャンセルして」

周辺施設の検索

設定した住所の周辺施設の情報を聞き出すこともできます。ホットペッパー、Factualなどからの情報を使用して周辺の施設を探してくれるという仕組み。

検索できるのは、レストラン、駅、郵便局、スーパーなどの一般的な場所が主ですが、「ビックカメラ」や「ユニクロ」など全国的に有名なお店は固有名詞でも検索できます。

教えてくれる情報は、電話番号、住所、営業時間など。それとは別に、評価の高いお店を検索することも可能です。

音声操作コマンド

できること 音声操作例
周辺のお店やレストランを検索する 「近所にある(お店/レストラン)を教えて」
「近くに(お店/レストラン)はある?」
周辺で人気のお店やレストランを検索する 「評価の高い(お店/レストラン)を教えて」
周辺のお店やレストランの住所を尋ねる 「近くにある(お店/レストラン)の住所を教えて」
周辺のお店やレストランの電話番号を尋ねる 「近くにある(お店/レストラン)の電話番号を教えて」
周辺のお店やレストランの営業時間を尋ねる 「近くにある(お店/レストラン)の営業時間を教えて」
電話番号、住所、営業時間について質問する 「(店の名前)の電話番号は?」
「(店の名前)はどれくらい遠いの?」
「(店の名前)は今開いてる?」

タクシーを呼ぶ

音声だけでタクシーを呼ぶことも可能。これには「JapanTaxi」というスキルを使います。

タクシーを呼ぶには、JapanTaxiアプリ内にて『Alexaの設定』を事前に行う必要があります。ここで乗車場所と決済方法を設定しておくと、Alexaに話しかけた際にここで設定した場所までタクシーが来てくれるという仕組みです。

連携できるサービス

・JapanTaxi

音声操作コマンド

できること 音声操作例
タクシーの手配 「JapanTaxiを開いて」

スキルの案内に沿って発話

口座残高を聞く

利用している銀行のスキルがある場合、口座残高の確認や入出金明細の確認も音声のみで可能です。照会にはPINコードが必要であるように、セキュリティ対策もなされています。

毎日使うような機能ではないかもしれませんが、確認する際にネットバンキングやATMにアクセスする手間が省けるので時短になりますね。

連携できるサービス(一部)

・ジャパネット銀行
・みずほ銀行
・じぶん銀行
・ソニー銀行
・住信SBIネット銀行

音声操作コマンド

できること 音声操作例
残高確認 「(銀行名)を開いて」

「残高を教えて」
入出金明細確認 「(銀行名)を開いて」

「入出金明細を教えて」

英語の勉強をする

Alexaを使うといろんなアプローチで英語の学習ができます。一番効果的なのはデバイスの言語設定を英語にすること。アプリからこの設定をすれば、以降の会話はすべて英語になるので、否応無しに英語に触れることができますね。

また、先ほど紹介した翻訳機能を普段から使う癖をつけておくという方法もあります。気になった単語をその都度質問していけば、自然と語彙力がついていくかもしれません。

ほかに、スキルを使って英語を学習するという方法もあります。英語学習用のAlexaスキルは数多くリリースされているので、いくつか使ってみて自分に合うものを選ぶと良いでしょう。

連携できるスキル(一部)

・アルクの英語クイズ
・Hapa英会話Podcast
・とっさの英語
・オールイヤーズイングリッシュ

音声操作コマンド

できること 音声操作例
英語で話す 「How is the weather?」
などなんでも
英語学習スキルを利用する 「(スキル名)を開いて」

スキルの指示に従う

ゴミ出しの日に通知をもらう

「今日のゴミ出し」というスキルを使えば、登録したゴミ出しスケジュールに従い、ゴミ出しの曜日、予定、種類を確認できます。ゴミ出しの日を忘れそうな時はリマインダーを設定しましょう。

東京の23区や主要都市であれば、その地域のゴミ出しスキルがあります。お住まいの地域に特化したスキルがあるか、確認してみると良いでしょう。

連携できるスキル(一部)

・今日のゴミ出し
・品川区ゴミ出し
・新横浜ゴミ出し

音声操作コマンド

できること 音声操作例
英語で話す 「How is the weather?」
などなんでも
英語学習スキルを利用する 「(スキル名)を開いて」

スキルの指示に従う
Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

アレクサでできること・メディア編

続いて、音楽や動画などのメディアに関することを紹介します。ここで紹介する機能は利用できるデバイスが限られる場合があります。

音楽を聴く

スピーカーなので音楽も当然聞けます。Alexa対応の月額音楽配信サービスは多いので、今現在利用しているサービスでも使えるかもしれません。

アーティストや曲の指定、曲順のスキップや一時停止など、細かい指示も音声で可能。選曲に困った時はその時の気分にあわせて曲を選んでもらうこともできます。

連携できるサービス

・Amazon Music Unlimited
・Prime Music
・Apple Music
・Spotify
・dヒッツ
・うたぱす
・AWA

音声操作コマンド

できること 音声操作例
音量を調節 「音量を上げて/下げて」
「音量をレベル(数字)にして」
再生中の楽曲を停止 「止めて」
「停止」
楽曲またはトラックを再生 「再生」
「再開」
タイマーを設定またはキャンセル 「○分/時間でスリープタイマーを設定して」
「あと○分/時間で音楽を止めて」
「スリープタイマーをキャンセルして」
前後の楽曲を再生 「次」
「前」
楽曲をループ 「ループ」
楽曲をシャッフル 「シャッフル」
「シャッフルを止めて」
楽曲をリピート再生 「リピート」
再生中の楽曲に関する情報を聞く 「この曲のタイトルは?」
「この曲のアーティストは誰?」
「この楽曲のタイトルは何?」
「このアーティスト名は?」
「この曲/アルバムの発売日はいつ?」

複数のアレクサデバイスで同時に音楽を流す

「マルチルームミュージック」という機能を使えば、家の中にある複数のデバイスから同時に音楽を再生することが可能です。施設内で同時に同じBGMを流す場合などにも応用できますね。

なお、ビデオコンテンツの同時再生はできません。

ラジオを聞く

radikoやTuneIn(チューンイン)などを使ってラジオを聴けるのもAlexaの魅力です。

radikoでは無料でお住いの地域のラジオを聴くことができますし、TuneInでは世界中のネットラジオを聴くことができます。ニュースや音楽番組、スポーツの中継まで、さまざまなコンテンツが楽しめます。

連携できるサービス

・radiko
・TuneIn

音声操作コマンド

できること 音声操作例
適当なラジオを聴く 「radikoを開いて」
「TuneInでラジオを再生して」
ラジオ局指定で聴く 「radikoでTOKYO FMを再生」
「radikoでNHKラジオをつけて」
「TuneInでBBCをかけて」
ラジオ局を変える 「次にして」
「前にして」
聴けるラジオ局を聴く 「radikoで聴ける放送局は?」
現在の地域確認 「radikoでエリアを教えて」

Amazonプライム・ビデオをひらく

Amazonが提供する定額動画ストリーミングサービスであるAmazonプライム・ビデオを視聴することができます。お好きな番組や映画を音声指示を送るだけで再生可能。リモコン入力の手間が省けるのでとても便利です。

キッチンやベッドサイドなど、家の中のいろんな場所で贅沢な鑑賞タイムを設けることができますね。

なお、もちろんディスプレイ付きデバイスでなければ利用できません。

連携できるサービス

・Amazonプライム・ビデオ

利用できるEchoデバイス

Amazon Echo Show 5
Amazon Echo Show 8
Amazon Echo Show 10

音声操作コマンド

できること 音声操作例
動画の再生 「ドキュメンタル見せて」
「ウォーキング・デッド シーズン2を再生」
「インターステラーを再生して」
検索 「ホラーを探して(ジャンル検索)」
「菅田将暉を探して(俳優名検索)」
ウォッチリストを見表示 「ウォッチリストを見せて」
再生中操作 「停止」
「再開して」
「巻き戻して(15秒戻す)」
「30分戻して」
「10分進めて」
エピソード操作 「次のエピソードにして」
音量を調節 「音量を上げて/下げて」
「音量をレベル(数字)にして」
Amazonプライム・ビデオ使い方完全ガイド【iPhone/Android/PC/テレビ対応】

YouTubeをひらく

YouTubeやDailymotionの動画を視聴することができます。こちらも、音声指示またはタッチで操作が可能です。

YouTubeなどのサービスを指定せずに「〇〇の動画を検索して」とリクエストを送ると、インターネット上から動画を検索してくれます。これらにはYouTube以外にDailymotionやVimeoも含まれます。

なおAmazonプライム・ビデオと同様、ディスプレイのないデバイスでは利用できません。

連携できるサービス

・YouTube
・Dailymotion
・Vimeo

利用できるEchoデバイス

Amazon Echo Show 5
Amazon Echo Show 8
Amazon Echo Show 10

音声操作コマンド

できること 音声操作例
動画の再生 「YouTubeを開いて」
「YouTubeでサッカーの動画を再生して」
再生中操作 「停止」
「再開して」
音量を調節 「音量を上げて/下げて」
「音量をレベル(数字)にして」

本の読み上げ

Kindle本の読み上げもAlexaでできることのひとつです。これまで目で読んでいたものを、今度が「耳で」できるようになります。運転中、家事中など、ながら読書ができるというのは便利ですね。

連携できるサービス

・Kindle
・Audible

音声操作コマンド

できること 音声操作例
本の再生 「本を読んで」
「Kindleで(タイトル)を読んで」
再生中操作 「止めて」
「再開して」
「次の章にいって」
「前の章に戻って」
タイマー 「音量を上げて/下げて」
「○分/時間でスリープタイマーを設定して」
Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

アレクサでできること・スマートホーム編

スマートホーム イメージ画像

ほかのガジェットと組み合わせることで、生活の質をあげることができます。自動で部屋の温度調整をしてくれたり、音声指示一つで複数の家電を同時に動かしたり、おうち時間が快適なものに変わります。

スマートリモコンを経由して家電を操作する

スマートリモコンをEchoデバイスと組み合わせて使うことで、家電を音声操作できるようになります。Wi-Fiやインターネットを経由して信号を送るので、家に設置する場合はネット環境が必須です。

これは、赤外線のリモコンで操作できる家電が対象。エアコンやテレビ、照明などを使うケースが一般的ですが、サーキュレーターや空気清浄機などもリモコン式であれば操作可能です。

代表的なスマートリモコン

Nature Remo
SwitchBot Hub Plus
eRemote

音声操作コマンド

できること 音声操作例
照明操作 「ライトをつけて/消して」
「リビングの照明を暗くして」
テレビ操作 「テレビをつけて/消して」
「テレビの音量を2上げて/下げて」
「テレビを4チャンネルにして」
「テレビをミュートにして」
「テレビをミュート解除して」
エアコン操作 「エアコンつけて/消して」
「エアコンを25度にして」
「エアコンを除湿にして」
「エアコンの温度をあげて」

スマートプラグを経由して家電を操作する

電源コンセントを挿すとONになる家電はスマートプラグを使って操作できます。例えば、間接照明やスマホの充電器などがそうですね。

Wi-Fiやインターネットを経由して信号を送るので、家に設置する場合はネット環境が必須となります。

筆者がおすすめする使い方は、スマホの充電器とスマートプラグを組み合わせです。スマホの充電が完了するおおよその時間がわかれば、その時間を目安に電源供給をOFFにできます。これでスマホのバッテリーにかかる負担を軽減できますよ。

代表的なスマートプラグ

TP-Link Wi-Fiスマートプラグ
Meross スマートプラグ
SwitchBot

音声操作コマンド

できること 音声操作例
家電操作 「間接照明をつけて/消して」
「扇風機をつけて」

スイッチボットを経由して家電を操作する

スイッチを物理的に操作できるガジェットがスイッチボットです。照明のスイッチに取り付けたり、家電の電源スイッチに取り付けたりすることで、Echoデバイスからの音声操作でスイッチを押せるようになります。

Wi-Fiやインターネットを経由して信号を送るので、家に設置する場合はネット環境が必須です。

代表的なガジェット

SwitchBot
マイクロボットプッシュ

音声操作コマンド

できること 音声操作例
家電の操作 「ライトをつけて/消して」
「除湿機をつけて」
「玄関の電気をつけて」

部屋の温度確認と調節をする

温湿度センサー付きのスマートリモコンを利用すれば、自動で部屋の温度確認と調整をしてくれます。例えば、室温が15度を下回ったら暖房をONにするといった具合です。

ペットを飼っていたり、温度に敏感な植物を置いていたりする家庭はもちろん、それ以外の家庭でも真夏や真冬に欲しい機能ですね。

代表的なスマートリモコン

Nature Remo
SwitchBot 温湿度計
eRemote

家電を一斉、または自動で制御する

Alexaアプリの「定型アクション」を使うと、一つの指示で複数の動作をまとめてに行えるようになります。家電を一斉に操作したり、ラジオやニュースを読み上げたり。使い方は人それぞれです。

例えば、「アレクサ、おはよう」の一言でテレビとエアコンをONにしてカーテンを開ける、ということも実現できます。

トリガーの言葉は自由に選択できるので、さまざまなシチュエーションに合わせて設定してみましょう。

Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

アレクサでできること・コミュニケーション編

Alexaがある生活では、短いテキストを送ったり、通話をしたりするのも声だけで完結できます。急いで連絡したい時に重宝しますよ。

通話する

Echo端末同士、またEchoとスマホ間でも通話ができます。音声通話はもちろん、「呼びかけ」という機能を使えば、相手の応答を待たずにメッセージを伝えることも可能です。この場合、相手が通話に応じる際に通話ボタンを押したり音声入力したりする必要がありません。一歩手軽なメッセージ機能として使えます。

通常の通話は相手がスマホでもできますが、Alexaアプリで連絡を取りたい相手のEchoデバイスを同期することで、離れたEcho同士での通話も可能となります。

音声操作コマンド

できること 音声操作例
呼びかけ 「呼びかけて」
「キッチンに呼びかけて」
「子供部屋に呼びかけて」
音声通話 「お母さんに電話をかけて」
通話応答 「電話に出て」
通話終了 「切って」

ビデオ通話する

ディスプレイ付きのデバイスではビデオ通話も可能です。スマホでのビデオ通話と違い、発信や受信などすべての動作が音声操作のみで完結できます。

利用できるEchoデバイス

Amazon Echo Show 5
Amazon Echo Show 8
Amazon Echo Show 10

音声操作コマンド

できること 音声操作例
ビデオ通話 「お母さんにビデオ電話をかけて」
通話応答 「電話に出て」
通話終了 「切って」

ショートメッセージを送る

Echoデバイスでは通話だけでなく、ショートメッセージのやり取りも可能です。

音声通話と同じように送りたい相手の連絡先を登録しておけば、「メッセージを送って」と言い、その後にメッセージ内容を伝えるだけで送信できます。

ちょっとしたメッセージを送るのにスマホを手に取る必要がないのは嬉しいですね。

音声操作コマンド

できること 音声操作例
メッセージ送信 「メッセージを送って」→ 宛先と内容を伝える
メッセージ確認 「メッセージを再生して」

アレクサでできること・キッチン編

キッチンでの利用シーンも豊かなAlexa。料理中は両手が塞がっていることが多いため、スマートスピーカーが活躍するシチュエーションだと言えます。

レシピを調べる

料理のレシピや調理工程を調べることもできます。

ディスプレイ付きデバイスの場合、調理工程を動画で確認でき、音声で一時停止や工程のスキップなどの操作もできるので、料理のアシスト役として活躍してくれます。スマホで確認するのと違い、次の工程を見るのにわざわざ手を洗って拭くという必要がありません。

さらに、タイマーと組み合わせると一気にキッチンのユーザビリティーが上がります。

レシピの確認にはスキルを使います。レシピ解説スキルはいくつかリリースされているので、一度チェックしてみましょう。

連携できるサービス

・DELISH KITCHEN
・クックパッド

動画が利用できるEchoデバイス

Amazon Echo Show 5
Amazon Echo Show 8
Amazon Echo Show 10

音声操作コマンド

できること 音声操作例
レシピの検索 「DELISH KITCHENでじゃがいものレシピを検索して」
「クックパッドでおすすめのレシピを教えて」
再生中操作 「停止」
「再開して」
音量を調節 「音量を上げて/下げて」
「音量をレベル(数字)にして」

食材の冷凍保存方法を聞く

使いきれなかった野菜や果物の冷凍保存方法を教えてくれるスキルもあります。

このスキルは、食材の保存方法を読み上げてくれるのに加えて、解凍方法や解凍後の使い方についても教えてくれるのが便利なところ。

スマホで調べると少し面倒なところですが、音声指示で簡単に情報を知ることができます。

連携できるサービス

・冷凍保存テクニック(旭化成)

音声操作コマンド

できること 音声操作例
保存方法の検索 「冷凍保存テクニックでキャベツが知りたい」
「キャベツの保存方法を教えて」
Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

アレクサでできること・遊び編

暇つぶし、遊びという分野も得意なAlexa。いろんなコンテンツが用意されているため、1人でも複数人でも遊ぶことができます。

カラオケをする

JOYSOUNDのスキルを使うと自宅でカラオケを楽しむことができます。店舗ほどの楽曲数はありませんが、それでも不定期で追加されています。

好きな曲の歌詞を覚えたり、ちょっとしたストレス発散をしたり、好きな時にカラオケで遊んでみてください。

なお、歌詞を表示するためカラオケができるのはディスプレイ付きのデバイスに限られます。

連携できるサービス

・JOYSOUND

利用できるEchoデバイス

Amazon Echo Show 5
Amazon Echo Show 8
Amazon Echo Show 10

音声操作コマンド

できること 音声操作例
カラオケする 「JOYSOUND開いて」→「楽曲名選択」
「JOYSOUNDでワンオクをかけて」
「JOYSOUNDで前前前世をかけて」

ゲームをする

五目並べや飼育ゲーム、クイズや脱出ゲームなど、いろんなゲームスキルが楽しめます。

ディスプレイ付きデバイスでしかできないゲームもあるので、一度Amazonのスキルストアでどんなものがあるか目を通してみてはいかがでしょうか?

人気のあるゲーム(一部)

・ピカチュウトーク
・○×クイズ
・トーマストーク
・サカナノジカン

写真を撮る

ディスプレイ付きデバイスに限りますが、写真(自撮り)を撮影することができます。

デバイスについているインカメラで撮るのですが、例えば親戚や友人など大人数で集まった時に、カメラ役を決めずに集合写真が撮れるという使い方ができますね。

指示も簡単。「写真を撮って」とお願いしたらカウント後にパシャりと撮られます。

利用できるEchoデバイス

Amazon Echo Show 5
Amazon Echo Show 8
Amazon Echo Show 10

音声操作コマンド

できること 音声操作例
自撮りする 「写真を撮って」
Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

上級編:IFTTTと連携してさらに拡張する

IFTTT

▲出展:ifttt.com

上級編として、IFTTTというサービスを組み込むという使い方も紹介しておきます。

IFTTTとは、”If this, then that.(「◯◯◯」と言ったら「こう」する)”の略語で、何かの操作をトリガーとして別の動作を行ってもらうようにできるサービスのことです。

IFTTTの具体例

・自宅の最寄り駅に着いたら自動で家族にLINEを送る(スマホの位置情報サービスとLINEを組み合わせる)
・音声で指示を出すとそれをTwitterでツイートする(音声アシスタントとTwitterを組み合わせる)

各種SNS、Evernote、Amazon Alexa、Googleサービス、Slack……挙げればキリがないほどいろんなサービス同士を組み合わせることができます。

もしなにか自宅用にカスタマイズされた仕組みを作りたい方は、IFTTTについて調べてみましょう。

IFTTT

IFTTT

3.60

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

【2021年】「Echo」のセールはいつ? 初売りセール、プライムデーが狙い目
【2021年版】Fire TV Stickの使い方 4Kと第3世代の比較、初期設定など徹底解説