• TOP
  • Amazon
  • Amazon Music
  • Amazon Musicが「Best of the Year Japan 2020」を発表 Official髭男dismが3冠達成!

Amazon Musicが今年の総括としてBest of the Year Japan 2020を発表しました。

「アーティスト」、「楽曲」、「Amazon Alexaを通じて再生された楽曲」、「ポッドキャスト」などのランキングの他、「2020年 Best of J-POP」、「2020年 Best of ANIME」、「2020年 Best of K-POP」など、2020年を代表する楽曲を集めたプレイリストを紹介しています。

AmazonMusicでは今年、最も人気のあったアーティストは「Official髭男dism」となりました。Official髭男dismはトップ20曲中6曲がランクインし「最も再生された楽曲」、「Amazon Alexaを通じて再生された楽曲」とあわせて3冠を達成しました。

この機会にぜひ今年の人気曲をチェックしてみてはいかがでしょうか。

CHECK!!
Amazonギフトカード訴求

Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!

ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!

最も人気のあったアーティスト:ヒゲダン、米津玄師、中島みゆきなど

Amazon Music総合で2020年、最も人気のあったアーティストは Official髭男dism となりました。Official髭男dismはストリーミングにおいて圧倒的な実績で1位となり、合算においても昨年から8ランク上昇し総合1位となりました。

米津玄師はCD販売で1位となったことに加え、8月にストリーミングを解禁し、総合で2位を獲得しました。

その他、King Gnu (5位)、BTS(6位)、LiSA (9位)といったアーティストがCD販売とストリーミング双方で大きな伸びを記録し、新たにトップ20位にランクイン。また、1月にストリーミングを解禁した中島みゆきが18位にランクインしました。

Amazon Music Best of the Year Japan 2020 もっとも人気のあったアーティスト 詳細

▲ストリーミングの影響がより顕著に現れたランキング。
出典:PR TIMES

最も再生された楽曲:ヒゲダンはトップ20に6曲ランクイン!

2020年、Amazon Musicで最も再生された楽曲は、2019年にリリースされたOfficial髭男dismの「Pretender」となりました。Official髭男dismはトップ20に6曲がランクインしています。

またSNSをきっかけにブレイクしたアーティスト、YOASOBI「夜に駆ける」(2位)や瑛人「香水」(4位)などがランクインし、洋楽ではBTS「Dynamite」(13位)、ビリー・アイリッシュ「bad guy」(15位)の2曲がランクインしました。

YOASOBI、瑛人、yamaといったアーティストが若者を中心に支持を拡大し、ストリーミングチャートを賑わせたのは2020年の特徴的な傾向でした。

Amazon Music Best of the Year Japan 2020 もっとも再生されたアーティスト 詳細

▲今年、SNSをきっかけにブレイクしたアーティストの楽曲が人気を集めた。
出典:PR TIMES

Amazon Alexaで最も再生された楽曲:子供向けの曲がランクイン!

Amazonが提供するクラウドサービスの音声サービス「Amazon Alexa」を通じて最も再生された楽曲は、「最も再生された楽曲」でも1位に輝いた Official髭男dismの「Pretender」でした。Official髭男dismの楽曲はここでも6曲が上位20にランクインしました。

このランキングの特徴は子どもに人気の楽曲が、最も再生された楽曲ランキングに比べて上位にランクインしていることです。

Amazon Music  Best of the Year Japan 2020 もっともAmazon Alexaで再生された楽曲 詳細

▲ステイホームによって、家族で過ごす時間が増えたことも影響しているようだ。
出典:PR TIMES

アニメ『鬼滅の刃』主題歌の「紅蓮華」はこのランキングで4位なのに対して、「最も再生された楽曲」ランキングでは11位です。

またFoorin「パプリカ」は44ランク上がって15位、松たか子 & オーロラ「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」は31ランク上がり17位、星野源「ドラえもん」は39ランク上がり18位、ドリーミング「アンパンマンのマーチ」は100位以内にランクインしていませんが19位となり「Alexa」を家族で使って楽しんでいることが見られます。

最も再生されたポッドキャスト

話題の時事ネタをキャスターの辛坊さん独自の視点で、忖度なく語るニュース番組「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」がポッドキャスト部門で1位となりました。

霜降り明星(2位)、サンドウィッチマン(3位)、三四郎(9位)、宮下草薙(11位)、トータルテンボス(12位)、ロンドンブーツ1号2号(20位)とお笑い芸人の番組が多数ランクインしており、お笑い芸人の根強い人気がポッドキャストでも表れています。

Amazon Music Best of the Year JAPAN 2020 ポッドキャスト 詳細

▲ポッドキャストを活用して学びたい方にも多く利用されている。
出典:PR TIMES

その他では「歴史を面白く学ぶコテンラジオ (COTEN RADIO)」(4位)、「“MOOK STUDY”日本の歴史」(6位)や、「台本なし英会話レッスン」(14位)など教育系コンテンツもランクインしました。

Amazon Musicでは2020年9月からポッドキャストの配信を開始し、ラジオの既存の人気トーク番組、ニュース、カルチャー、英会話などの人気のポッドキャスト番組を幅広く提供しています。

Amazon Music Best of 2020 プレイリスト

「Amazon Music」では今回紹介するBest of 2020 プレイリストに加え、「K-popヒッツ」や「Hot in Japan」などのプレイリストが公開されています。

ぜひ聴いてみてはいかがでしょうか。

J-POP:2020年 Best of J-POP

9月にアルバムリリース、11月にはAmazon Musicスペシャルライブを開催したあいみょんの「裸の心」や、8月に満を持してストリーミングを解禁した米津玄師 「感電」 、大人気TVシリーズ発の話題のユニット、NiziUのファーストデジタルシングルなど、2020年を代表するJ-POPを集めた総決算とも言えるプレイリストです。

Anime:2020年 Best of ANIME

社会現象になっている「鬼滅の刃」の劇場版主題歌であるLiSA「炎」や、5月にマクロス関連作品がストリーミングを解禁し注目を集めた、ワルキューレ「いけないボーダーライン」などがランクインしました。またステイホームの影響でキッズアニメの楽曲も収録されています。

K-POP:2020年 Best of K-POP

初のオール・イングリッシュ・ポップとしてグローバル的スマッシュヒット曲となり、そして初の韓国グループとして米Billboard Hot 100チャート1位の実績も残したBTS「Dynamite」や、 人気グループ TWICEの「MORE & MORE」や「Eyes wide open」、セレーナ・ゴメスやカーディ・Bなど大物が参加し、注目を集めたBLACKPINKの楽曲が収録されています。

こちらの記事もおすすめ

聴き放題! サブスク音楽配信サービス11社比較【2021版】 タイプ別おすすめ紹介
Amazon Musicの支払い方法は全7種類 クレジットカード以外でも登録可能
Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題

AMZN Mobile LLC

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る