• TOP
  • 写真・動画
  • 『TikTok』ライブ配信のやり方・視聴方法を解説 コラボや投げ銭機能も紹介

2020年7月31日よりTikTok(ティックトック)のライブ配信機能が追加されました。サービスの開始当初は芸能人やインフルエンサーのみが使えましたが、現在はTikTokのプライバシーポリシーに記載の条件を満たせば一般ユーザーでも利用できるようになっています。

TikTok LIVEの配信条件は16歳以上のユーザーであること・TikTokが定めた非公開の基準(フォロワー数や質の高いコンテンツを作っているかなど)です。

今回はTikTokのライブ配信『TikTok LIVE』の視聴方法や、2021年3月に追加されたTikTok LIVE Gifting(投げ銭機能)についても紹介。

さらにフォロワー数を増やしたいTikTokerの方は必見です!

TikTok ティックトック

TikTok Pte. Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

TikTok LIVEとは?

TikTok LIVEとはTikTokがリリースした、アプリ内のライブストリーミング配信サービスです。通常の動画投稿時のフィルターなどの機能も搭載されており、TikTokの動画のような加工のままライブ配信ができます。

16歳以上のユーザーであることとTikTokが定めた非公開の基準(フォロワー数や質の高いコンテンツを作っているか)を満たすとライブ配信ができます。

また配信できるユーザーの中でも18歳以上のユーザーはライブ中にギフトを受け取れるTikTok LIVE Gifting(投げ銭機能)が使えます。

TikTok LIVEを見るには?

TikTok LIVEを見るにはレコメンドに表示される配信、もしくは「メッセージ」で受け取った通知から見ることができます。

※TikTokのアカウントさえあれば、誰でもライブ配信を見ることができます。

フォロー中/フォロー外のアカウントのライブ配信を見るには

フォロー中のアカウントのライブ配信を見る:レコメンドから

自分がフォローしているアカウントがライブ配信をしていた場合、レコメンド画面上部に赤い枠で囲まれたアイコンが表示されます。アイコンをタップしてライブ配信を視聴できます。

また複数のアカウントがライブ配信している場合は、ライブ配信画面を上下のどちらかにスワイプすれば、視聴する配信を切り替えられます。

レコメンドに表示される配信の画像

フォロー外のアカウントのライブ配信を見る:メッセージの通知から

メッセージ画面上部にある「トップLIVE」をタップすると、現在配信中のライブ配信を見ることができます。自分がフォローしていないユーザーのライブ配信も視聴可能です。

メッセージのライブ配信通知

▲メッセージからは全く知らないアカウントの配信を見られる。

TikTok LIVEの基本的な見方

通常の投稿された動画と同様にコメントを送ることで、ライブ配信者とリアルタイムで交流することが可能です。

コメントを書く

画面下部「すてきなコメントを書く」から文章でコメントを送ることができます。コメントを送ると画面の下部に表示され、自分が送ったコメントは配信者、他の視聴者も閲覧可能です。

ライブ配信画面

▲文章に加え、絵文字も送ることが可能。

シェア

ライブ配信のURLをTwitterやLINEなどのSNSにシェアできます。画面下部の矢印のマークからシェアが可能。

配信のシェア

▲「送信先」に表示されるSNSのアイコンをタップしてすぐにシェアできる。

TikTok LIVEの配信条件

TikTok LIVEを始めるには、TikTokのプライバシーポリシーに記載してある以下の条件を満たさなくてはいけません。

・16歳以上のユーザーであること
・TikTokが定めた非公開の基準(フォロワー数や質の高いコンテンツを作っているかなど)

TikTokが定める基準は非公開です。コミュニティガイドラインに違反せずに、いいねやコメントがつく動画投稿をしてフォロワーを増やしていくとTikTok LIVEが使えるようになるそうです。

TikTok LIVEの配信方法

配信方法は簡単です。ホーム画面の「+」ボタンをタップし、カメラ画面下部の秒数の設定(15秒モード、フォトモーションと書かれている部分)を左にスワイプし「LIVE」をタップすると配信を始められます。

LIVE表示画面

▲カメラ起動画面。配信条件を満たしている人には「LIVE」と表示される。

TikTok LIVEの配信時に利用したい機能

TikTok LIVE Gifting(投げ銭機能)

TikTok LIVE Giftingは2021年3月に搭載された投げ銭機能です。視聴者は有料ギフトを購入することで配信者に投げ銭できます。

ギフトの購入は18歳以上のユーザーであれば誰でもできます。なお配信者はギフトを受け取らない設定にすることも可能。

投げ銭とはクリエイターが公開した動画や配信に対して、視聴者がオンラインで送金することです。代表的なものはYouTubeのライブ配信で見られる「スーパーチャット」などがあります。「スーパーチャット」についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

投げ銭をするには・設定方法

1.投げ銭をするにはまずライブ配信画面下部のバラの花のようなマークをタップ。

薔薇の花のアイコン

▲配信画面下部の花のようなマークをタップ。

2.チャージの画面からコインを選択してチャージ(購入)。

チャージ画面

▲支払いが終わるとすぐに配信画面に戻る。

3.コインをチャージ後、ライブ配信画面からプレゼントボックスを選択してアイテムを送りましょう。

ギフトの送信画面

▲コインを多くチャージすれば、さまざまなギフトを送ることができる。

換金方法

換金する際はPayPalを経由した銀行振り込みになります。配信者は受け取ったギフトの数に応じて「ダイヤモンド」が貯まります。このダイヤモンドの数に応じてPayPalを通して金銭と交換可能です。

マイページ右上から「…(設定とプライバシー)」を開く。その後「ポケット」をタップ。

ポケットへのアクセス

その後「LIVEのギフト」を選択するとブラウザアプリが起動します。払い戻しを選択しましょう。PayPalへの登録がない方は、登録画面に遷移します。

通常5日以内にPayPalに登録した銀行口座に振り込まれますが、利用する銀行によって期間が異なります。

払い戻しの画面

コラボ機能

他の配信者とコラボして、気軽にトークできます。TikTok LIVEでコラボをすることにより、自分のフォロワー以外の人も配信を見に来てくれることがあるため、フォロワー数を増やしやすいメリットがあります。

※コラボする際は相手も同じ時間に配信していることが必須条件です。

ライブレポート機能

ライブレポート機能はライブ配信の視聴者数などを把握できます。このレポートを参考にいつライブ配信をしたらいいのか、どんなことを話したらいいかなど戦略的に配信するきっかけになりますね。

ライブレポート分析画面

▲こちらは配信時ではなく動画投稿についての画像。このような形式で配信時のレポートも確認可能。

不快なコメントを制限したいとき

不快なコメントを制限したいときはコメントフィルターを使いましょう。また荒らしや誹謗中傷を頻繁に繰り返すユーザーがいた場合、TikTokのヘルプセンターに報告しましょう。

ヘルプセンターへのアクセス方法はこちら

コメントのフィルター機能の設定方法

1.設定とプライバシーを開く

マイページ右上から「…(設定とプライバシー)」を開く。その後「プライバシー」をタップ。

設定とプライバシーの画面

2.プライバシーからコメントを選択

コメントの選択画面

3.フィルターキーワードをオンにする

フィルターキーワードをオンにして、表示させたくないキーワードを設定します。またコメントを受け付ける範囲などもこの画面の上段から設定できます。

フィルターキーワードの設定画面

▲特定のキーワードを含むコメントは配信者が承認するまで非表示になる。

配信できない場合

配信できない場合は再度、以下の配信条件の確認をしてみてください。

・16歳以上のユーザーであること
・TikTokが定めた非公開の基準(フォロワー数や質の高いコンテンツを作っているかなど)

TikTokがライブ配信機能を与える基準が非公開のため、どうしたらTikTok LIVEができるようになるかを明言できません。そのためコミュニティガイドラインに抵触せず、フォロワーのいいねやコメントがつくような動画作成を試みましょう。

問題が発生したらヘルプセンターへ

上記以外でも問題が発生した場合はヘルプセンターに報告しましょう。

ヘルプセンターへは、まずプロフィールの右上「…(設定とプライバシー)」をタップ。その後「問題を報告する」をタップ。

ヘルプセンターへの手順1

問題を報告をタップすると「フィードバックとヘルプ」の画面になります。画面中段の「提案」をタップ。

ヘルプセンターへの手順2

「まだ問題がある」をタップして、アカウント削除ができない旨を報告しましょう。

ヘルプセンターへの手順3

▲テキスト、画像で報告可能。

ライブ配信でフォロワーとより親密に!

TikTokでは音源を使った動画投稿が多いため、投稿者の実際の声やどんな性格なのかわからないことが多いです。しかし積極的にライブ配信をすれば人となりがわかって親近感も持ってもらえるはず。

ライブ配信機能を使ってもっとフォロワーとの距離を縮めてみてはいかがでしょうか?

またコラボやライブレポート機能をうまく有効活用してフォロワー数を増やす戦略を考えてみましょう!

こちらの記事もおすすめ

TikTok「ペアレンタルコントロール」設定方法 子どもが安全に楽しめるように
鼻歌検索アプリの精度検証 曲名(楽曲)がわかるオススメ無料サービス9選【2021】