• TOP
  • Amazon
  • Amazonの配達時間は何時まで?遅い時間は? 日時変更方法も解説

数多くの人が利用している通販サイト『Amazon(アマゾン)』ですが、忙しく不在がちな人にとっては再配達の依頼など、不便を感じることもあるのではないでしょうか。せっかく購入した商品は少しでも早く確実に受け取りたいものです。

この記事ではAmazonの配達時間や配送方法、配送日時の指定から変更の手順など詳しく解説します。

CHECK!!
Amazonギフトカード訴求

Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!

ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!

あわせて読みたい

Amazon「既定の住所」変更方法 注文後の変え方、定期おトク便の届け先変更も

Amazonの配送時間は何時まで? 遅い時間も対応している?

Amazonで商品を購入する際、配送オプションとして「お届け日時指定便」を選択することができます。このオプションで選択できる1番遅い時間指定は19時~21時です。

いちばん遅い時間だと配送時間は21時ということになりますが、筆者の体験ではこれまで21時以降に配達されたことが複数回あります。そのことから配送の状況などによっては、夜22時頃まで対応していると予想されます。

Amazonの通常配送で配達までにかかる時間は1日~4日(平均2日前後)

Amazonで注文した商品が届くまでには、離島など一部の地域を除き、通常配送の場合1日~4日で、平均で2日ほどかかります。

なお商品の到着予定日の目安は注文を確定する前に、「注文確定画面」で確認することが可能です。

Amazonお急ぎ便は最短で当日配送が可能

Amazonでは日本全国の届け先(一部地域を除く)にいち早く商品が届く「Amazonお急ぎ便」という配送オプションがあります。

通常配送では1日~4日かかる商品でも「Amazonお急ぎ便」を選択すると最短で届けてもらえるというサービスです。

筆者の経験では、急に必要になった商品を午前11時頃お急ぎ便で注文したところ、当日の夜に受け取ることができました。商品によっては午前中までに注文すれば、当日夜21時頃までに受け取れる可能性があると思われます。

Amazon箱イメージ

Amazonお急ぎ便は配達時間の指定ができないことに注意

通常配送よりも早く配達してくれる「お急ぎ便」にもデメリットがあります。

まず、「お急ぎ便」では時間指定ができません。せっかく料金を払って「お急ぎ便」を指定しても、不在のために受け取れなければ翌日以降の配達になってしまうこともあります。

また、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いの支払い方法では「お急ぎ便」を利用することができません。

さらに離島など一部の対象外地域では「お急ぎ便」の利用はできないので注意が必要です。

Amazonプライム会員なら配送料・お急ぎ便・日時指定が無料

Amazonには「Amazonプライム会員」という有料会員サービスがあります。

この「Amazonプライム会員」は月額500円(税込)、年額4,900円(税込)で通常配送料、お急ぎ便、配達日時指定便がいつでも無料になります。

さらに会員限定のセール「Amazon Prime Day」への参加や、映画やドラマが見放題の『PrimeVideo』、200万曲の音楽が聴き放題の『Amazon Music Prime』のほか、多くの特典が利用できるとてもお得なサービスです。

Amazon prime
Amazonプライムとは?無料で使える? 15の特典、会費、解約方法など徹底解説

Amazonの配達日時指定方法

ここではAmazonのアプリから注文する際の配達日時指定の手順を説明します。まずはAmazonのアプリを起動してください。

1.購入する商品を選んで「カートに入れる」をタップ

『Amazon』商品購入画面

2.[レジに進む]をタップ

Amazon購入画面

3.注文確定画面を下へスクロールして「配送オプションをさらに表示」をタップ

配送オプションボタン

▲注文を確定する前に発送の詳細を変更する。

4.配送オプションの選択で[お届け日時指定便]をタップ

配送オプション画面

5.希望する配達日時を選んで[次に進む]をタップ

Amazon配送日時指定画面

▲この画面で希望する日時を指定する。

6.[注文を確定する]をタップ

Amazon注文確定ボタン

▲この画面上でお届け予定日時を確認できる。

注文後に配達日時を変更する方法

Amazonでは商品注文後でも配達日時の変更が可能です。

ここでは注文後の変更手順を説明します。

1.アプリを起動して右下のメニューアイコンをタップ

Amazonアプリメニューボタン

2.「注文履歴」をタップ

3.配達日時を変更したい商品を選択

注文履歴画面

4.「この注文を変更」をタップ

注文変更ボタン

5.発送の詳細「お届け日時指定便」をタップ

発送の詳細画面

6.変更したい日時を選択する

日時指定画面

▲この画面上でお届け日時指定便から、お急ぎ便や無料の通常配送への変更もできる。

非プライム会員は配送料が発生・配達も遅くなりやすい?

Amazonで商品を購入する場合、一般会員では通常配送でも注文ごとに配送料がかかります。2,000円以上の注文であれば通常配送は無料になりますが、お急ぎ便やお届け日時指定指定便は有料です。

プライム会員になると通常配送、お急ぎ便、お届け日時指定便もすべて配送料は無料となります。

一般会員とプライム会員の配送料金の違い

一般会員 プライム会員
通常配送(注文金額2,000円未満) 410円/450円 0円
通常配送(注文金額2,000円以上) 0円 0円
お急ぎ便 510円/550円 0円
お届け日時指定便 510円/550円 0円

Amazon プライム会員になると、2,000円未満の少額注文、たとえ100円の商品であっても送料がかからず届けてもらえるのです。

また、通常配送では注文から配達まで1日~4日と幅がある配送日数ですが、筆者の経験では、一般会員の時には翌日に届いた商品が、セール時には数日かかりました。

プライム会員になってからはそのようなことがないので、注文が集中しているときはプライム会員の対応を優先している可能性も考えられます。

無料登録はこちら

Amazon Prime 30日間無料

Amazonの配達が遅くなる原因

Amazonの公式情報では現在多くの配送業者が配送を請け負っていることがわかります。大手の配送業者がさらに下請けの業者へ委託している場合もあり、業者によってサービスや対応に差があるのではないでしょうか。

ここ数年は地震や台風などの大規模災害の頻度も増えているので度々流通に影響が出ています。

またAmazon Prime Dayやセールの際には注文が集中します。加えて最近は新型コロナウィルスの影響で在宅ワークや外出控えなど、自宅で過ごす時間が増えているのでさらに注文数も増えているでしょう。

そのようないくつかの要因で配達が遅くなると考えられます。

他の受取手段なら都合の良い時間に受け取れる場合がある

これまで配送について自宅での対面受取を前提に解説しましたが、Amazonでは他の受取手段もあります。

ここでは対面受取以外の方法を紹介していきます。

①置き配

自宅への配送方法としてAmazonでは「置き配」があります。この「置き配」は玄関や、ポスト、自転車のかごなど、配達された商品を自宅の指定した場所へ置いてもらえるサービスです。

「置き配」なら不在時でも配送業者が持ち帰ることなく、また自宅にいても対面せずサインも不要で受け取ることが可能になります。

Amzonではこの「置き配」が標準設定になりますが、注文ごとにその設定を変更することもできます。

Amazon『置き配』の使い方 しない設定、キャンセル方法、盗難リスクは?

②コンビニ受け取り

Amazonの配送オプションで「受取スポット」を選択すると指定のコンビニで商品を受け取ることができます。対象の店舗は、ローソン、ファミリーマート、ミニストップです。また、コンビニ以外ではヤマト運輸営業所も対象となります。

ただしこの「受取スポット」は商品の種類やサイズ、重量などによっては一部対象外の商品があります。

自宅や勤務先近くのコンビニに設定するだけなのでこれなら留守がちな人でも安心です。

③Amazon Hub ロッカー

「Amazon Hub ロッカー」とは駅前や街中に置かれた受取専用ロッカーです。商品注文時に配送先としてAmazon Hubを指定するだけで、ロッカーに荷物が届くサービスとなっています。

商品がロッカーへ到着すると、認証キー(受取用バーコード)が送られてくるのでそれを使ってセルフで荷物を受け取ることができます。宅配便の時間指定を気にしたり、宅配業者に再配達を依頼する必要もありません。

なお、荷物の保管期間はロッカーへ到着してから3日。保管期間が過ぎると返品され、注文はキャンセル扱いとなります。

Amazonの配送方法や配達時間を把握して賢く利用しよう

私たちの日常を便利にしてくれるショッピングサイトAmazon。

配送オプションを使えば、配達時間を選べて夜遅い時間も対応してくれ、注文後に指定日時を変更することも可能です。

忙しい人には置き配、コンビニ受取、Amazon Hubロッカーなど、不在でも確実に受け取れるサービスもあります。

通常は有料の配送オプションもAmazon プライム会員になれば繰り返し無料で利用でき、他のさまざまな特典が利用できるのも魅力的です。現在Amazon プライム会員の私はAmazonでのお買い物に不便を感じることはありません。

ご自分の生活スタイルに合わせて配送オプションを使い分け、便利に賢くAmazonを使ってみてください。

こちらの記事もおすすめ

Amazonアカウントのパスワード変更方法、忘れたときの対処法【スマホ/PC】
Amazonの支払い方法を変更する方法 変更時の注意点も解説!