キアヌ・リーブス主演で1999年にスタートした大人気映画「マトリックス」シリーズ。仮想空間を舞台としたSFアクション映画です。

この記事では「マトリックス」シリーズを観る順番とあらすじをまとめました。また、アニメ版の『アニマトリックス』という作品の立ち位置や、映画版との繋がりについてもご説明します。

本記事後半は、「マトリックス」シリーズが配信されている動画配信サービス(VOD)もご紹介しますので、「いますぐ観たい!」という方はぜひ最後までご覧ください。

CHECK!!

ディズニープラスなら名作・話題作が見放題! [AD]

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作が見放題の「Disney+ (ディズニープラス)」。さらに大人も楽しめる人気作が観られるブランド「スター」も加わって、内容がさらに充実しました。

映画「マトリックス」シリーズを観る順番・時系列

映画「マトリックス」シリーズは時系列順に公開されています。そのため、公開順に観れば時系列通りに楽しめますよ。全4作品は以下の順番で公開されました。

公開順 作品タイトル 日本公開年
1 マトリックス 1999年
2 マトリックス リローデッド 2003年
3 マトリックス レボリューションズ 2003年
4 マトリックス レザレクションズ 2021年

例外として、『アニマトリックス』という2003年に公開されたアニメ作品があります。この作品をどのタイミングで観るべきかについては、「アニメ版『アニマトリックス』とは? 観る順番はいつ?」の項で解説しますのでご参照ください。

映画「マトリックス」シリーズ全4作品のあらすじ

まずは映画「マトリックス」シリーズをはじめて観る方へ向けて、簡単な「あらすじ」と「魅力・見どころ」をネタバレなしでご紹介します。

①『マトリックス』(1999年)

マトリックス

出典:『U-NEXT』マトリックス

あらすじ

トーマスは、大手ソフトウェア会社に勤務するプログラマー。しかし、天才ハッカー「ネオ」という裏の顔も持っていた。

ある日トーマスは、謎の女性トリニティーとその仲間モーフィアスと出会い、「今生きている世界は仮想世界である」と知らされた。トーマスは、「ネオ」としてコンピューターに支配された世界と戦うことに……。

『マトリックス』の魅力・見どころ

1999年に制作されたとは思えない「近未来的な世界観」や「迫力の撮影技術」が、映画第1作目『マトリックス』の魅力です。

舞台はコンピューターに支配された「仮想空間」ですが、公開当時、一般的にコンピューターはまだピンとこないモノでした。AI(人工知能)VR(仮想現実)などが発達しつつある現在こそ、再び観る価値のある映画とも言えます。

また、CG技術が普及して間もない頃に、これほどスリル感あふれる映像が公開されたのは革新的でした。20年以上経った現在でも、その迫力は色あせることがありません。

日本公開日 1999年9月11日 上映時間 136分
監督 ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
脚本 ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
出演者 キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス ほか

②『マトリックス リローデッド』(2003年)

マトリックス リローデッド

出典:『U-NEXT』マトリックス リローデッド

あらすじ

人類最後の砦である都市「ザイオン」が、「センチネル」と呼ばれる25万体のロボットに侵略される危機に陥る。

ザイオンに残された時間は72時間。そんな中、ネオたちは預言者オラクルに出会う。オラクルの言葉を頼りに、ネオは人類を救うため仮想世界マトリックスの秘密に迫る……。

『マトリックス リローデッド』の魅力・見どころ

本作品の見どころは、全編にたっぷりと盛り込まれたバトルシーンの数々。「「マトリックス」シリーズでもっともアクション撮影に力が入っている」というレビューも多い作品です。

前作で覚醒したネオの「格闘シーン」や、高速道路での「カーチェイス」など、次々と繰り広げられる戦闘シーンに、最後までドキドキハラハラが止まりません。

仮想世界「マトリックス」の全貌にも迫り、次作『マトリックス レボリューションズ』に繋がる重要なストーリーにもなっています。

日本公開日 2003年6月7日 上映時間 138分
監督 ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
脚本 ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
出演者 キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス ほか

③『マトリックス レボリューションズ』(2003年)

マトリックス レボリューションズ

出典:『U-NEXT』マトリックス レボリューションズ

あらすじ

意識不明の状態に陥っていたネオは、仮想世界と現実世界との境界をさまよっている状態だったが、トリニティー、モーフィアスの2人によって救出される。

「マシン・シティー」へ行くべきことを悟ったネオは、預言者オラクルのもとを訪れるが、エージェント・スミスがオラクルを吸収。機械ですらも制御不能な力を得たスミスが、ネオの前に立ち塞がる……。

『マトリックス レボリューションズ』の魅力・見どころ

「マトリックス」シリーズは2021年に新作が公開されましたが、実はこの第3作目『マトリックス レボリューションズ』で物語は完結でした。本作品最大の見どころは、完結編として力を入れて撮影された「映像技術」です。

監督のウォシャウスキー兄弟は、当時の革新的な映像技術を駆使したと言います。実際、「無数のロボットの登場シーン」や「ネオとスミスとの戦闘シーン」などのダイナミックなCG技術と映像美は、2003年制作とは思えないほど。これを観て感動せずにはいられません。

「マトリックス」シリーズの完結編として、「人類とマシンの最終決戦の結末がどうなるのか……」と物語のラストにも注目です。

日本公開日 2003年11月5日 上映時間 129分
監督 ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
脚本 ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
出演者 キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス ほか

④『マトリックス レザレクションズ』(2021年)

マトリックス レザレクションズ

出典:『マトリックス レザレクションズ』公式サイト

あらすじ

エージェント・スミスとの戦いで命を落としたネオは、機械によって蘇生され、仮想空間マトリックスに繋がれていた。

これまでの「ネオ」としての記憶は、大ヒットゲーム「マトリックス」の物語だと思い込まされている。そしてネオは、マトリックスを制作したゲームデザイナー「トーマス・A・アンダーソン」として生かされていた……。

『マトリックス レザレクションズ』の魅力・見どころ

2021年12月に公開された最新作『マトリックス レザレクションズ』。本作で、主人公トーマス(ネオ)は改ざんされた記憶を持って生かされています。

これまでの「マトリックス」シリーズ1〜3作目までの出来事は、すべて大ヒットゲームの物語……。トーマス自身は、そのゲームを制作した世界的ゲームデザイナーであると思い込まされています。そんな新たな世界で、再び物語が動き出しました。

SFアクション映画の代名詞「マトリックス」シリーズが18年越しに生まれ変わります。最新の映像技術はもちろん、斬新な発想のストーリーが今作の注目ポイントです。

日本公開日 2021年12月17日 上映時間 148分
監督 ラナ・ウォシャウスキー 脚本 ラナ・ウォシャウスキー
アレクサンダル・ヘモン
デビッド・ミッチェル
出演者 キアヌ・リーブス、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、キャリー=アン・モス ほか

アニメ版『アニマトリックス』とは 観る順番のおすすめは?

アニマトリックス

出典:『U-NEXT』アニマトリックス

『アニマトリックス』とは、2003年、映画第2作『マトリックス リローデッド』の前に公開されたアニメ作品です。全9話で構成され、それぞれのエピソードは数分〜約15分となっています。

そして、『アニマトリックス』のストーリーは映画本編と密接に関わっており、「マトリックス」シリーズの世界観をより深く理解するためにも重要です。具体的には、「人類が仮想空間に支配されるまでの過程」などが描かれています。

『アニマトリックス』を観るタイミングは、映画「マトリックス」シリーズ4作の後がおすすめです。ストーリー的には映画第2作『マトリックス リローデッド』に繋がるので、2、3番目に観るのも○。最初に『アニマトリックス』から観始めることはおすすめしません。

映画「マトリックス」シリーズの用語解説

映画「マトリックス」シリーズを予習してから観始めたい方へ向けて、主要登場人物や作中のキーワードをいくつか簡単にご説明します。

トーマス・A・アンダーソン

キアヌ・リーブス演じる、映画「マトリックス」シリーズ全作品の主人公の名前です。第1作目では、大手ソフトウェア会社「メタ・コーテックス」のプログラマーとして働いています。

表向きは普通の会社員でしたが、実は天才ハッカーとしてコンピューター犯罪を起こす「ネオ」という名前も持っていました。ネオについて、詳しくは後述します。

トリニティー

キャリー=アン・モス演じる、「マトリックス」シリーズ第1作目に登場した謎の美女の名前です。かつての凄腕ハッカーで、主人公を導く存在として登場します。

最新作『マトリックス レザレクションズ』では、子連れの女性「ティファニー」の名で登場しました。

モーフィアス

ローレンス・フィッシュバーン演じる、伝説のハッカーの名前です。第1作目では人類を救う救世主の存在を信じ、主人公のネオ(トーマス)を探し出しました。ネオに仮想世界での戦闘術を教えた師匠的存在でもあります。

モーフィアスは全作品に登場しますが、最新作『マトリックス レザレクションズ』では俳優が変更され、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が演じました。

ネオ

「ネオ」は元々、トーマスが天才ハッカーとして名乗っていた裏の名前です。主人公は、仮想世界において「ネオ」の名で活躍します。トリニティーやモーフィアスたちからも「ネオ」と呼ばれていました。

トーマスもネオも同じ人物ですが、「マトリックス」シリーズにおける主人公はネオであると言っても過言ではありません。

マトリックス

本作品のタイトルでもある「マトリックス」とは、作中における仮想世界のことです。『マトリックス』の世界においては、コンピューターが仮想世界を作り出しています。

現代における「VR(バーチャル・リアリティ/仮想現実)」とも近いイメージですね。映画「マトリックス」シリーズには、「技術の進歩した世界でコンピューターが反乱を起こす」といったテーマがあります。

映画「マトリックス」シリーズを配信しているVODは?

映画「マトリックス」シリーズと『アニマトリックス』が観られる動画配信サービス(VOD)を調査しました。本記事執筆時点(2022年1月)における各社の配信状況は以下のとおりです。

日本公開年 U-NEXT Hulu Amazon プライム・ビデオ Netflix dTV TELASA TSUTAYA TV
マトリックス 1999年 ×
(レンタル可)
マトリックス リローデッド 2003年 ×
(レンタル可)
マトリックス レボリューションズ 2003年 ×
(レンタル可)
マトリックス レザレクションズ 2021年 × × × × × × ×
アニマトリックス 2003年 × ×
(レンタル・購入可)
× × × ×
(レンタル可)

2021年の最新作『マトリックス レザレクション』は、調査時点では公開から間もないため、すべてのVODで視聴不可でした。

結論として、「マトリックス」シリーズを観るには『U-NEXT』がおすすめ。『U-NEXT』では『マトリックス レザレクション』を除き、『アニマトリックス』も含めて全作品が観られます。

『U-NEXT』で観られる映画をチェックする

「U-NEXT」で観るべきおすすめ作品55選 映画、ドラマ、アニメを独占配信で!

映画「マトリックス」シリーズは公開順に観よう!

今回は、映画「マトリックス」シリーズを観る順番と、各エピソードのあらすじをご紹介しました。

「マトリックス」シリーズは「時系列順=公開順になっています。そのため、公開順に観ればOK! そしてアニメ版の『アニマトリックス』を観るのは、実写映画をすべて観た後がおすすめです。

「マトリックス」シリーズを「いますぐ観たい!」という方は、シリーズ3作目までと『アニマトリックス』も配信している「U-NEXT」を利用しましょう。初回なら31日間の無料体験も利用できます。

こちらの記事もおすすめ

【2022最新】無料で映画をフル視聴できる2サイト&お試し体験できる有料サービス10社
映画が見放題の動画配信サービスおすすめ8社比較 名作・良作を満喫!