ロゴあなたのNo.1が見つかる!
カーリース最新比較・ランキング
サイト
カーリースの具体的な失敗・後悔例とそれを防ぐための対��策、選び方のチェックポイント、後悔せずにカーリースを利用している方の体験談、カーリースが向いている方の特徴について解説していることを表すタイトル画像

カーリースで後悔したくない!リアルな体験談と損しないための方法を解説

カーリースカーリース

2023.12.12

本サイトはアフィリエイト広告を含む場合があります。

カーリースは手軽に新車に乗れるのが魅力ですが、後悔するケースも少なくありません。なぜなら、月額料金のほかに維持費や残価精算、違約金など、詳しく知らずに契約すると想定外の出費が膨らんでしまうこともあるからです。

そこで、実際にカーリースを利用して後悔した方の体験談と、それを防ぐための具体的な対策について解説します。自分に合うカーリース選びのポイントやカーリースが向いている方の特徴もチェックして、カーリースを上手に利用しましょう。

利用してよかった!の声多数 顧客満足度98.9%おすすめの方法をみる

【この記事でわかること】

✔カーリースでの失敗例と後悔しないための方法

✔後悔しないカーリース選びのために抑えておきたい注意点

✔利用者の声からわかるカーリースならではのメリット

カーリースでの失敗・後悔例9選とその対策

カーリースでの失敗・後悔例9選とその対策をイメージした画像

カーリースを利用して後悔する方も少なくありません。しかし、失敗の多くは、よくある後悔例や契約内容を事前にチェックしておくことで防げます。そこで、以下では9つの失敗・後悔例をご紹介し、実際の体験談*やその回避策について解説します。

〈カーリースの失敗・後悔例〉

1:契約満了時に残価精算で大きな出費があった

2:月額料金に含まれない維持費が高かった

3:購入するよりも総額が高かった

4:中途解約をするには違約金がかかることを知った

5:原状回復費用が気になって車の使い方に気を使った

6:走行距離の超過料金がかかった

7:ボーナス払いが家計の負担になった

8:改造・カスタマイズができなかった

9:愛着のわいた車を手放さなければならなかった

1:契約満了時に残価精算で大きな出費があった

30代・男性

契約中には特にトラブルもなかったので、トータルでは利用してよかったと感じています。ただ、契約満了時の残価精算で想像以上の費用がかかってしまい後悔しました。次にカーリースを利用する際は、リース会社をしっかりと選び、契約内容や残価の補償について確認したいです。

編集長からのアドバイス

カーリースには2つの契約方式があります。「クローズドエンド方式」を選べば残価精算を行わないので、最後まで安心して利用できるでしょう。ただし、月額料金は残価精算のある「オープンエンド方式」のほうが安い傾向があるので、各契約方式の特徴を比較して、どちらが自分に合うが慎重に判断することが大切です。

契約満了時の車の価値である残価を契約者に公開する「オープンエンド方式」のカーリースでは、契約満了時に返却された車を査定し、実際の査定額が残価を下回った場合はその差額の精算が求められます。車の状態によっては高額な精算金が発生し、トラブルに発展するケースもあります。

一方、「クローズドエンド方式」のカーリースでは、残価を契約者に公開しない代わりに、契約満了時の残価精算もありません。クローズドエンド契約のカーリースを選ぶことで、残価精算に関する後悔はなくせるでしょう。

2:月額料金に含まれない維持費が高かった

30代・男性

トヨタ「プリウス」で5年契約をしました。メンテナンスは含めなくてもいいかなと軽い気持ちで契約したのですが、月額料金以外の維持費の出費が予想外に多くて後悔しています。カーリースは、手軽に車を持てて便利なので、次はメンテナンス付きのプランを選ぼうと思います。

編集長からのアドバイス

車に関する費用を定額化できるのがカーリースのメリットです。車にかかる支出の見通しを立てたい方、都度の維持費に負担を感じる方は、メンテナンス付きのプランが向いているでしょう。ただし、維持費を含めるとその分月額料金は高くなるので、車にかけられる月々の予算を踏まえて検討しましょう。

「カーリースは維持費がコミコミ」といううたい文句をテレビCMで耳にすることも多いでしょう。しかし、リース会社によってカバーしている維持費は異なります。

一般的に共通して含まれているのは、車両代金と車両登録に必要な諸費用、契約期間中の自動車税(種別割)です。自動車重量税、自賠責保険料といった法定費用は、契約時以外は別途必要なケースもあります。

また、メンテナンス費用や車検費用、自動車保険(任意保険)料まで基本のプランに含まれるリース会社もあれば、オプションとして必要なものだけ追加できるところも。維持費をどの程度定額化したいかに合わせて、リース会社を厳選するといいでしょう。

3:購入するよりも総額が高かった

50代・男性

税金や車検・点検費用など、さまざまな費用がパックになったプランしかなく、支払いの総額がとても高かったので後悔しています。自分で車を購入して、そこでメンテナンスもつけてもらったほうが金額は安かったのではないかと思いました。

編集長からのアドバイス

車の維持コストは、購入した車でもカーリースでも変わりません。都度支払っていると気付きにくいですが、カーリースは月額料金に含まれることで総額が可視化されるため、高く感じるという方も多いようです。なお、自動車保険(任意保険)やロードサービスなどは、個人で加入したほうがコストを抑えられるケースもあります。月額料金だけでなく、プラン内容もしっかり確認しましょう。

カーリースは、現金一括購入よりも支払総額が高くなることがあります。また、車種や契約年数などの条件によっては月々の支払額がカーローンの月々の返済額を上回るケースも皆無ではありません。

ただし、カーリースでは一般的なカーローンよりも長く契約期間を設定できるので、大幅に月々の負担を減らすことも可能です。また、カーリースの料金には税金や自賠責保険料といったさまざまな費用が含まれているので、トータルで考えるとカーリースのほうが車を楽に維持できるともいえます。

4:中途解約をするには違約金がかかることを知った

60代・女性

カーリースは初期費用が低いのが魅力で利用したんです。でも、リース期間の選択肢が少なく、契約期間中に子供が生まれて、より大きな車が必要になって中途解約になり、高額な違約金が発生しました。もっと契約前にじっくり考えて選べばよかったと後悔しています。

編集長からのアドバイス

中途解約の解約金は、原則として残りのリース料から納めなかった税金などを引いた金額になります。なお、車が返却できて、残価も残っている場合はその金額も差し引かれます。ただし、中には違約金として別途費用を請求されることもあるので、事前に確認しておきましょう。

カーリースでは、原則として中途解約はできません。契約者が病気やケガで長期的に車を使えない、事故による全損でリース車が使用できないなど、やむをえない事情で解約となった場合には、違約金が発生します。

中途解約で違約金を支払うリスクを抑えるには、契約期間を柔軟に選べるカーリースを選択するのがおすすめです。

また、全損事故で車両が使用不能となり解約となった場合、任意保険で車両費用をカバーできる特約をつけておけば、違約金が補償されます。

5:原状回復費用が気になって車の使い方に気を使った

20代・女性

夫が出勤に使っている車がすでに1台あり、私が子供の送り迎えに使うためにカーリースを利用しました。初期費用を抑えられたり、車検代がかからなかったりしてメリットは大きいと思いましたが、子供たちがお菓子や飲み物をこぼさないか心配で気が気じゃなかったのが残念です。

編集長からのアドバイス

数あるカーリースの中には、原状回復費用までカバーできるプランを用意しているサービスもあります。また、最後に車をもらえるカーリースであれば、傷や汚れを気にせずカーライフを楽しめるでしょう。とはいえ、通常の使用でつく微細な傷の原状回復までは求められないので、過度に気にする必要はありません。

カーリースでは、契約満了時に車をリース会社に返却することがほとんどですが、その際は原状回復の義務があります。経年劣化の範囲を超える傷やへこみ、車内のにおいなど、マイナス査定の原因となるダメージがあった場合は、原状回復費用を請求されるのが一般的です。

そのため、できるだけ車にダメージを与えないように細心の注意を払って車を使用しなければならないことにストレスを感じた、という意見も見受けられました。これは、最後に車をもらえるプランを利用する、または原状回復費用が補償されるオプションを追加することで対策できます。

6:走行距離の超過料金がかかった

40代・男性

トヨタ「ハリアー」を7年契約したのですが、想定よりも走行距離が長くなってしまい、20,000円程度の超過料金がかかってしまいました。契約前から、走行距離制限については把握していましたが、月間1,000kmで大丈夫だと思っていたんです。

編集長からのアドバイス

「2021年度乗用車市場動向調査」(一般社団法人日本自動車工業会)によると、96%の方が月間走行距離1,200km以内とのことです。そのため、走行距離の上限が月間1,500km以上であれば超過するリスクを抑えやすいでしょう。超過の見込みがある場合は、走行距離無制限のプランが安心です。

契約満了時に車の返却が原則となっているカーリースでは、残価を維持するために走行距離制限が設けられます。距離の上限はリース会社やプランによって異なりますが、契約者の車の使い方に対して十分な距離が設定されていなかった場合、上限を超過して走行してしまうことに。

走行距離の上限を超過した場合、車の返却時に超過した距離分の超過料金の支払いが求められます。超過料金はリース会社により異なりますが、目安は超過走行距離1kmあたり3~10円程度です。

長距離を運転する機会が多い方やドライブが趣味の方などは、車をもらえるカーリースや走行距離制限がないカーリースを選ぶことで、超過料金を気にすることなくカーライフが楽しめます。

7:ボーナス払いが家計の負担になった

30代・女性

維持費の負担が少ないのがカーリースの魅力だなと感じ、ダイハツ「タント」を5年契約していました。月額30,000円くらいで、ボーナス払いは20万円。ただ、ボーナスが支給されなくて家計がとても苦しかったのを覚えています。

編集長からのアドバイス

月々の負担は軽く見えても、ボーナス払いがあると支払総額が想定以上に膨らんでしまうことも。そのため、ボーナス払いを検討するときは、年間総額を算出して、予算内に収まるか確認するのもひとつです。

一見安く見える月額料金に飛びついたばかりに、後悔することになる可能性もあります。月額料金は均等払いか、ボーナス併用払いかを必ず確認するようにしましょう。月額料金が極端に安い場合、高額なボーナス時加算が設定されていることも少なくありません。

上の口コミの方は、月額30,000円でもボーナス払いが20万円なので、年間では76万円を支払っています。月額40,000円の均等払いであれば年間48万円となり、月額料金が高くてもトータルではお得であることも。

また、ボーナス払いを設定することで、ボーナスの使い道が限定されてしまうことはデメリットといえます。できるだけ月々の支払いを抑えてボーナス時にまとめて支払うか、定額払いにするかは、自身の状況に合わせて選択しましょう。

8:改造・カスタマイズができなかった

50代・男性

トヨタ「ハリアー」を5年契約し、契約期間中にルーフのカスタマイズをしたんです。カーリースで改造やカスタマイズができないということは知りませんでした。結局、契約満了時に買い取るという選択しかできなくて後悔しました。

編集長からのアドバイス

車の維持コストは、購入した車でもカーリースでも変わりません。都度支払っていると気付きにくいですが、カーリースは月額料金に含まれることで総額が可視化されるため、高く感じるという方も多いようです。なお、自動車保険(任意保険)やロードサービスなどは、個人で加入したほうがコストを抑えられるケースもあります。月額料金だけでなく、プラン内容もしっかり確認しましょう。

先述のとおり、カーリースでは原状回復しての車の返却が原則です。ボディに穴をあけてのエアロパーツの装着や車高調など、車を元の状態に戻せないカスタマイズは、たとえ車検に通る範囲内であってもできません。

そのため、マイカーのようにカスタマイズや改造を楽しみたいと思っている方は、不満を感じてしまうこともあるでしょう。そのような方には、最後に車をもらえるカーリースをおすすめします。返却しない車であれば、自分だけのカスタマイズを楽しめます。

9:愛着のわいた車を手放さなければならなかった

50代・女性

以前、車を購入する資金がなくて、一定期間だけカーリースを利用しました。手軽に車を持ててよかったのですが、手放すときに寂しかったです。

編集長からのアドバイス

返却するつもりが、愛着がわいて手放したくなくなったという方も少なくないようです。所有も視野に入れたいときは、最後に車がもらえるカーリースも検討してみましょう。なお、オープンエンドなら契約満了時に買取りを選択することも可能です。ただし、まとまった費用がかかる点も考慮しておくことが大切です。

新車カーリースは5年、7年、9年など、複数年にわたる長期契約であるのが一般的です。長く乗り愛着がわいた車にもっと乗り続けたいと思っても、返却が原則のカーリースであれば、契約満了時に車はリース会社に返さなければならず、手元に残せません。

購入したマイカーであれば自分が納得するまで乗り続けられるので、「やはり購入すればよかった」という後悔の声も聞かれます。1台の車を大切に、長く乗り続けたいのであれば契約満了後に車がもらえるカーリースを選ぶといいでしょう。

後悔例のほとんどは、カーリースの選び方で防げます。残価精算なし、プランが豊富、業界最安水準で完全定額制など、メリットのそろったおすすめカーリースをこちらからチェックしてみましょう。

顧客対応満足度98.9%と高評価!おすすめのカーリースをみる

* クラベルさん編集部が、カーリースを利用したことがある方を対象に行ったチャット調査ツール「Sprint」を用いたインターネット調査を基に掲載

後悔なく自分に合うカーリースを選ぶためのチェックポイント

後悔なく自分に合うカーリースを選ぶためのチェックポイントをイメージした画像

カーリース選びでは、契約方式や月額料金、契約期間など、確認しておきたいポイントがいくつかあります。契約してから、想定外の出費や希望との相違で後悔してしまうことのないよう、事前にチェックしたいポイントについて、以下で詳しくご紹介しましょう。

残価精算があるか

カーリースを利用する際には、オープンエンドとクローズドエンドのどちらの契約方式を採用しているのかを必ず確認しましょう。

契約満了時に大きな支払いが発生して後悔する事態を回避したいのであれば、残価精算のないクローズドエンド方式のカーリースがおすすめです。

月額料金に何が含まれているか

月額料金に含まれている項目も、必ずチェックしましょう。登録諸費用や車関連の税金、自賠責保険料といった法定費用のほかに、基本プランに何が含まれているのかを確認し、別途必要になる維持費の項目を把握しておくことが大切です。

車検やメンテナンスの費用を月額料金にまとめたい場合は、オプションプランが充実しているカーリースを選ぶといいでしょう。リース会社によってはカーナビやETCなどのアクセサリーやロードサービスの費用などを月額料金にまとめられる場合もあります。

また、表示されている月額料金はボーナス併用払いか、均等払いなのかも忘れずに確認しておきたいポイントです。ボーナス併用払いは月々の負担を減らすひとつの方法ではありますが、利用の際にはボーナス時の負担が大きくなりすぎないように設定することをおすすめします。

契約期間を柔軟に選択できるか

一般的な個人向けカーリースでは、自家用乗用車の車検の周期である3年、5年、7年、9年などの奇数年で契約年数を設定しているケースがほとんどです。

しかし、原則として中途解約ができない点を考慮すると、契約年数を自由に選べるカーリースのほうが安心です。短期から長期まで幅広く、1年単位で選べるカーリースであれば、車が必要な期間だけ無駄なく利用することが可能になります。

原状回復費用の補償があるか

車に傷やへこみを残さないように注意しながらでは、ストレスを感じてしまい、カーライフを楽しめないことも。そのような場合は、返却時の原状回復費用が補償されるカーリースを選べば安心です。

基本プランに原状回復費用が含まれていない場合でも、オプションの追加によってカバーできるカーリースもあります。オプションを追加すると月額料金は若干高くはなりますが、小さな傷や汚れを気にせずに過ごせるのは大きなメリットといえるでしょう。

傷や汚れがつきやすいオートキャンプや頻繁な遠出など、アクティブなカーライフをしたい方にとっては特に重要なポイントといえます。

走行距離の上限はどの程度か

走行距離の上限は、リース会社やプランによって異なります。どの程度の距離が設定されているのかを確認し、その距離が自身のカーライフに見合ったものかどうかを見極めましょう。

十分でないと超過料金が発生するため、ロングドライブの機会が多い、車の使用頻度が高いといった方は注意が必要です。走行距離制限が気になる方には、走行距離ができるだけ長く設定されているカーリースや、走行距離が無制限のカーリースをおすすめします。

中には数パターンから走行距離が選べる場合や、一定の条件を満たすと走行距離制限なしで利用できる場合もあるので、細かい部分までよく確認しましょう。

車をもらえるプラン・オプションがあるか

一般的に、カーリースの契約満了時の選択肢には、以下の5つのパターンがあります。

  • 車をそのまま返却して契約を終わらせる
  • 新しい車に乗り換える
  • 同じ車を再リースする
  • 残価の支払いによって車を買い取る
  • 契約満了時にリース車をそのままもらう

気に入った愛着のある車に長く乗り続けたい、長年払い続けたリース料金を無駄にして後悔したくないと考えるのであれば、車がもらえるプランやオプションのあるカーリースを選ぶといいでしょう。

残価精算なし、頭金・ボーナス払いなし、契約年数もプランも自由度が高いといった、メリットのそろった人気のカーリースなら、後悔のないカーライフを送れるでしょう。まずは「お試し審査」で、利用できるか気軽にチェックしてみましょう。

ネットで5分!とりあえずのお試し審査人気のカーリースでいますぐ試してみる

後悔していない方も多い!利用者が感じているカーリースのメリット

後悔していない方も多い!利用者が感じているカーリースのメリットをイメージした画像

カーリースは後悔するポイントがある一方で、満足度高く利用している方が多いのも事実です。実際にカーリースにメリットを感じている方の体験談も知ることで、自分に合う選択肢かどうかを判断しやすくなるでしょう。

そこで以下では、カーリースがなぜ多くの方に選ばれているのか、その背景にあるメリットについて、利用者の声*と併せてご紹介します。

頭金0円で気軽に新車に乗れる

カーリース(車のサブスク)の月額料金の算出方法を解説した図。残価を引いた車両本体価格と各種税金やその他の諸費用を合わせた金額を、契約期間中の支払い回数で分割して月額料金を算出していることがわかる。

カーリースは原則として頭金なしで利用できることに加え、車両登録に必要な諸費用も月額料金に含まれているため、まとまった資金がなくても好きな新車に乗ることが可能です。そのため、購入ではあきらめていた憧れの車に手が届く可能性もあります。

また、月額料金はあらかじめ車両本体価格から残価を引いた金額を基に、各種税金やそのほかの諸費用を足して算出します。残価が引かれている分、手頃な月額料金で利用できるというメリットもあるのです。

〈メリットを感じている方の口コミ〉

40代・女性

お金がなくても、初期費用なしで車に乗れるというのがとてもいいですね。中古車を購入するという手段もありますが、少ない負担で新車に乗れることに魅力を感じました。少しでも安く車に乗りたい方におすすめです。

維持費コミコミで安心

カーローンとカーリースの支払いを比較して解説した図。カーローンは毎月の返済額のほかに、購入時の初期費用、毎年の税金や法定点検費用、車検代やメンテナンス費用がかかり、年によって支出に差があるうえ、年数が経つほど負担が大きくなるのに対し、カーリースは初期費用や税金、車検や点検、メンテナンスの費用が月額料金に含まれることで、毎年出費が変わらないことがわかる。

カーリースでは、登録諸費用のほか、毎年納税義務がある自動車税(種別割)、車検時の法定費用である自動車重量税や自賠責保険料が月額料金に含まれているのが一般的です。

リース会社やプランによっては、車検基本料やロードサービスの料金などが基本プランに含まれている場合もあります。

また、ほとんどのリース会社がオプションプランを提供しており、オプションの追加によって車検整備費用や定期点検費用、オイル交換などのメンテナンスの費用も月額料金にまとめることが可能です。

そのため、契約期間中は車に関する大きな出費がなくなり、家計の負担が減るのもローン購入にはないカーリースの魅力といえます。

〈メリットを感じている方の口コミ〉

20代・女性

マツダ「CX-8」を契約していたことがあります。月々の負担が軽くて、毎月定額料金を支払っていれば、車検代などの維持費を考えなくていいというのが、とても便利だと思いました。

サポートが充実している

カーリース(車のサブスク)の仕組みを解説した図。カーリース会社はマツダ、スバル、スズキ、ダイハツ、三菱、トヨタ、日産、ホンダといった自動車メーカーから契約者専用の車を調達して貸し出し、契約者は毎月定額の料金を支払って利用することがわかる。

カーリースは、契約者が選んだ車をリース会社が代理購入し、契約者は毎月の定額料金を支払ってその車を借り受けて使用するサービスです。契約者は契約期間を通して車を手元で管理し、いつでもマイカー感覚で利用できます。

リース会社が車を貸し出しているという仕組みにより、カーリースでは、利用者がさまざまなサポートを受けられるというメリットがあります。

具体的には、車検やオイル交換などのメンテナンスの時期が近付くとお知らせが届く、カーライフについて不安があったり、トラブルが発生したりした場合はいつでも専用窓口に相談できるなど、手厚いサービスが受けられるので、車に詳しくない方でも安心して利用できます

〈メリットを感じている方の口コミ〉

20代・男性

初めてのカーリース利用だったので、かなり不安もありました。でも、相談したら担当の方が親切に教えてくださり、また、月額制で車に乗れるのはとても便利だと思ったので利用を決めました。友人にもすすめたいくらい、サービスに満足しています。

* クラベルさん編集部が、カーリースを利用したことがある方を対象に行ったチャット調査ツール「Sprint」を用いたインターネット調査を基に掲載

カーリースで後悔する方・後悔しない方の特徴

カーリースで後悔する方・後悔しない方の特徴をイメージした画像

カーリースはすべての方に向いているというわけではありません。そこで、カーリースを利用して後悔する可能性の高い方と、カーリースのメリットを享受して満足度高く利用できる方の特徴についてご紹介します。後悔のない方法で車を持てるよう、自分がどちらに該当するかチェックしてみましょう。

カーリースで後悔する方・向いていない方

現金一括で欲しい車が購入できるほどの資金が手元にあり、支払総額の安さにこだわるのであれば、カーリースはあまり向いていないといえます。

ほかにも、以下のような方はカーリースで後悔を感じる可能性があります。

  • 走行距離を設定されたり、カスタマイズができなかったりなど、カーライフに何らかの制限がつくことにストレスを感じる方
  • 何の制限もなく購入したマイカーとまったく同じ感覚で使用したい方

ただし、中には最終的に車がもらえるカーリースや走行距離制限のないカーリースもあります。選び方を工夫することで後悔につながりかねないデメリットやリスクをカバーし、満足度の高いカーライフを送ることも可能です。

カーリースで後悔しない方・向いている方

カーリースは初期費用なしで好きな新車に乗れるため、まとまった資金が手元にない、もしくは資金を動かしたくないけれども車を持ちたい、という方に適しています。予算に縛られない車選びがしたいという方にとって、魅力的なサービスといえます。

また、車検や税金などの大きな出費をなくして車に関する支出を安定させたい方にもカーリースは向いています

ほかにも、以下のような方にカーリースは向いています。

  • 車に詳しくなく、メンテナンスとしてどのようなことを行えばよいのかわからない方
  • メンテナンスを実施する時期が判断できない方
  • 車に関する何らかのトラブルがあった際に、自己解決が難しい方

チェックアイコンあわせて読みたい
カーリースに向いている人、向いていない人はそれぞれどのような方かについて、向いているか判断する方法や、自分に向いているサービスを選ぶ際のポイントと併せて解説する記事であることがわかるタイトル画像。
カーリースに向いている人、向いていない人とは?専門家が教える見極め方と利用者の声

さまざまな後悔例とその対策から自分に合うカーリースを知ろう

さまざまな後悔例とその対策から自分に合うカーリースを知ろうをイメージした画像

カーリースで後悔する原因は多岐にわたりますが、中でも「残価精算で高額な請求があった」「走行距離の超過料金がかかった」などはよくあるケースです。後悔例とそれをどう避けるかの具体的な対策をチェックすることで、どのようなカーリースが最適なのかが判断しやすくなります。

車種やプランの選択肢が多いカーリースであれば、後悔せずに利用できる可能性は高いといえます。迷う場合は、人気ランキングのチェックもおすすめです。自分に合うカーリースを見つけて、後悔のないカーライフを送りましょう。

最新おすすめランキングで カーリース15社の比較をみる

※この記事は2023年10月時点の情報で制作しています

Q1カーリースで一番後悔するポイントは?

契約満了時の残価精算や高額なボーナス払い、走行距離の超過料金など、想定外の出費が後悔するポイントとなる傾向があります。また、カスタマイズの制約への不満の声も聞かれます。ただし、自分に合ったカーリースを選べば、これらの後悔例は防ぐことが可能です。

Q2カーリースで後悔しないための方法は?

契約満了時の残価精算がないクローズドエンド方式のカーリースや、最終的に車がもらえる、または走行距離制限のないプランやオプションを用意しているカーリースを選ぶことで後悔する事態を避けられます。また、ボーナス払いの有無や契約方式など、細かい部分まで契約内容を確認することも大切です。

Q3カーリースを後悔なく利用できる方の特徴は?

まとまった資金がなくても好きな新車に乗りたい方や、車に関する出費をフラットにして家計の負担を減らしたい方、車に詳しくなくメンテナンスの項目や時期がわからない方、サポートを受けながらカーライフを楽しみたい方などは後悔なく利用できるでしょう。

この記事の監修者

千葉 こころ

「クラベルさん」編集長

千葉 こころちば こころ
websiteyoutubetwitterinstagram

動く鉄の塊に魅了され、中でも車と飛行機に無類の愛を注いでいます。趣味の旅行は車が基本。オイル交換やバルブ交換といった簡単なメンテナンスや電装品の取付けは自身で行うことも。車必須の地域で5年ほど生活した経験もあり、車が生活必需品の方から趣味として愛する方まで、多様な読者の気持ちに思いを馳せながら、役立つコンテンツをお届けできるように努めてまいります。

2024年3月
最新人気ランキングRanking

  • カーリース会社
  • 利用車種

カーリースを口コミで比較Review

  • スズキ スペーシア

    30代女性

    東京都

    専門職

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    走行距離制限が無制限なので、安心して毎日乗れて、行動範囲も広がりました。ボーナス払いなしで安く車が持てたのも大きいですね。対応もスピーディーで満足しています。

  • トヨタ CH-R

    30代男性

    北海道

    会社員

    KINTOトヨタ「CH-R」を利用中

    サポートが良く、トヨタという安心感があります。トヨタ車のラインナップが多いのもいいですね。でも、最低でも3年の契約が必要で、月額料金も高いのは難点。月々60,000円払っています。

  • ホンダ NBOX

    20代男性

    福島県

    会社員

    カーコンカーリースホンダ「N-BOX」を利用中

    決め手はもらえること。利便性が高く使いやすいし、適切な対応がされているアフターサポートだと思います。お値段なりのサービスを提供していると思います。

  • 日産 セレナ

    20代女性

    神奈川県

    会社員

    オリックス・カーリースオンライン日産「セレナ」を利用中

    対応やアフターサービスは良いと思います。迅速丁寧で好感が持てます。ただ、もっと料金やオプションの部分が明確だといいと思いました。次は数社で比較して決めようと思います。

  • トヨタ プリウス

    30代男性

    兵庫県

    技術職

    コスモMyカーリーストヨタ「プリウス」を利用中

    点検をしっかりやってくれた。メンテナンスなどもお任せできて便利だが、車種を妥協しても予算を超えてしまったので、少し高いと感じる。

  • ホンダ NBOX

    30代女性

    埼玉県

    自営業

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    急ぎで車が必要だったのですが、何社か断られた中で唯一動いてくれて、間に合わせてくれました。対応もすごく丁寧で信頼できます。契約期間が途中で変えれたらもっといいなと思います。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    埼玉県

    会社員

    ENEOS 新車のサブスクトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    選べる車種が少ないのは気になりましたが、2年ごとに乗り換えられるのは魅力です。ENEOSで相談できるのも助かります。ただ、店舗に詳しいスタッフがいなくて困ったことがありました。

  • トヨタ カムリ

    20代男性

    福島県

    会社員

    ニコノリトヨタ「カムリ」を利用中

    KINTOより安かったので決めましたが、アフターサポートが思っていたより充実していてよかったです。基本的なところがしっかりしています。走行距離制限が短いのはなんとかしてほしい。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    兵庫県

    専業主婦

    KINTOトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    対応がとても親切で満足しています。数年で気軽に乗り換えられるのもいいと思います。ただ、価格は他社に比べて高めなので、グレードを落とさざるを得なかったのは残念です。

人気のカーリース 定額カルモくんを詳しくみる
人気のカーリース 定額カルモくんを詳しくみる