ロゴあなたのNo.1が見つかる!
カーリース最新比較・ランキング
サイト
「車は現金で買うな」といわれる4つの理由と、現金一括やローンで購入した方の口コミやコストの違い、コスパ良く車に乗れる方法の見分け方などを解説する記事で��あることがわかるタイトル画像。

車は現金で買うな!知られざる現金一括購入のデメリットと本当にお得な車の持ち方を徹底解説

マイカーローンマイカーローン

2024.01.24

本サイトはアフィリエイト広告を含む場合があります。

車は現金で買うと利息がかからないため、マイカーローンよりも総額を抑えられます。しかし一方で、「車は現金で買うな」という意見も聞かれます。それは、現金一括払いにもデメリットがあり、場合によってはカーローンやその他の方法を選んだほうが安く購入できる場合があるからです。

そこで、「車は現金で買うな」といわれる理由や現金一括購入のデメリットについて、カーローンとの比較を含めて解説します。併せて、カーローンの種類や購入以外でお得に新車を手に入れる方法も見ていきましょう。

ローンを組まずに新車に乗れる!初期費用も0円のおすすめの方法をみる

【この記事でわかること】

✔「車は現金で買うな」といわれる本当の理由4つ

✔現金一括購入とマイカーローンの費用の違いと、値引きに関する口コミ

✔最もコスパ良く車を持てる方法

「車は現金で買うな」といわれる最大の理由

「車は現金で買うな」といわれる最大の理由をイメージした画像

マイカーローンは高額な車両代金を数年間にわたって分割で返していける一方、金利がかかることで総支払額が高くなります。その点、現金一括払いは利息負担がなく、さらに販売店もすぐに代金をもらえることで値引きが期待できるだろうという考えから、最もお得な車の購入方法と思われがちです。

しかし実際は、ディーラーにとって、現金一括購入はマイカーローンほどの利益がありません。そのような背景から、現金一括ではそれほど値引きがされないうえ、ディーラー側にも歓迎されにくいことで「車は現金で買うな」といわれているのです。

ディーラーにとっての現金一括購入とマイカーローン

ディーラーが提供する「ディーラーローン」は提携する信販会社の商品になります。そのため、購入者がローンを組むと、ディーラーには車両本体代金のほかに、信販会社からバックマージンが入ることがあります。

また、ローンでは信販会社が購入代金を立て替えて支払うため、ディーラーにとっては、売買契約後に購入者から代金が振り込まれないというリスクも回避できます。

このようなことから、ディーラーとしては現金一括よりもローンでの購入を歓迎する傾向があるとされています。

値引き交渉をする場合も「現金払いだから値引きしてほしい」と言うより、「ディーラーローンを組むから、車両本体代を安くしてほしい」「金利を少しでも下げてほしい」と交渉するほうが、車を安く購入できる可能性が高まるでしょう。

現金一括とディーラーローン、それぞれの値引き体験談

車は現金で買うなといわれるほど、本当にディーラーローンはお得に買えるのでしょうか。現金一括で車を購入した方とディーラーローンを組んだ方それぞれに、どの程度の値引きやメリットがあったかを聞いてみました*。

現金一括で購入した方の値引き体験談

20代・女性

利息を払うのが嫌で100万円ほどの車を現金一括で購入しました。きりのいい数字にしてほしいと値引き交渉をしたものの、引いてくれたのはほんの少しで、ほかはアフターサービスが無料になった程度でした。

20代・男性

ローンを借金のように感じて、現金一括で約270万円の新車を購入しました。2~3回ほど商談して値引きに応じてもらえましたが、車両本体価格からの値引きはなく、ディーラーオプションを少し安くしてもらえた程度です。

ディーラーローンで購入した方の値引き体験談

20代・女性

ローンで300万円ほどの車を買う際「必ず買うので値引きしてください」と言ったら、車両代金から50万円を引いてくれて、点検も無料でつけてくれました。

20代・女性

お得になりそうと思って、軽自動車をローンで購入しました。20万円ほど値引きしてもらい、カーナビも無料でつけてもらいました。

現金一括購入では、思ったほどの値引きが受けられなかったり、何度も交渉する必要があったりしたのに対し、ローン購入では20万円や50万円といったまとまった金額の値引きが受けられている様子がわかります。

すべてのケースにあてはまるとは限りませんが、現金で買うかローンを組むか悩んだときは、値引きの可能性も踏まえて検討してみるといいかもしれません。

そのような方におすすめなのが、月々10,000円台から新車に乗れるカーリースです。

マイカーと変わらないカーライフが送れるのに、支払いは維持費も含めた月額料金だけ。値引き交渉を行わなくても、手ごろな価格で車を持つことが可能です。

初期費用も不要でコスパ良く車に乗れるカーリースについて、詳しくはこちらで確認できます!

月々定額で憧れの車種の新車に乗れる!カーリースについて詳しくみる

* クラベルさん編集部が「現金一括で車を購入したことがある方」と「ディーラーローンで車を購入したことがある方」を対象に、チャット形式のアンケートツールを使用して値引きの様子をうかがった調査結果より

「車は現金で買うな」と言われるその他のデメリット

「車は現金で買うな」と言われるその他のデメリットをイメージした画像

「車は現金で買うな」と言われる理由には、値引きが難しいこと以外にもいくつかあります。これらは車の選択肢や購入後の家計に大きく影響するため、現金一括購入のデメリットをしっかりと理解したうえで、現金で買うべきか決めることが重要です。

車は現金で買うなといわれるおもなデメリット

  • 貯金が大幅に減り、突発的な出費への対応が困難になる
  • 予算に応じて選べる車種やグレードが限られる
  • ディーラーオプションなどの無料提供が難しくなる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

貯金が大幅に減り、突発的な出費への対応が困難になる

現金一括払いで車を購入する場合、数十万~数百万円のまとまった資金を一度に支払います。一括購入に向けて貯金をしていたとしても、想定外の出費があった際に難なく対応できる程度のゆとりを残していないと、家計がきびしくなる可能性があります。

病気や怪我、冠婚葬祭といったことのほか、転勤による引越しなど、想定していない支出は起こりえるだけに、先々も見据えて慎重に検討することが大切です。

〈車を現金で買った方の口コミ〉

40代・女性

子供が私立の学校に進学することになり、思っていたより学費がかかって生活がぎりぎりです。利息が高そうと思って現金で買いましたが、ローンにしておけばよかったと後悔しています。

予算次第で選べる車種やグレードが限られる

車を現金一括で購入するには予算内に収める必要があることから、車種やグレードの選択肢が限られます。欲しい車があっても予算が足りない場合、グレードを下げる、オプションを削る、車種を変更するなど、車選びで妥協が必要になるでしょう。

自分の好みやニーズに合った車に乗ることは満足感と充実したカーライフにつながりますが、無理をすると家計を圧迫することにもなりかねません。車選びに制約があることで後悔や不満が残らないか、よく検討しておきましょう。

〈車を現金で買った方の口コミ〉

50代・女性

利息の高さが不安だったため、現金で新車を買いました。もともと欲しかった車種は高かったので諦め、また、購入した車も最低グレードで必要最低限のオプションしかつけませんでした。

ディーラーオプションなどの無料提供が難しくなる

カーローンを利用する場合、値引きの一環として、カーナビなどのディーラーオプションや、オイル交換や整備点検といったアフターサービスが無料で提供されることがあります。一方、現金一括払いでは、ローンで購入する場合ほどのサービスを受けられないケースも多く、結果的にローンで購入したほうがお得だったということもありえます

〈車を現金で買った方の口コミ〉

40代・男性

利息を払いたくなかったため、250万円ほどの車を現金で買いました。値引きや無料サービスは何もなく、金額も大きかっただけに、カーローンを利用すべきだったと思いました。

現金一括購入とカーローンの違いを比較

現金一括購入とカーローンの違いを比較をイメージした画像

現金一括購入とカーローンでは支出や値引き以外にも違いがあるため、支払い方法を検討する際は、それぞれの特徴を知っておくことが大切です。5つのポイントに分けて、現金一括購入とカーローンの違いを比較してみましょう。

現金一括購入とカーローンの違い1:支払総額

支払総額については、利息がない現金一括購入のほうが安くなります。ただし、マイカーローンで値引きをしてもらえた場合は、現金で買うよりも安くなることがあります。

なお、マイカーローンでの支払総額を現金一括購入と比較する際は、利息がどれくらいになるのかを考慮する必要があります。

一般的に、マイカーローンの金利はローン会社によって異なるうえ、適用金利も契約者ごとに違います。また、利息総額は、同じ利率でも返済期間によって変わってきます。そのため、さまざまなパターンでシミュレーションを行い、現金で買うよりお得になる利率や返済期間、値引き率などの目安を立てておくといいでしょう。

現金一括購入とカーローンの違い2:支払期間

車を現金で買う場合は、購入時に車の代金をすべて支払うため、その後の負担は車の維持費のみになります。一時的に大きな出費となるものの、住宅ローンや教育ローンなど既に抱えているローンがある方や、月ごとの収入が不安定な方にとっては、現金一括購入のほうが安心感をえやすいでしょう。

一方カーローンでは、契約した借入れ期間にわたって毎月決まった額の返済が続きます。分割できることで資金計画が立てやすくなりますが、月々の返済とは別に維持費の負担も発生するため、修理や車検などでまとまった費用が必要になったり、収入が減少したりしたときは家計への影響が大きくなるリスクがあります。

現金一括購入とカーローンの違い3:車の選択肢

現金一括購入の際は、車種やグレード、オプションなどを予算内に収まるように選ぶ必要があります。予算の制約で希望する車種に乗れなかったり、グレードを下げる、オプションを断念するといった妥協が必要になったりする可能性もあるでしょう。

その点、マイカーローンを利用すれば、借入可能額や月々の返済額を基に車選びが行えるため、現金で買うよりも車種やオプションの選択肢が広がります。

現金一括購入とカーローンの違い4:車の所有権

現金一括購入における車の所有権は、はじめから購入者にあります。それにより車の譲渡や売却が好きなタイミングで行えて、次の車への乗換えも容易になります。

一方、マイカーローンではローンの種類によって異なり、値引きが期待できるディーラーローンの場合は、完済するまでディーラーや信販会社が所有権を有することになります。ただし、このようなケースは「所有権留保」といって、自動車税(種別割)の納税義務などは購入者にあります。

所有権が留保されているあいだは、車の譲渡や売却を自由に行えないのが一般的です。事故などで廃車になった場合は、ローン残債を一括で返済しなければならないこともあります。また、完済時に所有権を購入者に移す手続きが必要になり、それに伴って費用が発生する場合もあります。

現金購入とカーローンの違い5:審査の有無

現金一括購入の場合は審査がないという点も、マイカーローンとの大きな違いです。審査に申し込んだり結果が出るのを待ったりする手間や時間がかからないため、効率的に車を手に入れることができます

一方、マイカーローンでは審査に通過しなければローンを組むことができません。審査基準は公開されていないことから、年収が高い方でも審査に通らない可能性があります。審査に落ちた場合は車選びからやり直さなければならないため、手間も時間もかかってしまう点に注意が必要です。

なお、審査にかかる日数や通過難度はカーローンの種類によって異なります。

マイカーローンの審査に通らなくても、憧れの車種の新車に乗ることは可能です!

カーリースは車を購入するよりも審査対象の金額を下げやすいため、カーローン審査に落ちた方でも審査に通って車を持てている実績があります。

業界最安水準のカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」のお試し審査なら、安めの仮の車種で先に審査を済ませられるので、審査に不安がある方でもハードルを下げられるでしょう。

とりあえずのお試し審査はこちらから

ローン審査に落ちた方の利用実績も多数!人気のカーリースで審査に通るか試してみる

マイカーローンなら車を現金で買うよりお得?知っておきたいローンの種類

マイカーローンなら車を現金で買うよりお得?知っておきたいローンの種類をイメージした画像

車を現金で買うよりもメリットが多いと思われるローン購入ですが、マイカーローンにはいくつかの種類があり、どれを選ぶかで負担も変わってきます。最適なローンを利用できるように、車の購入時に利用されることが多い「銀行系マイカーローン」「ディーラーローン」「自社ローン」それぞれの特徴を知っておきましょう。

値引き交渉がしやすい「ディーラーローン」

「ディーラーローン」は前述のとおり、ディーラーを介して提供される信販会社のローンで、おもに次のようなメリットとデメリットがあります。

ディーラーローンのメリット

  • 値引きやオプションの無料サービスなどが期待できる
  • 車の購入と一緒に手続きできる
  • 銀行系マイカーローンに比べて審査難度が低め
  • 審査結果が出るまでの期間が比較的短い

ディーラーローンのデメリット

  • 金利が高めの傾向
  • 完済するまで所有権が留保される
  • 車が廃車になった際などは残債の一括返済を求められることがある
  • 車両本体代金以外に利用できないことも多い

ディーラーで申し込むため、値引き交渉もしやすいでしょう。ただし、金利は3~8%程度と高めの傾向があることから、利息負担が大きくなりやすい点も考慮しておく必要があります。

なお、ディーラーローンには、総額を月々分割して返済する一般的なローンのほかに、「残価設定ローン」という返済方法もあります。

残価設定ローンは、借入期間が終了した際に車に残っていると想定される下取り価格を「残価」として設定し、最終回の返済に据え置くタイプのローンです。

借入期間中は残価を除いた車両本体価格だけを分割して返していくため、月々の返済額を抑えることが可能です。

ただし、最終回の返済時に残価を一括で返済する、または車を下取り車として手放して、残価を精算する必要があります。また、借入期間中は残価にも金利がかかるため、一般的な返済方法よりも利息負担が大きくなりやすい点にも注意が必要です。

そのほか、残価を担保するために走行距離や利用方法などに制約があり、下取りに出したとしても、査定額が残価を下回った場合は差額の支払いが派生します。

低金利で借りられる「銀行系マイカーローン」

銀行系マイカーローンは銀行や信用金庫などの金融機関が提供するローンで、車の購入者が個人で申込みを行います。銀行系マイカーローンには、おもに次のようなメリットとデメリットがあります。

銀行系マイカーローンのメリット

  • 金利が低め
  • 借入れ期間中でも所有権は車の購入者にある
  • 初期費用なども借入れに含められるケースがある
  • 借入先を自由に選べる

銀行系マイカーローンのデメリット

  • ディーラーでの値引きはあまり期待できない
  • 審査が厳しめの傾向
  • 車の購入とは別に手続きをする必要がある

銀行系マイカーローンは金利が1~4%程度と低めなので、利息負担を抑えやすくなります。ディーラーを介さないことで借入先を自由に選べ、条件に合ったローンを利用しやすい点もメリットといえるでしょう。すでに住宅ローンなどを組んでいる場合は、同じ金融機関に申し込むことで金利の優遇を受けられることもあります。

一方で、ディーラーには特にメリットがないため、値引き交渉などはあまり期待できないでしょう。商談の様子や、ディーラーローンとの利率の差で検討するのがおすすめです。

中古車購入時に使える「自社ローン」

自社ローンはおもに中古車販売店で用意されている支払方法の一種で、販売店が購入費用を立て替える仕組みになっています。なお、金融商品ではないため厳密にはローンではありません。それにより、次のようなメリットとデメリットがあります。

自社ローンのメリット

  • 値引きやオプションの無料サービスなどが期待できる
  • 車の購入と一緒に手続きできる
  • 金利がかからない
  • 信用情報を照会しないケースが多いことで審査難度が低い

自社ローンのデメリット

  • 借入金額の上限が低く、借入期間も短い傾向
  • 利息の代わりに高い保証料を取られることがある
  • 販売店が倒産したときなどに車両を引き上げられるリスクがある
  • 遠隔制御装置などをつけられることがある

金利0%をうたう自社ローンでも、一般的なローンの利息にあたる利益を車両本体価格に上乗せしていたり、「手数料」や「保証料」などの名目で別途請求したりするケースも多く、支払総額が高くなる傾向があるため、慎重に検討することが大切です。

一方で、審査は独自の基準を設けて行うケースが多いことから、一般的なローンでは審査通過が難しい方でも利用できる可能性があります。

金利がかからず、初期費用も不要なカーリースなら、マイカーローンよりもコスパ良く新車に乗れます。

とりあえず仮の車種で審査を済ませておける定額カルモくんの「お試し審査」で確認してみましょう。

結果は最短即日、キャンセルも可能なお試し審査はこちらから

ローン審査に落ちた方の利用実績も多数!人気のカーリースで審査に通るか試してみる

車を現金で買うか、マイカーローンにするか。最適な方法の見分け方

 車を現金で買うか、マイカーローンにするか。最適な方法の見分け方をイメージした画像

車の現金一括購入とカーローンにはそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらがお得に利用できるかは、車の購入で重視する点によっても変わってきます。後悔しないためにも、自身にって譲れない条件を基に検討するのが望ましいでしょう。

ここでは何を重視したいかによって、選び方のポイントをご紹介します。

総額を抑えて車を購入したい場合

総額を最も抑えられるのは、利息負担がない現金一括購入です。その場合、まとまった金額を支払ってもその後の生活に影響が出ないくらいのゆとりがあることも大切です。

なお、値引きによってマイカーローンのほうが安くなる可能性がある場合は、値引き後の金額でローンを組んだ場合のシミュレーションを行って、総額を比較してみましょう。

値引きや特典を活用してお得に車を手に入れたい場合

車両本体価格の値引きや、オプションやアフターサービスが無料でつくなどの特典を期待するなら、ディーラーローンが適しています。ただし、金利が高めで利息負担が大きくなりやすいので、月々の返済額が無理のない金額に収まるか、しっかり確認しておきましょう。

大きな出費を避けつつ、総額も抑えたい場合

低金利の銀行系マイカーローンを利用することで、利息負担を抑えつつ分割での支払いが可能となります。ただし審査が厳しい傾向があるため、不安なときは、借入希望額を下げる、属性や信用情報をできる範囲で高めておくなどの審査対策も併せて検討しましょう。

また、各金融機関が用意している仮審査を利用するのもおすすめです。仮審査では、審査通過の可能性や、適用金利の目安を知ることができます。

車関連の月々の出費を抑えたい場合

車は乗り続けるうえでもさまざまなお金がかかります。維持コストをできるだけ抑えたい場合は、現金一括払い、または残価設定ローンが適しているでしょう。

車を現金で買う場合は最初にまとまった資金が必要ですが、乗り始めてからは維持費の支払いのみとなるため、月々の負担を大きく抑えられます。

残価設定ローンは維持費のほかに月々の返済も必要ですが、残価が設定されていることで一般的なローンよりも月々の負担を抑えやすくなります。ただし、最終回の返済時に残価精算が必要となるため、ローンを完済するタイミングでの乗換えも視野に入れておきましょう。

現金かローンか悩まずに、コスパ良く車に乗る方法

現金かローンか悩まずに、コスパ良く車に乗る方法をイメージした画像

車は現金で買っても、マイカーローンを組んでも、車両本体価格のほかに初期費用が必要です。初期費用とは車を乗り始める際に必要な各種税金や登録料、手数料などで、車両本体価格の10~20%ほどが目安となります。

また、マイカーローンで購入する場合は、頭金として車両本体価格の20~30%の費用も必要なケースがあります。

しかし、頭金をはじめとする初期費用が不要で、初めから月々の料金だけで車に乗れるカーリースであれば、貯金を崩すことなくカーライフを始められます。

カーリースとは?

カーリース(車のサブスク)の仕組みを解説した図。カーリース会社はマツダ、スバル、スズキ、ダイハツ、三菱、トヨタ、日産、ホンダといった自動車メーカーから契約者専用の車を調達して貸し出し、契約者は毎月定額の料金を支払って利用することがわかる。

カーリースとは、リース会社が利用者に代わって車を購入し、月々定額の料金で貸し出す仕組みのサービスです。利用者は購入時と同じように車種やオプションを選べるうえ、自分専用の車として利用することができます。

また、各種税金や手数料、メンテナンス費用なども月額料金に含まれていることから、初期費用や、車を維持するうえでのさまざまなコストも一本化できて、月々決まった金額を支払うだけで車に乗ることが可能です。

カーリースのメリット

  • 初期費用がかからず、月額料金だけで乗り始められる
  • 月々定額の支払いで維持費もまかなえる
  • 好きな車が選べるうえ、一般ナンバーが付与されてリース車とはわからない
  • 面倒な手続きはすべてリース会社にお任せできる
  • 売却や廃車などの手続きも不要

カーリースのデメリット

  • 所有車にはならない
  • 契約が満了したら原則として車を返却する
  • 残価設定ローンと同様の制約がある
  • マイカーローンと同様の審査がある

カーリースの仕組みは残価設定ローンと似ており、最初に設定した残価を除いた車両本体価格に、契約期間中の諸費用を足した総額を契約月数で割って月額料金を算出しています。

ただし、残価は最終回の支払いに据え置かれるのではなく、初めから差し引かれるという違いがあります。これにより、諸費用が含まれていても、月々10,000円台から新車に乗ることが可能です。

また、本来は返却が前提で、そのため走行距離制限などの制約がありますが、車がもらえるプランを選べば、契約満了後はそのままマイカーとして所有できます。いずれ自分の車になることで、利用中も制約を気にせず乗れるようになります。

つまり、初期費用のまとまった出費がなく、月々の負担は抑えながら新車に乗れて、いずれマイカーとして所有もできる車の乗り方となります。

カーリースはマイカーローンよりも高い?

残価が差し引かれるとはいえ、諸費用も合わせた総額を支払うと聞くと高そうなイメージがあるでしょう。しかし実際は、軽自動車なら月々10,000円台から、コンパクトカーをはじめとする普通車でも月額20,000円台から利用できます。

例えば業界最安水準のカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」で人気車種の料金を見てみると、次のようになります。

車種 月額料金 含まれる費用
ダイハツ「ミライース」 12,820円~ ・車両本体価格
・自動車税(種別割)
・環境性能割
・自動車重量税
・自賠責保険料
・新車新規登録費用
・その他の諸費用
・仲介手数料
・サポート料
など
スズキ「ハスラー」 16,890円~
ホンダ「N BOX」 19,860円~
トヨタ「ヤリス」 22,500円~
トヨタ「ルーミー」 24,260円~

マイカーローンでは月々の返済と別に支払いが必要な維持費ですが、カーリースではそれらも含めて定額化できるので、家計管理や資金計画も立てやすいでしょう。

申込者数20万人以上!車がもらえるカーリース 定額カルモくんを詳しくみる

車を現金で買うなら、ほかの方法とも比較して検討しよう

 車を現金で買うなら、ほかの方法とも比較して検討しようをイメージした画像

「車は現金で買うな」と言われるくらい、一括購入は慎重に検討する必要があります。値引きはしてもらえそうか、マイカーローンよりも安く買えるか、そして、初期費用と車両本体代金をまとめて支払っても後の生活への影響はないかも確認して判断するようにしましょう。

少しでも不安が残るようならマイカーローンやカーリースも考慮して、無理のないカーライフを送ることが大切です。

定額カルモくんの「お試し審査」を利用すれば、仮の車種で先に審査を済ませておけます。カーリースでもマイカーローンでも必ず審査を受ける必要があるため、車に乗るなら今のうちに受けておくことをおすすめします。

結果は最短即日、審査通過後のキャンセルも可能。最新の納車情報などを基に車選びの相談もできるお試し審査はこちらからどうぞ!

ネットで5分!とりあえずのお試し審査人気のカーリースでいますぐ試してみる

※この記事は2023年10月時点の情報で制作しています

Q1車は現金で買うなというのはなぜ?

車を現金で買うと、マイカーローンほどの値引きが受けられなかったり、突然の出費でその後の生活資金が足りなくなったりする可能性があるからです。また、予算内に収める必要があることで、車種やグレードの選択肢が限られてしまうというデメリットもあります。

Q2車を現金で買うのとローンを組むのではどちらがいい?

現金一括購入とマイカーローンはそれぞれにメリットとデメリットがあります。総額を抑えたいのか、月々の負担を抑えたいのかなど、何を重視するかによって最適な方法は変わるため、自身にどちらが適しているかはこちらで確認してみましょう。

Q3現金やローン以外でコスパ良く車に乗る方法はある?

月々定額のカーリースを利用すれば、初期費用がかからず、維持費の多くも定額にして新車に乗ることができます。車がもらえるプランなら、いずれマイカーにすることもでき、購入した車とほとんど変わらない利用が可能になります。

この記事の監修者

千葉 こころ

「クラベルさん」編集長

千葉 こころちば こころ
websiteyoutubetwitterinstagram

動く鉄の塊に魅了され、中でも車と飛行機に無類の愛を注いでいます。趣味の旅行は車が基本。オイル交換やバルブ交換といった簡単なメンテナンスや電装品の取付けは自身で行うことも。車必須の地域で5年ほど生活した経験もあり、車が生活必需品の方から趣味として愛する方まで、多様な読者の気持ちに思いを馳せながら、役立つコンテンツをお届けできるように努めてまいります。

2024年3月
最新人気ランキングRanking

  • カーリース会社
  • 利用車種

カーリースを口コミで比較Review

  • スズキ スペーシア

    30代女性

    東京都

    専門職

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    走行距離制限が無制限なので、安心して毎日乗れて、行動範囲も広がりました。ボーナス払いなしで安く車が持てたのも大きいですね。対応もスピーディーで満足しています。

  • トヨタ CH-R

    30代男性

    北海道

    会社員

    KINTOトヨタ「CH-R」を利用中

    サポートが良く、トヨタという安心感があります。トヨタ車のラインナップが多いのもいいですね。でも、最低でも3年の契約が必要で、月額料金も高いのは難点。月々60,000円払っています。

  • ホンダ NBOX

    20代男性

    福島県

    会社員

    カーコンカーリースホンダ「N-BOX」を利用中

    決め手はもらえること。利便性が高く使いやすいし、適切な対応がされているアフターサポートだと思います。お値段なりのサービスを提供していると思います。

  • 日産 セレナ

    20代女性

    神奈川県

    会社員

    オリックス・カーリースオンライン日産「セレナ」を利用中

    対応やアフターサービスは良いと思います。迅速丁寧で好感が持てます。ただ、もっと料金やオプションの部分が明確だといいと思いました。次は数社で比較して決めようと思います。

  • トヨタ プリウス

    30代男性

    兵庫県

    技術職

    コスモMyカーリーストヨタ「プリウス」を利用中

    点検をしっかりやってくれた。メンテナンスなどもお任せできて便利だが、車種を妥協しても予算を超えてしまったので、少し高いと感じる。

  • ホンダ NBOX

    30代女性

    埼玉県

    自営業

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    急ぎで車が必要だったのですが、何社か断られた中で唯一動いてくれて、間に合わせてくれました。対応もすごく丁寧で信頼できます。契約期間が途中で変えれたらもっといいなと思います。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    埼玉県

    会社員

    ENEOS 新車のサブスクトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    選べる車種が少ないのは気になりましたが、2年ごとに乗り換えられるのは魅力です。ENEOSで相談できるのも助かります。ただ、店舗に詳しいスタッフがいなくて困ったことがありました。

  • トヨタ カムリ

    20代男性

    福島県

    会社員

    ニコノリトヨタ「カムリ」を利用中

    KINTOより安かったので決めましたが、アフターサポートが思っていたより充実していてよかったです。基本的なところがしっかりしています。走行距離制限が短いのはなんとかしてほしい。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    兵庫県

    専業主婦

    KINTOトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    対応がとても親切で満足しています。数年で気軽に乗り換えられるのもいいと思います。ただ、価格は他社に比べて高めなので、グレードを落とさざるを得なかったのは残念です。

月額500円で車がもらえる!定額カルモくんを詳しくみる
月額500円で車がもらえる!定額カルモくんを詳しくみる