• TOP
  • LINEの使い方
  • 【最新版】LINEアカウント引き継ぎ 機種変更で失敗しないデータ移行【iPhone/Android】

機種変更でLINEアカウントを引き継ぐ方法は3パターンあります。

・Apple IDを使う方法(一番簡単だけどiPhone→iPhone限定)
・Apple IDを使わず電話番号が変わらない場合の方法
・Apple IDを使わず電話番号が変わる場合の方法
それぞれ記事内でわかりやすく解説していきます。

本記事は「iPhone→iPhone」または「iPhone→Android端末」のLINEアカウント引き継ぎ方法です。
「Android→iPhone」や「Android→Android」に引き継ぐ場合は、こちらの記事をご覧ください。

引き継ぎで移行できるデータ

・友だちリスト
・グループ
・自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)
・ステータスメッセージ
・アルバム・ノートの情報
・タイムラインの内容
・Keepに保存中のデータ
・LINE Pay・LINEポイント残高
・トーク履歴(別途作業が必要)
・LINE連動アプリ・サービスの情報(GAME・マンガ・占いのアイテムなど)
・購入済みのLINEコイン残高
・LINE Outのチャージ済みコールクレジット

※iPhone⇔AndroidでOS違いの場合は引き継ぎ不可
参照元:LINEあんぜん引き継ぎガイド

ほとんどのデータは新しい端末に移行できます。引き継げないのは「通知音の設定」と「トークルームごとの通知設定」のみ。なおiPhone→Androidのような異なるOS間での引き継ぎでは、一部移行できないデータもあります。

LINE引き継ぎする際の注意点

LINEの引き継ぎ作業を失敗すると、最悪アカウントが引き継げなかったり、旧端末のトーク履歴を復元できなかったりする場合があります。

LINEを運営するスタッフの方に、特につまづきやすいポイントを伺いました。

LINE株式会社 LINE企画 1チーム 小林智博さん

ユーザーの皆さんが引き継ぎに失敗しやすいのは、以下のパターンです。

・端末変更と同時にメールアドレスが変わり、メールアドレスが利用できなくなる。

・LINEのパスワードを忘れる。

・SIMを差し替えたときに、LINEに登録した電話番号の更新を忘れてしまった。

・前の電話番号を所持していない場合、引き継ぎ時に電話番号認証や2段階認証を通過できなくて引き継ぎ失敗してしまう。

・パスワード未設定の状態で、以前の端末を処分してしまった/端末が使えなくなってしまった。

また旧端末と同じ電話番号を使ってLINEの"新規登録"をしてしまうのも、取り返しのつかない失敗なので注意しましょう。

次に紹介する「引き継ぎ前に確認すべき6項目」を完了させれば失敗はしません。手順を守って確実に引き継ぎしましょう!

もし引き継ぎに失敗してしまったらこちら

LINEアカウントの引き継ぎができない? ログインに失敗したときの対処法

iPhoneが故障・紛失している場合

iPhoneが故障・紛失していても、一定の条件であればLINEアカウントを引き継げる可能性があります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

LINE スマホ故障・紛失時の引き継ぎ方法 アカウントやトーク履歴は復元できる?

【絶対必要】引き継ぎ前に確認すべき6項目【約5分】

機種変更でLINEアカウントを引き継ぐ場合、事前にパスワード・電話番号・メールアドレスを登録しておく必要があります。それぞれの登録が完了しているのかLINEのアカウント画面で確認してください。

※Apple IDもしくはFacebookと連携している場合は、パスワード・電話番号・メールアドレスを登録していなくても、LINEアカウントの引き継ぎは可能です。

作業①LINEアプリのアップデート

まずはLINEアプリを最新のバージョンにアップデートしましょう。 App Storeの『LINE』のページへアクセスし、「アップデート」と書かれている場合はLINEが最新ではないということです。

アップデートのやり方が分からない方はこちらの記事を参考にしてください。

App StoreのLINEページ

▲「アップデート」と表示されていなければLINEアプリは最新になっている。

作業②パスワードを登録しているか確認

LINEアプリを開き、[ホーム] → [設定(歯車アイコン)] → [アカウント] と進み、パスワードの項目に「登録完了」と出ていればOK。「未登録」になっている場合は、パスワードを登録しましょう。

LINEアカウント画面の手順
パスワードの登録を確認

▲パスワードが登録されていない場合は「未登録」と表示。

作業③LINEに登録している電話番号の確認

LINEの引き継ぎ時には、登録している電話番号の入力が必要です。複数の電話番号を所持している人は特に、引き継ぎ前に電話番号を確認しておきましょう。

また、その電話番号が現在有効であるかも確かめてください。機種変更で電話番号が変わったのに、以前の番号のままになってはいないでしょうか?

古い電話番号を登録したままで、該当の電話番号がリサイクルされてしまい、LINEが使えなくなるケースもあります。SIMを交換した際には、LINEに登録している電話番号を新しいものに変更しておきましょう。

LINEに登録している電話番号を確認・変更する方法【iPhone/Android】

作業④LINEに登録しているメールアドレスの確認

電話番号同様、登録しているメールアドレスが使用できなければ引き継ぎできません。キャリアメールを登録したまま、機種変更をして現在使えなくなっているケースなどが起こりえます。

パスワードや電話番号と同様にLINEアプリの[ホーム] → [設定(歯車アイコン)] → [アカウント] の順にタップした先のアカウント設定画面で確認できます。

LINEアカウント画面への手順画像
LINEメールアドレスを確認

▲設定メニューの「アカウント」からパスワード・電話番号・メールアドレスの登録・変更が可能。

作業⑤アカウント引き継ぎ設定の確認

「アカウント引き継ぎ設定」は機種変更時に電話番号が変わる場合のみ確認が必要なもので、この設定をオンにしていないとスムーズにLINEアカウントの引き継ぎが行えません。(※万が一、設定をオンにし忘れていても引き継ぎは可能)

「アカウント引き継ぎ設定」をオンにするにはLINEアプリの[ホーム] → [設定(歯車アイコン)] → [アカウント引き継ぎ] → [アカウントを引き継ぐ]の順にタップし、[OK]を選択してください。

LINEホーム画面
LINEアカウント引き継ぎ設定画面

▲アカウント引き継ぎの有効期限は36時間。36時間を過ぎると自動的に設定がオフになるので、再度設定をオンにする必要がある。

作業⑥トーク履歴のバックアップ

LINEアカウントの引き継ぎを行うだけではトーク履歴が引き継がれず、別途バックアップを取って新端末側で復元する必要があります。この手順を飛ばしてしまうと、旧端末のトークを復元することはできないので注意してください。

LINEホーム画面の「歯車」→「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」の順にタップすれば完了です。

※iPhone→Androidのように異なるOS間で引き継ぐ場合は、バックアップを取っていてもトーク履歴は引き継げません。

▲トークのバックアップは自動でも行えるが、今すぐトーク履歴をバックアップしたいときは手動で行う。

詳しくバックアップ方法を知りたい方はこちら

【iPhone】LINEトーク履歴のバックアップ・引き継ぎ方法 機種変更も安心

次はいよいよ新端末にLINEアカウントを引き継ぐ方法です。

Apple IDを使う方法(一番簡単だけどiPhone→iPhone限定)
Apple IDを使わず電話番号が変わらない場合の方法
Apple IDを使わず電話番号が変わる場合の方法

引き継ぎ方法①:Apple IDを使って引き継ぐ【約5分】

3つの引き継ぎ方法の中でも一番簡単でセキュリティも安心なのがApple IDを使った引き継ぎです。

事前にApple IDを連携しておく必要があります。また、Apple IDを使った引き継ぎは、記事執筆時点(2020年8月14日)でiOS版の『LINE』のみ対応しています。

Apple IDの連携方法

Apple IDをLINEと連携するには「2ファクタ認証」を有効にしている必要があります。

※旧端末のiPhoneから操作する手順です。

1. アカウント画面にあるAppleの「連携する」をタップ

LINEホームの[歯車アイコン] → [アカウント]の順にタップすると、アカウント画面に移ります。

LINEアカウント設定画面への手順
LINE Apple ID連携

2. 「続ける」をタップ

LINE Apple ID連携

3. 「パスコードで続ける」をタップし、パスコードを入力すれば完了

パスコード以外にFace IDやTouch IDでも認証可能です。

LINE Apple ID連携

Apple IDでログインする

Apple IDの連携が完了したら、新しいiPhoneにLINEアプリをインストールしてアカウントを引き継ぎましょう。

1. 「ログイン」をタップし、「Appleで続ける」を選択

LINE Apple IDログイン

2. 「Appleで続ける」をタップ

LINE Apple ID

3. 「パスコードで続ける」をタップし、パスコードを入力

パスコードのほか、Face IDやTouch IDでも認証できます。

LINE Apple IDのパスコード入力画面

4. 「ログイン」をタップ

LINEログイン画面

5. 「トーク履歴を復元」をタップ

トーク履歴の復元が必要ない場合は「トーク履歴を復元せずに続行」をタップしてください。

LINE Apple IDトーク履歴

6. 最後に年齢認証をすれば引き継ぎ完了

「あとで」をタップしてもLINEアカウントの引き継ぎは完了します。年齢認証ができない通信事業者などを利用している場合は「あとで」をタップしてください。

LINE 年齢認証

引き継ぎ方法②:Apple IDを使わず電話番号がそのままの場合【約7分】

ここからは新端末(引き継ぎ先のiPhoneもしくはAndroid)で操作する内容になります。

※LINEアプリはiOS版とAndroid版でログインの選択画面が少しだけ違いますが、その他の画面は同じなので引き継ぎ手順に大きな違いはありません。

1. 機種変更後の新しいスマホで、LINEを起動して「ログイン」をタップ

LINE初回起動画面

2. 「電話番号でログイン」をタップ

LINE 引き継ぎ

▲左:iPhone画面、右:Android画面。Android版は「Appleで続ける」の項目がない。

3. 自分の電話番号を入力し、「→」をタップ

LINE 電話番号

4. SMSに届いた6桁の認証番号を入力

SMSは電話番号あてに届くメッセージ。いわゆるショートメールやCメール。

認証番号を入力

5. 「はい、私のアカウントです」をタップ

自分が登録したアカウント名が表示されます。

アカウントを確認

6. 「パスワード」を入力し、 矢印ボタンをタップして 次に進む

パスワードを入力

7. 友だち自動追加設定のオン・オフを選択

「友だち自動追加」はスマホのアドレス帳に登録されている相手を探して自動で友だち追加してくれる機能のことです。

たとえば「仕事関係の人もアドレス帳にいるから、プライベートなLINEでは繋がりたくない」などの場合はチェックを外しておくといいでしょう。

友だち追加設定

8. トーク履歴を復元する場合 は、「トーク履歴を復元」を タップ

この機能を利用するには、以前の端末でトーク履歴をバックアップしておく必要があります。

トーク履歴の復元

9. 「年齢確認をする」をタップし、 各キャリアの年齢確認方法に進む

スキップも可能。年齢確認をしないとID検索はできなくなります。

年齢確認に進む

10. サービス向上のための情報提供のお願いに任意で同意

スタンプや絵文字の利用状況(テキストや画像などは含まない)、公式アカウントとのやり取り、各種機能の利用状況などをLINEに提供し、サービス改善に役立ててもらうための機能です。

情報提供のお願い

11. 位置情報の利用やLINE Beaconの利用に許可

サービス向上のために、位置情報やLINE Beacon(後述)の利用を許可するか判断します。

※チェックを入れなくても「OK」に進むことは可能です。

LINE Beaconの利用許可

引き継ぎ方法③:Apple IDを使わず電話番号が変わる場合【約7分】

ここからは新端末(引き継ぎ先のiPhoneもしくはAndroid)で操作する内容になります。

※LINEアプリはiOS版とAndroid版でログインの選択画面が少しだけ違いますが、その他の画面は同じなので引き継ぎ手順に大きな違いはありません。

1. 機種変更後の新しいスマホで、LINEを起動して「ログイン」をタップ

LINE初回起動画面

2. 「電話番号でログイン」をタップ

LINE ログイン画面

▲左:iPhone画面、右:Android画面。Android版は「Appleで続ける」の項目がない。

3. 自分の電話番号を入力し、「→」をタップ

LINE 電話番号

4. SMSに届いた6桁の認証番号を入力

SMSは電話番号あてに届くメッセージ。いわゆるショートメールやCメール。

認証番号を入力

5. 「アカウントを引き継ぐ」をタップ

LINE 引き継ぎ

6. ログイン方法を選択

今回は「以前の電話番号でログイン」を選択します。

LINE ログイン方法

7. 「以前の電話番号」を入力し、「→」をタップ

LINE 電話番号

8. 「パスワード」を入力し、「→」をタップ

LINE パスワード

9.「続行」を選択

※以前の端末で「アカウント引き継ぎ」をオンにしている場合は、この画面は出てきません。

引き継ぎの続行

10. 自分の名前であることを確認し、「ログイン」をタップ

自分のアカウントか確認

11. 友だち自動追加設定のオン・オフを選択

「友だち自動追加」はスマホのアドレス帳に登録されている相手を探して自動で友だち追加してくれる機能のことです。

たとえば「仕事関係の人もアドレス帳にいるから、プライベートなLINEでは繋がりたくない」などの場合はチェックを外しておくといいでしょう。

友だち追加設定

12. トーク履歴を復元する場合は、「トーク履歴を復元」をタップ

トーク履歴の復元

13. 「年齢確認をする」をタップし、各キャリアの年齢確認方法に進む

スキップも可能。年齢確認をしないとID検索はできなくなりますが、それ以外にさほど不都合はありません。

年齢確認

14. サービス向上のための情報提供のお願いに任意で同意

スタンプや絵文字の利用状況(テキストや画像などは含まない)、公式アカウントとのやり取り、各種機能の利用状況などをLINEに提供し、サービス改善に役立ててもらうための機能です。

本当にプライベートな情報は送られませんし、同意しておいて問題ありません。

情報提供のお願い

15. 位置情報の利用やLINE Beaconの利用に許可

サービス向上のために、位置情報やLINE Beacon(後述)の利用を許可します。こちらも基本的に許可しておいて問題ありません。

※チェックを入れなくても「OK」に進むことは可能です。

LINE Beaconの利用許可

LINE Beaconとは

LINE Beacon(ビーコン)は、Bluetoothを利用した発信機のこと。たとえばユニクロ店舗の近くに来たとき、ユニクロのLINEアカウントからメッセージが送られてくることがあります。これがまさにビーコン(発信機)を利用した機能。

お店にとってはビーコンを利用して販促ができますし、ユーザーも適切なタイミングでクーポンなどの情報を受け取れるのがメリットです。

万が一に備えてパスワードや電話番号の登録を

今や我々の生活になくてはならない『LINE』。様々な情報をやり取りしているからこそ、データの消失は絶対に防ぎたいですよね。

パスワード・電話番号・メールアドレスを登録しておけばLINEアカウントは引き継げるので、万が一スマホを壊したり紛失したりした場合でもLINEのデータを守ることができます。今一度アカウント情報を確認しておきましょう。

LINE引き継ぎが全部わかる! 記事まとめ

LINE(ライン)の使い方完全ガイド
LINEの引き継ぎ方法 iPhone編
LINEの引き継ぎ方法 Android編
LINEをApple IDで引き継ぐ方法
スマホ故障・紛失時のLINE引き継ぎ
LINEアカウントの引き継ぎができない対処法
トーク履歴のバックアップ iPhone編
トーク履歴のバックアップ Android編
トーク履歴をバックアップできない原因と対処法
LINEスタンプの引き継ぎ方法
LINEにiPadでログイン・新規登録する方法

LINEの使い方をKindleで学ぶ

LINE やりたいことが全部わかる本(kindle版)

➜ Amazonで見る
PR Kindle Unlimited

こちらの記事もおすすめ

LINE スマホ故障・紛失時の引き継ぎ方法 アカウントやトーク履歴は復元できる?
LINEアカウントの引き継ぎができない? ログインに失敗したときの対処法
LINE

LINE Corporation

4.38

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
LINEの使い方 まとめ

TAG