• TOP
  • 動画配信サービス
  • 『Disney+(ディズニープラス)』日本のサービス開始はいつ? 「Disney DELUXE」との違いは?

ディズニー独自の動画配信サービス『Disney+(ディズニープラス)』はディズニーやピクサー、マーベル作品などが見放題! そして一番の特長は何といっても「オリジナル作品」の配信です。とくに「スター・ウォーズ」シリーズや「マーベル」シリーズのオリジナル作品に注力している印象です。

本記事では『Disney+』の気になるところを紹介。日本ではいつ開始されるのか、『Disney DELUXE(ディズニーデラックス)』とはどう違うのか、一緒に確認していきましょう。

『Disney+』日本でのサービス開始はいつ?

アメリカやカナダでは2019年11月12日よりスタートしている『Disney+』ですが、2019年11月22日現在、日本でのサービスがいつ始まるのかは未定です。しかし、ディズニーが2019年4月に行った株主への説明会で公開されたロードマップには、2020年から2021年にかけてアジア圏でもスタートする予定が記されています。

日本でのサービス開始は近い?

日本語の吹き替えや字幕に時間がかかるため、日本でのサービス開始が遅れると思われていましたが、すでに利用しているユーザーの情報によると『Disney+』のオリジナル作品「ザ・マンダロリアン」に日本語吹き替え版が収録されていることが判明。

日本でのサービス開始は近いのでは? と『Twitter』などで噂されています。

また、株式会社BANDAI SPIRITSの魂ネイションズ公式アカウントが発信した「2020年配信開始予定の『スターウォーズ/ザ・マンダロリアン』の主人公が登場!」というツイートからも2020年内にサービスが開始するとも読み取れます。

さらにウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社の傘下であるブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社のテレビチャンネル『Dlife』が2020年3月31日をもって放送終了します。

『Disney+』が始まったこのタイミングで放送終了が告知されるということは、2020年4月からサービス開始される可能性があるのではと少し期待してしまいます。

『Disney+』と『Disney DELUXE』の違い 

Disney+ Disney DELUXE
月額料金 6.99ドル
(約760円)
700円(税抜)
作品ラインナップ ディズニー
ピクサー
マーベル
スター・ウォーズ
ディズニー
ピクサー
マーベル
スター・ウォーズ
オリジナル作品
限定グッズの販売

※2019年11月22日時点の米ドル/円の為替相場「109円」で計算。

『Disney DELUXE』はディズニーとNTTドコモがタッグを組んで、2019年3月26日からサービスを開始した、『Disney THEATER』を含む4つのアプリの総称です。ディズニーやピクサー、スター・ウォーズ、マーベル作品が見放題という点は同じですが、『Disney+』とは全くの別物です。

現状、『Disney DELUXE』では『Disney+』のようなオリジナル作品の配信は行っておらず、『Disney+』は『Disney DELUXE』の上位互換と言っても過言ではないです。もし、このまま日本で『Disney+』がサービス開始したら、乗り換える人がほとんどだと思います。

『Disney+』の映画・動画作品

最初の1年で500本の映画作品に7,500本のテレビシリーズを配信していく予定。過去のディズニーやピクサーの映画作品、アニメ「ザ・シンプソンズ」全30シリーズなどが見放題です。

大興奮必至! オリジナル作品の数々

実写版の『わんわん物語』やドラマ版『モンスターズ・インク』、『ハイスクール・ミュージカル』など、『Disney+』でしか観られないオリジナル作品が目白押し! ディズニーやピクサーからはもちろん、スター・ウォーズやマーベルのオリジナル作品もどんどん配信されていく予定です。

『ザ・マンダロリアン』

「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」から5年後を舞台としたスピンオフ作品。新銀河共和国の手が届かない地を旅する、孤独な戦闘民族マンダロリアンのガンファイターを主人公にしたオリジナルドラマ。シーズン1配信中。

2019年12月26日(木)より、『Disney DELUXE』で「ザ・マンダロリアン」が配信開されます。「ザ・マンダロリアン」の他にも『Disney+』のオリジナル作品を配信していく予定なのでしょうか? 今後の『Disney DELUXE』の動向に注目です。

『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ シーズン7』

2013年に制作打ち切りになった「クローン・ウォーズ」シリーズの続編。本編「エピソード3/シスの復讐」に繋がるマンダロア包囲戦が描かれます。2020年2月に配信予定。

『The Falcon and The Winter Soldier(原題)』

「キャプテン・アメリカ」に登場するファルコンとウィンター・ソルジャーを主人公にしたオリジナルドラマ。2020年秋に配信予定。

『WandaVision(原題)』

「X-MEN」に登場するスカーレットウィッチと「アベンジャーズ」に登場するヴィジョンを主人公にしたオリジナルドラマ。2021年春に配信予定。

『Loki(原題)』

「マイティ・ソー」に登場するロキを主人公にしたオリジナルドラマ。2021年春に配信予定。

『What If…?(原題)』

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初のアニメ作品。「アイアンマン」(2008)から「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(2019)まで、全23作品の”もしも”を描いたとてもユニークな内容になる予定です。2021年夏に配信予定。

『Hawkeye(原題)』

「アベンジャーズ」に登場するホークアイを主人公にしたオリジナルドラマ。2021年秋に配信予定。

このほか、制作決定しているオリジナル作品多数

「スター・ウォーズ」シリーズからは「キャシアン・アンドー」を主人公にした「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の前日譚を描くスピンオフ作品「オビ=ワン・ケノービ」を主人公にしたスピンオフ作品の制作が決定しています。

「マーベル」シリーズからはハルクの従姉妹ジェニファー・ウォルターズが主役の「SHE-HULK」や神の化身として蘇った主人公の物語「MOON KNIGHT」、MUC初イスラム教徒の女性ヒーローが主役の「MS. MARVEL」のオリジナルドマラが制作決定!

これら「マーベル」シリーズ3作品の新しいスーパーヒーローはオリジナルドラマで登場した後、映画にも絡んでくるとのこと。今後、マーベル映画をすべて理解するには『Disney+』の加入が必須になりそうです。

実際に利用しているユーザーの反応

海外在住の方ですでに『Disney+』を利用している方の反応をSNSなどで見てみると、オリジナル作品のクオリティの高さに満足している方が多く、次回エピソードを楽しみにしている人ばかりです。

High school musical series繰り返し見ちゃうから全く寝られない。本当にシリーズ化してくれて、ありがとうDisney plus様。今作も凄く凄く面白いです!!!!早く次のエピソード早く早く早くお願いします!!
映画クオリティで個人的に期待を上回る良さ? 赤ちゃんヨーダが可愛すぎてマジで萌え死ぬ。番組名がネット上でベイビーヨーダになりつつある。毎週金曜日が待ち遠しくて大変。
明日試験あるのに映画見まくってる、止まらない、、、、、わんわん物語の実写版本当に良かった。犬たち可愛かった。

このような反応を見ていると、日本でもサービスを開始してほしい気持ちがより一層高まりますね……。

『Disney DELUXE』で「ザ・マンダロリアン」の配信が決まったように、他のオリジナル作品も配信されるかもしれないので、『Disney DELUXE』の公式Twitterアカウントを随時チェックしておくといいでしょう。

こちらの記事もおすすめ

聴き放題! 定額制音楽配信サービス11社比較【2019版】 タイプ別おすすめを紹介 - Appliv TOPICS
【2019】動画配信サービスおすすめ9社比較 映画・ドラマ・アニメが見放題! - Appliv TOPICS