• TOP
  • Android
  • 通知ドットとは? 表示の許可設定と消えない・表示されない原因【Android】

アプリアイコンの右上に点がついているのを見たことがありますか?

これは「通知ドット」「アイコンバッジ」と呼ばれる未読の通知を知らせてくれる便利な機能です。しかし、初めて目にしたときは、その存在が気になってしょうがないと思います。

そこで本記事では、通知ドットのオン・オフを切り替える方法を解説します。

通知ドットとは? アプリのアイコン右上につくお知らせ機能

「通知ドット」とは、ホーム画面のアプリアイコン右上につく点のことで、Android 8.0(Oreo)から搭載されました。

画面上部にあるステータスバーとは違い、通知そのものを読むことはできませんが、全体の未読の通知をひと目で知ることができるのは通知ドットのメリットです

しかし中には、それが通知であると分からずにそのまま放置している方も多いはず。通知ドットの設定は簡単に変更できるので、この機会にオン・オフを切り替えてみましょう。

Androidのバージョンアップ方法はこちら

Androidのバージョンアップ(アップデート)のやり方・確認方法 すぐやるべき?

通知ドットの表示を許可する方法

通知ドットの表示許可はホーム画面にある設定アイコンからおこなえます。各アプリごとに表示を許可したり、一括で設定を切り替えたりすることも可能です。

通知ドットが消えない場合は、この表示設定を許可してしまっている可能性が高いでしょう。

オン・オフは同じ画面上で切り替えられるため、以下の解説を参考に設定を変えてみてください。

通知ドットをすべてのアプリで許可する

設定アイコン→[アプリと通知]の順にタップ

端末により、[通知]と表記されている場合があります。

[通知の設定]→[通知ドットの許可]の順にタップ

[通知の設定]→[通知ドットの許可]の順にタップ

通知ドットをアプリごとに許可する

設定アイコン→[アプリと通知]の順にタップ

端末により、[アプリ]と表記されている場合があります。

設定を変えたいアプリを選択

[詳細設定]からオン・オフを切り替える

【補足】アプリによっては通知設定を細かく変更可能!

アプリの中には、通知の種類ごとにオン・オフを切り替えられるものがあります。

たとえばLINE(ライン)の場合、[通話]や[友達リクエスト]、[タイムライン通知]など細かく変更可能です。

特に、LINEは通知の種類が多いため、設定を変更しておかないと通知ドットがついたままになりやすいです。

「メッセージ通知だけは届くようにしたい」「何度も写真を投稿する友達がいるから、タイムラインの通知だけオフにしよう」といった具合に、目的に応じて設定してみてはいかがでしょうか。

LINE

LINE Corporation

4.38

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

LINEの通知について詳しく知りたい方はこちら

LINE「通知オフ」のやり方と個別設定 オフにしても友だちにはバレない

タイムライン通知について知りたい方はこちら

LINEタイムライン通知とは 設定で通知がこないようにする方法

通知ドットが表示されない原因

通知ドットが表示されない原因は、主に以下の4つが考えられます。

  • 機種がiPhoneである
  • Android OSのバージョンが7以前である
  • 気づかないうちに通知設定をオフにしてしまっている
  • そもそもそのアプリに通知機能が備わっていない
  • 通知ドットはAndroid OSのバージョン8以降に搭載されているため、そもそも機種がiPhoneだったり、バージョンが7以前だったりする場合は表示されません。

    また、気づかないうちに通知設定をオフにしてしまっていることもあるので、今回紹介した方法を参考に設定を変えてみてください。

    こちらの記事もおすすめ

    Androidの「ウィジェット」とは? 使い方・設定・削除方法と、おすすめ21選
    Androidスマホの通信量確認方法 ギガ不足、速度制限になる前にしっかり管理