本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「dマガジン」は株式会社NTTドコモが運営する、月額制の雑誌読み放題のサービスです。dアカウントを発行すればドコモユーザー以外でも利用可能。ファッション誌をはじめ、ライフスタイルや趣味、総合週刊誌などさまざまな雑誌1,200誌以上が読めます

日常的に雑誌を読む方にとって、定額料金で読み放題のサービスはとても便利でお得です。そこで本記事では、「dマガジン」の料金プランをはじめ、登録方法や支払い方法を詳しく紹介します。

※記事内の価格はすべて税込です

【PR】楽天ポイントが貯まる電子書籍サービス「楽天Kobo」

楽天ユーザー必見!楽天Koboは、約400万冊取り揃えているので好きなジャンルの気になる作品がきっと見つかると思います。
購入時に楽天ポイントが貯まる&使えるので、楽天ユーザーならとってもお得に利用できます!

詳細をみる

「dマガジン」の月額料金は440円

「dマガジン」の月額料金は440円です。雑誌1冊を買うよりも安い価格で、複数の雑誌が読めます。

雑誌1冊ごとの正規価格を例に挙げると、2023年9月号のデジタル版「with(ウィズ)」は1,100円、2023年10月号のデジタル版「CLASSY(クラッシィ)」は690円、2023年10月号のデジタル版「LEE(リー)」は640円です。

「dマガジン」は月額440円なので1冊読むと元が取れる計算です。

「dマガジン」の料金は安い? 高い?

「dマガジン」トップページ

出典元:dマガジン

「dマガジン」の月額440円は、他社のサービスと比べて安いのか高いのかが気になるところです。

そこで、雑誌読み放題サービスの料金と取り扱い数を比較しました。以下は、おもな読み放題サービス5社の比較表です。参考にしてみてください。

料金 配信数 無料お試し期間
dマガジン 440円/月 1,200誌以上 31日間
楽天マガジン 418円/月
3,960円/年
1,200誌以上 31日間
Kindle Unlimited 980円/月 200万冊以上 30日間
auブックパス マガジンコース 418円/月
総合コース 618円/月
マガジンコース/雑誌300誌以上
総合コース/小説・漫画・雑誌4万冊以上
30日間
ブック放題 550円/月 雑誌800誌以上
マンガ50,000冊以上
マンガ雑誌100誌
1ヶ月

「dブック」との違いは?

「dマガジン」と「dブック」の違いは、「dマガジン」は雑誌に特化した定額制読み放題サービスで、「dブック」は漫画や小説、実用書などを販売する電子書籍サービスという点です。

「dブック」では60万冊以上の作品のなかから必要なときに読みたい作品を1冊ずつ購入できます。また、読み放題サービスではないものの、会員登録をせずに3,000冊以上の無料マンガが読めるのも特徴です。

「dブック」で電子書籍を読む

31日間無料のお試し期間付き

「dマガジン」無料お試しページ

出典元:dマガジン

「dマガジン」は、初めて利用する場合31日間の無料お試し期間があります。

例えば、4月10日に登録したら4月10日~5月10日は無料期間で、5月11日になると月額440円が課金されます。無料期間終了前に解約すれば料金はかかりません。

31日間の無料期間中に雑誌のラインナップや使い勝手などをじっくり試してから、「dマガジン」を継続するかどうか決められます。「dマガジン」でどんな雑誌が読めるのか気になっている方や、「dマガジン」の利用を迷っている方は、ぜひ気軽に試してみてください。

「dマガジン」の特徴

ここでは、「dマガジン」のおもな特徴を紹介します。

「dマガジン」の特徴

  • 1,200誌以上が読み放題!
  • 複数の端末で利用できる
  • 「dポイント」が貯まる
  • スマホやタブレットでも読みやすい

1,200誌以上が読み放題!

「dマガジン」で読める雑誌のラインナップは1,200誌以上。最新号はもちろん、バックナンバーまで含めるとなんと3,000冊以上が読み放題です! 主要な雑誌はほぼ「dマガジン」で読めます。

一例ですが、「dマガジン」では以下のような雑誌が読み放題になります。

カテゴリー 雑誌名
女性ファッション 25ans/BAILA/bis/CanCam/CLASSY./GINGER/GINZA/GISELe/LEE/MORE/non-no/Oggi/Precious/SPRiNG/STORY/ViVi/VOGUE JAPAN/大人のおしゃれ手帖/リンネル など
ライフスタイル & ROSY/anan/BRUTUS/Discover Japan/Hanako/ku:nel/LDK the Beauty/MAQUIA/Pen/POPEYE/Tarzan/VOCE/男の隠れ家/天然生活/日経ウーマン/美的/婦人画報/ゆうゆう など
男性ファッション FINEBOYS/GO OUT/GQ JAPAN/LEON/MEN'S NON-NO/men's FUDGE/Safari/UOMO/メンズクラブ など
総合週刊誌 FLASH/FRIDAY/サンデー毎日/週刊SPA!/週刊現代/週刊女性/週刊文春/週刊ポスト/女性自身/女性セブン など
エンタメ・趣味 COTTON TIME/Duet/Hot-Dog PRESS/JUNON/MAMOR/Myojo/NHK 趣味の園芸/POTATO/月刊ザテレビジョン/将棋世界/ダ・ヴィンチ/Nintendo DREAM/つり情報/つり人/ディズニーファン/野菜だより など
スポーツ・車 auto sport/CAR and DRIVER/CARトップ/EVEN/GOLF TODAY/RIDERS CLUB/CG(CAR GRAPHIC)/オートバイ/月刊バスケットボール/サッカーダイジェスト/週刊プロレス/月刊ゴルフダイジェスト/相撲/ラグビーマガジン/ワールドサッカーダイジェスト など
お出かけ・グルメ CREA Traveller/dancyu/OZmagazine/エル・グルメ/おとなの週末/関西ウォーカー/旅の手帖/ビール王国/ワイン王国 など
ビジネス・教養 COURRiER Japon/Forbes JAPAN/PRESIDENT/週刊エコノミスト/週刊ダイヤモンド/歴史人 など
IT・ガジェット Begin/DIME/GetNavi/GoodsPress/Mac Fan/MonoMaster/MONOQLO/家電批評/日経PC21/モノ・マガジン など
料理・暮らし・健康 3分クッキング/ESSE/LDK/Mart/NHK きょうの健康/NHK きょうの料理/田舎暮らしの本/エル・デコ/オレンジページ/クロワッサン/サンキュ/モダンリビング/レタスクラブ など
ファミリー・キッズ いぬのきもち/ジュニアエラ/たまごクラブ/鉄おも!/てれびくん/ねこのきもち/ひよこクラブ/ぷっちぐみ/プレジデントファミリー など
海外誌 Better Homes & Gardens/Food & Wine/Newsweek International/People/Real Simple/TIME/Travel + Leisure など

複数の端末で利用できる

「dマガジン」にはマルチデバイス設定があり、1つのdアカウントに対し、「dマガジン」と「dブック」の2サービスで合計10台まで登録可能です

また、dアカウントを共有して家族で読むことも可能。自分がタブレットで雑誌を読んでいるときに、ほかの家族がスマホやPCを使って雑誌を読めます。

さらに、外出先ではスマホ、自宅ではパソコンといったように、利用シーンにあわせて使い分けられるのも魅力です。

「dポイント」が貯まる

「dマガジン」を利用すると、利用料金に応じた「dポイント」が貯まります。貯まるポイントは100円の利用につき1ポイントです。貯まったポイントは、1ポイント1円として、コンビニやレストランなどの加盟店や「dマガジン」の支払いで使えます。

「dポイント」はドコモユーザーのためのポイントというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。dアカウントを持っている方なら、ドコモ以外のキャリアを使っていても「dポイント」を貯められます

「dマガジン」の支払い方法は?

ここでは、「dマガジン」の月額料金の支払い方法をご紹介します。

「dマガジン」支払い方法

  • d払い(電話料金合算)
  • クレジットカード
  • dポイント払い

d払い(電話料金合算)

ドコモで携帯電話を契約している場合は、「dマガジン」の月額料金を携帯電話料金と合算して支払い可能です。ドコモユーザー以外は携帯払いはできません

クレジットカード

ドコモユーザー以外が「dマガジン」を利用する場合は、クレジットカードが必要です。以下のクレジットカードに対応しているので、チェックしておきましょう。

「dマガジン」対応クレジットカード※国内発行のみ

  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • American Express

dポイント払い

「dマガジン」の月額料金は、「dポイント」での支払いも可能です。ただし、期間・用途限定の「dポイント」は使えないため注意しましょう。

「dマガジン」便利な機能

「dマガジン」には便利な機能があるので、ぜひチェックしてみてください。

「dマガジン」の便利な機能

  • オフラインで読める
  • 記事検索ができる
  • しおり機能がある

オフラインで読める

「dマガジン」はWi-Fiなどインターネット環境が整っている状態でダウンロードしておけば、オフライン時でも閲覧可能です。

「dマガジン」のダウンロード方法は3つ。自動モードでは表紙をタップすると1冊分、記事をタップするとその記事のみをダウンロードします。

節約モードでは閲覧に必要な記事だけをダウンロードし、一括モードでは記事単位のダウンロードではなく、常に1冊分がダウンロードされます。

なお、雑誌ごとに配信期限があり、期間終了後は閲覧できません。ダウンロードしたデータはSDカードに保存していた場合でも自動的に削除されます。

「dマガジン」アプリのダウンロード設定画面

記事検索ができる

「dマガジン」では雑誌名やジャンルから検索する以外に、記事単位での検索も可能です。全雑誌のなかから気になる内容の関連記事や、好きな芸能人が掲載されている記事を探せます。

また「おすすめ記事タブ」や「ランキングタブ」を使えば、手軽に人気トピックの記事を見つけられます。

さらに、好きな雑誌をお気に入り登録しておけば、最新号が配信されたときに通知が届くので、毎回自分で検索する必要もありません。

「dマガジン」アプリのおすすめタブとランキングタブの画面

しおり機能がある

「dマガジン」のしおり機能とは、読んでいる途中の雑誌のページにしおりを挟める機能です。しおりを挟んでおくことで、同じアカウントなら端末を変えても続きから読めます。

「dマガジン」アプリの雑誌ページ内でしおり機能が表示されている画面

「dマガジン」デメリット

月額440円で1,200誌以上の雑誌が読み放題になる「dマガジン」ですが、デメリットもあります。ここでは「dマガジン」のデメリットについて解説します。

「dマガジン」のデメリット

  • 雑誌の付録はもらえない
  • 一部読めない記事がある
  • 年額プランがない

雑誌の付録はもらえない

女性ファッション誌などは豪華な付録も魅力のひとつですが、「dマガジン」では付録はもらえません。どうしても欲しい付録があるときは、紙の雑誌を購入する必要があります。

もし日常的に付録目当てで雑誌を購入しているのなら、紙の雑誌を購入するのがおすすめです。

一部読めない記事がある

雑誌読み放題の「dマガジン」ですが、なかには読めない記事もあります。暴力的な描写や成人向けの記事、袋とじなどは閲覧できません。

しかし、これは「dマガジン」だけではなく、ほかの雑誌読み放題サービスでも共通しているデメリットです。閲覧できないページも読みたい場合は紙の雑誌を購入するか、電子版の雑誌を個別で購入しましょう。

年額プランがない

「dマガジン」は月額440円で雑誌が読み放題という、圧倒的なコスパのよさがメリットですが、年額プランはありません。

同じような雑誌読み放題サービスには、年額プランでさらにお得に利用できるものもあります。年額プランがない「dマガジン」は、少しでもコストを抑えたい方や、1年以上継続利用する方にとってはデメリットといえます。

「dマガジン」登録方法

ここからは、実際に「dマガジン」に登録する際の手順を紹介します。

ドコモユーザーの登録方法

まずは、ドコモユーザーが登録する場合の手順を紹介します。

ドコモユーザー以外の方はこちらを参照してください。

  • STEP1

    ブラウザで「dマガジン」のトップページを開く

    dマガジントップページ

  • STEP2

    [今すぐ31日間無料お試し]をタップする

    dマガジントップページ

  • STEP3

    dアカウントのIDを入力し[次へ]をタップする

    dアカウントログイン画面

  • STEP4

    [生体認証または画面ロックで認証]か[設定済みの端末で認証]をタップする

    本人確認画面

  • STEP5

    認証できると画面が変わりトップページに入るので、画面を下にスクロールする

    ログイン後のトップページ

  • STEP6

    同意するにチェックを入れ、[申し込み内容を確認する]をタップする

    申し込み画面

  • STEP7

    [申込みを完了する]をタップする

    申し込み画面

ドコモユーザー以外の登録方法

次に、ドコモユーザーではない方が登録する手順を紹介します。ドコモユーザーではない場合、まずはdアカウントの作成から始めてください。

  • STEP1

    ブラウザで「dマガジン」のトップページを開く

    dマガジントップページ

  • STEP2

    [今すぐ31日間無料お試し]をタップする

    dマガジントップページ

  • STEP3

    [dアカウント発行]をタップする

    dアカウント発行手続き画面

  • STEP4

    [ドコモのケータイ回線をお持ちでないお客さま]をタップする

    dアカウント発行手続き画面

  • STEP5

    登録するメールアドレスを入力し[次へ]をタップする

    dアカウント発行手続き画面

  • STEP6

    登録したアドレスあてに届いたメール内のURLをタップする

    dアカウント発行URL記載のメール画面

  • STEP7

    登録するIDがメールアドレスか文字列かを選び、パスワードを入力後[次へ進む]をタップする

    dアカウント発行手続き画面

  • STEP8

    メール受信設定にチェックを入れ(不要であれば外す)、[次へ進む]をタップする

    dアカウント発行手続き画面

  • STEP9

    必要な情報を入力し、[次へ進む]をタップする

    dアカウント発行手続き画面

  • STEP10

    登録した携帯番号あてに届いたワンタイムキーを入力する

    dアカウント発行手続き画面

  • STEP11

    クレジットカード情報を入力し[確認画面へ]をタップする

    dアカウント発行手続き画面

  • STEP12

    内容を確認し[規約同意画面へ]をタップする

    dアカウント発行手続き画面

  • STEP13

    規約の同意にチェックを入れ、[申し込み内容を確認する]をタップして完了

    dアカウント発行手続き画面

圧倒的なコストパフォーマンス「dマガジン」で雑誌を楽しもう!

日常的に雑誌を読む方にとって、これ以上ないコスパの良さが魅力の「dマガジン」。

月額440円で1,200誌以上の雑誌を楽しむことができます。バックナンバーまで含めるとなんと3,000冊以上が読み放題! 雑誌を1冊買うよりお得です。

31日間無料お試しを利用すれば、雑誌のラインナップや使い勝手などをじっくり試すこともできます。無料期間終了前に解約すれば料金はかかりません。

まずは31日間無料お試し期間を利用して「dマガジン」の魅力を体感してみてください。

こちらの記事もおすすめ

読み放題の電子書籍サービスおすすめ9選 初心者向けの選び方や注意ポイント
ここがお得! 安い電子書籍サービスおすすめ16選 漫画・小説・ラノベが割安