ロゴあなたのNo.1が見つかる!
カーリース最新比較・ランキング
サイト
カーリースで事故を起こした際の対応や、契約や月額料金がどうなるのかについて、カーリースでの事故の備えとなる任意保険と、保険料込みとそうではないサービスの特徴��とメリット、デメリットなどと併せて解説する記事であることがわかるタイトル画像

カーリースで事故!契約や料金はどうなる?対処法やかかる費用と任意保険についても解説

カーリースカーリース

2024.03.07

本サイトはアフィリエイト広告を含む場合があります。

車で事故を起こしてしまうと、誰もが慌ててしまうもの。まして、自分の所有車ではないカーリースともなれば、「修理代はどうする?」「月額料金は上がるの?」「保険ってどうなってるんだろう?」と、さまざまな不安が頭に浮かんでしまうでしょう。

いざというとき慌てないために、カーリースで事故を起こしたときの対応や事故後の契約、任意保険をはじめとしたリース車での事故への備えを一緒に見ていきましょう。

事故時のサポートもしてくれて安心!

利用してよかった!の声多数 顧客満足度98.9%おすすめの方法をみる

【この記事でわかること】

カーリースで事故を起こしたときの対応手順と、リース会社への連絡方法

カーリースで事故を起こすと、車と契約はどうなるのか

カーリースでの任意保険の加入について

カーリースで事故を起こしたらどうする?対応手順とリース会社への連絡方法

カーリースで事故を起こしたらどうする?対応手順とリース会社への連絡方法 について解説する項目の見出し画像

カーリースでも所有している車でも、事故が起きたときにとる対応はほぼ同じですが、カーリースでは事故を起こした際にリース会社への報告も必要です。どのタイミングで何を伝えればいいのか、事故現場での対応手順と併せて見ていきましょう。

事故の現場における対応手順

カーリースで事故を起こしたときの対応には、おもに8つのステップがあります。特にカーリースでは、リース会社への連絡を忘れてしまうとトラブルになることもあるため、手順を確認しておきましょう。

1:車を路肩など交通の妨げにならない場所に移動し、ハザードランプを点灯させて停車する

事故を起こした直後にまず行うことは、路肩など交通の妨げにならない場所への車の移動です。そして、ハザードランプを点灯させ、停車していることを知らせます。

また、車を安全な場所に停車させてもすぐに飛び出したりはせず、ご自身の安全も確保する必要があります。

2:後続車への追突防止や危険回避のための措置を講じる

ハザードランプの点灯は、追突をはじめとした二次災害を防ぐためにも大切です。もし移動が困難な場合は三角表示板(停止表示板)や発煙筒を使って、周囲に事故が起きたことを伝えます。

なお、高速道路や自動車専用道路で停車する場合は、三角表示板(停止表示板)の設置が義務付けられています

3:ケガ人がいる場合は救護を行い、必要に応じて消防へ連絡する

道路交通法では、負傷者の救護が義務付けられています。事故による負傷者がいる場合は、止血や人工呼吸などの救護を行います。併せて、消防へ連絡して救急車を呼び、救護の指示を仰ぎます。

なお、その場では救急車を呼ぶ必要はないと思われる程度の軽傷だったとしても、後から症状が現れる場合があります。負傷者の方も自身も、一連の対応後に診察を受けておくことをおすすめします。

4:警察へ連絡する

カーリースでも事故の際は先に警察へ連絡しましょう。負傷者の救護と同様に、道路交通法で定められた義務です。なお、警察への連絡を怠ると任意保険の受け取りや示談などで不利となる場合もあります。

警察官が到着すると、実況見分と捜査(当事者への聞き取り)が行われますので、指示に従って事故時の状況を説明しましょう。

5:事故の状況を記録する

警察も実況見分で記録を取りますが、保険会社やリース会社への連絡に備える点でも、ご自身でスマートフォンなどでの撮影をしておくと安心です。車同士でぶつかったケースでは、相手の車の損傷した状況なども記録しておくといいでしょう。

また、ドライブレコーダーを取付けている場合は、事故の対応後に録画ができているかも確認しておきましょう。

6:相手方の連絡先を確認する

警察の対応が終われば現場を離れて問題ありませんが、相手がいるときはその方の連絡先を忘れずに聞き、メモしておきましょう。警察官から連絡先を交換するよう、すすめられる場合もあります。

7:任意保険に加入済みであれば、保険会社へ連絡する

加入している保険会社には、できるだけ早いタイミングで事故があったことを連絡します。任意保険に関する対応は、保険会社の案内に沿って行いましょう。

8:リース会社へ連絡する

多くのカーリース会社では、事故が起きたとき必ず連絡するよう求めています。契約上の義務となっている場合は、連絡を怠ると契約違反となり、契約解除になったり、残価精算などの際に不利になったりすることもあります。

なお、単独事故や、車の損傷がほとんどないような事故であっても、必ず連絡しましょう。

事故を起こしたときのリース会社への連絡方法

リース会社の多くは「サポートデスク」や「コンシェルジュ」といった契約者専用の窓口を設けており、事故が起きたときにも対応してくれるのが一般的です。ただし、リース会社によって違いがありますので、事故の際に慌てないよう、事前に確認しておきましょう。

カーリース会社へ事故の連絡をした際は、おもに事故発生の日時や場所、状況、相手の有無や怪我の程度などを聞かれます。また、車両の状態、傷やへこみなどの有無といったことも確認されるので、連絡前に事故の状況をまとめておくとスムーズです。

なお、事故の際、最初に連絡しなければならないのは警察と消防(救急車)ですので、リース会社への連絡は事故現場での一連の対応を済ませてからになります。とはいえ、契約者とリース会社との信頼関係の維持のためにも、事故の細かな状況を忘れないうちに、できるだけ早く連絡するのが望ましいでしょう。

レスポンスが早く、必要な手続きや対応をわかりやすく説明してくれるなど、信頼できるカーリースを選ぶことも事故への備えになります。

専任のマイカーコンシェルジュや事故対応に詳しいスタッフが親身にサポートしてくれる定額カルモくんは、顧客対応満足度98.9%のカーリース。業界最安水準の月額料金で、安全性能が充実した車にお得に乗ることもできます。

まずはこちらから、詳しいサービス内容を確認してみましょう。

利用してよかった!の声多数 顧客満足度98.9% 人気のカーリースをみる

カーリースで事故を起こした後、契約や月額料金はどうなる?

カーリースで事故を起こした後、契約や月額料金はどうなる? について解説する項目の見出し画像

カーリースで事故を起こすと、その後の契約はどうなるのでしょうか?一般的に、全損した場合と走行が可能な場合で変わります。それぞれ見ていきましょう。

全損した場合は契約終了となり多額の費用がかかる

事故でカーリースの車が全損してしまい、走行できなくなると、その時点で契約は強制的に終了・解約となります。

全損による契約終了は中途解約の扱いとなりますが、カーリースは原則として中途解約を認めていないため、解約時には次の費用を一括で請求されるのが一般的です。

  • 残り期間のリース料金全額
  • 契約時に設定した車の残価
  • 事務手数料や違約金など

カーリースの料金は契約期間中に必要とされる費用を月々に分けて支払う仕組みになっています。そのため中途解約では、残りの費用をまとめて支払わなければなりません。納税前の税金などは差し引かれ、カーリースの利用に関する費用のみで算出されますが、残りの期間が長いほど高額になる点に注意が必要です。

また、残価を設定するカーリースの場合は、車の返却を前提として車両本体価格から残価を差し引いているため、車が返却できない全損では、残価相当の費用を請求されることもあります。カーリース会社によっては、契約終了による事務手数料や違約金などがかかる所もあるので、中途解約に関する規約などを事前に確認しておきましょう。

走行可能な場合は引き続き利用できる

車に損傷がなかったり、修理することで走行できたりする場合は、契約終了とはならず、事故の後も引き続き利用が可能です。事故を起こしたからといってカーリースの月額料金が上がることもありません

ただし、修理費用は契約者が負担するケースが一般的です。修理に出す工場はリース会社が指定する場合とそうでない場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

申込者数20万人超えのカーリース 定額カルモくんの資料をみる

カーリースで事故を起こしたときにかかる費用

カーリースで事故を起こしたときにかかる費用 について解説する項目の見出し画像

カーリースで事故を起こしたときにかかる費用には、おもに次のようなものがあります。

  • 車の修理代
  • 事故により壊した物や相手の車の修理代
  • 自身や相手の医療費
  • 交通違反をしたときは反則金
  • 全損したときは残りのリース料金や解約手数料

相手がいる事故の場合は、相手の車の修理代や医療費も過失割合に従って支払うことになります。ただし、自動車保険(任意保険)に加入している場合は、状況や補償内容によっては保険でまかなえることがあります。次で詳しく見ていきましょう。

カーリースで任意保険は必要?「保険込み」と「保険なし」の違いと特徴

カーリースで任意保険は必要?「保険込み」と「保険なし」の違いと特徴 について解説する項目の見出し画像

任意保険に入っていると、事故による修理費や医療費の一部、または全額が補償されます。そのため、カーリースでも万一に備えて加入しておいたほうがいいでしょう。

車の保険には「自動車賠償責任保険(自賠責保険)」と「自動車保険(任意保険)」の2つがあります。自賠責保険は加入義務があることからリース料金に含まれているのが一般的ですが、任意保険は個別に加入が必要なケースと、月額料金に含まれるケースがあります。

任意保険の有無 任意保険込みのカーリース 任意保険なしのカーリース
メリット ・任意保険料を別途負担しなくていい
・カーリースに特化した補償が受けられる
・事故を起こしても保険の等級が下がらないケースが多い
・ロードサービスや特約が付帯する場合がある
・任意保険込みに比べて月額料金が安い
・保険会社や補償内容を自由に選べる
・これまでの等級を引き継げる
・保証や特約の選択肢が多く、予算や希望に合わせて選びやすい
デメリット ・月額料金が高くなりがち
・任意保険込みのサービスが少ない
・保険会社や保険商品が限定される
・これまでの等級を引き継げない場合がある
・任意保険の契約手続きを自身で行う手間がかかる
・特約も自分で考えて選ぶ必要がある
・事故を起こすと等級が下がる場合がある
・カーリースに対応していない任意保険もある

任意保険込みのカーリースと任意保険なしのカーリースには、それぞれ上記のようなメリットとデメリットがあります。どちらが向いているかは、予算や求める補償内容などによって変わってくるため、特徴を理解したうえで選択することが大切です。詳しく見ていきましょう。

月額料金に含まれる任意保険

カーリースの月額料金に任意保険料が含まれているケースでは、カーリースの契約と保険の契約がセットになっており、プランや特約を選択する手間がかかりません。また、カーリース専用の特約を用意している、ロードサービスが付帯しているなど、内容が充実していることもあります。

事故を起こしても等級が下がらないことが多く、保険料によって月額料金が変わるといった心配もありません

ただし、保険会社を選べない、不要な特約があっても外せないなど、内容や補償金額、保険料などを調整することはできません。また、任意保険の等級を引き継げないケースも多い傾向です。

個別に入るよりも費用負担が大きくなる場合があるだけに、事前にシミュレーションをして検討することが大切です。

個別に加入するケースの任意保険

任意保険なしのカーリースでは、車を利用する方が自身で任意保険の加入手続きを行います。条件や手続きの流れは、カーリースでも車を購入したときと変わりません。そのため、自身で保険会社やプラン、特約などを選べる自由度があり、補償内容のカスタマイズもできるでしょう。

また、加入中の任意保険の等級を引き継いだり、インターネットで販売されている格安保険を利用したりして、保険料を抑えることも可能です。

ただし、一部の任意保険はカーリースに対応していないこともある点には注意が必要です。

カーリースでの事故への備え、保険込みとなしはどちらがいい?契約者の体験談

カーリースでの事故への備え、保険込みとなしはどちらがいい?契約者の体験談 について解説する項目の見出し画像

実際に事故に遭ったときに、必要な補償がスムーズに受けられるかどうかが重要です。保険料が月額料金に含まれるカーリースと、自身で個別に加入するカーリースで違いはあるのか、それぞれのケースで、契約期間中に事故を起こして保険を利用した方の体験談を確認してみましょう。

任意保険料込みのカーリース利用者の体験談

30代女性・東京都在住

何かあったときに安心できると思い、任意保険込みのカーリースにしました。交差点で横から来た車と接触事故を起こした際、すぐにカーリース会社に連絡したら、私がわからないところは相手の方と直接やり取りをしてくれました。相手への補償金額がかなり高額だったので、任意保険込みでよかったと思いました。

40代男性・茨城県在住

契約時は「保険料込みでお得だな」くらいで、事故のことまで考えていませんでした。しかし前方不注意で追突事故を起こし、カーリースの任意保険を使うことに。今回は任意保険の補償範囲でまかなえたものの、もっと手厚い保険に入らないとダメだな、と感じました。

任意保険料込みのカーリースでは補償内容や上限額などが決められているだけに、利用するサービスによって補償の安心感が変わる様子がうかがえます。カーリース会社を選ぶ段階で、任意保険の内容についてもしっかり確認して比較検討することが大切といえるでしょう。

任意保険料なしのカーリース利用者の体験談

30代男性・福岡県在住

もともとお付き合いがある会社で保険に加入しようと思っていたので、任意保険なしのカーリースを選びました。単独事故で車庫にぶつけてしまったのですが、保険会社の対応は早く、また、リース会社とも事故後の対応についてすぐに相談できたので、特に困ることはありませんでした。

40代男性・茨城県在住

以前から加入している保険の等級を引き継ぎたくて、任意保険なしのカーリースにしました。通勤時、後ろから追突される事故に遭ったとき、カーリース会社はなかなか電話がつながりませんでしたが、保険会社が別なので、対応が早く済んで助かりました。

任意保険なしのカーリースは、自分で好きな保険会社を選べたり、保険料を節約しやすかったりする点に魅力を感じている方が多いことがわかります。事故の際は、保険会社とカーリース会社それぞれに連絡が必要になる手間が生じますが、すぐに連絡がつかない場合など、別であることで返って助かるケースもあるようです。

保険会社や補償内容を選べる任意保険料なしのカーリースなら、予算内で保証を充実させることも可能です。さらに月額料金の安いカーリースを利用すれば、車に関する出費も抑えやすくなるでしょう。

さっそく業界最安水準のカーリースで、希望の車種にいくらで乗れるか確認してみましょう。

人気車種の新車に乗れる 業界最安水準 おすすめの方法をみる

*クラベルさん編集部が任意保険付きのカーリースを利用したことがある、または任意保険なしのカーリースを利用して個人で任意保険に加入したことがある方を対象に行ったチャット調査ツールSprintを用いたインターネット調査を基に掲載

カーリースで任意保険に入るときの注意点

事故は相手の車、そして体も傷つけてしまう可能性があり、場合によっては億単位の高額な請求が生じることもあります。また、自身の車の修理費も必要となるため、それらに備えておける保険であることが大切です。万が一の事故に備え、カーリースで保険に入るときの注意点を事前に把握しておきましょう。

対人・対物賠償は無制限にする

任意保険の補償内容では、対人・対物賠償は無制限にすることをおすすめします。対人賠償とは事故の相手の身体への賠償、対物賠償とは事故で壊してしまった物への賠償のことです。

任意保険では、補償内容を対人のみ、対物のみ、あるいは、それぞれに限度額を設ける契約とすることが可能です。しかし対象を絞ったり、限度額を設けたりすれば、それを超える補償は保険金以外から支払うことになります。

金額によっては、家計を圧迫したり、長期にわたって支払いが続いたりすることになるだけに、対人・対物補償は両方付け、無制限にしたほうがいいでしょう。

車両保険も付ける

車両保険は自身の車に修理の必要が出てきたとき、費用をカバーできる保険です。カーリースでは一般的に車の修理費用は自己負担となるため、車両保険を付けることをおすすめします。

なお、カーリースでは返却時に車を契約時の状態に戻す原状回復の義務があります。事故でついた傷やへこみをそのままにしておくと、経年劣化などで原状回復費用が高額になるリスクもあるだけに、事故の後はできるだけ早めに修理しましょう。

人身傷害補償は予算と相談

人身傷害補償とは、自身や同乗者のケガに対する補償です。事故の状況によっては高額になる可能性があるだけに、備えとして付けておきたい補償の一つですが、生命保険などでカバーできる場合もあります。

そのため、すでに加入しているほかの保険を見直して、予算も踏まえながら補償額を設定するのがおすすめです。

弁護士費用特約を付ける

弁護士費用特約も必ず付けることをおすすめします。事故のとき、相手に賠償請求をしたり、過失割合を争ったりすることも考えられます。状況によっては弁護士が必要となることがありますが、弁護士への依頼には相談料や着手金、成功報酬などさまざまな費用が必要となり、総額で数百万円かかることもあります。

弁護士費用特約では、弁護士への依頼にかかる費用を補償してもらえるため、お金の負担を軽減しながら、事故後の対応を弁護士に一任できるようになります。

チェックアイコンあわせて読みたい
カーリースの保険について、種類や補償内容、選び方、みんなの保険料などを、ファイナンシャルプランナーの解説とともに紹介することを示したタイトル画像。
カーリースに保険は必要?車両保険はどうする?FPが選び方や補償内容を徹底解説

カーリースで事故に備えるポイント4つ

カーリースで事故に備えるポイント4つ について解説する項目の見出し画像

利用者の体験談にもあったように、カーリース選びの際に事故のことまでは踏まえていないという方も少なくないようです。しかし、事故は誰にでも起こる可能性があるもの。事故への備えも念頭に置いてサービスを選ぶことが、もしものときの安心につながります。ここでは、事故に備えるカーリース選びのポイントについて見ていきましょう。

サポート体制が整っているカーリースを選ぶ

24時間受け付けている事故対応窓口はあるか、契約者に寄り添って親身に対応してくれるかなど、カーリース会社のサポート状況によって、事故を起こした際や事故後の手間、そして安心感が大きく変わります。

契約前に問い合わせてみて、どのような対応をしてくれるか確認してみるのも一つの方法です。その際、任意保険について相談すれば、より詳細にサポート体制を知ることができるでしょう。

任意保険には必ず加入する

前述のとおり、カーリースを利用する際は任意保険に加入しておくことをおすすめします。特に契約満了時に返却を予定している場合は、残価精算や原状回復でかかる費用を抑えることにもつながります。

なお、カーリースの中には原状回復費用を補償してくれるサービスもあります。任意保険に個別で加入する場合は、カーリースで受けられるサービスも確認して、補償内容に過不足がないように選びましょう。

メンテナンスプランの加入を検討する

カーリースには、メンテナンスや車検の費用を月額料金に含められるメンテナンスプランを用意している所が多くあります。一般的に事故による修理費用は対象外となりますが、費用を気にせず定期的にメンテナンスが行えることで、不具合などによる事故のリスクを抑えられるため、加入しておくことをおすすめします。

なお、プラン内容はカーリース会社によって異なります。事前に数社で比較して、定額になる項目が充実しているサービスを選ぶといいでしょう。

安全性能や運転支援などの機能が充実した車種を選ぶ

障害物を検知して止まったり、車線をはみ出さないようステアリングを操作してくれたりと、安全性能や運転支援などの機能で事故に備えることも可能です。ただし、最新技術を搭載した車は高額な傾向があり、カーリースでも月々の負担は大きくなりがちです。予算内で安全性の高い車に乗るには、月々の負担を抑えやすい長期契約ができるカーリースがおすすめです。

なお、取り扱う車種やグレードも各社で異なります。希望する機能が付いた車種の取扱いがあるかも併せて確認しておきましょう。

カーリースはサポート体制のあるリース会社がおすすめ

カーリースはサポート体制のあるリース会社がおすすめ について解説する項目の見出し画像

事故は突然起こるものだけに、日頃からの備えが重要になります。特にカーリースは、一定期間車を借りて利用するサービスなので、カーリース会社のサポート体制が不十分だと事故からトラブルに発展することも考えられます。

もしものときにも安心して対処できるよう、サービス内容はもちろん、サポートセンターがどのような対応をするかも事前にしっかり確認して、信頼できるカーリースを選ぶことが大切です。

定額カルモくんは、利用者を対象に行った満足度調査で98.9%を獲得した、もしものときにも安心のカーリースです。業界最安水準の月額料金ながらサポートが充実しており、申込者数は5年で20万人以上!

仮の車種で申し込んで、後から専任のマイカーコンシェルジュに無料でじっくり相談できるお試し審査を受けておけば、スムーズに車選びが行えます。

まずはこちらから!

顧客対応満足度98.9%!人気のカーリースでお試し審査をしてみる

※この記事は2023年12月時点の情報で制作しています

Q1カーリースで事故を起こしたらどうなる?

カーリースでも、事故時の対応は所有車と同じです。なお、修理して乗り続けられる場合は料金や契約内容に変更はありませんが、廃車になった場合は中途解約となるため、解約金などまとまった費用を一括請求されることがあります。

Q2カーリースも任意保険に入る必要はある?

カーリースでも任意保険に加入しておいたほうが安心です。任意保険は個別に加入するのが一般的ですが、中にはサービスに含まれている所もあります。それぞれのメリット・デメリットを正しく理解して、後悔しないほうを選びましょう。

Q3事故に備えられるカーリースを選ぶ際のポイントは?

サポート体制が整っている、親身になってくれるといったカーリースなら、事故の際にも信頼して任せることができるでしょう。なお、事故への備えとして、任意保険やメンテナンスプランへの加入も検討しておきましょう。カーリースで事故に備えるポイントについて詳しくはこちらをご覧ください。

この記事の監修者

千葉 こころ

「クラベルさん」編集長

千葉 こころちば こころ
websiteyoutubetwitterinstagram

動く鉄の塊に魅了され、中でも車と飛行機に無類の愛を注いでいます。趣味の旅行は車が基本。オイル交換やバルブ交換といった簡単なメンテナンスや電装品の取付けは自身で行うことも。車必須の地域で5年ほど生活した経験もあり、車が生活必需品の方から趣味として愛する方まで、多様な読者の気持ちに思いを馳せながら、役立つコンテンツをお届けできるように努めてまいります。

2024年5月
最新人気ランキングRanking

  • カーリース会社
  • 利用車種

カーリースを口コミで比較Review

  • スズキ スペーシア

    30代女性

    東京都

    専門職

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    走行距離制限が無制限なので、安心して毎日乗れて、行動範囲も広がりました。ボーナス払いなしで安く車が持てたのも大きいですね。対応もスピーディーで満足しています。

  • トヨタ CH-R

    30代男性

    北海道

    会社員

    KINTOトヨタ「CH-R」を利用中

    サポートが良く、トヨタという安心感があります。トヨタ車のラインナップが多いのもいいですね。でも、最低でも3年の契約が必要で、月額料金も高いのは難点。月々60,000円払っています。

  • ホンダ NBOX

    20代男性

    福島県

    会社員

    カーコンカーリースホンダ「N-BOX」を利用中

    決め手はもらえること。利便性が高く使いやすいし、適切な対応がされているアフターサポートだと思います。お値段なりのサービスを提供していると思います。

  • 日産 セレナ

    20代女性

    神奈川県

    会社員

    オリックス・カーリースオンライン日産「セレナ」を利用中

    対応やアフターサービスは良いと思います。迅速丁寧で好感が持てます。ただ、もっと料金やオプションの部分が明確だといいと思いました。次は数社で比較して決めようと思います。

  • トヨタ プリウス

    30代男性

    兵庫県

    技術職

    コスモMyカーリーストヨタ「プリウス」を利用中

    点検をしっかりやってくれた。メンテナンスなどもお任せできて便利だが、車種を妥協しても予算を超えてしまったので、少し高いと感じる。

  • ホンダ NBOX

    30代女性

    埼玉県

    自営業

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    急ぎで車が必要だったのですが、何社か断られた中で唯一動いてくれて、間に合わせてくれました。対応もすごく丁寧で信頼できます。契約期間が途中で変えれたらもっといいなと思います。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    埼玉県

    会社員

    ENEOS 新車のサブスクトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    選べる車種が少ないのは気になりましたが、2年ごとに乗り換えられるのは魅力です。ENEOSで相談できるのも助かります。ただ、店舗に詳しいスタッフがいなくて困ったことがありました。

  • トヨタ カムリ

    20代男性

    福島県

    会社員

    ニコノリトヨタ「カムリ」を利用中

    KINTOより安かったので決めましたが、アフターサポートが思っていたより充実していてよかったです。基本的なところがしっかりしています。走行距離制限が短いのはなんとかしてほしい。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    兵庫県

    専業主婦

    KINTOトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    対応がとても親切で満足しています。数年で気軽に乗り換えられるのもいいと思います。ただ、価格は他社に比べて高めなので、グレードを落とさざるを得なかったのは残念です。

あなたにぴったりのプランを提案してもらえる!定額カルモくんで「お試し審査」をしてみる
あなたにぴったりのプランを提案してもらえる!定額カルモくんで「お試し審査」をしてみる