ロゴあなたのNo.1が見つかる!
カーリース最新比較・ランキング
サイト
カーリースの仕組みをわかりやすく解説すると共に、新車に安く乗れるのはなぜか、本当に定額で乗れるのか、レンタカーやマイカーローン、残価設定ローンとど��う違うのかといったことや、カーリースを選ぶ際のポイント、実際の利用者の口コミなども紹介されている記事であることがわかるタイトル画像。

カーリースの仕組みとは?レンタカーやマイカーローンとの違いもわかりやすく解説

カーリースカーリース

2024.02.21

本サイトはアフィリエイト広告を含む場合があります。

初期費用や毎年の税金などの支払いが不要で、月々定額の料金だけで新車に乗れるというカーリース。車は高額な商品だけに、何か裏があるのではないか、実際は買うより高くつくのではないかと、少し怪しさを感じてしまうという方も少なくないようです。

そこで、カーリースの仕組みから、本当に定額なのか、なぜ維持費の負担を抑えて新車に乗れるのかについてまで、カーリースの注意点と併せてわかりやすく解説します。

【この記事でわかること】

✔カーリースが月々定額で新車に乗れる仕組み

✔レンタカーやカーシェアリング、マイカーローンや残価設定ローンとの仕組みの違い

✔カーリースの仕組みをどう感じているか、実際の利用者の口コミ

カーリースとは?仕組みをわかりやすく解説

カーリース(車のサブスク)の仕組みを解説した図。カーリース会社はマツダ、スバル、スズキ、ダイハツ、三菱、トヨタ、日産、ホンダといった自動車メーカーから契約者専用の車を調達して貸し出し、契約者は毎月定額の料金を支払って利用することがわかる。

カーリースとは、月々定額で新車に乗れる車のサブスクサービスです。カーリースでは、カーリース会社が契約者に代わって購入した車を、月々定額の料金で貸し出す仕組みとなっています。車はメーカーから直接購入するため、契約者は新車購入時と同じように、車種やグレード、オプションなどを自由に選ぶことができます。

また、貸し出す際、車の所有者はカーリース会社、使用者は契約者として登録するため、レンタカーのような「わ」や「れ」ナンバーにはならず、一般ナンバーや希望ナンバーを利用できます

カーリースが購入するより安く新車に乗れる仕組み

カーリース(車のサブスク)の残価設定を解説した図。車両本体価格のうち、残価は返却を前提としていることで支払いが不要となり、残りの部分だけを分割して支払うため、購入するより安くなることがわかる。

カーリースでは一般的に、あらかじめ利用期間を決めて車を貸し出します。そうすることで、契約者は利用する期間分の車両本体価格を支払うだけでよくなります。

例えば300万円の車を5年利用した場合、購入すると全額を支払わなければなりませんが、カーリースでは、300万円の内、5年分に相当する額だけを支払えばいいのです。

利用期間分の金額を出す際は、契約満了時に残っていると想定される「残価」を算出して、車両本体価格から差し引く仕組みになっています。残価は契約期間や中古車の平均価格、市場の価格動向などを基に算出されます。

カーリースが月額料金だけで新車に乗れる仕組み

カーリース(車のサブスク)の月額料金に含まれる費用を解説した図。残価を引いた車両本体価格のほか、自動車税、環境性能割、自動車重量税、自賠責保険料といった「各種税金等」と、登録諸費用、各種手数料、サポート料、その他の諸費用などの「諸費用」が含まれていることがわかる。

車を購入するときは、車両本体価格のほかに、各種税金や登録諸費用、リサイクル料金や手数料などの初期費用も必要です。また、乗り続ける上でも、毎年の自動車税(種別割)をはじめ、車検、点検費用やメンテナンス費用といった維持費もかかります。

その点、カーリースではそれらの諸費用の多くが、はじめから月額料金に含まれています。そのため、契約者は初期費用やまとまった維持費の負担なく、月額料金だけで新車に乗れるという仕組みなのです。

カーリースが月々定額で新車に乗れる仕組み

カーリース(車のサブスク)の月額料金の算出方法を解説した図。残価を引いた車両本体価格と各種税金やその他の諸費用を合わせた金額を、契約期間中の支払い回数で分割して月額料金を算出していることがわかる。

税金や維持費も含めると高くなりそうですが、カーリースが月額10,000円台から新車に乗れる仕組みには、あらかじめ残価を引いているほかに、月額料金の算出方法も関係しています。

カーリースの月額料金は、残価を差し引いた車両本体価格と諸費用の総額を、契約月数で割って算出しています。そのため、納税や車検の時期にもまとまった出費の心配なく、定額で利用できるというわけです。

さらに、契約できる期間はマイカーローンよりも長いケースが多いことから、分割回数が増えて、1回あたりの支払額を抑えることができる仕組みになっています。

個人向けカーリースと法人向けカーリースの仕組みの違い

カーリースには個人向けと法人向けがあります。利用方法や料金の仕組みは基本的に同じですが、大きな違いとして挙げられるのは「審査」です。個人向けカーリースは申込者個人の属性や信用度を基に審査を行うのに対し、法人では会社の業績や経営状況などが見られるといった違いがあります。

審査はカーリースを利用する際に必要なステップで、これによって希望する車種やプランが利用できるかが決まります。もし審査に通らなかった場合は、月額料金を下げるなどして改めて審査に申し込む必要があります。

なお、個人事業主の方が個人と法人のどちらに申し込むかは、カーリース会社によって規定が異なる場合があります。

カーリースの審査は、おもに年収に対して適切な月額料金になっているか、契約満了まで無理なく支払えるかといったことをチェックするための仕組みです。

通常は車種やプランを決めてから申し込みますが、先に審査を通してから、利用可能な範囲でじっくりと車選びを行えるというケースもあり、それだと無理のない範囲で最大限に希望を満たすことも可能になります。

5年で15万人以上が申し込んだ定額カルモくんの「お試し審査」もその一つ。まずはこちらから気軽に試してみましょう。

ネットで5分!とりあえずのお試し審査人気のカーリースでいますぐ試してみる

自分に合っている方法はどれ?カーリースと似ているサービスの仕組みの違い

自分に合っている方法はどれ?カーリースと似ているサービスの仕組みの違いをイメージした画像

カーリースのように車を借りて乗る方法には、レンタカーやカーシェアリングがあります。また、購入する場合でも、マイカーローンを利用すればカーリースのように月々定額の返済となります。しかし、どの方法を選ぶかで、利便性やコストは大きく変わってきます。

それぞれの仕組みの違いから、自分に最適な方法はどれか確認してみましょう。

カーリースとレンタカーやカーシェアリングの仕組み違いとは?

カーリースは数ヵ月から数年間で契約を行い、月々決まった金額を支払いながら、自身で車を管理して利用する仕組みです。

それに対して、レンタカーは数時間から数日、カーシェアリングは数分から数時間の利用がメインで、料金も利用時間などによって、使う都度変動します。また、車は利用するたびに予約をして、契約時間内に返却する必要があります。

車の利用頻度が低く、突然車が必要になるといったこともないのであれば、レンタカーやカーシェアリングのほうがコストを抑えられるでしょう。また、シチュエーションに合わせて車を乗り換えたいといった方も、レンタカーやカーシェアリングが向いています。

一方、次のようなケースなら、カーリースのほうが充実したカーライフを送れるでしょう。

  • 車の利用頻度がそれなりに高い
  • 車に乗るたびに予約したり荷物の積み下ろしをしたりするのは面倒
  • 返却時間やコストを気にしながら乗りたくない
  • 突然車が必要になっても対応できる環境が望ましい
  • 他人と車を共用したくない
  • 新車に乗りたい
  • 一般ナンバーや希望ナンバーの車に乗りたい
  • マイカーのようにカスタマイズを楽しみたい

カーリースとマイカーローンや残価設定ローンの仕組みの違いとは?

カーリースとマイカーローンはどちらも月々に分割して支払っていくという仕組みは同じですが、借入れや含まれる費用に違いがあります。

マイカーローンは車の購入資金の借入れなので、残価は引かれず、車両本体価格全額となります。また、借り入れられるのは原則として車両本体価格のみで、初期費用や維持するうえでの税金、車検費用などはその都度実費で負担しなければなりません。

そのため、月々の返済額がカーリースの月額料金と同程度でも、総額で見ると高くなることがあります。

最近は残価設定ローンといって、購入時に残価を設定する仕組みのマイカーローンもありますが、カーリースとの大きな違いは、残価は差し引かれるのではなく、最終回の返済に据え置かれるという点です。金利は残価も含めた残債にかかるので、利息が高くなりやすい点にも注意が必要です。

期限を設けずに乗り続けたい方や、マイカーにしていずれ売却したい方などはマイカーローンでの購入が向いていますが、維持費や利息負担なども踏まえて慎重に検討することが大切です。

利用してよかった!の声多数 顧客満足度98.9%おすすめの方法をみる

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カーリースの仕組みから見る、メリットとデメリット

カーリースの仕組みから見る、メリットとデメリットをイメージした画像

購入した車やレンタカーなどとは異なり、サブスクのように車を利用できるカーリースには、その仕組みならではのメリットがあります。一方で、仕組みから生じるデメリットもあります。利用を検討する際は、メリットとデメリットの両面を理解しておくことが大切です。

カーリースの仕組みがもたらすメリット

残価を差し引く仕組みや、諸費用込みの定額料金で車に乗れる仕組みなどから、カーリースにはおもに次のようなメリットがあります。

仕組みがもたらすメリット1:車にかかるコストの負担を抑えやすい

カーリースでは車関連費用の負担を抑えられます。これは、契約期間中に車の価格全額ではなく、使用する期間分の費用だけを支払うためです。また、諸費用が月額料金に含まれていることで、10万円を超えることもある車検費用をはじめ、多くの維持費をまとめて支払わずに済むからです。

仕組みがもたらすメリット2:新車への乗り換えが容易

カーリースは契約期間が終わると車を返却する仕組みです。そのため、売却などの手間なく、簡単に次の車に乗り換えられます。契約期間が短いプランを選べば、自分の好みやニーズに合わせて、短期間でさまざまな車種に乗り換えることも可能です。乗り換える車もカーリースにすれば、初期費用がかからず、負担は月額料金だけという点もメリットといえるでしょう。

仕組みがもたらすメリット3:車のコンディションを維持しやすい

多くのカーリースでは、車検やメンテナンスの費用が月額料金に含まれています。これにより、車検やメンテナンスでまとまった出費に悩まされる心配がなくなります。また、費用を気にせずメンテナンスを行えるようになるため、車のコンディションを良好な状態に保ちやすくなります。サービスによっては事故時のサポートなどが含まれることもあり、安心して車を利用できるでしょう。

カーリースの仕組みがもたらすデメリット

カーリースは利便性が高い車の乗り方ですが、期間を決めて定額で乗るという仕組みから、次のようなデメリットもあります。

仕組みがもたらすデメリット1:車の所有権がないことで制約がある

カーリースは車の所有権をカーリース会社が持つ仕組みとなっていることで、元に戻せないような改造を施したり、車を売却してお金に換えたりすることはできません。ただし、取り外せる電装品の後付けやアルミホイールへの履き替えなど、元に戻せるカスタマイズは許可されているケースが多く、また、契約満了時に車がもらえるプランであれば、所有権が移った後に売却することも可能です。

車がもらえるカーリースとは?

仕組みや車をもらう方法について詳しくはこちら

仕組みがもたらすデメリット2:解約時の手続きや費用に注意が必要

カーリースの月額料金は総額を契約月数で割って算出しているという仕組みから、契約満了前に解約する場合は、違約金が発生することがあります。また、残価設定の仕組みにより、車両の返却時には、車の状態や走行距離によって実際の車の価値が残価を下回っていると、差額を請求されることがあります。これらのデメリットをカバーするには、契約期間が柔軟に選べるカーリースを選ぶ、残価精算が不要なプランで契約するといったことをおすすめします。

チェックアイコンあわせて読みたい
カーリースがデメリットだらけといわれる理由や、実際の利用者が感じているリアルなデメリット、デメリットをメリットに変える選び方のポイントがわかる記事であることがわかるタイトル画像
カーリースはデメリットだらけって本当?8つの原因と利用者の本音を紹介

申込者数20万人超えのカーリース 定額カルモくんの資料をみる

カーリース選びの際に押さえておきたい5つのポイント

カーリース選びの際に押さえておきたい5つのポイントをイメージした画像

カーリースの仕組み自体はどのサービスも同じですが、選べる車種や月額料金に含まれる費用などは各社で異なります。そのため、事前にしっかり確認しておかないと、理想とかけ離れたカーライフになったり、思わぬ出費を招いたりする可能性があります。

カーリースの利用で後悔しないためにも、事前に次の5つのポイントをチェックしておきましょう。

  • 車種やオプションの選択肢
  • 税金や保険料、メンテナンス費用
  • 月々の支払額
  • 契約期間や走行距離制限
  • 契約満了時の費用や選択肢

ポイント1:車種やオプションの選択肢

利用できる車種やオプションはカーリース会社によって異なります。候補がある場合はその車種やオプションを取り扱っているか確認し、特に決まっていない場合は、選択肢を広げるためにも取扱車種やプランが豊富なサービスを選びましょう。

なお、候補がある場合でも、取り扱う車種やプランが多いカーリースを選んでおけば、予算内でより充実した契約ができたり、予算を超えた際の変更がしやすかったりといったメリットがあります

ポイント2:税金や保険料、メンテナンス費用

各種税金や自賠責保険料は月額料金に含まれているケースが多いですが、中にはオプションのメンテナンスプランをつけないと定額にならない仕組みのサービスもあります。また、メンテナンスプランに含まれる項目も各社で異なるため、内容をしっかり確認しておきましょう。

月額料金に含まれていない費用は実費となるので、できる限り多くの費用を定額にできるサービスを選ぶと安心です。

ポイント3:月々の支払額

同じ車種でも、月額料金はカーリース会社によってさまざまです。これは、契約年数や残価の取扱い、月額料金に含まれる費用などの違いによるもので、安さだけで選んでしまうと、実費負担が増えて結果的に高くついてしまうこともあるため、注意が必要です。

契約内容や月額料金に含まれる費用もしっかりと確認したうえで、数社を比較して決めるようにしましょう。

なお、ボーナス払いを併用して月額を抑えているカーリースもあります。ボーナスが多い方には魅力的な選択肢の一つとなりますが、ボーナスは減ったりなくなったりする可能性もあるだけに、年に2回のまとまった出費を最後まで無理なく支払い続けられるか、慎重に検討することが大切です。

ポイント4:契約期間や走行距離制限

カーリースの契約期間や走行距離制限などは、カーリース会社ごとに設定されています。そのため、ライフスタイルや車の用途などに合った期間や距離になっているか、事前に確認しておきましょう。

なお、契約期間は3、5、7年と車検のタイミングで設定されていることが多いですが、車が必要な期間が必ずしも車検と同じとは限りません。中途解約などのリスクを下げるためにも、契約期間を1年単位で選べる、契約満了前でも乗り換えができる、といったサービスを選ぶと安心です。

走行距離制限については、一般社団法人日本自動車工業会による2022年4月発表の「2021年度乗用車 市場動向調査」によると、96%の方が月間1,200km以下に収まっていることから、1,500km程度に設定されていれば超過の心配が少ないでしょう。

通勤で毎日長距離を走行する、ドライブや旅行に行く機会が多いといった場合などは、走行距離無制限のカーリースがおすすめです。

ポイント5:契約満了時の費用や選択肢

カーリースの契約方式はおもに2種類あり、契約満了時の残価精算が必要な「オープンエンド」の場合は、返却時の車の価値が残価を下回ると、差額を請求されることがあります。最後にまとまった出費が発生するリスクを下げるには、残価精算がない「オープンエンド」のカーリースを選びましょう

なお、カーリースでは契約満了を迎えると原則として車を返却する仕組みとなっていますが、契約期間の延長や、ほかの車種への乗換え、そのまま車をもらうなど、複数の選択肢が用意されているサービスもあります。数年後の変化にも対応しやすいように、選択肢が多いサービスを選んでおくと安心です。

みんなが選んだおすすめのカーリース!最新の人気15社比較をみる

実際の利用者はカーリースの仕組みをどう感じている?口コミまとめ

実際の利用者はカーリースの仕組みをどう感じている?口コミまとめをイメージした画像

マイカーローンでの購入やレンタカーなどとはしくみが異なるカーリース。実際に利用してみてどう感じているのか、利用者の方の声*も参考にしてみましょう。

*クラベルさん編集部が「おトクにマイカー 定額カルモくん」の利用者にインタビューを行って集めた口コミ

月々定額で利用できる仕組みへの口コミ

初期費用不要で、月々定額の料金で利用できる仕組みについて、実際の利用者からは次のような口コミが寄せられました。

Yさん(40代)

月額10,000円台で車検費用までみてくれるなんて、そんなうまい話はないと思っていましたが、本当に全部お任せできて、とにかく安く新車に乗れて大満足です!

Oさん(30代)

子供の教育費がかかる時期に、車検や税金でまとまった出費がないのはとても安心感があります。毎月同じ金額だから家計管理も簡単になって助かっています。

契約期間を決めて利用する仕組みへの口コミ

あらかじめ契約期間を決めて利用する仕組みは中途解約などの不安もありますが、ライフプランを踏まえて決めれば、多くのメリットを得られるようです。

Tさん(30代)

子供の送迎が必要な期間だけ、用途に合わせた車に乗れるのが良いですね。返却するだけで手軽だし、次は自分が乗りたい車種に乗り換えようと思っています。

Mさん(20代)

欲しい車が買えるようになるまでのあいだと決めて契約しました。周りは中古車が多い中、今の給料でも無理なく支払える範囲でかっこいい車種の新車に乗れているのがうれしいです。

所有しない乗り方の仕組みへの口コミ

カーリースは所有車ではないことによる制約もありますが、一方で、その仕組みによって利便性や可能性が高待ったという声も多く聞かれました。

Oさん(20代)

車に詳しくないので、契約期間にわたっていろいろとサポートしてくれるのはとても助かります。特に車検時期のお知らせや、メンテナンスについていつでも気軽に相談できるのが心強いです!

Kさん(40代)

新車を買おうと思ったら、マイカーローンの審査に落ちてしまいました。カーリースはマイカーローンよりも総額が抑えられるからか、無事に審査に通って、念願の新車に乗れています!

カーリースでもマイカーローンでも審査が必要ですが、カーリースは月額料金が安いことで審査対象となる金額を下げやすいことなどから、マイカーローンの審査に落ちた方でも利用できた実績があります。

審査に不安がない方でも、購入する場合よりもワンランク上の車種やグレードを狙える可能性もあるでしょう。

業界最安水準の定額カルモくんなら、より可能性が上がるかもしれません。まずはキャンセル可能な「お試し審査」で、予算内でどのような車種に乗れるか確認してみましょう。

ネットで5分!とりあえずのお試し審査人気のカーリースでいますぐ試してみる

カーリースは仕組みを正しく理解することで上手に活用できる

カーリースは仕組みを正しく理解することで上手に活用できるをイメージした画像

カーリースは月々定額で10,000円台から新車に乗れるなど、少し不安を感じるうたい文句ではありますが、その仕組みを正しく理解して選べば、予算内で理想のカーライフを実現することも可能になります。

まずは予算やどのような車に乗りたいかを決め、複数のカーリースの内容をしっかりと確認しながら比較して、最も希望を叶えやすいサービスを選びましょう。

手軽に各社を比較したい方はこちらから

最新おすすめランキングで カーリース15社の比較をみる

※この記事は2023年9月時点の情報で制作しています

この記事の監修者

千葉 こころ

「クラベルさん」編集長

千葉 こころちば こころ
websiteyoutubetwitterinstagram

動く鉄の塊に魅了され、中でも車と飛行機に無類の愛を注いでいます。趣味の旅行は車が基本。オイル交換やバルブ交換といった簡単なメンテナンスや電装品の取付けは自身で行うことも。車必須の地域で5年ほど生活した経験もあり、車が生活必需品の方から趣味として愛する方まで、多様な読者の気持ちに思いを馳せながら、役立つコンテンツをお届けできるように努めてまいります。

2024年2月
最新人気ランキングRanking

  • カーリース会社
  • 利用車種

カーリースを口コミで比較Review

  • スズキ スペーシア

    30代女性

    東京都

    専門職

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    走行距離制限が無制限なので、安心して毎日乗れて、行動範囲も広がりました。ボーナス払いなしで安く車が持てたのも大きいですね。対応もスピーディーで満足しています。

  • トヨタ CH-R

    30代男性

    北海道

    会社員

    KINTOトヨタ「CH-R」を利用中

    サポートが良く、トヨタという安心感があります。トヨタ車のラインナップが多いのもいいですね。でも、最低でも3年の契約が必要で、月額料金も高いのは難点。月々60,000円払っています。

  • ホンダ NBOX

    20代男性

    福島県

    会社員

    カーコンカーリースホンダ「N-BOX」を利用中

    決め手はもらえること。利便性が高く使いやすいし、適切な対応がされているアフターサポートだと思います。お値段なりのサービスを提供していると思います。

  • 日産 セレナ

    20代女性

    神奈川県

    会社員

    オリックス・カーリースオンライン日産「セレナ」を利用中

    対応やアフターサービスは良いと思います。迅速丁寧で好感が持てます。ただ、もっと料金やオプションの部分が明確だといいと思いました。次は数社で比較して決めようと思います。

  • トヨタ プリウス

    30代男性

    兵庫県

    技術職

    コスモMyカーリーストヨタ「プリウス」を利用中

    点検をしっかりやってくれた。メンテナンスなどもお任せできて便利だが、車種を妥協しても予算を超えてしまったので、少し高いと感じる。

  • ホンダ NBOX

    30代女性

    埼玉県

    自営業

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    急ぎで車が必要だったのですが、何社か断られた中で唯一動いてくれて、間に合わせてくれました。対応もすごく丁寧で信頼できます。契約期間が途中で変えれたらもっといいなと思います。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    埼玉県

    会社員

    ENEOS 新車のサブスクトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    選べる車種が少ないのは気になりましたが、2年ごとに乗り換えられるのは魅力です。ENEOSで相談できるのも助かります。ただ、店舗に詳しいスタッフがいなくて困ったことがありました。

  • トヨタ カムリ

    20代男性

    福島県

    会社員

    ニコノリトヨタ「カムリ」を利用中

    KINTOより安かったので決めましたが、アフターサポートが思っていたより充実していてよかったです。基本的なところがしっかりしています。走行距離制限が短いのはなんとかしてほしい。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    兵庫県

    専業主婦

    KINTOトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    対応がとても親切で満足しています。数年で気軽に乗り換えられるのもいいと思います。ただ、価格は他社に比べて高めなので、グレードを落とさざるを得なかったのは残念です。

人気のカーリース 定額カルモくんを詳しくみる
人気のカーリース 定額カルモくんを詳しくみる