ロゴあなたのNo.1が見つかる!
カーリース最新比較・ランキング
サイト
ブラックリストでも車のローンに通った方の体験談を紹介するとともに、ブラックリスト掲載者が通りやすい車のローンの種類や対策について解説している記事であることがわかるタイトル画像

ブラックリストでも車ローンに通ったケースとは?体験談や車を持てる方法を徹底解説

マイカーローンマイカーローン

2024.01.31

本サイトはアフィリエイト広告を含む場合があります。

ブラックリストに載ると、ローン審査には通らないと思われがちですが、実際には車のローンに通ったという声も聞かれます。しかし、審査に通りにくくなるのは事実です。なぜなら、滞納のリスクが高いと判断されやすいからです。ではどのようにして審査に通ったのか、気になる方も少なくないでしょう。

そこで、ブラックリストでも車のローンに通ったというケースを基に、ブラックでも審査に通る可能性がある車のローンやブラックリスト掲載者向けの審査対策、ローンを組まなくても車を持てる方法などを解説します。

ローン審査に落ちた方の利用実績も多数!ローンを組まない方法で審査に通るか試してみる

【この記事でわかること】

ブラックリストで車のローンに通った方の体験談

ブラックリストでも通りやすい車のローンの種類と審査対策

ローンを組まなくても月々払いで手軽に新車に乗れる方法

ブラックリストでも車のローン審査に通った例とは?経験者の声

ブラックリストに載るとローン審査に通りにくくなる傾向があります。一方で、「ブラックリストでも車のローンに通った」と言う方もいます。その理由の一つには、車のローンによって審査の通りやすさが異なることがあげられます。

選び方や行う対策によっては、ブラックリスト掲載者でも車のローンの審査に通る可能性があるのです。

では、ブラックリスト掲載者でも実際に車のローンに通ったという方は、どのようなケースだったのでしょうか。体験談*からブラックリストでも車のローン審査に通るポイントなどを見ていきましょう。

●自社ローンで会社勤めをアピール

支払い滞納でブラックとなったAさん(20代男性・新潟県在住)

お金がなく支払いが遅れてブラックリストに載っていましたが、自社ローンで会社勤めをアピールしたら審査に通りました。手数料などで80,000円ほどかかり、頭金も10万円用意しましたが、月々10,000円程度の支払いなのでとても楽です。

●連帯保証人を立てて返済力をカバー

任意整理中だったBさん(50代女性・大阪府在住)

親や子供の送迎に車が必要で、自社ローンを利用しました。お金を集めるのが大変でしたが、最初に200万円支払い、親に連帯保証人になってもらって、50万円を12回払いしました。もう少し安い車にすれば良かったとも思いますが、お気に入りの車に乗れてよかったです。

●返済のエビデンスを作って信用回復

支払い滞納でブラックとなったCさん(20代男性・千葉県在住)

支払いの滞納でブラックリストに載っていたので、自社ローンに申し込みました。審査に通ったのは、頭金を100万円用意して、信用回復のために返済のエビデンスを作り、親に連帯保証人になってもらったからだと思います。手数料は高いですが、月々の支払いは30,000円なので安いほうかと思っています。

ブラックリストでも車のローンに通ったという方の多くが、自社ローンを利用していることがわかります。また、頭金を用意して借入額を減らす、支払い能力があることをアピールするといった対策を行っている様子も見られます。

車のローンに通った例についてまとめると以下のとおりです。

【ブラックリスト掲載者でも車のローンに通ったケースの特徴】

・自社ローンを利用している

・支払能力や返済計画をアピールしている

・連帯保証人を立てている

・信用のおける履歴を作っている

・頭金を多く準備している

・購入額を抑えている

ブラックリストでも審査に通った例のある自社ローンは、一般的な車のローンとは何が異なるのでしょうか。次項で詳しく見ていきましょう。

車をローンで乗るよりも手軽に、お得に新車を持てる方法があります。

初期費用0円、月々10,000円台から利用できる「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、業界最安水準の料金で審査対象の金額を抑えやすく、ローン審査に落ちた方でも審査に通った実績もあります。

審査結果は最短即日!スマホから5分程度で申し込めるお試し審査なら、とりあえず審査に通るか確認することも可能。今すぐこちらからチェックしてみましょう。

申込者数20万人以上のカーリースでお試し審査 業界最安水準の料金で 審査に通るか試してみる

* クラベルさん編集部が、ブラックリストでも車ローンの審査に通ったことがある方を対象に行ったチャット調査ツール「Sprint」を用いたインターネット調査を基に掲載

ブラックリスト掲載者が通った車ローンと通りにくい車ローンの違い

マイカーローンの審査難度と金利の関係について解説した図。銀行系マイカーローンは金利が低いものの、審査は通りにくい傾向がある。ディーラーローンは銀行系マイカーローンに比べて金利が高めではあるが審査は比較的通りやすいといえる。自社ローンは金利相当分の手数料や保証料がかかるが、審査は甘い傾向がある。以上の3種類のローンの特徴がわかる。

前項の体験談にもあるように、ブラックリストに掲載されている方でも、車のローンを利用できることがあります。なぜなら、ローンの種類によって審査基準や通過の難易度が異なるからです。

ブラックリストでも車のローンに通るためには選び方が重要になります。それぞれの車のローンの特徴と併せて見ていきましょう。

自社ローン:ブラックリストでも通る可能性がある

自社ローンの仕組みを解説した図。自社ローンはおもに中古車販売店が提供している分割払いの仕組みで、信用情報機関への照会が行われず独自の審査となる。そのため、審査は甘いといわれている。しかし、手数料や保証料が上乗せされて支払総額が高くなりがちであるうえ、車の所有者は販売店となる。

自社ローンは、自動車販売店が独自に提供する支払方法の一種です。金融商品であるローンには該当しないこともあり、信用情報機関の照会を行わずに、独自の基準で審査する販売店が多く、現在の返済能力が重視される傾向があります。

自社ローンのメリット

・債務の履歴にとらわれず、独自の基準で審査されるのでほかのローンに比べて通りやすい

・手続きが販売店で完結するので手間なくスピーディー

・金利がかからない

自社ローンのデメリット

・金利相当分の手数料や保証料が上乗せされ、ほかのローンより総支払額が高くなりがち

・利用できる金額の上限が低い、支払いの期間が短いといったケースも多い

・支払い完了まで車が自分のものにならない

ディーラーローン:比較的通りやすい

ディーラーローンの仕組みを解説した図。ディーラーローンでは信販会社を通して審査が行われる。信用情報機関への照会があるため、自社ローンよりは審査に通りにくいが、銀行系マイカーローンよりは比較的通りやすいといわれている。一方、金利は高めで、車の所有者はディーラーや信販会社となる。

ディーラーローンは、ディーラーが提携先の信販会社を通して審査を行うマイカーローンです。信用情報機関への照会を行うため、ブラックリスト掲載中は審査に通らない可能性が高いでしょう。

ディーラーローンのメリット

・購入とローン契約、両方の手続きが販売店で完結するので手間なくスピーディー

・銀行系マイカーローンに比べて審査に通りやすい傾向がある

・価格や条件について交渉しやすい

ディーラーローンのデメリット

・銀行系マイカーローンに比べて金利が高め

・ローン完済まで車が自分のものにならない

・申込みの用途に制限がある

銀行系マイカーローン:ブラックリストでは審査通過が難しい

銀行系マイカーローンの仕組みを解説した図。新車の購入に際し、ディーラーや販売店での購入手続きと銀行へのローン申込み、それぞれ別の手続きをしなければならないことがわかる。信用情報機関への照会があるため、審査は厳しめといわれているが、金利が低めであり、ローン返済期間中も車の所有権を持てるというメリットがある。

銀行系マイカーローンは、銀行や信用金庫などが提供する車のローンです。信用情報機関の情報を重視する傾向があることから、ブラックリスト掲載者には厳しいといえるでしょう。

ブラックリストの履歴が消えた後であれば審査に通る可能性もありますが、そのときの経済状況や信用情報などが基準を超えている必要があるだけに、ディーラーローンに比べると難しいといえます。

銀行系マイカーローンのメリット

・金利が比較的低め

・事前に仮審査を受けられ、おおよその借入可能額や適用金利がわかる

・購入後に車が自分の名義になるので買替えやローンの借換えをしやすい

銀行系マイカーローンのデメリット

・ほかの車ローンに比べて審査が厳しい傾向がある

・審査結果が出るまで日数がかかることが多い

・車の購入手続きとは別にローンの手続きをする必要がある

ブラックリスト掲載者が車のローン審査に通るためのポイント

ブラックリスト掲載者が車のローン審査に通るためのポイントをイメージした画像

先述の口コミから、ブラックリストに載っていても車のローンに通った例では、できる限りの準備をしていることがわかります。そこで、審査申込みの前に押さえておきたい審査対策について確認していきましょう。

連帯保証人を立てる

連帯保証人とは、契約者が返済できなくなった場合に返済義務を負う人物のことです。信用が高い方が連帯保証人となることで、ローンの種類によってはブラックリスト掲載者でも審査に通る可能性があります。なぜなら、連帯保証人がいることによってローン会社が未回収などのリスクを軽減できると判断されるためです。

ただし、債務者と変わらない責任を負うことになるため、誰にでも依頼できるわけではありません。連帯保証人が必要な状況や返済計画をきちんと伝えたうえで、親族などにお願いするのが望ましいでしょう。

滞納している借入れを完済する

滞納している借入れを完済すると、それによって信用度が改善されます。ローン会社は信用度を重視する傾向があることから、滞納を解消し、ネガティブな信用情報を解消することで、審査に落ちる原因となる要素を減らせます。

なお、信用情報に載っている滞納の履歴は完済してもすぐには消えないため、完済から一定期間を置いて車のローン審査に申し込むのがポイントです。

借入額を少なめにする

借入額は、少ないほどに返済負担が軽減され、また、ローン会社のリスクも下がることから、借入希望額を下げることで審査に通る可能性を上げられる傾向があります。頭金を用意する、価格の安い車種を選ぶ、オプションは必要最低限にするなど、借入額を抑えられる工夫をしておきましょう。

クレジットカードなどの利用履歴を作る

信用情報機関には、クレジットカードやローンの利用状況なども登録されています。ブラックリストに載ったことがある方は、ネガティブな情報が多かったり、一定期間まったく履歴がなかったりすることから、信用度が低いと判断されることがあります。

ブラックリストの履歴が消えた後は、適度な金額でクレジットカードや分割払いなどを利用し、期日までにきちんと支払っている履歴を積み上げておくことが大切です。それによって、車のローン審査の際に返済能力があることをアピールできるでしょう。

情報開示請求を行う

情報開示請求とは、金融機関が信用情報を収集・管理している株式会社 シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)といった信用情報機関から、自分の信用情報を取得することです。情報の内容によって登録先は異なります。

情報開示請求を行うことで自身の履歴やブラックリスト掲載などが明確になり、審査通過に向けての改善をしやすくなります。情報開示請求は、信用情報機関のウェブサイトや窓口、郵送などで本人のみ行うことが可能です。詳しくは下の表のとおりです。

信用情報機関 登録されている信用情報 情報開示請求の手続き
株式会社 シー・アイ・シー

(CIC)

信販会社、保証会社、銀行、諸費者金融、

クレジットカード会社、リース会社、保険会社、

携帯電話会社など

インターネット:500円

郵送:1,500円~

株式会社日本信用情報機構

(JICC)

銀行、消費者金融、クレジットカード会社など スマートフォンアプリ:1,000円

郵送:1,000円

全国銀行個人信用情報センター

(KSC)

銀行、信用組合、信用金庫など インターネット:1,000円

郵送:1,124~1,200円

なお、登録されている信用情報は信用情報機関によって異なりますが、情報の一部はすべての機関で共有される仕組みがあり、ブラックリストについては、金融事故を起こしたサービスが加盟していない信用情報機関にも共有されます。

対策をしてもローンに通るか不安なときは、定額カルモくんのお試し審査を試してみましょう。

月額定額制で新車に乗れるカーリースなら、ローンよりも審査対象の金額を抑えやすく、審査のハードルを下げやすい傾向があります。

定額カルモくんは業界最安水準で、ローン審査に落ちた方の利用実績も多数!

最短即日に結果がわかるうえ、審査通過後に車種変更やキャンセルも可能です。まずはこちらから、審査に通るか気軽にチェックしてみましょう。

申込者数20万人以上のカーリースでお試し審査 業界最安水準の料金でとりあえず試してみる

ブラックリストに載るとなぜ車のローンが組めないの?

ブラックリストに載るとなぜ車のローンが組めないの?をイメージした画像

ブラックリスト掲載者が車のローンを組めない理由がわかれば、どのような対策をすればいいかが見えてきます。ブラックリストだとなぜ車のローン審査が厳しいのか、ブラックリストに載る状況やデメリットと併せて見ていきましょう。

ブラックリストだと車ローンの審査通過が厳しい理由

ブラックリストとは、信用情報に金融事故情報が登録されている状況を指します。「ブラックリスト」というリストが存在するわけではありませんが、おもに延滞や個人再生、自己破産といったネガティブな情報が登録されることで、ローン会社に融資を行うにはリスクが高い人物と判断される傾向があります。

そのため、審査に通らない可能性が高くなります。

ブラックリストに掲載される状況とは

ブラックリストに掲載されるのは、おもに次のような事故情報になります。

・クレジットカードの支払いやローン返済における長期の延滞や滞納の記録

・返済不履行などで代位弁済が行われた記録

・長期の滞納や契約違反などにより強制解約された記録

・任意整理によって返済の減額や返済期間の調整を行った記録

・自己破産など、借金を帳消しにする手続きや破産手続きの開始が決定した記録

これらの履歴は内容によって1~7年程度のあいだ残るため、ブラックリストに載る状況が起きてから数年間は、一般的な車のローン審査には通らない可能性が高いでしょう。

このほか、短期間に複数のローンやキャッシングなどに申し込む「申込みブラック」といわれる状況も、ブラックリストには載らないまでも、経済的に困っていると判断されやすく、審査で不利になる傾向があります。

ブラックリストに載ることによるデメリット

ブラックリストに載ると、おもに次のようなデメリットがあります。

・各種ローンの審査に通りにくくなる

・分割払いが利用できないことがある

・クレジットカードやカードローンの新規契約が難しい

・賃貸契約を断られることがある

・保証人になれない

ブラックリストに載ると、住宅ローンや教育ローンといった比較的高額になりやすいローンだけでなく、ショッピングローンや携帯端末代金の分割払いなどもできなくなる可能性があります。

また、新たにクレジットカードを作ったり、カードローンを契約したりすることも難しいでしょう。ほかにも、保証会社の利用が必要な賃貸住宅の契約を断られる、奨学金などの保証人になれないといったケースもあり、家族や親族にも影響する場合があります。

ただし、個人的な情報となるため、ブラックリストに載っていることが家族や勤め先に知られることはありません。

初期費用不要で月額10,000円台から利用できる人気のサービスで、まずは審査に通るか確認してみましょう。

申込者数20万人以上のカーリースでお試し審査 業界最安水準の料金で 審査に通るか試してみる

車のローン審査に通らないときの選択肢

車のローン審査に通らないときの選択肢をイメージした画像

審査に通るためのポイントを押さえて対策を講じたとしても、必ずしも車のローン審査に通るわけではありません。どうしても車が必要な場合、どのような選択肢があるか、以下で確認してみましょう。

現金一括購入をする

まとまった費用が必要になりますが、現金一括購入であれば審査を受ける必要はありません。手続きもローン購入に比べて簡単。また、利息が膨らみがちなローン購入に対し、車の購入にかかる費用の総額を抑えやすいというメリットもあります。

ただし、乗り始めの出費は大きくなります。中古車であっても、数十万円以上かかるのが一般的です。車を現金一括で買える資金がある場合に検討してみましょう。

ブラックリストの履歴が消えるまで待つ

安定的な収入があっても車のローン審査に通らない場合、ブラックリストの記録が消えた後であれば、審査に通る可能性があります。上で述べたように、金融事故の内容によって7年程度までは記録が保管されるため、その期間を待って審査に申し込むといいでしょう。

なお、そのあいだ、支払いを滞納せずポジティブな信用情報を積み上げておくことも大切です。

ほかの方法を検討する

できるだけ月々の負担を抑えて車を持つ方法は、ローン購入以外にもあります。車に特にこだわりがなく、一時的に利用するだけなら、カーシェアリングやレンタカーが便利です。

また、好きな車に乗りたい、好きなときに車を使いたいといった場合は、カーリースという選択肢があります。カーリースは、初期費用が不要で、毎月定額料金を支払うだけで、リース会社が用意した新車に乗れるサービスです。

カーリースにも審査がありますが、ローン審査に落ちた方が審査に通ったケースもあり、ハードルが低いといわれています。実際に、以下のような口コミもあります。

20代男性・東京都在住

軽自動車を買うために、頭金30万円、借入希望額100万円で銀行系マイカーローンに申し込み落ちました。年収が180万円で低く、貯金もなかったことが原因だと思います。毎日車を使うつもりはなかったので、カーリースがお得かなと思い、安いプランで申し込んだら通ったんです。月々安く乗れて助かっています。

30代女性・千葉県在住

年収200万円強で銀行系マイカーローンに通りませんでした。なんとしても車が欲しくて友人に相談したら、所有しなくてよければとカーリースを教えてもらいました。連帯保証人を立てて、トヨタ「ヴォクシー」を契約。走行距離制限は気になりますが、維持費がかからずとても経済的だと思います。

ローンよりも手軽に車を持てた!審査のハードルが低いと話題のサービス

ローンよりも手軽に車を持てた!審査のハードルが低いと話題のサービスをイメージした画像

ブラックリストに載ると、履歴が消えた後でもしばらくのあいだは車のローンに通るのが難しいでしょう。そのようなときは、車のローンよりも審査のハードルが低いとされる今話題の方法で、ローンを組まずに車に乗ることも検討してみましょう。

ローンを組まずに月々払いで車を持てる方法とは

月々定額の利用料を支払って、マイカーのように自由に車に乗れるカーリースという方法であれば、ローンを組まずにカーライフを実現できます。

カーリース(車のサブスク)の仕組みを解説した図。カーリース会社はマツダ、スバル、スズキ、ダイハツ、三菱、トヨタ、日産、ホンダといった自動車メーカーから契約者専用の車を調達して貸し出し、契約者は毎月定額の料金を支払って利用することがわかる。

カーリースとは「車のサブスク」ともいわれる車の利用手段の一つで、リース会社が契約者に代わって購入した車を月々定額の料金で貸し出してくれるサービスです。自身で車を購入しなくていいため、ローンを組む必要がありません。

カーリース(車のサブスク)の残価設定を解説した図。車両本体価格のうち、残価は返却を前提としていることで支払いが不要となり、残りの部分だけを分割して支払うため、購入するより安くなることがわかる。

最初に期間を決めて利用する仕組みになっていることから、支払う車両本体価格は利用年数に相当する金額だけに抑えられ、購入するよりも安くなります。

また、月額料金は総額を契約月数で分割するため、月額10,000円台で利用できるサービスも多く、年間の支払総額を抑えやすいといったメリットもあります。

審査のハードルが低いといわれる理由

カーリースの利用においても、月額料金を支払い続けられる安定した収入があるかといったことを確認する審査は行われます。ただし、審査対象となる総額や年間の支払総額が抑えやすいことから、車を購入するよりも審査のハードルは低めといわれています。

前項でご紹介した口コミのように、実際に車のローンに落ちたけれど、カーリースでは審査に通り、念願の新車を手に入れた方も大勢います。

業界最安水準の料金で利用できる「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、審査対象となる金額をさらに下げやすいといえます。審査申込みは5分程度の簡単な入力だけなので、試しにこちらからお得に車を持てるかチェックしてみましょう。

最短即日で審査結果がわかるお試し審査!かんたん5分とりあえず試してみる

ブラックリストでも車を諦めなくていい。購入にこだわらないことが大切

ブラックリストでも車を諦めなくていい。購入にこだわらないことが大切をイメージした画像

ブラックリスト掲載者でも車のローンに通った事例はあるだけに、車を諦める必要はありません。とはいえ、実際に審査に通ったケースのある自社ローンは、経済的な負担が大きくなる可能性があります。

そのため、購入にこだわらず、レンタカーやカーリースを利用するなど、無理なく車を持てる方法まで選択肢を広げて検討してみましょう。

審査結果は受けてみないとわかりませんが、審査対象の金額が下がれば、審査のハードルも下がる傾向があります。購入するよりコストを抑えられるカーリースで、さらに安い月額料金で申し込めば、念願の新車ライフが叶うかもしれません。

後から車種やプランは変えられるのでお気軽に!

業界最安水準の料金で申し込める!人気のカーリースで審査を試してみる

※この記事は2024年1月時点の情報で制作しています

Q1ブラックリストでも車のローンに通ったって本当?

ブラックリストに載っていても、信販会社を通さない自社ローンなら審査に通ったという口コミが多くありました。なお、連帯保証人を立てたり、返済能力があることをアピールしたりと、審査に通るための対策をしている方が大半です。口コミはこちらからご覧になれます。

Q2ブラックリストでも車のローン審査に通るための対策は?

まずは信用情報の開示請求を行って、どのような情報が記録されているかを確認しましょう。中にはブラックリストに載っていなかったり、履歴が消えていたりするケースもあります。そのほかの対策についてはこちらでご説明しています。

Q3ローンを組まずに車に乗れる方法はある?

初期費用不要で月額定額制のカーリースは、ローンを組まずに新車に乗れる方法です。車のローン審査に落ちた方の利用実績もあり、ブラックリストの履歴が消えた後なら審査に通る可能性があるでしょう。

この記事の監修者

乙川 由佳

ファイナンシャルプランナー

乙川 由佳おとがわ ゆか
twitter

自身の老後生活に対する不安からお金の勉強を始め、現在はファイナンシャルプランナーとして、同じような思いをお持ちの方のご相談に乗っています。ライフスタイルが多様化する現代では、それぞれが違った不安や夢を抱いています。漠然とした不安を可視化し、一人ひとりに寄り添った最適な選択のお手伝いをいたします。

2024年3月
最新人気ランキングRanking

  • カーリース会社
  • 利用車種

カーリースを口コミで比較Review

  • スズキ スペーシア

    30代女性

    東京都

    専門職

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    走行距離制限が無制限なので、安心して毎日乗れて、行動範囲も広がりました。ボーナス払いなしで安く車が持てたのも大きいですね。対応もスピーディーで満足しています。

  • トヨタ CH-R

    30代男性

    北海道

    会社員

    KINTOトヨタ「CH-R」を利用中

    サポートが良く、トヨタという安心感があります。トヨタ車のラインナップが多いのもいいですね。でも、最低でも3年の契約が必要で、月額料金も高いのは難点。月々60,000円払っています。

  • ホンダ NBOX

    20代男性

    福島県

    会社員

    カーコンカーリースホンダ「N-BOX」を利用中

    決め手はもらえること。利便性が高く使いやすいし、適切な対応がされているアフターサポートだと思います。お値段なりのサービスを提供していると思います。

  • 日産 セレナ

    20代女性

    神奈川県

    会社員

    オリックス・カーリースオンライン日産「セレナ」を利用中

    対応やアフターサービスは良いと思います。迅速丁寧で好感が持てます。ただ、もっと料金やオプションの部分が明確だといいと思いました。次は数社で比較して決めようと思います。

  • トヨタ プリウス

    30代男性

    兵庫県

    技術職

    コスモMyカーリーストヨタ「プリウス」を利用中

    点検をしっかりやってくれた。メンテナンスなどもお任せできて便利だが、車種を妥協しても予算を超えてしまったので、少し高いと感じる。

  • ホンダ NBOX

    30代女性

    埼玉県

    自営業

    おトクにマイカー 定額カルモくんスズキ「スペーシア」を利用中

    急ぎで車が必要だったのですが、何社か断られた中で唯一動いてくれて、間に合わせてくれました。対応もすごく丁寧で信頼できます。契約期間が途中で変えれたらもっといいなと思います。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    埼玉県

    会社員

    ENEOS 新車のサブスクトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    選べる車種が少ないのは気になりましたが、2年ごとに乗り換えられるのは魅力です。ENEOSで相談できるのも助かります。ただ、店舗に詳しいスタッフがいなくて困ったことがありました。

  • トヨタ カムリ

    20代男性

    福島県

    会社員

    ニコノリトヨタ「カムリ」を利用中

    KINTOより安かったので決めましたが、アフターサポートが思っていたより充実していてよかったです。基本的なところがしっかりしています。走行距離制限が短いのはなんとかしてほしい。

  • トヨタ ヴォクシー

    40代女性

    兵庫県

    専業主婦

    KINTOトヨタ「ヴォクシー」を利用中

    対応がとても親切で満足しています。数年で気軽に乗り換えられるのもいいと思います。ただ、価格は他社に比べて高めなので、グレードを落とさざるを得なかったのは残念です。

ローンより楽に新車を持てる方法で まずは審査に通るか試してみる
ローンより楽に新車を持てる方法で まずは審査に通るか試してみる