• TOP
  • Amazon
  • 『Audible(オーディブル)』使い方 Amazonのオーディオブック配信サービス

プロの朗読で書籍を読み上げてくれる「聴く本」、それがオーディオブック(ボイスブック)です。オーディオブックを提供、販売するサービスはいくつかありますが、中でも有名なのがAmazonを母体とした『Audible(オーディブル)』。

『Audible』では40万冊以上の書籍を収録しており、会員になれば月額1,500円でお得に毎月1冊のオーディオブックを購入可能。プロのナレーター・声優による臨場感たっぷりの朗読を楽しめます。

本記事では『Audible』の概要、料金・システム、他サービスとの比較、利用方法まで、これから始める人に向けて詳しく解説していきます。

『Audible』とは 収録数約40万冊。声のプロが読み上げ

Audible.Inc.社が提供しているオーディオブック(『Audible』では「ボイスブック」と呼称)サービス。現在はAmazonを母体としており、ビジネス・自己啓発・小説・洋書・ライトノベルなど約40万冊にも及ぶオーディオブックを販売しています。

書籍の朗読はプロの声優・俳優、または著者本人が担当。実用書はわかりやすく、小説は臨場感たっぷりに、紙の本や電子書籍にはない読書体験を味わえます。

初回30日間無料。登録はこちらから

PR Audible(オーディブル)
『Audible』ホーム画面

▲話題の書籍を中心に、約40万冊にも及ぶラインナップ。もちろんその全てに朗読が入っている。

『この素晴らしい世界に祝福を!』ライブラリー画面

▲ライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』では、雨宮天さんらアニメ版の声優陣が朗読を担当するなど嬉しいファンサービスも。

オーディオブック(ボイスブック)とは

書籍を一字一句余さず朗読した「聴く本」の事。本を持たなくていいので、電車の中や料理中など、時間がある時にいつでも聴ける、字を目で追うより手軽など、書籍には無いメリットが特徴。アメリカでは広く普及しているほか、日本でもスマホの普及に伴い知名度を上げつつあります。

オーディオブックの詳しいメリットや主要なサービスはこちら

『オーディオブック』アプリおすすめ6選 「聴く本」のメリットとは - Appliv TOPICS

月額会員がお得。月1,500円で好きなタイトル1冊をもらえる

『Audible』は誰でも利用できますが、月1,500円(税込)で会員登録すると断然お得になります。なぜなら毎月コインが1個配布され、好きなボイスブック1冊と交換できるから。

ボイスブックの相場は1冊あたり2,000円~3,000円。高価なものでは1万円を超えるものも。つまり1冊でも買う予定があれば会員登録をしない手はないという事です。

ほかにも会員だけの特典は盛りだくさん。詳細は以下のとおりです。

Audible会員特典

・毎月コインが1つ付与され、好きなタイトル1冊と交換可能
・交換した本は退会後も残る
・購入する際も、全タイトルが30%OFFで購入可
・購入したボイスブックの返品・交換が可能
・会員専用のショートコンテンツ「Audible Station」を利用可能

※初回30日間の無料期間あり

毎月コインが1つ付与され、好きなタイトル1冊と交換可能。退会後も残る

Audible会員の一番大きな特典が、コインを使った交換でしょう。通常2,000円~3,000円するボイスボックをお得に交換できるのは上述の通り。

もう一つ重要なのが、交換したボイスブックは退会後も残る事です。これは聴き放題にない利点で、気に入ったボイスブックを永久保存できるという事。初回30日間無料体験もあるため、好きなボイスブックを1冊もらえるのです。

コインの案内画像

▲毎月付与されるコインと、好きなボイスブックを1冊交換。交換したボイスブックは退会後も聴ける。

購入の際も、全タイトルが30%OFFで購入可

Audible会員になれば、ボイスブック全タイトルを30%OFFで購入できます。コインの交換だけでは物足りない人も、お得に本を買えるのは嬉しいですね。

購入したボイスブックの返品・交換が可能

kindle版と間違えてボイスブックを買ってしまった時など、購入後に何か問題があった際の返品が可能です。購入に使ったコインやお金も戻ってくるので安心。戻ってきたコインやお金で別のタイトルの購入もできます。

ただし交換回数は限られており、購入と返品の無限ループはできないようになっています。あくまで常識の範囲内で利用しましょう。

『Audible』の交換画面

▲スマホでの返品は若干手順が複雑。本記事で詳しく解説するので参考に。

会員専用のショートコンテンツ「Audible Station」が聴き放題

Audible会員になれば、追加料金なしで『Audible Station』を利用できます。ビジネスの要約本からニュース、お笑い、落語、ヒーリングまで、バラエティ溢れるチャンネルが目白押し。新たにボイスブックを購入せずとも、様々なコンテンツを楽しめます。

Audible Station

▲ビジネス書やニュース、落語など、バラエティ豊かなチャンネルが追加料金なしで聴き放題。

Audibleの料金はいくら?支払い方法は? audiobook.jpとお得さを比較 - Appliv TOPICS

最初の12ヶ月980円など、不定期でお得なキャンペーンが実施

『Audible』では不定期にお得なキャンペーンが実施されます。たとえば2019年10月2日~2019年10月31日までの新規登録で、月額料金が最初の12ヶ月間980円になる、2019年3月26日から2019年5月8日まで、ボイスブックを聴くと最大3,000Amazonポイントをもらえるキャンペーンがありました。

キャンペーンを把握していれば、『Audible』をさらにお得に利用できるのです。

980円キャンペーン

▲月額1,500円のところを月額980円。12ヶ月で6,240円もお得に。

聴けば聴くほどキャンペーン

▲1日5分ボイスブックを聴くだけで、最大3,000ポイントがもらえた「聴けば聴くほどキャンペーン」。

Amazonプライム会員限定のキャンペーンが実施されることも

Amazonと言えば、月額500円(税込)または年額4,900円(税込)でお急ぎ便やプライム・ビデオなど様々なサービスを受けられる「Amazonプライム」が有名ですね。

こちらも不定期ですが、『Audible』でプライム会員限定のキャンペーンが実施される事もあります。過去にはプライム会員限定で3ヶ月無料や、最初の3冊無料のキャンペーンがありました。

他社競合サービス『Audiobook.jp』『kikubon』との比較

『Audible』以外にもオーディオブックを提供しているサービスはたくさんあります。今回はその中でも代表的な『Audiobook.jp』、『kikubon』と比較し、それぞれの特徴を見てみましょう。

Audible Audiobook.jp kikubon
作品数 約40万冊 約2万6000冊 352冊
ジャンル数 32 9 14
価格帯 \300~\11,550 \33~\29,700 \100~\9,720
聴き放題 - ○(※) -
無料作品 -
DL再生
速度調節 0.5倍~3.5倍 0.5倍~4.0倍 -

▲2019年10月23日時点でのデータ
※月額750円(税込)。聴き放題プラン対象の作品(約1万冊)のみ対応。

『Audible』の収録作品数40万は圧巻の一言。他にも毎月貰えるコインで、1万円を超えるオーディオブックを交換できるという魅力があります。

一方『Audiobook.jp』は月額750円(税込)の聴き放題サービスがあるのが魅力。『honto』は作品数こそ少ないですが、『銀河英雄伝説』や『創竜伝』などの小説に特化しており、『honto』でしか買えないオーディオブックがたくさんあります。どのサービスも何かしらの売りがある状況と言えます。

初回30日間無料。登録はこちらから

PR Audible(オーディブル)

『Audible』のメリット・デメリット

他サービスとの比較を考慮した上で、『Audible』にはどんなメリットやデメリットがあるのか。ここで一度確認みましょう。

メリット

業界トップの約40万冊! 圧巻の収録作品数

オーディオブックは書籍1冊分を全部朗読する必要があるため、その分のコストと収録の手間がかかります。

他のオーディオブックサービスでは収録数は多くても2万冊ほど。『Audible』の40万冊がどれだけ抜きん出た数字かお分かりいただけるでしょう。

『Audible』のカテゴリー画面

▲カテゴリーも充実の32種類。ビジネス・経済、自己啓発、言語学、娯楽まで何でもござれ。

ナレーションのプロや著者が伝える、本の魅力

これは『Audible』に限った話ではないですが、全ての本で声のプロフェッショナル、もしくは著者本人が朗読を行っています。

プロの朗読ならばわかりやすく、且つ臨場感たっぷりに。著者であれば本人ならばこその「熱」を込めて朗読してくれる……!これは紙の本や電子書籍では決してできない体験です。

タイトルの交換可能、限定コンテンツなど、会員サービスが充実

かつては『Audible』にも聴き放題サービスがあり、残念ながら終了してしまいました。ですが月1,500円の有料会員特典はサービス満点です。

毎月好きなタイトルと交換できるコイン制や、追加料金なしで楽しめる限定コンテンツなど、使いこなせば値段以上の満足感を得られるはず。『Audible』を利用するなら会員登録はほぼ必須と言ってもいいでしょう。

デメリット

紙の本や電子書籍に比べると割高感が否めない

声をあてるコストがかかる以上仕方のない事ですが、やはり紙の本や電子書籍に比べると価格が高い印象は否めません。

ただ先述のように本を声で聴くことのメリットは多分にあるので、値段だけで判断せず一度オーディオブックを体験して欲しいところ。無料期間もあるので、気軽にお試しもできます。

▲安さで書籍を取るか、聴く本のメリットでAudibleを取るか、悩ましいところ。

支払いはクレジットカードのみ

『Audible』はAmazonを母体とするサービスですが、Amazonギフトカードや電子マネーは利用できず、支払いはクレジットカード限定です。クレジットカードを作ったことがない学生などには少々ハードルが高い仕様となっています。

購入はWeb、再生はアプリなど、スマホでの使い方が若干複雑

iOS限定ですが、アプリでボイスブックの購入はできず、購入はWeb(ブラウザ)から行う必要があります。またiOS・Android共に、ボイスブックの返品やAudibleの退会はブラウザをデスクトップ表示にする必要があります。操作がアプリ単体で完結しないのは少々面倒。

会員登録から購入、退会までの手順については本記事で詳しく紹介するので、これから『Audible』を利用する人は参考に進めてください。

『Audible』の評判・レビュー

メリットもデメリットもある『Audible』。では実際の使用者はどんな感想を抱いているのか、Applivやアプリストアに寄せられたレビューを参考に確かめてみましょう。

ユーザーのレビュー・感想・口コミ

ApplivやApp Store、Google Playに寄せられたレビューからの抜粋です。

「本を読むのではなく聴いて楽しめます。ビジネス書から日本文学まで、様々な作品をプロのナレータの音声で読みあげてくれるってすごいですよね?」

「長距離通勤&一部満員電車の私には持って来いのサービスです。」

「すっっごくお得に朗読音声を購入できますよ??本一冊の値段、それに声をつけるのにかかる費用、たぶんそんなに利用者がいないこと、これらを考えるとなんとまあ安いことか。」

「価格が予想以上に高い。 せめて月に2コインにしてほしい。」

「今までの量の半分ぐらいでいい、新しい聴き放題プランを作ってください!」

「退会手続きが簡単にできない。機能自体は良いけど、月額が安くはない。」

「出勤中や寝る前に聞いています。 最初は声で本を読むということに抵抗感があり内容が頭に入ってきませんでしたが、慣れるとむしろこっちがいいです。 何か作業しながら本の内容を知れるのでラジオ感覚でも使っています。 あとタイマー機能がすごくいい。使えます。」

やはり声を仕事にしているプロの朗読に魅力を感じるユーザーが多く見受けられました。

一方で月額1,500円のコイン制に対しては、音声付きなら安いという意見もあれば、高いという声も。聴き放題プランの復活を要望する声も多く、ここが評価の分かれ目となっています。

また退会手続きが簡単にできないなど細かな機能面の不満も一定数ありました。

『Audible』の使い方。会員登録・購入・返品・退会まで

特徴を把握した所で、『Audible』の実際の使い方の解説に移ります。まずはお得がいっぱいの会員登録の手順を確認していきましょう。

なお本記事ではiOSを使って解説します。Androidでは会員登録や本の購入がアプリでできるなど、少々簡単になっています。

『Audible』会員登録方法 30日間の無料体験あり 

『Audible』はAmazon、もしくは「Audible.Inc.社が直接運営するAudibleのWebサイト(www.audible.co.jp)」で利用できます。

会員情報をAmazonアカウントで同期するので、好きな方を利用して構いません。本記事ではAmazonでの会員登録方法を解説します。

Amazonでの会員登録はこちらから

PR Audible(オーディブル)

1.上記リンクにアクセスし、[最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。]をタップ

[最初の1冊は無料。~]をタップ

2.[30日間の無料体験を試す]をタップ

[30日感の無料体験を試す]をタップ

3.Amazonのアカウントでログイン

Amazonのアカウントでログイン

4.[無料体験を試す]をタップ

もしクレジットカード情報を登録していない場合は、登録してから[無料体験を試す]をタップしてください。

[無料体験を試す]をタップ

5.「ようこそ、Audibleへ!」と出れば登録完了

会員登録完了画面

ボイスブックの購入方法

会員登録が済んだら、早速ボイスブックを購入してみましょう。iOSではアプリから購入ができず、Web版から行います(アプリでサンプルの再生は可能)。なおAndroidではアプリから購入できます。

ボイスブックの購入はこちらから

PR Audible(オーディブル)

1.上記リンクにアクセスし、欲しいボイスブックを検索

おすすめ、ランキング、検索バーの3種類の方法でボイスブックを探せます。

Audible会員用のトップページ

▲Audible会員用のトップページ。検索やランキングをチェックできる。

ランキング画面

▲ランキング画面。売れ筋、新着、ほしい物、人気ギフトの4種のランキングがある。

検索結果画面

▲検索も可能。欲しい書籍が見つかったら、タイトルをタップ。

2.[Audibleコインで購入]をタップ

Auddibleコインを使い切っている場合でも、Audible会員なら30%OFFで購入できます。

[Audibleコインで購入]をタップ

3.Amazonのアカウントでログイン

Amazonのアカウントでログイン

4.「さあ、聴いてみよう!」と表示されれば購入完了

ボイスブック購入完了画面

購入したボイスブックの再生方法

ボイスブックを購入できたら、いよいよ再生です。再生にはアプリが必要なので、アプリストアからダウンロードしましょう。

Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.

3.13

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

1.アプリを起動し、Amazonアカウントでサインイン(初回起動時のみ)

『Audible』のアプリを起動し、Amazonアカウントでサインイン

2.「ライブラリー」をタップ→購入したボイスブックをタップ

「ライブラリー」には自分が購入したボイスブックの一覧が表示されており、ボイスブックをタップするとスマホへのダウンロードが始まります。

[ライブラリー]→ボイスブックの順にタップ

3.ダウンロードが終わったら、もう一度ボイスブックをタップ

ボイスブックをタップ

4.ボイスブックの再生開始

ボイスブックをタップすると、専用のプレーヤーが起動し再生されます。プレーヤーには30秒戻し、倍速など様々な機能が備わっています。

ボイスブックの再生画面

ボイスブックの返品方法

購入したボイスブックに何か不具合があった場合など、365日以内であれば会員限定で購入したボイスブックを返品可能です。購入に使ったコインや現金は戻ってきて、別のボイスブックの購入も可能。

ただしあくまで不具合や誤購入のためのサービスです。悪用すると何らかのペナルティが下される可能性がある事を覚えておいてください。

なおボイスブックの返品はAmazonではできず、「Audible.Inc.社が直接運営するAudibleのWebサイト(www.audible.co.jp)」から行います。

ボイスブックの返品はこちらから

Audible (オーディブル)

1.上記リンクにアクセスし、ブラウザをデスクトップ表示にする

ボイスブックの返品は、AudibleのサイトにPCからアクセスするか、スマホでデスクトップ表示にする必要があります。

デスクトップ表示にする方法

▲Safariの場合、アドレスバー左の[AA]→[デスクトップ用Webサイトを表示]の順にタップすると、デスクトップ表示になる。

2.[(アカウント名)さん、こんにちは!] → [アカウントサービス]をタップ

[(アカウント名)さん、こんにちは!]はページ最上部にあります。

[アカウントサービス]を選択

3.Amazonアカウントでサインイン

Amazonアカウントでサインイン

4.[購入履歴(返品)]をタップ

[購入履歴(返品)]をタップ

5.返品したい本の[返品する]ボタンをタップ

返品したい本を探し[返品する]をタップ

6.返品理由を選択し、[返品する]をタップすると返品完了

返品理由を選択し[返品する]をタップ

Audible会員の退会方法

Audibleは無料期間が終わると自動的に有料登録に切り替わるため、無料期間で終わらせたい場合は期間内に退会手続きを行う必要があります。

Audibleの退会手続きは、返品の時とAudibleサイトをデスクトップ用に開いて行います。

退会はこちらから

Audible (オーディブル)

1.上記リンクにアクセスし、ブラウザをデスクトップ表示にする

デスクトップ用サイトを表示

2.[(アカウント名さん)、こんにちは!] → [アカウントサービス]をタップ

[アカウントサービス]をタップ

3.Amazonアカウントでサインイン

Amazonアカウントでサインイン

4.[退会手続きへ]をタップ

[退会手続きへ]をタップ

5.[このまま退会手続きを行う]をタップ

[このまま退会手続きを行う]をタップ

6.退会理由を選択し[次へ]をタップ

[次へ]をタップ

7.[退会手続きを完了する]をタップすると退会完了

[退会手続きを完了する]をタップ

会員なら使うほどお得に。読書家向けのオーディオブックサービス

たとえ聴き放題がなくても、他社サービスとは比較にならない作品数が魅力の『Audible』。さらに会員になれば月1冊お得にタイトルを購入可能で、使えば使うほどお得になっていきます。

まずは”聴きたい”作品があるかどうか、次にコストパフォーマンスを吟味した上で利用を考えてみてください。

PR Audible(オーディブル) 初回30日間無料

こちらの記事もおすすめ

Amazonプライムとは? 14のメリットや、年会費・無料体験方法など解説 - Appliv TOPICS
Amazon読み放題サービス『Kindle Unlimited』 メリット・デメリット、解約方法など - Appliv TOPICS
Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.

3.13

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る