AmazonのオーディオブックサービスであるAudible(オーディブル)」では30日間無料で体験できます。無料体験中も通常の会員と同様に、12万タイトル以上のオーディオブックやポッドキャストが聴き放題になります。

本記事では「Audible」の無料体験期間や登録・解約の方法、メリット・デメリットなどを紹介します。

CHECK!!

Amazonの音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」が今だけ最大4ヶ月無料! 10/13までの期間限定です。

アカウントによって3ヶ月無料か4ヶ月無料に分かれているようです。自分がどちらかはAmazon公式サイトでチェックしてみてください。

\登録はこちらから/

Audibleを30日間無料で体験する
Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

「Audible」とは?

Audibleのトップページ

Audible(オーディブル)」とは、Amazonが提供するオーディオブックサービス。「Audible」は約40万冊が読み放題というオーディオブックサービスの中でも屈指の配信数を誇っています。

2022年1月27日より有料会員はオーディオブック、ポッドキャストなど12万以上のコンテンツが聴き放題になりました。

以下、これまでと聴き放題制との違いを簡単にまとめました。

これまでと聴き放題制の違い

これまで 聴き放題制(1/27〜)
価格 1,500円 1,500円
聴き放題の対象 ポッドキャストのみ 12万以上のオーディオブック、ポッドキャスト
コイン 毎月1枚もらえる 支給終了
再生方法 オフラインのみ オフライン/ストリーミング

これまでは毎月1枚もらえていたコインでオーディオブック1冊と交換でき、追加で読みたい場合は購入する必要がありました。

2022年1月27日からは月額料金は1,500円のまま、オーディオブックやポッドキャストなど12万以上のタイトルが聴き放題に。さらにオフライン再生に加えて、ストリーミング再生にも対応しました。

聴き放題制になっても、初回登録時は30日間無料で体験できます。2ヶ月無料や3ヶ月60%OFFなどのキャンペーンが開催されることもあるので、Audibleの公式サイトをチェックしましょう。

「Audible」は無料体験できる?

はじめてオーディオブックサービスを使うなら、無料体験してみたいですよね。

「Audible」にはお試し期間があります。詳しく解説していきます。

30日間の無料体験できる!

「Audible」には、30日間の無料お試し期間があります。月額1,500円分まるっとお得になるので、もし利用するかどうか迷っている方は試してみましょう。

30日間の無料体験中に解約しても、無料期間終了日まではサービスを利用できます。

料金は登録後31日目に発生

料金が発生するのは、登録から数えて31日目から。たとえば、7月1日に登録したら料金が発生するのは7月31日からです

次回請求日を確認する方法

「Audible」のPCサイトからアカウントサービスを開きましょう。

Audibleの請求画面

無料お試し期間のみ利用する場合、この日付より前に解約することを忘れないようにしましょう。なお、無料体験後の請求は一括です。たとえ月の途中で解約しても、日割り計算はされず1,500円が請求されます。

聴き放題の対象タイトルの見分け方

聴き放題の対象タイトル、対象外の作品の見分け方を紹介します。

聴き放題作品には再生ボタンがある

聴き放題作品には再生ボタンがあります。また「ライブラリーに追加」「その他のオプション」などのボタンもあります。

聴き放題タイトル

▲聴き放題タイトルの例。

対象外のタイトルには購入ボタンがある

対象外のタイトルには購入ボタン、ウィッシュリストなどのボタンがあります。ウィッシュリストに追加しておけば、次に聴きたいタイトルを保存しておけます。

聴き放題対象外のタイトル

▲聴き放題対象外のタイトルの例。

2回目の無料体験はできる?

無料お試し期間が使えるのは1回だけです。一度登録した後に解約し、再度登録する際は無料では使えないのでご注意ください。

「Audible」の料金・支払い方法

ここからは「Audible」の料金体系を解説します。

料金プランは1種類

「Audible」の料金プランは1種類だけ。月額1,500円で会員になれます。

ビジネス書やハードカバーは一冊1,500円以上するものですから、日頃から本を購入する方にとっては一般的な価格帯でしょう。

「Audible」の支払い方法

「Audible」の支払いはクレジットカード、デビットカードのみ対応しています。コンビニ払いや銀行振込ができないのはもちろん、Amazonギフトカードや電子マネーも使えません。

なお、Amazon会員の方は登録しているカードで支払いができます。

料金について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

Audible(オーディブル)の料金は?聴き放題?無料体験はある? 使い方を徹底解説

「Audible」のメリット

ここからは「Audible」の優れている点、メリットをご紹介します。

購入したタイトルは解約後も読める

「Audible」で一度購入した本は、解約後も読むことができます。事前に購入しておいて時間ができたら聴けば良いので、気持ちに余裕が生まれますね。

機械ではなく「人」に読んでもらう快適さ

本を読み上げるのは、声優や著者自身です。機械とは違い、自然な抑揚で聴きやすく朗読してくれます。

日常生活で朗読を聴く機会はなかなかありません。本の内容がより頭に入ってきます。

ストリーミング、オフライン再生もOK!

「Audible」のアプリではオーディオブックのストリーミング再生が可能。Wi-Fiがなくてもオーディオブックを再生できるので、通勤中や外での作業中でも聴けます。

またオフライン再生も可能。データ通信量が気になる方は事前にダウンロードしましょう。

Audibleの再生画面

30%OFFで追加購入可能

「Audible」の会員であれば、オーディオブックが30%OFFで購入できます。

「Audible」のオーディオブックの相場は1冊あたり2,000~4,000円と、電子書籍や紙の本と比べても高いです。30%OFFで購入できるのは大きなメリット。

「Audible」のデメリット

ここからは「Audible」のデメリットを紹介します。

紙の本や電子書籍に比べると割高感が否めない

オーディオブックは声をあてるコストや手間がかかってしまうため、紙の本や電子書籍に比べると少し割高になってしまいます。

ただ先述のように本を声で聴くことのメリットは十分にあるので、値段だけで判断せず、まずは一度オーディオブックを体験してみてください。30日間の無料体験もあるので、気軽に試せます。

Amazonの書籍種類の選択画面

▲会員であれば30%OFFで購入可能。

支払いはクレジットカード/デビットカードのみ

「Audible」で利用できる支払い方法は、請求先住所が日本国内のクレジットカードまたはデビットカードのみ。Amazonギフトカードや電子マネーは利用できません。

なお、デビットカードは口座を持っていれば作れるので、比較的簡単に入手できます。クレジットカード、デビットカードを持っていない方は、まずどちらかのカードを作成するところから始めましょう。

購入はWeb、再生はアプリなど、スマホでの使い方が若干複雑

iOS、iPad OSのアプリではオーディオブックを購入できず、ブラウザから行う必要があります。操作がアプリ単体で完結しないのは少々面倒。

会員登録から購入、退会までの手順については本記事で後述しているので、これから「Audible」を利用する方は参考にしてください。

「Audible」登録方法

「Audible」の登録手順は以下の通りです。ブラウザで登録後にアプリからログインする手順を解説します。

1. Audibleにアクセスし、登録開始

Audibleのブラウザのトップページ

2.Amazonアカウントでサインイン

Amazon非会員の方は、事前に登録しておきましょう。

Amazonアカウントログイン画面

3.「30日間の無料体験を試す」をタップ

Audible登録完了画面

これで会員登録は完了ですが、本を聴くにはアプリも必要なのでインストールまで進めます。

4.アプリストアから「Amazonオーディオブック」をインストール

Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

5.インストール完了後、サインインする

Audibleアプリのサインイン画面

これで登録と利用する準備が完了しました。

「Audible」で本を購入する方法

「Audible」では、著書を購入するのはブラウザから、再生するのはアプリからと、使い分けが必要です。アプリ内で購入はできず、スマホのブラウザではサンプル再生しかできません。

PCだとブラウザで再生できますが、こちらはダウンロードができないです。

1.ブラウザで買いたい本を選び、購入

Audibleの購入画面

2.「注文を確定する」をタップ

Audibleの注文確定画面

3.「Audibleアプリで聴く」をタップ

Audibleアプリへの遷移画面

「Audible」で本を聴く方法

購入した本はAudibleアプリで再生できます。

Audibleアプリの再生画面

▲Audibleアプリの再生画面。

目次を選べば章ごとに再生が可能です。

速度の調整もできるので、ゆっくりとした音読をする本では1.2倍速でちょうどよいと感じました。0.5倍速から選べるので、例えば英語の著書をゆっくり再生することで英語学習にも使えますね。

「Audible」解約方法

解約はスマホアプリ及びスマホブラウザからはできません。PCもしくはPCブラウザからのみ可能です。

スマホからでもPCブラウザを表示すれば可能なので、今回はそのやり方を解説します。手順は以下の通りです。

1.Audibleブラウザ下部の「PCサイト」をタップ

Audibleブラウザの画面

2.ヘッダー部の名前をタップし、「アカウントサービス」をタップ

Audible PCサイト

3.「退会手続きへ」をタップ

Audible退会手続きの画面

4.該当する退会理由を選び、「次へ」

アンケート回答画面

5.「退会手続きを完了する」をタップ

退会完了画面
Audibleの解約・退会方法 休会との違い、コインや購入した本について徹底解説

無料期間を活用してお得に「Audible」を楽しもう

無料体験期間にコインと交換した本や購入した本は、解約後もそのまま聴くことができます。この期間をうまく活用し、オーディオブック生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

聴き放題! サブスク音楽配信サービス14社比較【2022版】 タイプ別おすすめ紹介
Amazon Musicは無料で利用できる! 料金プランやサービス内容を徹底比較