• TOP
  • LINE
  • 『LINE』トークの削除・復元方法 相手にバレる? 送信取消との違いに注意

色々な人とLINE(ライン)で友だちになっていると、「トーク」(トークルーム)がいっぱいになりますね。中には長く連絡を取っていないものも。そんな時にトークを「削除」していいものか、相手にバレると気まずいな、など色々悩むことも多いでしょう。

先に言っておくと、「トークの削除」は相手に伝わらないのでご安心ください。またバックアップを取っていれば、復元も可能です。

ほかにも本記事では「トーク」と「削除」の仕組み、削除手順について詳しく解説します。

そもそも「トーク」(トークルーム)とは? 「メッセージ」との違い

「トーク」とは別名「トークルーム」とも呼ばれ、いわば「メッセージをやり取りする場所」を指します。

「トーク」は画面下部のメニューから、ワンタッチでアクセスできます。「トーク」内でやり取りされるテキストや画像が「メッセージ」です。

『LINE』トークルーム内の画像

▲相手とやり取りする場所が「トーク」で、「トーク」内で交わされるテキストや画像が「メッセージ」。

『LINE』トーク一覧画面

▲画面下部の[トーク]ボタンから、自分が参加している「トーク」を一覧できる。

トークを「削除」するとどうなる?

トークを削除すると、自分のスマホからトークルームとトーク履歴がすべて消えます。そのため事前にバックアップを取って「復元」しない限り、再度メッセージを見られません。

なお相手にこちらの「削除」の情報が通知される事はありません。また「削除」後に新たに相手からメッセージが届いた場合も、きちんと表示されます。

『LINE』トーク削除前と削除後の比較

▲トークを「削除」すると、トーク一覧画面からトークルームが削除される。

『LINE』削除後にメッセージが届いた場合

▲「退会」や「ブロック」と違い、メッセージ履歴が削除されるだけなので、新たにメッセージが届いた場合はちゃんと表示される。

トーク(トークルーム)の削除方法

では実際にトークの削除をしてみましょう。iPhoneとAndroidで若干操作方法が変わりますが、流れはほぼ変わりません。

iPhoneでのやり方

1.削除したいトーク(トークルーム)を左スワイプ

削除したいトークを左スワイプ

2.現れたボタンの中から[削除]をタップ

[削除]をタップ

3.メッセージウィンドウ内の[削除]をタップすると、トークの削除完了

メッセージが表示されたら[削除]をタップ

Androidでのやり方

1.削除したいトーク(トークルーム)を長押し

削除したいトークを長押し

2.[削除]をタップ

[削除]をタップ

3.[はい]をタップ

[はい]をタップ

4.削除完了

削除完了

トーク内の「メッセージ」の削除方法

トーク全体ではなく、トーク内のメッセージを削除する方法も解説しましょう。なお「削除」と類似した機能に「送信取消」がありますが、そちらとは明確な違いがあるので注意してください。

メッセージのメニュー画面

▲同じメニュー内に表示される「削除」と「送信取消」。似たような機能でも、実際は大きく異なるので注意。

詳しくはこちら

LINE 送信メッセージの取り消し方 通知でバレる? 復元方法や削除との違いは?

メッセージ削除の前に:「削除」と「送信取消」の違い

削除

メッセージを「削除」した場合、メッセージが非表示になるのは自分のスマホ内だけです。そのため相手のトーク画面にはばっちり残っています。

また「削除」の場合は、トークルームと同様に復元が可能です。

送信取消

メッセージを「送信取消」した場合、自分と相手、両方でメッセージが見られなくなり、代わりに「メッセージの送信を取り消しました」のシステムメッセージが表示されます。

また復元が不可能という点も、「削除」と異なるポイントです。

「メッセージの送信を取り消しました」のメッセージ

▲「送信取消」をすると、自分と相手両方で「メッセージの送信を取り消しました」のメッセージが表示される。

メッセージの削除手順【iPhone/Android】

メッセージの場合、iPhoneとAndroidで画面デザインが若干異なる以外は、手順は同じです。

本記事ではAndroidの画面で説明します。

1.削除したいメッセージを長押し

削除したいメッセージを長押し

2.[削除]をタップ

[削除]をタップ

3.画面下部に表示された[削除]をタップ

この時削除したいメッセージの複数選択ができます。

画面下部の[削除]をタップ

4.「選択したメッセージは~」と表示されたら[削除]をタップ

[削除]をタップ

5.削除完了

削除完了

削除したトークやメッセージの復元方法

条件付きではありますが、「削除」したトークやメッセージは復元可能です。前提をよく理解した上で、うまく利用しましょう。

【前提1】トーク履歴のバックアップが必須

トークの復元には、トーク履歴がバックアップされている事が絶対条件です。慎重に行きたい場合は、削除前にバックアップを取っておくのが安全です。

【前提2】「送信取消」は復元不可

メッセージを「送信取消」した場合は、復元を行っても「メッセージの送信を取り消しました」のシステムメッセージが復元されるだけで、元のメッセージは復元できません。

「送信取消」は元のメッセージを「メッセージの送信を取り消しました」に置き換えるものと考えましょう。

バックアップ・復元手順

iOSならiCloudに、AndroidならGoogle ドライブにトーク履歴がバックアップ可能。あとはOSごとに復元操作を行えば完了です。

ただiPhoneの場合は1点注意点があり、トーク履歴の復元のために『LINE』アプリを再インストールする必要があります。

iPhone、Androidごとのバックアップと復元方法を簡単にまとめたので、参考にしてください。

iPhoneでのやり方

1.『LINE』の設定画面からiCloudにトーク履歴をバックアップ

2.『LINE』アプリをアンインストール後、インストールし直す

3.初回起動時の設定中、トーク履歴の復元確認画面が表示されたら[トーク履歴を復元]をタップ

こちらも参考に

【iPhone】LINEトーク履歴のバックアップ・引き継ぎ方法 機種変更も安心

Androidでのやり方

1.『LINE』の設定→[トーク]→[トーク履歴のバックアップ・復元]の順にタップ

2.[Google ドライブにバックアップする]をタップ(バックアップ完了)

3.復元時は「トーク履歴のバックアップ・復元」内の[復元する]をタップ

こちらも参考に

【Android】LINEトーク履歴のバックアップ・復元 機種変更時に引き継ぐ方法

「トーク」の「削除」は気楽に行っても大丈夫

「トーク」を「削除」しても相手には知られず、新たにメッセージが届けばきちんと表示されます。バックアップさえあれば復元も可能なので、気楽に削除して問題ありません。

もしトークルームのメッセージを遮断したい場合は、「ブロック」や「退室」を利用しましょう。

こちらの記事もおすすめ

【2020版】LINEの引き継ぎ方法 機種変更時に失敗しないやり方【iPhone/Android】
LINE「メンション(@名前)」とは? 使い方やリプライ機能との違いについて
LINE

LINE Corporation

4.46

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
LINEの使い方 まとめ

TAG