『U-NEXT』への登録を検討しているあなたは、「支払い方法が多すぎてどれを選べば良いか分からない……」と悩んでいるのではないでしょうか。

そこで本記事は『U-NEXT』のおすすめ支払い方法4選を紹介します。記事の後半では支払い方法や新規登録に関する注意点も述べているので、これを読めば『U-NEXT』をよりお得に利用できますよ!

【前提】『U-NEXT』には2つの料金プランがある

おすすめの支払い方法について確認する前に、『U-NEXT』を利用するうえでの前提を確認しておきましょう。実は『U-NEXT』には、「通常プラン」と「月額プラン1490」という2つの料金プランが用意されています。

通常プラン 月額プラン1490
月額料金(税込) 2,189円 1,639円
動画見放題
雑誌読み放題
無料ポイントの配布 ×
無料期間 ×
解約金 0円 1年以内に解約したら
5,000円(非課税)

一見すると「月額プラン1490」のほうがお得に見えますが、実はこちらには大きなデメリットがあります。いざという時に損をしないためにも、それぞれの違いを知ったうえで、どのプランに加入するか決めておきましょう。

通常プラン|見放題+読み放題+毎月1,200円相当のポイントを配布

通常プランとは動画の見放題や雑誌の読み放題に加え、毎月1,200円相当のポイントがもらえるオールインワンなプランです。

『U-NEXT』では主に、新作映画やマンガが有料作品として配信されています。しかしこの1,200円相当の無料ポイントのおかげで、課金することなく有料コンテンツを楽しめるのです。

また後述の月額プラン1490とは違い、無料期間や解約金に関する制限もありません。そのためあとから気が変わって解約した場合でも、余計なお金を支払わずに済みます。

月額プラン1490|見放題と読み放題のみ利用できる格安プラン

月額プラン1490とは簡単にいってしまえば、見放題と読み放題のみ利用できる格安プランです。通常プランよりも月額料金が550円(税込)安いため、4ヶ月使い続ければ約1ヶ月分の料金が浮きます。

ただしこちらにはデメリットが多いです。まず通常プランとは違い、無料ポイントが配布されません。そのため「今後有料作品が観たくなるかも……」という方には不向きです。

また月額プラン1490には、無料期間が用意されていません。さらに1年以内に解約すると、違約金5,000円(非課税)が発生します。それらを踏まえると、以下の方におすすめなサービスだといえるでしょう。

月額プラン1490がおすすめな人

  • 『U-NEXT』を1年以上使い続けることが確実な人
  • 有料作品に興味がない人

【シチュエーション別】おすすめの支払い・決済方法4選

おすすめの支払い・決済方法4選

  • クレジットカード決済
  • 楽天ペイ
  • キャリア決済
  • ギフトコード/U-NEXTカード

『U-NEXT』には多種多様な支払い方法がありますが、そのうちおすすめなのは上記の4つです。これらの特徴やメリットを具体的に確認していきましょう。

クレジットカード決済|クレジットカードのポイントが入る

利用可能なクレジットカードブランド

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブカード

クレジットカードは『U-NEXT』を利用するうえで、最もお得かつ無難な選択肢です。料金を支払うごとにカードのポイントが入るため、『U-NEXT』の実質的な月額料金が安くなります。支払い方法の変更にも対応しているので、新しいクレジットカードに切り替えるのも簡単です。

また『U-NEXT』では、都度課金者を対象としたポイント還元キャンペーンがおこなわれています。実はこの還元率が最大の40%になるのは、クレジットカード決済とAmazon.co.jp払いの2つだけです。

ただしAmazon.co.jp払いには大きなデメリットがあるため、有料作品を頻繁に観る方はクレジットカード決済一択だといえるでしょう。

楽天ペイ|楽天ポイントが貯まるうえ、クレカとの二重取りも可能

楽天ペイの操作画面

楽天ペイとは楽天が提供しているスマホ決済アプリのこと。こちらは街中のコンビニなどで使うことが一般的ですが、実は『U-NEXT』の月額料金を支払うこともできます。

その魅力は料金を支払うたびに楽天ポイントが貯まっていくことでしょう。同じく楽天が発行しているクレジットカード「楽天カード」を使えば、ポイントの二重取りも可能です。

ただし楽天ペイは、新規登録時にのみ選択可能です。たとえば『U-NEXT』登録時にクレジットカード決済を選んだ場合、あとから支払い方法を楽天ペイに切り替えることはできません。そのため楽天ユーザーの方は、よく検討したうえで支払い方法を決めてくださいね。

キャリア決済|銀行口座からの引き落としが使える

利用可能なキャリア決済

  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い

『U-NEXT』は主要な携帯会社のキャリア決済に対応しています。こちらは料金が銀行口座から引き落とされるため、とくにクレジットカードを持っていない方におすすめです。ただしこちらも楽天ペイと同じく、新規登録時にのみ選択可能です。

ギフトコード/U-NEXTカード|現金払いでお手軽

ギフトコード/U-NEXTカードの種類

ギフトコードやU-NEXTカードとは、店頭などで購入できるプリペイドカードのこと。主に「見放題タイプ」と「ポイント選択タイプ」の2種類があり、必要に応じて使い分けられます。現金で購入できるため、クレジットカード決済や銀行引き落としが不安な方におすすめです。

ただしこちらを使って登録作業を進めると、無料トライアルに加入できません。また無料トライアル中にコードを入力してしまうと、即座に有料会員へと切り替わってしまいます。そのため『U-NEXT』に登録する前や直後には使わないようにしましょう。

なお取り扱い店舗については、以下の公式サイトからチェックしてみてくださいね。

その他の支払い方法2種

その他の支払い方法2種

  • Amazon.co.jp(Amazonアプリ内課金)
  • Apple ID

『U-NEXT』には他にも、AmazonやAppleのサービスを利用した支払い方法が用意されています。しかしこれらの支払い方法には、非常に大きなデメリットがあります。そのため、特別な理由がない限り使わないようにしましょう。

Amazon.co.jp|雑誌やマンガに関するサービスが受けられない

『Amazon Fire TV』や『Fire TV Stick』を使っている方は、Amazonのアプリ内から『U-NEXT』の月額料金を支払えます。しかしこの支払い方法には以下の3つのデメリットがあります。

Amazon.co.jpで支払うデメリット

  • 雑誌が読み放題ではない
  • マンガや書籍を購入できない
  • 子アカウントに購入制限をかけられない

とくに雑誌の読み放題が利用できないのは、かなり手痛いといえるでしょう。また子アカウントへの購入制限もかけられないので、家族の誰かが誤って動画をレンタルしてしまうケースも考えられます。

そのため「書籍サービスやファミリーアカウントを使う予定はない」という方だけ利用するようにしましょう。

Apple ID|月額料金が2,400円(税込)に増えるので注意

『U-NEXT』はApple IDで月額料金を支払うこともできます。しかしこの支払い方法は基本的に非推奨です。というのも月額料金が2,189円→2,400円(税込)へとアップされてしまうからですね。

逆にApple IDで支払うメリットはほとんど見当たらないため、特別な理由がない限りは選ばないようにしましょう。

支払い・新規登録に関する注意点

40%のポイント還元を受けるならクレジットカード一択

『U-NEXT』はポイント還元率が最大40%

『U-NEXT』ではポイントをチャージしたり、ポイント以外の方法で作品をレンタルしたりすると、支払い金額の最大40%がポイント還元されます。ただしこの還元率は支払い方法の種類によって異なります。

支払い方法 還元率
クレジットカード決済
Amazon.co.jp
40%
キャリア決済 20%
楽天ペイ
Apple ID
ギフトコード・U-NEXTカード
対象外

上記のとおり、還元率がもっとも高いのはクレジットカード決済とAmazon.co.jpの2つです。しかし後者は、電子書籍が利用できないなど大きなデメリットがあります。

そのため『U-NEXT』の支払い方法で一番お得なのは、クレジットカードだといえるでしょう。キャリア決済や楽天ペイは、有料作品をあまり視聴しない方におすすめです。

キャリア決済、楽天ペイの設定は新規登録時のみ可能

繰り返しになりますが、支払い方法にキャリア決済や楽天ペイを選択できるのは新規登録時のみです。あとから変更はできないので、銀行引き落としを利用したい方や、楽天ポイントを貯めたい方は慎重に選ぶようにしましょう。

Apple IDでは月額料金が2,189円→2,400円(税込)に

こちらも繰り返しになりますが、支払い方法にApple IDを選んでしまうと、『U-NEXT』の月額料金が高くなってしまいます。その具体的な損失額は、以下のとおりです。

契約期間 Apple IDで支払うことによる損失額(税込)
1ヶ月 211円
3ヶ月 633円
6ヶ月 1,266円
12ヶ月 2,532円

上記のとおりApple IDでの支払いを選ぶと、1年で約1ヶ月分の月額料金を損している計算になります。そのため長期間『U-NEXT』を利用する予定の方は、なるべく選ばないようにしましょう。

請求日は毎月1日。日割り計算もないので登録タイミングに注意

『U-NEXT』の利用を検討している方は、登録タイミングに注意しましょう。というのも『U-NEXT』は、無料トライアルが終了した直後に月額料金が発生します。また本来なら月額料金は毎月1日に請求されるため、登録タイミングを間違えると連続で料金が発生してしまうのです。

月額料金が連続で発生する例

▲仮に無料トライアルが1月30日に終わる場合、月額料金が2日連続で発生する

なお『U-NEXT』では日割り計算をおこなっていません。本登録に切り替わるのが月初でも月末でも、同じ料金が請求されます。

そのため月額料金で損をしたくない方は、無料トライアルが月末に終わるよう調整する必要があります。「でも本登録に切り替わる日を計算するのが面倒……」という方は、以下の一覧を参考にしてくださいね。

無料トライアルが月末に終わる日付(うるう年を除く)

  • 1月1日
  • 1月29日
  • 3月1日
  • 3月31日
  • 5月1日
  • 5月31日
  • 7月1日
  • 8月1日
  • 8月31日
  • 10月1日
  • 10月31日
  • 12月1日

『U-NEXT』支払い方法を変更する手順

支払い方法を変更する手順

  • 1.メニューボタンをタップ
  • 2.[アカウント設定]をタップ
  • 3.[支払い情報の登録・変更]をタップ
  • 4.[次へ]をタップ
  • 5.クレジットカード情報を入力

最後に「課金することが多いからクレジットカードに変更しよう……」という方に向けて、支払い方法を変更する手順について解説します。まずは以下のリンクから『U-NEXT』の公式サイトへとアクセスしましょう。

1.メニューボタンをタップ

メニューボタンをタップ

公式サイトでログインしたら、画面右上にあるメニューボタンをタップしましょう。

2.[アカウント設定]をタップ

[アカウント設定]をタップ

メニューボタンをタップすると、さまざまな項目が表示されます。その中から[アカウント設定]をタップしましょう。

3.[支払い情報の登録・変更]をタップ

[支払い情報の登録・変更]をタップ

4.[次へ]をタップ

[次へ]をタップ

5.クレジットカード情報を入力

クレジットカード情報を入力

最後にクレジットカード情報を入力して[登録]をタップすれば、変更作業は完了です。

まとめ:支払い方法はクレジットカードが一番お得で無難

基本的に『U-NEXT』の支払い方法は、クレジットカードが一番お得です。そのカードのポイントが入るうえ、レンタルなどの課金時に40%のポイント還元が受けられます。

もちろん「今のところ月額料金以外で課金をする予定はない」という方もいるでしょうが、あとから気が変わることも少なくないはず。毎月配布される無料ポイントをちょっとでもオーバーする可能性がある方は、クレジットカードが無難です。

もしそれでも大丈夫だといえる方は楽天ペイやキャリア決済、ギフトコードなどを検討してくださいね。

こちらの記事もおすすめ

『U-NEXT』の月額料金は実質989円! 9つの魅力とおすすめ作品を徹底解説 独占配信あり
U-NEXTとNetflixはどっちがおすすめ? 月額料金や無料期間の違いを徹底比較