• TOP
  • Amazon
  • Amazonポイントの貯め方、使い方、確認方法、付かない・使えない時の原因

Amazon(アマゾン)の買い物に使える「Amazonポイント」。Amazonではあらゆる商品が網羅されているので、実質現金に近い利便性があります。有効期限などの面でもユーザーに優しく、使い道・使い時に困りません。人へのプレゼントにもよく用いられます。

AmazonポイントはショッピングやAmazonクレジットカードの支払いなど幅広い貯め方があり、頻繁に開催されるポイントアップキャンペーンで一気に貯めることも可能。

ただし慣れていないと確認方法がわからなかったり、「買い物したのにポイントがつかない」「買い物時に使いたいのに使えない」といった問題に当たることも。

この記事ではAmazonポイントの貯め方・使い方から、よくある疑問の理由・対処法まで幅広く解説します。

Amazonポイントとは?

Amazonのショッピングに使えるポイントです。1ポイント=1円。

有効期限は「最終購入日または最終ポイント獲得日から1年」で、Amazonを定期的に利用する人なら失効の心配はまずいりません。

使い道はAmazonでのショッピングに充てるくらいで、Amazon外の店舗で使うことはできません。しかしAmazon内の品揃えが充実しているので使い道には困らないでしょう。

一方でポイントの貯め方は、ショッピング以外にも複数の方法があるので後述します。

Amazonポイントの確認方法

ポイントの確認方法はとても簡単。残高はもちろん、いつ何ポイント増えたor減ったかまで細かくわかります。

スマホでの確認方法

アプリ版かWeb版かでデザイン上の細かい違いはありますが、全く同じ手順で確認できます。

1. トップページ左上のメニューボタン(三本線)を選択

2. [アカウント]または[アカウントサービス]を選択

3. [Amazonポイント残高の確認]を選択

4. ポイントのページが開き、残高・有効期限など確認できる

▲残高(利用可能ポイント)が大きく表示されている。

▲画面下に行くと細かい明細も表示されている。

PCでの確認方法

1. トップページ上部の[Amazonポイント:XXX]をクリック

2. [マイポイント(残高/獲得・利用履歴)]をクリック

3. ポイントのページが開き、残高・有効期限など確認できる

Amazonポイントの貯め方

Amazonポイントは複数の獲得方法があるので、1つずつご紹介します。

Amazonでショッピングをする

ポイント付与対象の商品を買えば、規定のポイントが自動的に与えられます。

ポイントの付与率は商品によって、またはキャンペーン等によってバラバラ。1%のものもあれば50%を超えるもの、あるいはポイントが付かない商品もごく普通にあります。

▲ポイントのつく商品なら、価格の下に付与ポイント額が書かれている。

Amazonのクレジットカードを利用する

Amazonのクレジットカード『Amazon Mastercard クラシック』『Amazon Mastercard ゴールド』を利用することでもポイントが貯まります。

このカードはAmazon以外のショッピングでも1%のポイントが付くうえ、Amazon内でのショッピングなら1.5%(クラシックカード)~2.5%(ゴールドカード)と高ポイントなのが特長。

年会費もクラシックカードなら実質無料、ゴールドカードでも実質420円/年と安く、Amazonヘビーユーザーであるほどメリットは大きくなります。

クレジットカード『Amazon Mastercard』クラシック&ゴールド別 完全ガイド - Appliv TOPICS

Amazonギフト券を購入する

Amazonのショッピングに使える「Amazonギフト券」。他人にプレゼントするだけでなく、自分自身で使うことも可能です。

コンビニ・銀行でチャージすると、チャージ金額の0.5~2.5%をポイントとして付与。2.5%のポイントを受けるにはプライム会員かつ9万円以上のチャージが必要ですが、Amazonなら買いたいものはいくらでもあるのでポイントを持て余すことはないはずです。

Amazonギフト券の使い方まとめ。格安の購入法や有効期限、買取について - Appliv TOPICS

外部のポイントサイトなどで稼ぎ、Amazonギフト券に交換する

アンケート回答や資料請求などを通してコツコツお小遣い稼ぎをするポイントサイト(懸賞サイトなどとも)、ポイントアプリをご存知ですか?

これらのサービスで稼いだポイントは大抵、Amazonギフト券に交換できます。Amazonギフト券とAmazonポイントは本来別物ですが、「1p=1円でAmazonの買い物に使える」という意味では実質同じなのでご紹介しておきました。

▲一例として、Amazon Mastercardとは別のクレジットカードで貯めたポイントを交換する様子。Amazonギフト券への交換オプションが用意されている。

ポイントアップキャンペーン期間中に買い物する

Amazonではしばしば、ショッピングによって高いポイントが獲得できるキャンペーンを開催しています。

出典:ポイントアップキャンペーン - アマゾン

キャンペーン開催中にショッピングすると、

●Amazonプライム会員なら購入額の3%
●スマホアプリから購入すれば購入額の1%
●Amazon Mastercardで購入すれば購入額の1%

と条件を満たすたびにポイントが増えるおトクなキャンペーンを、たびたび開催しています。もらえるポイントのパーセンテージは変動し、ときに合計10%に達することもあります。

またエントリー方法はキャンペーンページにアクセスするだけ。難しいこともありません。

Amazonポイントの使い方

それでは貯まったポイントの使い方、適用させる手順を見ていきましょう。

スマホでのポイント適用方法

1. カートに欲しい商品を入れ終えたら[レジに進む]を選択

2. [支払い方法]を選択

3. 画面下部の[Amazonポイント:XXXpt]にチェックを入れる

4. 全てのポイントを利用するか、任意のポイント数を入力

5. 請求額からポイント分が引かれたことを確認して[注文を確定する]

PCでのポイント適用方法

1. カートに欲しい商品を入れ終えたら[レジに進む]を選択

2. [Amazonポイント:XXXpt]欄に適用させたいポイント数を入力

3. 請求額からポイント分が引かれたことを確認し[注文を確定する]

Amazonポイントが貯まらない原因

Amazonでショッピングをしてポイントが付くと思ったのに付かないときは、次の原因をチェックしてみてください。

ポイントが付与されない商品を買っている

Amazonの商品は全てポイントが付くわけではなく、商品によってまちまちです。ポイントが付与されない商品も少なくありません。

商品ページをチェックして、ポイントが付く商品だったのか確認してみてください。

▲価格の下にポイントの説明が何もない場合、買ってもポイントは付かない。

時間差の問題でまだポイントが付与されていない

Amazon以外でクレジットカード(Amazon Mastercard)を使った場合、即座にポイントが反映されるわけではなく1ヶ月分がまとめてポイントになります。

またAmazonでショッピングする場合も、注文したら即座にポイントが得られるわけではありません。まずは「仮ポイント」というポイントが付与され、商品が発送された頃に「確定ポイント」が付与されます。

仮ポイントの段階ではまだ利用できないので、確定ポイントに変わるまで待ってみてください。

Amazonポイントが使えない原因

Amazonポイントは幅広い商品の購入に使えますが、一部対象外のものもあります。

購入時にAmazonポイントを使えない商品

●Amazonギフト券
●Amazonコイン
●Kindle本を除くデジタルコンテンツ商品
●Kindle本を除く1-click注文
●Amazon Prime会費
●Amazonフレッシュ
●定期おトク便

またアカウントに付与されたポイントが「仮ポイント」であるうちは購入に使えず、「確定ポイント」に切り替わってから使えるようになります。

上記「Amazonポイントが貯まらない原因 > 時間差の問題でまだポイントが付与されていない」の項目をご覧ください。

Amazonポイントにまつわるその他の疑問

ポイントの有効期限はいつ?

Amazonポイントの有効期限は「最後にAmazonで購入するか、ポイントを獲得してから、1年間」です。Amazonを日常的に利用しているのであれば実質無期限のような緩い条件ですね。

ただし有効期限を過ぎてしまうと、これまで貯めていたアカウント内のポイントが全て消えます。古い獲得分から順番に消えていくわけではないので、Amazonをたまにしか使わない方はご注意ください。

ポイントの併用はできるか?

たとえば1,000円の商品を注文するときに、ポイント500pt+クレジットカード500円といった形で他の決済手段と併用することは可能です。

注文時にAmazonポイントをいくら使うか、1pt単位で指定できるので自由なポイント量を設定してください。

商品を買ったら勝手にポイント払いになってしまったのはなぜ?

Amazonの電子書籍『Kindle』で本を買う際、Amazonポイント残高があれば優先的に使われるようになっています。ポイントを残しておいたまま決済することはできません。

現金に換金できる?

Amazonポイントは他者に送ったりAmazonサイト外で使ったりできないので、当然換金することもできません。

ちなみに「Amazonギフト券」であれば、売買サイトを通して9割ほどの価格で買い取ってもらえるようですが、詐欺トラブルの可能性もあるでAmazonは売買をしないよう呼びかけています。

Amazonサイト外や実店舗で使える?

たとえば「楽天ポイント」のように楽天サイト外のショッピングで使えるポイントサービスもありますが、AmazonポイントはAmazonサイト内でのショッピングにしか使えません。

ポイントを有効活用してよりよい買い物を

Amazonポイントのメリットは、ただ料金が値引かれることだけではありません。

たとえばクレジットカードを持っていない人はポイントを貯めておき、いざスピーディに買い物したいときにポイントを利用すると便利。クレジットカードと同じように即決済が完了し、発送作業に入ってくれるからです。

また日頃の細かい買い物ではポイントを使わず、高額な買い物をするときにまとめてドカンと使うのもいいですね。ぜひAmazonポイントを有効活用して、快適なショッピングに役立ててください。

こちらの記事もおすすめ

Amazonアプリの便利な使い方10個 PC版にないメリット - Appliv TOPICS
Amazonで領収書を発行する方法 再発行、商品の分割、発行期限について - Appliv TOPICS
Amazon ショッピングアプリ

AMZN Mobile LLC

4.35

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る