iPhoneやiPadで知られるアップルが運営する定額制音楽配信サービス「Apple Music(アップルミュージック)」。サブスクリプション形式のサービスで、登録すると約1億曲が広告無しで聴き放題になります。

「Apple Music」の月額料金プランは4種類。自分に合ったプランに加入することで、お得に利用できるでしょう。

それぞれの料金プランの違いと特徴について徹底解説。競合の音楽配信サービス5社と「Apple Music」の月額料金を比較し、お得かどうかをお教えします。

※価格はすべて税込表示です。

CHECK!!

Amazonの音楽サブスクサービス「Amazon Music Unlimited」が今だけ最大3ヶ月無料! 1/13までの期間限定です。
好きな音楽を高音質で自由に聴き放題。ポッドキャストの番組も充実しています。

「Apple Music」の料金プラン一覧

Apple Musicのプラン

プラン名 月額料金 概要
個人 1,080円 基本のプラン
学生 580円 学生向けプラン
ファミリー 1,680円 家族6人まで
使えるプラン
Voiceプラン 480円 音声操作に
特化したプラン

無料トライアルが付いてくる点と基本機能については、どのプランもまったく同じ。

ではどのような人に、どのプランがおすすめかざっくりまとめると以下の通りです。

●個人プラン:以下の3つに該当しない人はコレ
●学生プラン:専門学生・大学生向け
●ファミリープラン:家族で利用したい人
●Voiceプラン:スマートスピーカーで音楽を聴きたい人

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

料金プラン4つの違い・特徴

「個人プラン」基本の料金。まずはこれでお試し

月額1,080円。もっともベーシックなプランです。家族で一緒に利用する予定のない方、社会人の方はこちらがおすすめ。誰でも登録できます。

「Apple Music」個人プランと人気音楽サービス6社を比較した表は以下の通りです。

基本料金の比較

月額 曲数 無料期間
Apple Music 1,080円 1億 1ヶ月
LINE MUSIC 980円 9,000万 1ヶ月
Spotify 980円 非公開 1ヶ月
Amazon Music Unlimited 980円 1億 30日
YouTube
Music
980円 8,000万 1ヶ月
AWA 980円 1億 1ヶ月

※2022年11月1日時点
※楽曲数は公式サイト、App Store、Google Playなどでの記載を引用
※月額料金は個人プランの価格のみを記載

月額料金は980円が多く、「Apple Music」は2022年10月に100円値上がりして1,080円になりましたが、一般的な料金帯だと言えます。

また「Apple Music」の個人プランは、年間プランも選択可能です。年間プランは10,800円。通常の個人プラン1年分と比較すると2ヶ月分(2,160円)お得になります。なお利用する際は初めに個人プランに契約してから、年間プランへ。

月額料金を抑えたい方は年間プランにしましょう。

Apple Musicの画面

▲Apple Musicの画面。

「学生プラン」学割でお得。ただし高校生以下は対象外

「学生プラン」は月額料金580円で個人プランよりお得に。利用時には在学証明が必要です。

なお学割対象は「学士号や博士号の取得のため就学中、または同等の高等教育コースを履修中であることが必要です。日本では、短大、専門学校、専門課程も対象」となっています。

残念ながら高校生以下は対象外です。

学割の有無・料金比較

学割 料金
Apple Music 580円
LINE MUSIC 480円
Spotify 480円
Amazon Music
Unlimited
480円
YouTube Music 480円
AWA 480円

※2022年11月1日時点

他社の学生プランの状況を見てみると、6社すべてが学割に対応。料金はいずれも基本プランの約半額の料金でした。

「Spotify」「Amazon Music Unlimited」「YouTube Music」は「Apple Music」と同じく、高校生以下が対象外。「LINE MUSIC」「AWA」は中高生でも学生プランに加入可能です。

Apple Music学生プランの画面

▲Apple Music学生プランの画面。

「ファミリープラン」最大6人で利用可能

ファミリープランは月額1,680円。家族が6人までアクセスできるプランです。6人で使えば1人分280円と断然お得

同じプレイリストを家族で共有するのではなく、それぞれで好きな音楽を楽しめます。

家族割の有無・料金比較

家族割 料金 最大人数
Apple Music 1,680円 6人
LINE MUSIC 1,480円 6人
Spotify 1,480円 6人
Amazon Music
Unlimited
1,480円 6人
YouTube
Music
1,480円 5人
AWA - -

※2022年11月1日時点

「Apple Music」以外の他社の状況を見てみると、「AWA」を除くサービスにはファミリープランがあり、いずれも月額1,480円。「Apple Music」はファミリープランだと他より200円高いですが、まだ一般的な金額でしょう。

学生プランが使えない方や家族で利用したい方にはぴったりなプランです。

「Voiceプラン」音声操作に特化で月額480円

「Apple Music」の「Voiceプラン」はSiriによる音声操作に特化したサービス。4つのプランの中では最安値の月額480円。他プランと同様にアプリでの検索などはタップで行えますが、再生に関わる操作はすべてSiriにリクエストするのが特徴です。

例えば「Hey Siri、宇多田ヒカルを再生して」などと言えば再生できます。Appleのスマートスピーカー「HomePod mini」を日常的に使っている人にはピッタリ。

自宅やドライブ中などハンズフリーで操作することが多い人、または料金を抑えたい人におすすめです。

「Apple Music」をお得に利用するには?

年間プランを利用すると2ヶ月分お得

Apple Music」は個人プランのみ、年間プランに変更できます。年間プランを始めるには、初めに月額プランに登録してから年間プランに変更する必要があります。

年間プランは10,800円なので、個人プランを1年続けた場合と比較すると2ヶ月分の料金(2,160円)を節約できます。

年間プランの画像

▲年間プラン申込み画面。

ファミリープランを2人以上で使う

Apple Music」のファミリープランは月額1,680円で家族6人まで使えるプラン。6人で使えば1人分280円と断然お得

2人で使っても1人あたり840円なので、個人プラン(1,080円)よりも安く利用できます。解約しない限り利用の期限はないので、ずっとお得に使い続けられます。

対象デバイス購入で6ヶ月無料!

対象デバイス購入で6ヶ月無料のキャンペーン画像

AirPods、HomePod mini、Beats製品などの対象デバイスを購入すると「Apple Music」を6か月無料で利用できます。個人プランであれば6,480円分もお得。なお新規登録の方のみが対象です。

またデバイスを購入してから90日以内に登録手続きを済ませましょう。対象のデバイスはApple公式サイトより確認できます。新たにApple製品の購入を考えている方は要チェックです。

「Apple Oneプラン」Apple Music含め4つのサービスをお得に使える!

Apple Oneプランの画像

▲iCloud+は個人プランは50GB、ファミリープランだと200GB使える。

「Apple One」とはApple Music・Apple Arcade・Apple TV・iCloud+の4つが利用できるサブスクリプションサービス。それぞれのサービスを個々で登録するよりも料金がお得になります。

「Apple One」の個人プランは月額1,200円。4つのサービスを別々に利用するより毎月1,510円お得です。なおファミリープランは月額1,980円で最大5人まで利用可能。

Appleのサブスクリプションサービスをすでに利用している人は、「Apple One」を契約したほうが料金が安くなるかもしれません。

すでにApple TVでゲーム・映画を楽しんでいる人は、音楽が聴けて、iCloud+のストレージも増えるのでおすすめ。

Apple Musicを1ヶ月無料体験しよう!

Apple Musicトップページ

Apple Music」の無料トライアル期間は1ヶ月間。無料トライアル期間中も有料会員と同じように「Apple Music」の機能をフルで使えます。

無料トライアルは1つのApple IDにつき1回までという制限があります。例えば、1度登録した後解約すると、無料トライアルは使えません。

無料体験の注意点

無料トライアルの期間を過ぎると自動的に有料会員になり、契約しているプランの料金が請求されます。料金は日割り計算されないため、1日でも過ぎると980円(個人プランの場合)が請求。無料トライアル期間後に使う予定がない方は、きちんと期限を確認しておきましょう。

また無料トライアル期間内に解約した場合、即座にサービスが使えなくなります。無料トライアルを満喫するなら最終日の解約がおすすめです。

Apple Musicのメリット・デメリット

Apple Musicのメリット

Apple Musicのメリット

  • ロスレスオーディオ・空間音楽が聴ける!
  • 1億曲と配信数トップクラス!
  • 豊富なプレイリストで新しい曲と出会える幅が広がる
  • iTunesで購入した曲は自動でライブラリに追加

Apple Music」は1億曲が聴き放題で、これは「Amazon Music(9,000万曲)」「YouTube Music(8,000万曲)」と比べてトップクラス。豊富なプレイリストがあり、例えば「はじめての宇多田ヒカル」など各アーティストの入門にピッタリな曲がまとめられています。

またiTunesとの連携が可能。連携するとiTunes内で購入した曲は自動で「Apple Music」のライブラリに追加されるようになります。

メリットの中でもロスレスオーディオ・空間音楽が聴けるのが大きなポイント。ロスレスオーディオでは、アーティストがスタジオで制作した時と変わらない高音質の楽曲が聴けるようになります。空間音楽(ドルビーアトモス)を設定すると左右と頭上を含め、あらゆる方向から音が聴こえます。

臨場感のある音楽体験の設定方法は以下の記事を参考にしてください。

使い方をチェック!

『Apple Music』の使い方 基本的な機能や便利な活用方法などを徹底解説!

Apple Musicのデメリット

Apple Musicのデメリット

  • トライアル中にキャンセルすると即時使えなくなってしまう
  • 無料のプランがない
  • 日本のラジオ番組が少ない

「Apple Music」は無料トライアル中に解約するとすぐに使えなくなります。無料トライアルを最後まで楽しむなら最終日に解約しましょう。なお料金発生の7日前にメールでも最終日の案内が届くので見逃さないようにしましょう。

また「Amazon Music」や「Spotify」などにある無料で利用できるプランは「Apple Music」にはありません。

さらに「Apple Music」で聴けるラジオには日本人アーティストが担当する番組が少ないです。洋楽が好きで英語がわかる方なら問題ないでしょう。

Apple Musicの登録・解約方法

iPhoneでの登録方法

iPhoneのミュージックアプリを起動し、「今すぐ開始」をタップ。その後プランを選択します。

「サブスクリプションに登録」をタップし、タッチIDやFace IDで登録が完了します。

登録画面
Apple Music

Apple

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

Androidでの登録方法

1.「ミュージック」アプリを起動し登録開始

プランを選んで「無料で体験する」をタップ。その後、Apple IDとパスワードを入力してログインします。

AndroidのApple Musicトップページ

▲AndroidでのApple Music登録ページ。

2.支払い方法を選択し「定期購入」をタップ

クレジットカード、デビットカード、キャリア決済から支払い方法を選択し「定期購入」をタップすればAndroidでの登録が完了します。

「定期購入」をタップする画面
Apple Music

Apple

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

解約・退会方法

ここからは解約・退会の手順を紹介します。サブスクリプションをキャンセルするだけで解約できます。

iPhoneからの解約・退会手順

1.スマホの「設定」から「プロフィール(名前)」をタップ

設定アプリの画面

2.「サブスクリプション」をタップ

サブスクリプションを選択している画面

3.「サブスクリプションをキャンセル」をタップ

キャンセル画面

Androidの解約・退会手順

1.Google Playストアを開いて「≡」をタップ

Google Playストアの画像

2.「定期購読」をタップし、「Apple Music」を選択

「定期購読」のApple Musicの画面

「定期購入を解約」をタップすると解約手続きが完了します。なお、解約しても次回請求のタイミングまではサービスを利用できます。

Apple Musicの支払い方法

Apple Musicの支払い方法

  • クレジットカード決済
  • キャリア決済
  • AppStore & iTunes ギフトカード

「Apple Music」の支払い方法はクレジットカード決済、キャリア決済、AppStore & iTunesギフトカードの3種類。どの支払い方法を選択しても、月額料金は同じです。

ギフトカードであればクレジットカードを使いたくない・使えない方でも利用可能です。

「Apple Music」の支払い方法については以下の記事で詳しく紹介。支払いの変更方法もチェックできます。

支払い方法の詳細をチェック!

Apple Music 支払い方法は3種類 クレジットカードなしでも利用可能

Apple Musicとは?

Apple Musicのトップページ

Apple Music」とは、Appleが提供する定額音楽配信サービスです。

約1億曲をフルで聴き放題、さらにオフラインでの再生やプレイリストの作成も可能なサービスとして、音楽ファンから絶大な人気を得ています。

もちろんダウンロードしてオフライン再生することも可能ですし、聴きたいアーティストの曲があるか登録する前に調べられます。以下の記事では基本的な使い方や便利な使い方を解説しています。

→便利な使い方をチェックする

よくある質問

「Apple Music」の料金は?

Apple Music」の4つのプランは個人プラン1,080円、学生プラン580円、ファミリープラン1,680円、Voiceプラン480円です。

個人プランのみ年間プラン(年額10,800円)に変更が可能で、年間プランだと2ヶ月分お得になります。

「Apple Music」に学割はある?

Apple Music」には学生プラン(月額580円)があります。

ただし 高校生以下は使えないため、ファミリープランで家族と一緒に利用しましょう。

「Apple Music」に無料プランはある?

Apple Music」には無料で使えるプランはありません。「Amazon Music」「Spotify」にはあります。

「Apple Music」の支払い方法は?

Apple Music」の支払い方法は、クレジットカード決済、キャリア決済、AppStore & iTunes ギフトカードの3種類です。

どの支払い方法を選択しても、月額料金は同じです。

年間プランを使えば2ヶ月分お得!

Apple Music」の個人プランの月額料金は1,080円。今回比較したサービスよりも100円高いですが、年間プランを使えばお得になります。年間プランは年額10,800円。通常の個人プランと比較すると2ヶ月分お得になります。

まずは1ヶ月の無料トライアルで使い勝手を体験しましょう。1億曲と配信数トップクラスの「Apple Music」なら、あなたの好きな曲はもちろん、新しい曲とも出会えます。

こちらの記事もおすすめ

聴き放題! サブスク音楽配信サービス14社比較【2022版】 タイプ別おすすめ紹介
『LINE MUSIC』料金を他社と比較 フリープランでも全曲フル再生可能
Apple Music