• TOP
  • LINE
  • 『LINE』開かない・落ちる時の原因と9つの対処法【iPhone・Android】

現代の連絡手段として欠かせなくなっている『LINE(ライン)』。最近では連絡先を『LINE』しか知らないという相手も増えてきているのではないでしょうか?

そんな『LINE』が急に開かなくなったり、落ちてしまったりすることありますよね。主な連絡手段を『LINE』に頼っている人は一刻も早く直したいと思います。

本記事ではそんな時『LINE』が開かない時や落ちてしまう時の原因を特定し対処法を解説します。

まずは『LINE』の根本的なバグが発生しているかを確認する

いろいろ対処法を試した結果、『LINE』アプリのバグだったら、徒労に終わってしまいます。まず『LINE』アプリ自体にシステム障害が出ているかを、『LINE』公式Twitterなどで確認してみましょう。

▲『LINE』公式Twitterではアプリの不具合などの情報を教えてくれる。

『LINE』アプリとスマホを再起動して直るか確認

『LINE』に限ったことではありませんが、アプリの調子が良くない時に再起動することは簡単かつ有効な手段です。『LINE』のアプリ自体を再起動しましょう。

『LINE』アプリを再起動しても調子がよくならない場合は、スマホを再起動しましょう。

『LINE』アプリの再起動方法

再起動方法はiPhoneもAndroidもあまり変わりません。バックグラウンドで起動している『LINE』アプリを上にスワイプして閉じた後、もう一度起動するだけです。

再起動する

スマホの再起動方法

各スマホによって再起動方法は異なりますが、基本的に電源ボタンの長押しで再起動できます。

iPhone

再起動iPhone

▲iPhone XとiPhone 11は、右側の電源ボタンと左側の音量ボタン(片方)を同時に長押し。それ以外のiPhoneは電源ボタンの長押しで再起動できる。

iPhone強制終了・再起動のやり方 機種別まとめ 実行時の注意点も

Android

再起動Android

▲今回使用しているAndroidはGoogle Pixel 3a。この機種の場合、右側にある電源ボタンを長押しで再起動できる。

Androidスマホの「電源ボタン」の使い方 電源オン/オフ・再起動・スリープモード

データ通信を入り切りする

『LINE』が正常に使えない時の原因として、ネットワークの接続状態に問題がある可能性があります。機内モードをオンにしていたり、Wi-Fiを入れ忘れていたりしていませんか?

もしデータ通信の設定が問題ないようなら、1度機内モードを入り切りして通信状態をリフレッシュすることで、よくなることがあります。

iPhoneでデータ通信をリフレッシュする方法

今回使用しているのはiPhone8です。

設定からデータ通信をリフレッシュする

▲設定を開き、機内モードをオンオフすればデータ通信をリフレッシュできる。

Androidでデータ通信をリフレッシュする方法

今回使用しているのはGoogle Pixel 3aです。

機内モードを入りきり

▲設定から[ネットワークとインターネット]をタップし、[機内モード]のスライドボタンをオンオフすることで、データ通信をリフレッシュできる。

『LINE』アプリやスマホのOSをアップデートする

『LINE』アプリやOSが古いバージョンだと、アプリが正常に動かない可能性があります。アップデートをしていない人は、1度アップデートしてみると直る可能性が高いです。

『LINE』アプリのアップデート方法はこちらから

LINEアプリのアップデート方法、自動更新の設定方法【iPhone/Android】

スマホのOSアップデートはこちらから

iPhoneのiOSバージョンを確認する方法・最新版にアップデートする方法
Androidのバージョンアップ(アップデート)のやり方・確認方法 すぐやるべき?

キャッシュデータを削除してみる

キャッシュとは画像データなどを一時保存しておき、表示速度をあげる仕組みです。『LINE』のキャッシュデータが溜まると、ネットワークエラーの発生や画像がうまく表示されない場合があるようです。

『LINE』の調子が悪くなったらキャッシュデータをクリアしてみると直るかもしれません。また『LINE』のキャッシュデータを削除しても、トーク履歴などが消えるわけではないので安心してください。

iPhoneでのキャッシュデータ削除方法

キャッシュ削除

▲ホームから右上の歯車をタップして、トークを開きデータの削除をタップする。キャッシュデータだけ選択してデータを削除。

Androidでのキャッシュデータ削除方法

今回はGoogle Pixel 3aを使い説明します。

1.設定から[アプリと通知]をタップし『LINE』をタップ

アプリと通知からラインをタップ

▲もし最近開いたアプリに『LINE』がない場合は、全てのアプリから『LINE』をタップ。

2.[ストレージとキャッシュ]を開き[キャッシュを削除]をタップ

キャッシュを削除
Androidスマホでキャッシュを削除する方法 一括削除できない時の対処法

スマホの容量が空いているか確認する

スマホの容量(ストレージ)が限界まで達してしまうと、アプリの動作に悪い影響を与えます。もし空き容量が少ない場合は使用していないアプリを削除したり、写真や動画などをクラウドにバックアップしたりしてスマホの空き容量を増やしましょう

スマホの空き容量を増やす方法はこちらから

iPhoneの容量不足を解消! 不要なデータを減らし空き容量を増やす6つの方法
Androidのストレージを増やすには? 容量の確認と拡張方法を解説

スマホのメモリを解放する

『LINE』アプリの起動ができない場合は、多くのアプリが使用中になっている可能性があります。アプリをバックグラウンドで立ち上げすぎると、メモリを占有してしまいアプリが正常に動かなくなります

使っていないアプリは終了し、メモリを解放することで『LINE』のアプリが開くようになるかもしれません。

バックグラウンドのアプリを閉じる

▲今回使用しているのはiPhone8。バックグラウンドで開いているアプリを上にスワイプして閉じる。

Androidはこちらを参考に

厳選! スマホ最適化アプリおすすめ4本 Androidの容量増&動作を軽く

フィルタリングや機能制限などを解除する(iPhone)

iPhoneは「コンテンツとプライバシーの制限」をオンにしていると『LINE』の利用を制限されることがあります。設定を確認して制限がかかっている場合は解除しましょう。

「コンテンツとプライバシーの制限」を解除する方法

1.設定を開き[スクリーンタイム]をタップ

スクリーンタイムをタップ

2.「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ

「コンテンツとプライバシーの制限」を解除タップ

3.[コンテンツとプライバシーの制限]のスライドボタンをタップ

右側(緑色)の時はオンになっているため、スライドボタンをタップして制限を解除しましょう。

「コンテンツとプライバシーの制限」の解除

Androidの場合は各キャリアごとのフィルタリングを解除

Androidで未成年ユーザーの場合、フィルタリングを解除するには保護者の許可が必要になります。

各キャリアのフィルタリングサービスで設定を解除する必要があり、ドコモは「あんしんフィルター for docomo」「spモードフィルタ」、KDDIは「あんしんフィルター for au」、ソフトバンクは「あんしんフィルター」を利用することで解除できます。

『LINE』アプリを再インストールする

”アップデートして、キャッシュも削除したけど調子が悪い”という場合は、『LINE』アプリを削除して再インストールするという方法をとってみましょう。アプリを削除する場合はトーク履歴のバックアップを忘れずに

トーク履歴のバックアップ方法はこちらから

【iPhone】LINEトーク履歴のバックアップ・引き継ぎ方法 機種変更も安心
【Android】LINEトーク履歴のバックアップ・復元 機種変更時に引き継ぐ方法

対処法を知っていればすぐ解決できる

急に『LINE』が使えなくなると困りますが、対処法を知っていることで速やかに解決できます。焦らずひとつひとつ対処法を試していきましょう。

本記事を読んであなたの『LINE』が正常に戻っていると幸いです。

こちらの記事もおすすめ

無料LINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプなど【7月30日更新】
『LINE』乗っ取りにあわないための対策と対処法 セキュリティ確認が重要
LINE

LINE Corporation

4.46

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
LINEの使い方 まとめ

TAG