世界最大級の動画共有サービス『YouTube(ユーチューブ)』。インターネットの配信サービスですが、スマートフォンやPC(パソコン)のほか、テレビで観る方法もあります。YouTuber、VTuberの動画を大画面に映すことで、新鮮な感覚が味わえるかも。

導入方法は難しくありません。インターネット回線とHDMI端子搭載のテレビがあればほぼ条件は揃ったも同然。既に視聴環境が整っている可能性もあります。デバイス(外部機器)を買い足す場合も、「Fire TV Stick」などを使えば簡単です。

『YouTube』のホーム画面が映ったPCモニター

▲『YouTube』をテレビやPCモニターで視聴する方法を紹介。

『YouTube』のテレビ視聴に必須のもの

まずは『YouTube』をテレビで視聴するのに最低限必要なものをチェックしていきましょう。

インターネット回線(Wi-Fi推奨)

Fire TV Stickのネットワーク設定画面

▲『YouTube』をテレビで観られる「Fire TV Stick」のネットワーク設定画面。

『YouTube』をテレビで観る場合は、別途インターネット回線がほぼ必須。スマホのテザリング機能を利用する変則的な方法もありますが、データ通信量がかさむためあまり現実的ではありません。

Wi-Fi(無線LAN)のインターネット回線が理想的。有線LANを利用できる方法もありますが、Wi-Fiならほぼすべての方法を網羅できます。

HDMI端子搭載のテレビorPCモニター

テレビのHDMI端子の写真

▲台形のような形の端子がHDMI端子。

デバイスを使う場合、テレビと端末をHDMIケーブルで繋いで視聴します。HDMIは2010年頃から広く普及しているため、よほど古いテレビでもない限りHDMI端子が付いていると思いますが、念の為確認しておきましょう。

HDMI端子はテレビの裏側や側面にあります。もし無い場合は、新たにテレビを買う以外にも、PCモニターで安く済ませる手もあります。

【Amazon.co.jp 限定】LG ゲーミング モニター ディスプレイ 27UL500-W 27インチ/4K/HDR(標準輝度:300cd/㎡)/IPS非光沢/HDMI×2、DisplayPort/FreeSync/ブルーライト低減

➜ Amazonで見る

出費ゼロ! 手持ちのテレビやゲーム機で観る方法

新しいデバイスを買う前に、自宅の環境をチェックしてみましょう。『YouTube』対応のスマートテレビ、ブルーレイレコーダー、ゲーム機、またはPCがあれば出費ゼロですぐにテレビ視聴できます。

スマートテレビで視聴する

「YouTubeのボタン」があるリモコン

出典:Amazon.co.jp:ハイセンス 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ

SHARPの「AQUOS」など、インターネット接続機能を持つスマートテレビなら高確率で『YouTube』を観られます。リモコンに「YouTubeのボタン」があればそれを押すだけ。

リモコンに「YouTubeのボタン」がない場合でも、「ホーム」や「アプリ」のボタンから探せば、『YouTube』のアプリが見つかるかもしれません。

ハイセンス 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ 外付けHDD裏番組録画対応 VOD (YouTube) 対応 IPSパネル 3年保証 32N20

テレビにYouTubeのアプリが無い時は「キャスト」を試してみよう

もしテレビに『YouTube』のアプリが見つからなくても、Wi-Fiがあればスマホ版『YouTube』の「キャスト」機能を使う方法があります。

やり方はまず、テレビとスマホを「同じWi-Fi」に接続します。なお本記事では割愛しますが、異なるWi-Fiでも「テレビコード」を使う方法があります。

スマホとテレビを同じWi-Fiに接続

スマホの『YouTube』から、画面上部の「キャストボタン」をタップします。「キャストボタン」はテレビのような形をしています。

スマホ版『YouTube』のキャストボタンの場所

▲画像では動画の再生画面になっているが、『YouTube』アプリ内ならどこでもOK。

「キャスト先」にテレビの機種名や型番が表示されるので、これをタップします。

テレビの名称や型番をタップ

▲画像では「Fire TV」と表示されているが、スマートテレビの場合はテレビの機種名や型番が表示される。

これでテレビとスマホの接続が完了。スマホで選んだ動画を、テレビに再生できます。

スマホでキャストした動画を、テレビで再生

ブルーレイレコーダーで視聴する

インターネット機能を持つブルーレイレコーダーの中には、『YouTube』を視聴できる機種があります。レコーダーのホーム画面や、手持ちの機種のサポートページを確認してみましょう。

パナソニック 1TB 3チューナー ブルーレイレコーダー 4Kチューナー内蔵 4K放送長時間録画対応 おうちクラウドDIGA DMR-4S100

PS4などのゲーム機で視聴する

PlayStation StoreからYouTubeをダウンロード

Play Station 4、Nintendo Switch、Xbox One、一世代前ですがPlayStation 3、Wii U、Xbox 360で『YouTube』を視聴できます。

導入方法は簡単。「PlayStation Store」、「ニンテンドーeショップ」などの各種オンラインストアから、『Youtube』のアプリをダウンロードするだけです。

PC(パソコン)をテレビに繋いで視聴する

PCの画面をモニターに映した様子

テレビとPCをHDMIケーブルで繋げば、テレビにPCの画面を映し出せます。あとはPCのブラウザで『YouTube』を開けば準備完了。

新たに買い足す必要があるものはHDMIケーブルだけ。ノートPCならより手軽に接続できるほか、有線のインターネット回線を使いやすい点もメリットです。

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 1.8m (タイプAオス - タイプAオス)

新たに『YouTube』視聴用デバイスを買う場合の視聴方法

ここからは新たにデバイスを買い足す時の視聴方法です。最もおすすめのデバイスは「Fire TV Stick(Fire TV Stick 4K)」。ほか「Chromecast」や「Apple TV」も『YouTube』に対応しているので、違いを確認していきましょう。

「Fire TV Stick」で視聴する【おすすめ】

Amazon Fire TV Stick

Amazonの販売しているメディアストリーミング端末で、『YouTube』のほか、『Amazonプライム・ビデオ』、『Hulu』、『U-NEXT』、『ABEMA』など主要な動画配信サービスをテレビで視聴できます。値段は通常版で4,980円、4K対応版で6,980円とお手頃。

以前は『YouTube』を運営するGoogleと、Amazonの対立により「Fire TV Stick」で『YouTube』のアプリが長らく配信されていない状態でした。ですが後に両社が和解し、2019年7月よりFire TV Stickの『YouTube』アプリの配信が開始されました。

Fire TV StickのYouTubeダウンロード画面

▲2020年10月現在は「Fire TV Stick」で『YouTube』のアプリをダウンロード可能。以前は『Firefox』などのブラウザを経由する必要があった。

セットアップ方法、操作方法も簡単。強いて欠点を挙げるなら、後述の「Chromecast」や「Apple TV」と比べミラーリング(スマホの画面をテレビに映す機能)が弱いこと。ですが動画視聴をメインにするなら全く問題なし。新たにデバイスを買うならもっともおすすめの方法です。

詳しい使い方はこちら

【2020版】Fire TV Stickの使い方 4Kと第3世代の比較、初期設定など徹底解説

「Google Chromecast」で視聴する

Google Chromecast

出典:Amazon.co.jp:Google Chromecast 正規品 第三世代 2K対応 チャコール GA00439-JP

Google製のメディアストリーミング端末。値段は通常版で5,073円、4K対応のUltraで9,900円と「Fire TV Stick」に比べると高価。またリモコンがなくスマホやタブレットで操作する点が他のデバイスと異なります。

『YouTube』を提供するGoogle製のため、動作の安定性を求めるなら購入を検討する価値あり。

その他機能面の特徴として、Android機種とのミラーリングに強い、Google Homeと連携できるという点が挙げられます。Googleのデバイスを多く所有している人ほど、利用価値のあるデバイスと言えます。

詳しい利用方法は公式のヘルプを参考に

Chromecast ヘルプ

「Apple TV」で視聴する

Apple TV(32GB)

出典:Apple TV HD (32GB)

Appleのメディアストリーミング端末。値段は通常版で16.668円、4K対応版で20,890円と「Fire TV Stick」や「Google Chromecast」と比べてかなり高額。『YouTube』を観るだけなら「Fire TV Stick」などの方がお手軽です。

ほかApple TVの長所としては、iPhone、Mac、iTunes、HomePodなどApple製品との親和性が高いこと。Appleのヘビーユーザーが使ってこそ、性能を実感できるデバイスです。

詳しい導入方法は公式のヘルプを参考に

YouTube ヘルプ

「Lightning - Digital AVアダプタ」で視聴する(iPhone)

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

出典:Amazon.co.jp:Apple Lightning - Digital AVアダプタ

Appleの「Lightning - Digital AVアダプタ」でスマホとテレビを接続すると、スマホの画面がそのままテレビに映し出されます。セットアップ不要、インターネット回線の用意不要ですぐに観られるのは強み。

ただし価格が5,778円と「Fire TV Stick」より高価なこと、最大画質がHD画質のため4K動画が観られないこと、モバイルデータ通信を使うと通信量を消費するなどデメリットが多め。

『YouTube』以外にもiPhoneの画面をテレビに映せることに価値を見い出せるかが、購入の判断基準です。

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

➜ Amazonで見る

『YouTube』をテレビで視聴する際の注意点

4K動画を観るには、デバイスとテレビ(モニター)も「4K対応」の必要あり

4K動画の視聴には、以下の条件が揃っている必要があります。

・『YouTube』にアップロードされた動画が4K対応であること
・4K画質対応のデバイスを使用していること(Fire TV Stick 4Kなど)
・4K画質対応のテレビorモニターを使用していること

また25Mbps以上の回線速度が確保されていることが理想とされています。25Mbpsは一般的なポケットWi-Fi程度の速度です。

安価なデバイスでは見られない、動作が安定しない可能性あり

本記事で紹介した「Fire TV Stick」、「Chromecast」、「Apple TV」は『YouTube』の公式ヘルプに記載があり、動作が保証されていると言えます。

ヘルプに記載のない安価なデバイスもありますが、動作が不安定になる、買った当初は問題なくても『YouTube』のアップデートが使えなくなるといったリスクがあります。安定を求めるなら、本記事で紹介したデバイスを使うのが確実です。

簡単セットアップで『YouTube』がテレビに映る! 動画ライフが充実

インターネット回線とHDMI搭載のテレビがあれば、『YouTube』のテレビ視聴は難しくありません。方法もたくさんあるので、自分に合った方法を選んでください。新たにデバイスを購入する場合は、安くて使いやすい「Fire TV Stick」がおすすめです。

スポーツやMVなど大画面向けのコンテンツも盛り沢山。『YouTube』ライフをより充実させましょう。

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

➜ Amazonで見る

動画配信サービス別 テレビで観る方法解説

Amazonプライム・ビデオ / Netflix / Hulu / U-NEXT / ディズニープラス / DAZN / dTV / dアニメストア / FODプレミアム / Paravi / TVer / GYAO! / ABEMA

こちらの記事もおすすめ

おすすめ動画配信サービス11社比較 料金や作品数は? 映画やアニメが見放題【2020年】
初心者向けYouTubeの始め方・チャンネル開設方法! スマホでも大丈夫?