約12万作品が月額550円(税込)で見放題。ドコモの動画配信サービス『dTV(ディーティービー)』をテレビで視聴する方法の解説です。

Amazonの「Fire TV Stick」とWi-Fi回線があれば簡単! ほかPC(パソコン)やスマートテレビがあれば、追加費用ゼロで導入可能なケースもあります。

『dTV』をテレビで観る方法をまとめてチェックしていきましょう。

『dTV』テレビ版のホーム画面

▲テレビ版『dTV』のホーム画面。『dTV』の動画をテレビやモニターの大画面で楽しめる。

dTVとは?

『dTV』は12万作品以上が税込550円で楽しめる、お得な動画配信サービスです。最大5つのデバイスで利用できるので、移動中はスマホやタブレットで、自宅ではテレビでコンテンツを楽しめます。

『dTV』はdTVチャンネル』や『DAZN』とセットで加入すると月額料金が安くなるのも重要ポイント。幅広く色んな作品を楽しみたいなら、『dTV』がおすすめです。

『dTV』について詳しくはこちら

『dTV』使い方ガイド 料金、無料登録方法、口コミ、使い方など徹底解説
作品数 非公開
月額料金 550円(税込)
無料お試し期間 31日間
ダウンロード機能
有料レンタル(PPV)
同時視聴 不可
支払方法 クレジットカード
ドコモ ケータイ払い
App Store
Google Play
コンビニでのシリアルコード購入
gifteeでの購入
運営会社 株式会社NTTドコモ

dTVの料金や支払い方法についてもっと詳しく知りたい方はこちら

「dTV」の料金・支払い方法まとめ 無料お試しやお得に楽しむ方法も解説
『dTV』支払い・決済方法は6種類 損をしないためのおすすめ登録タイミング

おすすめは「Fire TV Stick」! 迷ったらコレでOK

Fire TV Stick

➜ Amazonで購入

Fire TV Stick 4K

➜ Amazonで購入

「Fire TV Stick」がおすすめの5つの理由

  • 安くて使いやすく、コストパフォーマンス抜群
  • Wi-FiとHDMI端子付きのテレビがあればすぐ使える
  • 「Fire TV Stick 4K」なら4K動画も観られる
  • 『dTV』以外の動画配信サービスにも幅広く対応
  • スマホ端末の種類などを選ばず利用しやすい

『dTV』をテレビで観る方法は複数ありますが、一番のおすすめはAmazonのメディアストリーミング端末「Fire TV Stick」を使用する方法です。おすすめの理由は以下の通り。それぞれ詳しく見ていきましょう。

なお『dTV』では4K画質対応の「Fire TV Stick 4K」にも対応しているため、高画質で楽しみたい方はこちらもおすすめです。

安くて使いやすく、コストパフォーマンス抜群

「Fire TV Stick」の第一の魅力は安さ。Googleの「Chromecast」、Appleの「Apple TV」といった他社のメディアストリーミング端末と比べても安価です。

通常版 4K対応版
Fire TV Stick 4,980円 6,980円
Chromecast 5,072円 7,600円
(※)
Apple TV 16,668円 20,890円

▲価格は税込価格。
(※)Chromecast with Google TVの価格

また安いだけでなく使い方も簡単で、リモコンで直感的に操作できるのもポイント。UI(画面デザイン)はテレビ用に整えられているため、検索もしやすいです。

⇒ Fire TV Stick を購入する

Fire TV Stickのホーム画面

▲Fire TV Stickのホーム画面。動画配信サービスへのアクセスや動画の選択が、リモコンで直感的に行える。

Wi-Fi回線とHDMI端子付きのテレビがあればすぐ使える

「Fire TV Stick」を使うのに必要なものは、Wi-Fi(無線LAN)のインターネット回線とHDMI端子付きのテレビ(もしくはモニター)だけ。

Fire TV Stickのネットワーク設定画面

▲Fire TV Stickの初回起動時に、Wi-Fiネットワークを選択。

もし自宅のインターネット環境が有線のみの場合でも、無線LANルーター(Wi-Fiルーター、Wi-Fiアクセスポイントとも)があれば切り替えができます。

無線LANルーターは安いもので4,000円、高いもので1万円以上と価格帯はさまざま。世帯や回線の状況により最適なルーターが変わるので、一概にこれがおすすめとは言い切れませんが、一度調べてみてください。

また別売り(1,780円)の「Amazon イーサネットアダプタ」を使えば、有線接続も可能です。

テレビのHDMI端子

▲テレビの裏側などにある、台形のような差込口がHDMI端子。

HDMI端子に関しては2010年頃には広く普及しているため、よほど古いテレビでもない限り付いているはず。テレビの側面や裏側をチェックしてみてください。

「Fire TV Stick 4K」なら4K動画も観られる

4K対応のテレビまたはモニターもあわせて必要になりますが、「Fire TV Stick 4K」なら『dTV』内の4K対応動画を4K画質で観られるようになります。こちらも価格は6,980円と、他社の4K対応デバイスに比べ安く購入できます。

Fire TV Stick 4K

➜ Amazonで購入

『dTV』以外の動画配信サービスにも幅広く対応

「Fire TV Stick」は『dTV』のほかAmazonプライム・ビデオ、Netflix、YouTube、ABEMAなど主要な動画配信サービスに対応しています。

『dTV』以外にも動画配信サービスを複数利用している人にとっては嬉しい限り。各種サービスの視聴方法も、「Fire TV Stick」でアプリをダウンロードするだけと簡単です。

Fire TV Stickのマイアプリ画面

▲「Fire TV Stick」のマイアプリ画面。主要な動画配信サービスはほぼ対応しており、まとめてテレビで視聴できる。

「Fire TV Stick」対応の動画配信サービス(一部)

dTV
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
U-NEXT
Hulu
FOD
dアニメストア
DAZN
YouTube
TVer
ABEMA
GYAO!

Fire TV Stick

➜ Amazonで購入

Fire TV Stick 4K

➜ Amazonで購入

スマホ端末の種類などを選ばず利用しやすい

例えば「Chromecast」であればAndroidスマホを所持していないと少し使いづらかったり、「Apple TV」であればiCloudを利用する関係でiPhoneの方が利用しやすかったりします。

しかし「Fire TV Stick」はAmazonユーザーであれば端末を選ばずに利用しやすいため、特定のメーカーにこだわらずに利用しやすい、というのもメリットです。筆者が「Fire TV Stick」をおすすめする利用の一つでもあります。

Google製品を利用しているなら「Chromecast」もおすすめ

Google Chromecast 正規品 第三世代

➜ Amazonで購入

Androidのスマホを利用しているのであれば、Googleの出している「Chromecast」もおすすめです。価格はFire TV Stickの方がわずかに安いですが、ほとんど変わらない金額帯で購入可能となっています。

最大のポイントは、操作端末がリモコンではなく自分のスマホであること。操作用のリモコンをどこに置いたか忘れてしまいがちですが、常に携帯しているスマホならその心配はないでしょう。

「Chromecast」はiPhoneでも使用できますが、ミラーリング機能を使うのに制限があったり、操作アプリのアップデート速度に違いがあったりするので、Android端末利用者の方が使いやすいです。

「Fire TV Stick」との違い

Chromecastの公式画像

性能については、公式情報で比較する限りではFire TV Stickと差は無い印象です。そのうえで下記ポイントに置いては、Chromecastを選ぶ理由になるでしょう。

「Chromecast」3つの比較ポイント

  • スマホ操作が快適
  • ミラーリングが簡単
  • 『Google Home』アプリで管理

スマホ操作が快適

ここが「Chromecast」を選ぶ最大の理由だと思います。筆者は「Fire TV Stick」を使用していますが、リモコン操作は音声を使わない場合の入力作業が結構手間です。

スマホ操作であれば文字打ちが簡単なのはもちろん、アプリの起動なども画面ワンタッチで起動できるため、ストレスフリーな操作感を求めるのであれば「Chromecast」はおすすめです。

ミラーリングが簡単

スマホで操作中にスマホのメニューから「キャスト」をタップするだけで画面のミラーリングが簡単にできます。iPhoneの場合はミラーリングしても画面の一部が表示されないことがあるため、Androidがおすすめです。

「Fire TV Stick」でもミラーリング自体は可能ですが、『AirReceiver』という有料アプリが必要です。

Google Homeアプリで管理

Chromecastは操作を『Google Home』で管理しています。既にGoogleのスマート家電を利用している人であれば、一括して管理できるためFire TV Stickよりもこちらを取ったほうが便利です。

Google Home

Google LLC

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

Google Chromecast 正規品 第三世代

➜ Amazonで購入

Apple製品を利用しているなら「Apple TV」もおすすめ

Apple TV HD (32GB)

➜ Amazonで購入

Apple製品を利用しているなら、「Apple TV」もおすすめです。「Fire TV Stick」や「Chromecast」と比較すると金額面で少々値は張りますが、映像の美しさや音質の良さではこちらに軍配が上がります。また「Apple TV」独自のコンテンツなども有り、Apple製品をよく使用する方にはおすすめです。

「Fire TV Stick」との違い

Apple TVの公式画像

性能については、公式情報で比較する限りでは「Fire TV Stick」と差は無い印象です。そのうえで下記ポイントに置いては、Apple TVを選ぶ理由になるでしょう。

Apple TV3つの比較ポイント

  • 映像・音響の質が高い
  • Apple Acadeが利用できる
  • Apple製品との親和性が高い

4K対応製品の映像・音響の質が高い

Fire TV Stick同様にApple TVにもApple TV 4Kという4K対応の製品があります。こちらは映像面でDollby Visionから、音響面ではDolby Atomosから認定をもらっており、ストリーミングプレイヤーとしては初めての製品です。最高の画面で最高の映画を楽しみたい方は、Apple TV 4Kの購入をおすすめします。

Apple Arcadeが利用できる

Apple Arcadeは定額制でゲームが遊び放題のサービスです。他のストリーミングサービスと違い、「Apple TV」はApple Arcadeのゲームをテレビで遊ぶことができます。オリジナルのゲームも複数あるので、大画面で楽しめるというのは、メリットでしょう。

Apple製品との親和性が高い

Apple製品は「Apple TV」も含めてすべてiCloudでデータ管理ができるので、iPhoneやMac、Apple WatchといったApple製品を好んで使う人であれば、他のストリーミング端末よりも使いやすいと思います。例えばiPhoneで撮影した写真を「Apple TV」で確認する、といったことが容易になっています。

Apple TV HD (32GB)

➜ Amazonで購入

その他の視聴方法:PCやスマートテレビがあれば追加費用ゼロ

おすすめは「Fire TV Stick」ですが、『dTV』をテレビで観る方法は他にもあります。PC(パソコン)や『dTV』対応のスマートテレビを持っていれば追加費用ゼロでテレビ視聴可能に。一度自宅のデバイスをチェックしてみてください。

PC(パソコン)をテレビに繋いで視聴する

ノートPCとモニターをHDMIケーブルで接続

PCとHDMIケーブルがあれば手軽に試せる方法です。PCとテレビをHDMIケーブルで接続すると、PCの画面をそのままテレビに出力できます。あとは通常通りブラウザで『dTV』を操作するだけ。アプリのダウンロードやログインの手間もかかりません。

HDMIケーブルを持っていない場合は買う必要がありますが、それも1,000円前後で購入可能です。

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 1.8m (タイプAオス - タイプAオス)

➜ Amazonで購入

スマートテレビ/ブルーレイレコーダーで視聴する

ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア

➜ Amazonで購入

ソニーの「ブラビア」、東芝の「レグザ」などスマートテレビがあれば、外部デバイス不要で『dTV』を視聴できます。またパナソニックのブルーレイレコーダー「ディーガ」も『dTV』に対応。

テレビにプリインストール済みの『dTV』を起動するかストアから『dTV』のアプリのダウンロード後、ログインすれば準備完了。スマホと同じ感覚で導入できます。

『dTV』対応スマートテレビ/ブルーレイレコーダー(2020年12月23日時点)

・ソニー ブラビア
・パナソニック ビエラ
・パナソニック ディーガ
・東芝 レグザ
・船井電機 dTV対応テレビ
・日立 Wooo
・シャープ AQUOS
・ハイセンス dTV対応テレビ

参照:対応機種一覧|動画を見るならdTV -公式サイト

「ドコモテレビターミナル02(TT02)」で視聴する

ドコモテレビターミナル02

出典:ドコモオンラインショップ:ドコモテレビターミナル02

『dTV』を運営するNTTドコモ製のメディアストリーミング端末です。価格は17,424円。月々500円でレンタルも可能。

視聴できるサービスは『dTV』のほか『dアニメストア』、『DAZN for docomo』、『Disney+ (ディズニープラス)』などドコモが提供するサービスが中心。加えてAndroid TVを搭載しているため、アプリをダウンロードすれば他サービスも視聴可能です。

導入のハードルは高めながら、地デジ・BSを配信する『ひかりTV for docomo』を観られる、テレビ番組の録画ができるといった見逃せない独自機能あり。コアなドコモユーザーなら要チェックのデバイスです。

その他のデバイスで視聴する

シャープ AQUOS ネットプレーヤー AN-NP40

➜ Amazonで購入

上記のほか、NTTぷららの「ひかりTVチューナー」やシャープの「ココロビジョンプレーヤー」などが『dTV』に対応しています。

いずれも価格や環境面において導入のハードルは高め。ですが「ひかりTVチューナー」は50ch以上の番組が見放題の「ひかりTV」を視聴できるなど、独自のサービスがあるデバイスもあり。ガジェット好きなら一度チェックしてみるといいでしょう。

『dTV』対応メディアストリーミングデバイス/セットトップボックスの一例

・Google Chromecast
・Nexus Player
・Amazon Fire TV
・Amazon Fire TV Stick
・Apple TV
・ココロビジョンプレーヤー
・ドコモテレビターミナル
・ドコモテレビターミナル02
・ひかりTVチューナー
・光BOX+

詳しくはこちら:対応機種一覧|動画を見るならdTV -公式サイト

『dTV』テレビ視聴時の注意点

複数端末での同時視聴は不可

『dTV』では1アカウントにつき1端末のみ再生可能となっています。たとえばリビングのテレビで『dTV』を再生中の間は、家族の別の誰かがスマホで視聴することはできません。

4K動画の視聴には、4K対応の「デバイス」と「テレビ」が必須

4K動画の視聴には、以下の条件が揃っている必要があります。

・視聴する動画が4K対応であること
・4K画質対応のデバイスを使用していること(Fire TV Stick 4Kなど)
・4K画質対応のテレビorモニターを使用していること

また25Mbps以上の回線速度が確保されていることが理想とされています。25Mbpsは一般的なポケットWi-Fi程度の速度です。

一部作品はテレビで視聴不可

ごく一部ですが、デバイスによってテレビで視聴できない作品があります。

詳しくはこちら
一部視聴できない作品|dTV -公式サイト

テレビからの新規会員登録は不可

既に登録済みの方が多いと思いますが、『dTV』はテレビから新規会員登録はできません。会員登録を行うにはスマホ、タブレット、PCのいずれかを使う必要があります。

導入は簡単。オリジナル作品が盛り沢山の『dTV』をテレビで観よう

『dTV』には地上波などで放送された番組のほか、ここでしか観られないオリジナル作品が200タイトル以上あるので、ぜひテレビで観たいですね。

「Fire TV Stick」を使えば、簡単にテレビで視聴を始められます。「Fire TV Stick」は持ち運びが容易で、旅行先や出張先で使えるのも嬉しいポイント。

ほかにもPCやスマートテレビなどテレビでの視聴方法は多数。『dTV』ライフをより充実させましょう。

Fire TV Stick

➜ Amazonで購入

Fire TV Stick 4K

➜ Amazonで購入

動画配信サービス別 テレビで観る方法解説

Amazonプライム・ビデオ / Netflix / Hulu / YouTube / U-NEXT / ディズニープラス / DAZN / dアニメストア / FODプレミアム / Paravi / TVer / GYAO! / ABEMA

こちらの記事もおすすめ

「dTV」を退会(解約)する方法と注意点 一番お得な解約タイミングはいつ?
【迷っているあなたへ】動画配信サービス人気ランキング おすすめ13社を徹底比較
dTV / 映画やドラマ、アニメが見放題!

株式会社NTTドコモ

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る