約12万作品が月額550円(税込)で見放題。ドコモの動画配信サービス『dTV(ディーティービー)』をテレビで視聴する方法の解説です。

Amazonの「Fire TV Stick」とWi-Fi回線があれば簡単! ほかPC(パソコン)やスマートテレビがあれば、追加費用ゼロで導入可能なケースもあります。

『dTV』をテレビで観る方法をまとめてチェックしていきましょう。

『dTV』テレビ版のホーム画面

▲テレビ版『dTV』のホーム画面。『dTV』の動画をテレビやモニターの大画面で楽しめる。

おすすめは「Fire TV Stick」! 迷ったらコレでOK

『dTV』をテレビで観る方法は複数ありますが、一番のおすすめはAmazonのメディアストリーミング端末「Fire TV Stick」を使用する方法です。おすすめの理由は以下の通り。それぞれ詳しく見ていきましょう。

「Fire TV Stick」がおすすめの4つの理由

  • 安くて使いやすく、コストパフォーマンス抜群
  • Wi-FiとHDMI端子付きのテレビがあればすぐ使える
  • 「Fire TV Stick 4K」なら4K動画も観られる
  • 『dTV』以外のサービスにも幅広く対応

安くて使いやすく、コストパフォーマンス抜群

「Fire TV Stick」の第一の魅力は安さ。Googleの「Chromecast」、Appleの「Apple TV」といった他社のメディアストリーミング端末と比べても安価です。

通常版 4K対応版
Fire TV Stick 4,980円 6,980円
Chromecast 5,072円 7,600円
(※)
Apple TV 16,668円 20,890円

▲価格は税込価格。
(※)Chromecast with Google TVの価格

また安いだけでなく使い方も簡単で、リモコンで直感的に操作できるのもポイント。UI(画面デザイン)はテレビ用に整えられているため、検索もしやすいです。

⇒ Fire TV Stick を購入する

Fire TV Stickのホーム画面

▲Fire TV Stickのホーム画面。動画配信サービスへのアクセスや動画の選択が、リモコンで直感的に行える。

Chromecast、Apple TVはどんな人におすすめ?

ChromecastはAndroid機種とのミラーリングと、Google Homeと連携に強いのが特長。同様にApple TVはiPhone、Mac、HomePadなどApple製品との親和性が高いです。

Google製品を多く所有していればChromecast、Apple製品を多く所有していればApple TVも購入の選択肢に入ります。

Wi-Fi回線とHDMI端子付きのテレビがあればすぐ使える

「Fire TV Stick」を使うのに必要なものは、Wi-Fi(無線LAN)のインターネット回線とHDMI端子付きのテレビ(もしくはモニター)だけ。

Fire TV Stickのネットワーク設定画面

▲Fire TV Stickの初回起動時に、Wi-Fiネットワークを選択。

もし自宅のインターネット環境が有線のみの場合でも、無線LANルーター(Wi-Fiルーター、Wi-Fiアクセスポイントとも)があれば切り替えができます。

無線LANルーターは安いもので4,000円、高いもので1万円以上と価格帯はさまざま。世帯や回線の状況により最適なルーターが変わるので、一概にこれがおすすめとは言い切れませんが、一度調べてみてください。

また別売り(1,780円)の「Amazon イーサネットアダプタ」を使えば、有線接続も可能です。

テレビのHDMI端子

▲テレビの裏側などにある、台形のような差込口がHDMI端子。

HDMI端子に関しては2010年頃には広く普及しているため、よほど古いテレビでもない限り付いているはず。テレビの側面や裏側をチェックしてみてください。

「Fire TV Stick 4K」なら4K動画も観られる

4K対応のテレビまたはモニターもあわせて必要になりますが、「Fire TV Stick 4K」なら『dTV』内の4K対応動画を4K画質で観られるようになります。こちらも価格は6,980円と、他社の4K対応デバイスに比べ安く購入できます。

⇒ Fire TV Stick 4K を購入する

『dTV』以外の動画配信サービスにも幅広く対応

「Fire TV Stick」は『dTV』のほかAmazonプライム・ビデオ、Netflix、YouTube、ABEMAなど主要な動画配信サービスに対応しています。

『dTV』以外にも動画配信サービスを複数利用している人にとっては嬉しい限り。各種サービスの視聴方法も、「Fire TV Stick」でアプリをダウンロードするだけと簡単です。

Fire TV Stickのマイアプリ画面

▲「Fire TV Stick」のマイアプリ画面。主要な動画配信サービスはほぼ対応しており、まとめてテレビで視聴できる。

「Fire TV Stick」対応の動画配信サービス(一部)

dTV
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
U-NEXT
Hulu
FOD
dアニメストア
DAZN
YouTube
TVer
ABEMA
GYAO!

その他の視聴方法:PCやスマートテレビがあれば追加費用ゼロ

おすすめは「Fire TV Stick」ですが、『dTV』をテレビで観る方法は他にもあります。PC(パソコン)や『dTV』対応のスマートテレビを持っていれば追加費用ゼロでテレビ視聴可能に。一度自宅のデバイスをチェックしてみてください。

PC(パソコン)をテレビに繋いで視聴する

ノートPCとモニターをHDMIケーブルで接続

PCとHDMIケーブルがあれば手軽に試せる方法です。PCとテレビをHDMIケーブルで接続すると、PCの画面をそのままテレビに出力できます。あとは通常通りブラウザで『dTV』を操作するだけ。アプリのダウンロードやログインの手間もかかりません。

HDMIケーブルを持っていない場合は買う必要がありますが、それも1,000円前後で購入可能です。

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 1.8m (タイプAオス - タイプAオス)

➜ Amazonで購入

スマートテレビ/ブルーレイレコーダーで視聴する

ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X8000H

出典:ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X8000H

ソニーの「ブラビア」、東芝の「レグザ」などスマートテレビがあれば、外部デバイス不要で『dTV』を視聴できます。またパナソニックのブルーレイレコーダー「ディーガ」も『dTV』に対応。

テレビにプリインストール済みの『dTV』を起動するかストアから『dTV』のアプリのダウンロード後、ログインすれば準備完了。スマホと同じ感覚で導入できます。

『dTV』対応スマートテレビ/ブルーレイレコーダー(2020年12月23日時点)

・ソニー ブラビア
・パナソニック ビエラ
・パナソニック ディーガ
・東芝 レグザ
・船井電機 dTV対応テレビ
・日立 Wooo
・シャープ AQUOS
・ハイセンス dTV対応テレビ

参照:対応機種一覧|動画を見るならdTV -公式サイト

「ドコモテレビターミナル02(TT02)」で視聴する

ドコモテレビターミナル02

出典:ドコモオンラインショップ:ドコモテレビターミナル02

『dTV』を運営するNTTドコモ製のメディアストリーミング端末です。価格は17,424円。月々500円でレンタルも可能。

視聴できるサービスは『dTV』のほか『dアニメストア』、『DAZN for docomo』、『Disney+ (ディズニープラス)』などドコモが提供するサービスが中心。加えてAndroid TVを搭載しているため、アプリをダウンロードすれば他サービスも視聴可能です。

導入のハードルは高めながら、地デジ・BSを配信する『ひかりTV for docomo』を観られる、テレビ番組の録画ができるといった見逃せない独自機能あり。コアなドコモユーザーなら要チェックのデバイスです。

その他のデバイスで視聴する

AQUOSココロビジョンプレーヤー

出典:ネットプレーヤー|薄型テレビ/液晶テレビ|アクオス:シャープ

上記のほか、NTTぷららの「ひかりTVチューナー」やシャープの「ココロビジョンプレーヤー」などが『dTV』に対応しています。

いずれも価格や環境面において導入のハードルは高め。ですが「ひかりTVチューナー」は50ch以上の番組が見放題の「ひかりTV」を視聴できるなど、独自のサービスがあるデバイスもあり。ガジェット好きなら一度チェックしてみるといいでしょう。

『dTV』対応メディアストリーミングデバイス/セットトップボックス一覧

・Google Chromecast
・Nexus Player
・Amazon Fire TV
・Amazon Fire TV Stick
・Apple TV
・ココロビジョンプレーヤー
・ドコモテレビターミナル
・ドコモテレビターミナル02
・ひかりTVチューナー
・光BOX+

参照:対応機種一覧|動画を見るならdTV -公式サイト

『dTV』テレビ視聴時の注意点

複数端末での同時視聴は不可

『dTV』では1アカウントにつき1端末のみ再生可能となっています。たとえばリビングのテレビで『dTV』を再生中の間は、家族の別の誰かがスマホで視聴することはできません。

4K動画の視聴には、4K対応の「デバイス」と「テレビ」が必須

4K動画の視聴には、以下の条件が揃っている必要があります。

・視聴する動画が4K対応であること
・4K画質対応のデバイスを使用していること(Fire TV Stick 4Kなど)
・4K画質対応のテレビorモニターを使用していること

また25Mbps以上の回線速度が確保されていることが理想とされています。25Mbpsは一般的なポケットWi-Fi程度の速度です。

一部作品はテレビで視聴不可

ごく一部ですが、デバイスによってテレビで視聴できない作品があります。

詳しくはこちら
一部視聴できない作品|dTV -公式サイト

テレビからの新規会員登録は不可

既に登録済みの方が多いと思いますが、『dTV』はテレビから新規会員登録はできません。会員登録を行うにはスマホ、タブレット、PCのいずれかを使う必要があります。

導入は簡単。オリジナル作品が盛り沢山の『dTV』をテレビで観よう

『dTV』には地上波などで放送された番組のほか、ここでしか観られないオリジナル作品が200タイトル以上あるので、ぜひテレビで観たいですね。

「Fire TV Stick」を使えば、簡単にテレビで視聴を始められます。「Fire TV Stick」は持ち運びが容易で、旅行先や出張先で使えるのも嬉しいポイント。

ほかにもPCやスマートテレビなどテレビでの視聴方法は多数。『dTV』ライフをより充実させましょう。

動画配信サービス別 テレビで観る方法解説

Amazonプライム・ビデオ / Netflix / Hulu / YouTube / U-NEXT / ディズニープラス / DAZN / dアニメストア / FODプレミアム / Paravi / TVer / [GYAO!](https://mag.app-liv.jp/archive/129897/) / ABEMA

こちらの記事もおすすめ

【2021年版】Fire TV Stickの使い方 4Kと第3世代の比較、初期設定など徹底解説
【2021年】動画配信サービスおすすめ15社比較・ランキング 人気アニメ・映画・ドラマ見放題
dTV

株式会社NTTドコモ

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る