• TOP
  • Amazon
  • Amazon読み放題サービス『Kindle Unlimited』使い方 料金、おすすめ本など

コミック、小説、雑誌、実用書など、ラインナップも充実しているAmazonの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)』。

実際にサービスを利用している筆者が、加入を検討している人向けのアドバイスから加入後の使い方まで、総合的に詳しく解説します。

目次

あわせて読みたい
Amazon『Prime Reading』使い方&おすすめ。プライム会員は本・漫画読み放題

『Kindle Unlimited』とは?

2016年8月から始まったAmazonの電子書籍読み放題サービス。月額980円で豊富な本・雑誌・マンガが読めます。

Amazonで売られている全ての電子書籍が和書100万冊、洋書600万冊に対し、『Kindle Unlimited』では和書12万冊、洋書120万冊。

書籍のダウンロード方法や利用方法は通常のKindleと全く同じで、Kindle端末はもちろんスマホやPCでも使えます。

詳細はこちら PR
Kindle Unlimited

『Kindle Unlimited』のメリット

簡単に元が取れる

本は1冊1,000円台くらいですから、月に1冊でも読めばあっという間に元が取れてしまいます。

仮に本の価格を平均1,200円と考えると、
月3冊読めば2,620円おトク
月5冊読めば5,020円おトク
月8冊読めば8,620円おトク
といった感じで読書家には相当なおトク感があります。

往年のベストセラーもそこそこ収録

Kindle全体に比べるとUnlimitedの蔵書数はごく一部に過ぎませんが、

●仕事は楽しいかね?
●思考は現実化する
●小説 君の名は。
●ハリー・ポッターシリーズ
●カイジシリーズ
●脳が冴える15の習慣
●ザ・コーチ

といった人気作やロングセラーもそれなりに充実。

ピンポイントに読みたい本はなかなか無いけど「ぜひこれも読みたい」と思える本はたくさんある……というイメージです。

出典:Kindle Unlimited

普段買わない本も気軽に読め、知見が広がる

「買うつもりはなかったけど、タダなら少し見てみたい」くらいの本・雑誌も気軽に読めます。

わざわざ本屋に行って立ち読みするのは面倒ですが、電子書籍なら家でヒマなときにでもダウンロード可能です。

そのおかげで趣味の幅や知見が広がり、人と喋っていて「この人は物知りだ」「いろんな分野に詳しい」と思ってもらえるかもしれません。

出典:Amazon.co.jp: 雑誌 - Kindle Unlimited

カバンが重くならない

電子書籍共通のメリットですが、物理的なモノがないので持ち運びラクラク、かさばることも一切ないのは大きな長所。

読み放題サービスと言えば図書館だって読み放題ですが、わざわざ足を運んで何冊もの本を持ち帰るのは結構大変です。5冊でも10冊でもパッと入手できる電子書籍の手軽さには敵いません。

『Kindle Unlimited』のデメリット(注意点)

トレンドの本はほとんどない

出版されたばかりの新作や、今流行りの話題作などトレンド性の高い本はなかなか見かけません。

本記事執筆時点でAmazonの売れ筋ランキングを見てみましたが、100位以内でUnlimitedに対応している本はありませんでした。

「1-Clickで今すぐ買う」ボタンに神経を使う

本を購入するときにちょっとした注意点があります。それは「1-Clickで今すぐ買う」機能のこと。

文字通り本を1クリックで即購入するボタンで、間違えてこれをクリックすると通常価格で注文されてしまいます。

▲[読み放題で読む]ボタンを押すのが正しい。ボタンの位置が近く、見た目も紛らわしいので要注意。

このボタンを非表示にすることはできません。マウスや指が間違えて触れる可能性もあり、毎回ちょっと神経を使ってしまいます。

間違えて注文した場合、面倒ですがカスタマーサポートに問い合わせれば返金してもらえるようです。

Kindleストアでご購入いただいたKindle本については、購入間違いなどの場合、注文日から7日以内に限りAmazonの裁量にて返金を承っております。返金をご希望の場合は、カスタマーサービスにご連絡ください。
出典元: Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle本を返品する

人気本がなくなるなどラインナップの変動が多い

『Kindle Unlimited』のラインナップはちょくちょく変動しています。人気だった本がラインナップから外れてしまうこともしばしばある様子。過去には講談社の1200作品が突然削除されて騒動になったこともありました。

そこまで大ごとではないにせよ、今後のラインナップもAmazonの一存で変動することは留意しておきたいです。

同時に保持できるのは10冊まで

同時にダウンロードしておける本は10冊まで。読み終わった本は手動で削除し、空きを作らなければなりません。

いろんな本をつまみ読みする人にとっては少し手間かも。筆者は実際にサービスを使っていて、本を入手しようとした瞬間エラーメッセージが出て「あ、また削除しなきゃ……」と面倒な気持ちになったことがよくあります。

料金や支払い方法、キャンペーンについて

『Kindle Unlimited』の料金と無料体験

料金:月額980円
無料期間:30日間

お試しであってもクレジットカードまたはデビットカードの入力が必須。30日後に自動更新されますが、加入後に自動更新を停めれば課金されません(停止方法は後述)。

類似サービスの『Prime Reading』はAmazonプライム会員でないと利用できませんが、『Kindle Unlimited』は一般会員でも利用可能です。

『Kindle Unlimited』のキャンペーンについて

これまで何度かキャンペーンが行われています。

2018年3月には、『Kindle Unlimited』の無料体験を行うだけでAmazonポイントを500Pもらえる(プライム会員のみ対象)キャンペーン。

2018年5月には、わずか199円(税込)で2ヶ月間『Kindle Unlimited』を利用できるキャンペーンが行われてきました。

▲当時のキャンペーン画像。2ヶ月使って199円という大幅な値下げがされていた。

もしキャンペーンが開催されれば無料体験の申し込みページでわかるので、タイミングを狙っている方はたまにチェックしてみてください。

無料体験はこちらから PR
Kindle Unlimited会員登録

『Kindle Unlimited』の無料体験には2回目がある?

ネットでの報告を見ると、『Kindle Unlimited』を解約したのち一定期間(おそらく1年ほど)経つと再び無料体験できるようになっていたケースもある様子。

公式のアナウンスでは無料体験は1度のみとなっているため詳細はわかりませんが、以前無料体験を使っていた人も、また使えるようになっているかも知れません。

電子書籍読み放題サービス比較

他社の電子書籍読み放題サービスと、料金やサービス内容を比べてみました。

『Kindle Unlimited』は料金こそ高いですが、その分ラインナップも断トツ。幅広い本を読みたい人に向いています。

雑誌しか読まないのであれば『dマガジン』や『楽天マガジン』を使うほうがおすすめ。

『ブック放題』は雑誌に加えて漫画やるるぶ(旅行誌)も読めるという特長があります。

『Kindle Unlimited』と『Prime Reading』の違い

『Prime Reading』はプライム会員のみ利用可能で、追加料金はありません。蔵書数に違いがあり、『Kindle Unlimited』のほうが圧倒的に多いです。

違いはこれだけで、機能やアプリの使い方などは共通しています。

『Kindle Unlimited』のほうが向いている人

●読みたい本・雑誌が決まっており、『Prime Reading』のラインナップには無かった
●月に何冊もの本を読むので、990円くらい余裕で元が取れる
●本を乱読したり雑誌を斜め読みしたり、多数の本を見てまわりたい

『Prime Reading』のほうが向いている人

●月に1冊読むかどうか怪しい。読まないこともあり定額制では損しそう
●興味のある本が限定的。いろんなジャンルをつまみ読みする必要はない
●『Prime Unlimited』も検討しているが、しばらく無料で使い勝手を試したい

『Kindle Unlimited』でおすすめの本・漫画・小説

実際にサービスを利用しいろいろな本を読んできた筆者が、特に良かったおすすめの本をご紹介します。

おすすめの本

『思考は現実化する』(ナポレオン・ヒル)

ロングセラーのビジネス・自己啓発書。非常に分厚く通常価格は2,300円ほどするため、おトク感も十分。興味はあるけど最後まで読み切れるか不安な人も気軽に手を出せます。

鉄鋼業で大富豪になったアンドリュー・カーネギーの教えを元に、著者のナポレオン・ヒルが20年以上もの歳月をかけて完成させた成功哲学が語られています。

『長友佑都のヨガ友 ココロとカラダを変える新感覚トレーニング』(長友佑都)

サッカー長友佑都選手が行っているヨガを紹介している書籍。一見知名度にあやかったタレント本のようにも見えますが、一流アスリートが実践しているだけあって内容は本格的。

ダイエットや健康維持を目的としたヨガはもちろん、スポーツマンには運動前後のストレッチとして活用することもできます。

『わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~』(西林克彦)

これからKindleでたくさん本を読むなら、ぜひその前にチェックしておきたい一冊。

本を読んでウンウンとわかったつもりでも、実はよく理解できていないことがたくさんある。厳しいですが参考になる指摘をズバズバと行ってくれます。

どうすれば本の内容を真に理解できるのか、自分の教養を深めるにはどう読めばいいのか、1度じっくり考えてみる価値はあります。

おすすめの漫画

『インベスターZ』(三田紀房)

『ドラゴン桜』や『マネーの拳』といった名作を世に出した三田紀房による、投資をテーマにした漫画。

中学生の主人公は、入学直後に「投資部」へ入部することに。投資について1から学びつつ実践を重ねていく様子を初心者にわかりやすく描き、投資について楽しみながら勉強できるように作られています。

『特攻の島』佐藤秀峰

特攻隊をテーマにした戦争漫画です。「生還を期さない兵器」になることを求められ、不安を感じつつよくわからないまま志願した主人公たち。人間魚雷「回天」に乗るまでの過程を通して、戦争や命の意味について考えさせられます。

『ムショ医』(佐藤智美)

漫画の舞台は女子刑務所。普段入ることも見ることもない刑務所。女性同士のドロドロした人間模様をリアルに描きつつ、人を懸命に救おうとする担当医の葛藤を描きます。

おすすめの小説

『ハリー・ポッターと賢者の石』(J・K・ローリング)

誰もが知るベストセラーのハリー・ポッターシリーズ。1巻から最終巻まで全て読み放題です。

映画だけ見て小説は読んでいない人も多いかと思いますが、小説は映画以上におすすめ。細かく張り巡らされた伏線と、その見事な回収劇を楽しめます。

『神保町奇譚 花咲舞シリーズ』(池井戸潤)

半沢直樹シリーズで有名な池井戸潤の小説。こちらも銀行が舞台ですが、主人公は女性で半沢直樹とは別のストーリーとなっています。

銀行でのトラブルに毅然とした態度で立ち向かっていく花咲舞。半沢直樹同様、見ていてスカッとさせられる痛快な企業小説です。

『小説 君の名は。』(新海誠)

映画が大ヒットした『君の名は。』の小説版。新海誠監督が直々に書いており、登場人物の心理描写は映画よりもじっくり丁寧。

話の流れ自体は映画と全く同じなので、映画の情景を思い出しつつ、より細かい描写を楽しんでください。映画を楽しめた人であれば小説も必読です。

『Kindle Unlimited』使い方。解約(自動更新の切り方)

使い方に難しいことはありませんが、無料体験後に自動更新されたくない人のために設定方法を解説します。

▲Kindle Unlimitedのトップページより、30日間の無料体験に申し込む。

▲支払い情報を設定すれば、購読スタート。

自動更新をオフにしておく場合は、「Kindle Unlimited 会員登録を管理」ページにアクセス。

▲[Kindle Unlimited会員登録をキャンセル]を選択。

▲[メンバーシップを終了]で自動更新がキャンセルされる。

親切だなと思うのが、早めにメンバーシップを終了しても期限いっぱいまでサービスを利用できるところ。

本加入した後で解約する場合も、手順は全く同じです。簡単に退会できるからこそ、安心してサービスを試せます。

解約後、ダウンロードしていた本はどうなる? 永久保存は可能?

解約して利用期限が切れると、ダウンロードしていた本でも読めなくなります。

▲端末にダウンロードした本が、「Personal letter」という表記に変わり読めなくなった。

また、本の内容を外部(PCやSDカードなど)に保存する手段も用意されていません。

本好きには満足度の高いサービス

本が好きで定期的に読む人には、十分すぎるほど元が取れて満足できるサービスと言えます。わざわざ買うほどではなかった雑誌や漫画も気軽に読んでいけるので、いろいろつまみ読みする生活も楽しそう。

Kindle生活をより充実させてくれるサービスです。

Kindle Unlimited

詳細はこちら PR
Kindle Unlimited

こちらの記事もおすすめ

『Audible(オーディブル)』使い方 Amazonのオーディオブック配信サービス - Appliv TOPICS

書籍を音声で聴かせてくれるサービス、それがオーディオブック(ボイスブック)です。オーディオブックを提供するサービスはいくつもありますが、中でも有名なのがAmazonを母体とした『Audible(オーディブル)』。 20万冊以上の書籍を収録。Audible会員になれば月額1,500円でお得に毎月1冊のオーディオブックを購入可能。プロのナレーター・声優による臨場感たっぷりの朗読が特長です。 本記事では『Audible』とは何か? に始まり、料金・システム、他サービスとの比較、実際に登録する所からの利用法、解約方法まで詳しく解説していきます。

mag.app-liv.jp
Amazonプライムとは? 14のメリットや、年会費・無料体験方法など解説 - Appliv TOPICS

Amazonの有料会員『Amazonプライム』について、会費や特典、逆にデメリットや注意点も詳しくご紹介します。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。