• TOP
  • LINEの使い方
  • LINEの不具合の原因は? 起こりやすい4つの状況と対処法まとめ

『LINE(ライン)』の不具合と一言で表してもその原因は様々で、内容によって対処法も変わってきます。そこで今回は日常で起こりやすいトラブルを4つのパターンに分け、原因と対処法を個別にまとめました。

不具合の中には『LINE』側のトラブルの場合もあります。『LINE』の再インストールなどの対処法はリスクも大きいので、まずはLINE公式の情報や『ダウンディテクター』などで『LINE』アプリ側に不具合がないかを確認してから、対処するようにしましょう。

まずは『LINE』側に不具合がないかをチェック

発生している不具合は、もしかすると『LINE』アプリやその運営・サーバーなどに問題があるかもしれません。

公式Twitterを確認する

まずやってみてほしいのは、『LINE』公式ツイッターアカウントを調べて、問題が発生していないかを確認することです。以下のツイートは過去の障害発生時のツイートですが、『LINE』アプリそのものに障害が発生した時にはツイッターで告知されます。

▲こちらは2019年9月3日に発生した不具合のツイート。LINEそのものに不具合があった時には、LINE公式のツイートで確認できる。

『LINE』公式Twitterアカウント

「#LINE不具合」検索で他の人にも不具合がないかも確認

直接的な解決には繋がりませんが、Twitterで「#LINE不具合」で検索するとユーザーが寄せた不具合報告が流れてきます。もし自分と同じトラブルが起こっている人がいた場合、それはLINE側の不具合かもしれません。

またツイートの返信で解決策を教えている場合もあるので、一度チェックしてみましょう。自分と同じ不具合が見つからないときには、自分で「#LINE不具合」とつけて投稿してみるのもありです。

ただしあくまでもユーザーがTwitterで不具合報告しているだけなので、必ずしも正しいわけではありません。信用しすぎず、こういう情報もあるのか程度で確認しましょう。

「#LINE不具合」の検索結果

▲画像のように、「#LINE不具合」で検索すると不具合の発生報告を見られる。[最新]のタブをタップすれば、より新しい情報をチェック可能。

Twitter ツイッター

Twitter, Inc.

4.30

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

『Twitter』の詳しい使い方はこちら

Twitter(ツイッター)の使い方まとめ 基本から応用まで初心者もあんしん

『ダウンディテクター』で通信障害が起きていないかを確認

「メッセージの送信や通話ができない」というトラブルは、アプリ側の通信障害が原因で起こっている可能性があります。

『ダウンディテクター』は45カ国において、電気通信網の故障(インターネット、電話、テレビサービス)やアプリの不具合など、数百ものサービスを対象に、ステータスおよびアップタイムの監視をリアルタイムに提供してくれるサービスです。

このサービスの中には、『LINE』も含まれています。まずは『ダウンディテクター』を利用して、トラブルが起こっていないか調べてみましょう。ブラウザ版とアプリ版の2つがありますが、広告があまり気にならないブラウザ版の使用がおすすめです。

『ダウンディテクター』の使い方

UIの違いなどはありますが、アプリ版とブラウザ版で手順は大きくは変わらないので、今回はブラウザ版で解説していきます。iPhone/Androidで操作の差異はないためiPhoneを使用しています。

1.『ダウンディテクター』にアクセス

以下のボタンリンクから、『ダウンディテクター』にアクセス可能です。

ダウンディテクター

アプリ版を利用したい方は、こちらからダウンロードしてください。

Downdetector

Serinus42

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

2.『LINE』のアイコンをタップ

下へ画面をスクロールしていくと、『LINE』のアイコンが表示されるのでタップしましょう。

『LINE』をタップ

3.現在の状況を確認

下画像は問題が起こっていない時の画像です。問題が起こっている場合、赤字で「Line に発生した障害」に変わります。

また青枠で囲った[Line に障害が発生しています]をタップすると、自分の端末に起こっている不具合の報告が可能です。Twitterの報告などで同じ不具合が多発しているようであれば、報告してみましょう。

「Lineには問題がありません」の表示

▲画像では「Line には問題がありません」と表示されているが、障害が起こっていた場合はその旨が表示される。

下へスクロールしていくと、直近で起きた不具合や現在の状況の確認が可能です。[現在のマップ]をタップすると障害発生マップを確認でき、黄色→赤に近づくほど不具合の発生件数が多くなっていきます。赤色になったら障害発生です

[現在のマップ]タップで障害発生マップが確認できる。

▲「現在のマップ」をタップすると、障害発生マップが確認できる。黄色から赤に近づくほど不具合報告が多く、赤になっていると障害発生となる。

不具合その1:LINEが開かない・落ちる

不具合が発生する主な原因

LINE側の不具合が確認できなければ、バージョンが古かったり、端末にトラブルがあったりとスマホ側に問題がある可能性が高いです。

まずは一度自分の『LINE』のバージョンを確認し、以下の方法を試してみましょう。

『LINE』のバージョン確認について詳しくはこちら

LINEアプリのバージョン確認方法 最新かチェック【iPhone/Android/PC】

対処法一覧

1.LINEアプリとスマホを再起動して直るか確認

2.データ通信を入り切りする

3.LINEアプリやスマホのOSをアップデートする

4.キャッシュデータを削除してみる

5.スマホの容量が空いているか確認する

6.スマホのメモリを解放する

7.フィルタリングや機能制限などを解除する(iPhone)

8.『LINE』アプリを再インストールする
※事前にバックアップを取らないと、再インストール時にトーク履歴が消えるため注意! 引き継ぎに失敗しないようログイン情報も要確認。

「LINEが開かない、落ちる」について詳しくはこちら

『LINE』が開かない・落ちる時の原因と9つの対処法【iPhone・Android】

不具合その2:通話、メッセージ送受信ができない

トークに付く白い矢印マーク

▲トークの送信時に白い矢印が付いている場合、きちんと送信できていないため注意。

不具合が発生する主な原因

通話やメッセージの送受信ができない場合は、電波の状況が悪いなどの原因が考えられます。上画像のように、トークメッセージの横に白い矢印が表示が表示される場合には、通信回線を疑ってみましょう。

対処法一覧

1.メッセージがうまく送れない場合

1.通信環境を確認して、データ通信を入り切りする

2.『LINE』アプリと端末を再起動する

3.『LINE』アプリとスマホのバージョンを確認し、最新版があればアップデートする

メッセージの送信トラブルについて詳しい方法はこちら

LINEのメッセージが送れない・既読がつかない時の原因と対処法【iPhone/Android】

2.通話がうまくつながらない場合

通話がうまくつながらない場合には、メッセージが送れない場合の対処法に加えて通信機器の故障なども考えられるので、確認してみましょう。

1.スマホ本体のマイク・カメラへのアクセスが許可されていない

2.通信速度制限がかかっている、インターネットの通信環境が悪い

3.Bluetooth接続のイヤホンなどが自動ペアリングしている

4.グループ通話の参加者が多い

5.カメラやマイク設定がオフになっている

6.Full HD voice通話・オーディオモード・OpenSLが設定されている

通話の不具合と対処法について詳しくはこちら

LINEのグループ通話ができない、音声が聞こえない、途切れる原因と対処法

不具合その3:『LINE』がアップデートできない

LINE アップデートの画像

不具合が発生する主な原因

起こりやすい原因としては通信環境が良くないことと、スマホの容量不足が挙げられます。まずはこの2つを確認していきましょう。

対処法一覧

1.インターネットの接続状況を確認し、データ通信を入り切りする

2.端末の容量が空いているかを確認する

3.『Google Play ストア』のキャッシュを削除(Androidのみ)

4.もう一度アップデートしてみる

1~3の手順を試してみてもうまく行かない場合、きちんとした手順でアップデートができていない可能性もあるので、以下のリンクでやり方を確認してもう一度試してみてください。

『LINE』のアップデートについて詳しくはこちら

LINEアプリのアップデート・自動更新の設定方法【2020年版】

不具合その4:通知が来ない・鳴らないなどの画面表示や音声のトラブル

不具合が発生する主な原因

主な原因としては、『LINE』の通知設定や端末のサイレントモードなど、何らかの要因で音が出ない設定にしてしまっている可能性があります。まずは自分の通知設定を確認してみましょう。

通知設定

▲トラブルの大前提として、LINEの通知設定がオフになっていることが考えられる。

通知のオンオフについて、詳しくはこちら

『LINE』通知設定の基本マニュアル オン/オフの切り替え・通知音の変更など

対処法一覧

1.LINEアプリの通知設定をオンにする

2.LINEアプリに通知を許可する

3.各通知スタイルをオンにする

4.サイレントモード・通知のミュート・通知の鳴動制限などを解除する

5.LINEアプリや端末をアップデートする

6.LINEを再インストールする
※事前にバックアップを取らないと、再インストール時にトーク履歴が消えるため注意! 引き継ぎに失敗しないようログイン情報も要確認。

詳しい方法はこちら

【2020版】LINE通知が来ない・遅れる・鳴らないときの対処法【iPhone/Android】

再インストールする場合のバックアップ方法はこちら

【iPhone】LINEトーク履歴のバックアップ・引き継ぎ方法 機種変更も安心
【Android】LINEトーク履歴のバックアップ・復元 機種変更時に引き継ぐ方法

どうしても不具合が直らない時は、「お問い合わせ」に相談

どうしても『LINE』の不具合が直らない場合には、LINE公式にお問い合わせをしてみましょう。ただしお問い合わせは専用のフォームでしか行えず、電話相談などはできないので注意です。

LINEのお問い合わせフォム

▲『LINE』へのお問い合わせの回答はメールでしか行われない。よく使うメールアドレスを用意しておこう。

不具合のお問い合わせはこちらから

お問い合わせ│LINE(ライン)

詳しいやり方はこちら

LINEに問い合わせる方法は専用フォームのみ! 電話サポートは受けられない

こちらの記事もおすすめ

LINEで「QRコード」読み取れない原因と対処法 QRコードの更新が理由かも
LINE「年齢確認」方法とできない時の対処法 ID・電話番号検索に必須!
LINE

LINE Corporation

4.43

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
LINEの使い方 まとめ

TAG