目にする機会が増えた「VOD」という3文字。動画配信サービスをよく使っていても、意味を知らない方は少なくないハズです。

そこで今回は、VODの意味や仕組み、特徴、選び方を一挙に解説。これさえ読めば、VODのすべてがわかりますよ。

VODとは? 用語・種類を解説

数多くあるVODサービスの中から厳選し、「収録作品数」「月額料金」「無料お試し期間」「ダウンロード機能の有無」の4項目で表にまとめました。

作品数 月額料金 無料期間 DL機能
Amazon
プライム・ビデオ
非公開 500円(税込) 30日
U-NEXT 140,000 1,990円(税抜) 31日
dTV 120,000 500円(税抜) 31日
FODプレミアム 45,000 888円(税抜) 2週間 -
Paravi 非公開 1,017円(税込) 2週間
Hulu 60,000 1,026円(税込) 2週間
Netflix 非公開 800円(税抜)~ -
ディズニープラス 非公開 700円(税抜) 31日

※2020年7月7日時点
※「作品数」は見放題対象の本数

VODは大きく分けて3種類

VOD解説1

VODとは「ビデオ・オン・デマンド」の略で、インターネット上で映画やドラマ、アニメなどの動画をいつでもどこでも楽しめる「動画配信サービス」のことです。

有名なVODサービスといえば、Netflix、U-NEXT、Hulu、Amazonプライム・ビデオなどがあげられますが、これらは「見放題なのか」「課金制なのか」などの料金システムの違いによって、以下の3つに分類されます。

SVOD(定額制動画配信サービス)

SVOD(エス・ブイ・オー・ディー)の「S」とは、サブスクリプション=サブスクのこと。

毎月定額料金を支払えば、そのサービス内で配信されているすべての動画コンテンツを見放題で楽しめるVODサービスです。Netflix、Huluがこれにあたります。

追加料金が一切かからないため、「ちょっと気になる」といった作品もお試し感覚で視聴できるのが特徴。その反面、最新作の配信が遅くなりがちな傾向があります。

AVOD(広告型動画配信サービス)

AVOD(エー・ブイ・オー・ディー)の「A」とは、アドバータイジング=広告のこと。

動画が始まる前や途中などに広告動画を差し込み、スポンサーからの広告収益で成り立っているサービスです。ユーザーは広告を見るというワンクッションの動作がある代わりに、すべての動画を無料で視聴できます。

YouTubeがその代表例で、ニコニコ動画やTVer(ティーバー)もAVODにあたります。

PPV(都度課金制動画配信サービス)

PPV(ピー・ピー・ヴイ)とは「ペイ・パー・ビュー」を略した言葉で、作品1本ごとに課金して視聴するVODサービスです。課金がその都度必要になる分、定額見放題のSVODに比べて最新作の配信が早い傾向にあります。

このPPVには、レンタル型のTVOD(ティー・ブイ・オー・ディー)と、買い切り型のEST(イー・エス・ティー)の2種類があります。

VOD比較2

TVODとは、「Transactional Video On Demand」の略。いわば、レンタルショップの配信版です。対象作品に対してレンタル料金を支払えば、「再生後48時間以内」といったレンタル期間内に限っていつでも何度でも視聴できます。

ESTとは、「Electronic Sell Through」の略でセルソフトの配信版のこと。対象作品を購入することで、その作品を無期限で視聴できるようになります。その分、TVODに比べて料金は割高です。

主なVODサービスの特徴

人気8社を徹底比較

一口にVODといっても、サービスによって料金形態や仕組みが異なります。U-NEXTやAmazonプライム・ビデオのように、SVODに一部PPVを複合したサービスもあります。

VOD比較2 課金制について

Amazonプライム・ビデオ【SVOD+PPV】

Amazonプライム会員の特典サービスとして視聴できるVODです。会員特典対象のコンテンツを月額500円(税込)見放題で楽しめて、最新作もPPVで続々と配信しています。

過激な内容のバラエティ番組やドラマをはじめ、地上波では見られないオリジナル番組のラインナップも強力です。

PR プライム・ビデオ 30日間無料体験
Amazon プライム・ビデオ

AMZN Mobile LLC

3.81

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

U-NEXT(ユーネクスト)【SVOD+PPV】

U-NEXTは17万作品以上という圧倒的なコンテンツ数を誇り、PPVで最新作をいち早く視聴できることも特徴です。

さらに、同じアプリで電子書籍を購読でき、雑誌見放題の特典が付くことも魅力。視聴する映画やドラマに紐づいて、原作の小説・コミックをレコメンドしてくれるので、シームレスに作品の世界を掘り下げることができます。

PR U-NEXT 31日間無料
U-NEXT

U-NEXT Co.,Ltd.

3.27

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

dTV(ディーティービー)【SVOD】

ドコモが運営しているVODサービスで、月額500円(税抜)で12万作品が全て見放題。ドコモユーザーではなくても登録して利用できます。

とくに邦画や音楽ライブ配信のラインナップが強力で、人気アイドルグループを起用したdTVオリジナル作品も人気です。

PR dTV 1ヶ月無料
dTV

株式会社NTTドコモ

3.18

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

FODプレミアム(エフオーディー)【SVOD+PPV】

フジテレビが運営するVODサービスで、ドラマ、アニメ、バラエティなどが見放題。

フジテレビ系列の作品が5,000本以上、それ以外の作品を含めれば4万本以上の作品が楽しめます。毎月8がつく日は動画、書籍購入で使えるポイントが付与されるなど、お得な特典がついているのも魅力です。

PR FOD 2週間無料
FOD / フジテレビのドラマ、アニメなど見逃し配信中!

FujiTV

3.34

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

Paravi(パラビ)【SVOD+PPV】

TBSテレビ、テレビ東京、WOWOWなどが共同で運営するVODサービスです。

ドラマ制作に定評のある3社だけに、ドラマのラインナップが強力。3社で放送中のドラマや過去の話題作、往年の名作まで1話から視聴できます。人気ドラマのスピンオフや特典映像など、Paraviオリジナル作品にも完成度の高い作品が並びます。

PR Paravi 2週間無料
Paravi(パラビ)

Premium Platform Japan, Inc.

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

Hulu(フールー)【SVOD】

Huluはアメリカ生まれのSVODサービスで、約6万本のコンテンツが月額933円(税抜)で見放題です。

特に海外ドラマが充実していて、ロングランの人気シリーズから最新作まで、エピソードをイッキ見できます。

また、日本のHuluは日テレが運営を行っていため、国内のTVドラマ・バラエティ番組のラインナップも充実し、テレビ番組の見逃し配信も人気です。

PR Hulu 2週間無料トライアル
Hulu / フールー - 人気ドラマや映画などが見放題 -

HJ Holdings, Inc.

3.54

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

Netflix(ネットフリックス)【SVOD】

Netflixは世界的に人気を集めるSVODサービスで、全作品が定額見放題です。

特徴的なのは、Netflixオリジナル作品の充実ぶりです。人気俳優や有名監督を起用したオリジナル映画作品に加え、韓国ドラマ、国内外アーティストの素顔に迫ったドキュメンタリーなど、話題の作品が続々と配信されています。

Netflixに登録
Netflix

Netflix, Inc.

3.30

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

Disney+(ディズニープラス)【SVOD】

ディズニーがグローバルで展開するVODサービスです。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの映画、テレビドラマ、短編などを見放題で楽しめます。

おなじみの人気シリーズが贅沢なくらいラインナップされ、人気シリーズのキャラクターが躍動するスピンオフドラマなど、Disney+限定のオリジナル作品も続々と配信中です。

PR ディズニープラス 31日間無料
Disney+ (ディズニープラス)

The Walt Disney Company (Japan) Ltd

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

VODサービスの選び方

それぞれに特徴を持ったVODサービスがしのぎを削る昨今。何をどう選べばいいのか…と迷うこと必至です。ここからは自分にあったVODサービス選びのコツを解説しましょう。

見たいコンテンツがあるか

それぞれに得意ジャンルあり

たとえば、最新作をいち早く見るならU-NEXTやAmazonプライム・ビデオ、話題の海外ドラマを一気見したいならHulu、国内のドラマやバラエティ番組が好きならテレビ局系列のFODプレミアムやParavi、邦画作品を幅広く楽しむならdTV。

このように、VODサービスそれぞれに「得意ジャンル」があります。自分が好きな作品の傾向と照らし合わせて、各社のサイトやアプリで作品の傾向を見比べるとよいでしょう。

オリジナル作品の充実度も確認

VODサービス各社のオリジナル製作によるコンテンツの充実度も、見逃せないチェックポイントです。

Netflixは巨額の費用をかけてオリジナルの映画・ドラマを製作し、マーティン・スコセッシやデヴィッド・フィンチャーら巨匠監督も続々と起用。

Hulu、FODプレミアム、Paraviにはオリジナルドラマが充実し、ドラマ好きの人は要チェックです。

TV番組の見逃し配信も使える

日本テレビのHulu、フジテレビのFODプレミアム、TBSテレビ・テレビ東京のParaviでは、放送中のテレビ番組を放送後すぐに配信する「見逃し配信」を実施しています。

「このドラマ面白いらしいけど、1話を録画し忘れた…」というときにも安心。話題に乗り遅れずチェックできるとあって、テレビ好きの人にはうれしいサービスです。

月額料金とサービス内容

すべて見放題? 一部都度課金?

Netflix、Hulu、dTVなどのSVODサービスは、月額の定額料金で全コンテンツが見放題。一方、U-NEXT、Amazonプライム・ビデオ、FODプレミアムなどのSVOD+PPVサービスでは、コンテンツの多くが定額見放題ですが、最新作を中心に一部作品は視聴ごとに課金が必要です。

SVODの場合、全てを定額料金で視聴できる安心感があるものの、その分、後者に比べてコンテンツ数は見劣りしてしまいます。

SVOD+PPVの場合、視聴作品によっては追加料金が発生しますが、最新作を含めコンテンツのラインナップが豊富。最新作をいち早く配信で見たいという人にはおすすめです。

動画配信以外のサービスも

U-NEXTやFODプレミアムでは、動画配信サービスに加え、70誌以上・1,130誌以上の電子版雑誌も読み放題で、電子版の小説やコミックも購読できます。

その他、月額内にどんなサービスや特典が含まれているのかという点も吟味して選びましょう。

視聴デバイスと画質

テレビで視聴するなら環境をチェック

ここで紹介しているおもなVODサービスでは、テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機など、幅広い機器で動画を視聴できます。ただ、テレビで視聴する場合、テレビがインターネットに接続でき、各社のアプリに対応している必要があります。

テレビがアプリに対応していない場合は、メディアストリーミング端末「Fire TV Stick」(Amazonプライム・ビデオ専用)や「Chromecast」などをテレビに刺し込めば視聴できます。

画質はSD? HD? 4K?

比較的大きい画面で視聴する際には、画質も気になるところです。VODサービスの画質はSD(DVD相当)、HD(Blue-ray相当)、4Kなどに分かれ、VODサービスによって4Kコンテンツの配信数にも違いがあります。画質にこだわりたいなら、よく吟味して選びましょう。

何人まで同時視聴ができるか

VODサービスにはそれぞれに「同時視聴可能数」の上限が設定されています。これは、テレビやスマートフォン、パソコンなどの視聴機器(デバイス)で何台同時に視聴できるのかを示したものです。

ひとりで楽しむ分には気にする必要はありませんが、家族でアカウントをシェアして楽しむ際には、この数字も忘れずにチェック。たとえば「同時視聴可能数」が2台の場合、リビングでアニメ、寝室で洋画を同時に楽しむことが可能です。

ストリーミングとダウンロード

VODの再生方法には、ストリーミング再生とダウンロード再生の2種類があります。ほとんどのVODではどちらにも対応していますが、ダウンロード再生に対応していないサービスも一部ありますので、確認が必要です。

それぞれのメリット・デメリットをふまえ、通信環境に応じてダウンロード・ストリーミングを使い分けるとよいでしょう。

ストリーミング再生とは

ストリーミング再生とは、インターネットに接続した状態で映像データを受信・再生すること。データをデバイスに保存しないため、デバイスのメモリ容量を気にせずに視聴できます

その反面、再生中はインターネットに常時接続している必要があり、通信状態が悪い際には映像が荒くなったり、途切れてしまったりすることがあります

ダウンロード再生とは

ダウンロード再生とは、映像データをスマートフォンやタブレットに転送・保存し、再生することです。ダウンロードの際にはインターネットに接続する必要がありますが、データを保存してしまえば、オフライン環境でも再生できます

一方、映像データは容量が大きいため、端末の空き容量が必要になり、通信環境によってはダウンロードに時間がかかってしまいます

VODおすすめベスト3はコレ!

VOR比較 ランキング

第3位:Amazonプライム・ビデオ

コンテンツ数やジャンルの幅広さ、最新作の充実など、総合力でコストパフォーマンスの高いAmazonプライム・ビデオが第3位です。

月額500円(税込)という圧倒的な安さにして、見放題コンテンツも充実し、PPVで課金が必要ながら最新作もしっかりと抑えてくれています。

Amazonプライム会員として、VODのみならず、ネットショップの配送特典やAmazonミュージックなどを利用できることも高ポイントです。

PR プライム・ビデオ 30日間無料体験

第2位:Hulu

第2位は、月額933円(税別)で約6万本のコンテンツが見放題のHuluです。

映画では洋画・邦画・アニメの名作や話題作がバランスよくそろい、人気映画シリーズのイッキ見も可能。

一番の推しポイントは、海外ドラマの充実度。日本発上陸の海外ドラマもいち早くチェックでき、「FOXチャンネル」では全米放映中の最新ドラマをリアルタイムで楽しめます。

VOD比較 画質
PR Hulu 2週間無料トライアル

第1位:U-NEXT

そして第1位は、圧倒的なコンテンツ数を誇るU-NEXTです。

17万作品以上というラインナップは他の追随を許しません。最新作も最速でレンタル視聴でき、映画館で上映真っただ中に配信で楽しめる作品もあります。

たしかに月額1,990円(税別)は他に比べて割高感が否めません。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与され、最新作のレンタルや書籍・コミックの購読、映画館チケットとの交換にも使えるため加味すればかなりお得といえます。

PR U-NEXT 31日間無料

無料トライアルで利用してみよう

ここで紹介した主要VODサービスのほとんどが、2週間~1カ月間の無料トライアル期間を設け、未加入のユーザーは無料で会員と同等のサービスを試すことができます。

気になるVODサービスが見つかったのなら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

国内で使えるサブスクリプション51選 おすすめの定額制サービスまとめ
聴き放題! 定額制音楽配信サービス11社比較【2020版】 タイプ別おすすめを紹介